スーパーディオの買取相場を知ってスーパーディオを売る

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スーパーディオの買取相場を知ってスーパーディオを売る

 

 

スーパーディオが何円で売れるか下記の3点からチェックしてみました。

 

 

 

 

スーパーディオの年式毎の定価とモデルチェンジでの変更点

 

ホンダ スーパーディオの歴史

 

1990年12月に初代ディオをフルモデルチェンジして2代目ディオのスーパーディオを発売。型式は、A-AF27

 

スーパーディオの特徴

  • エンジンは、空冷・2サイクル・単気筒50ccを搭載。最高出力は、6.8PS/7,00 0rpm。(初代ディオは、6.4PS/6,50 0rpm)。
  • 外観は、フラッシュサーフェスを基調としながら、スリムで力強い新感覚のデザイン。
  • ウインカーレンズと一体式の新デザイン薄型ツインフォーカス・ヘッドライト(クリプトンガス封入バルブ35/30W)。
  • ボディと一体化とした大型のリア・コンビ ネーションランプを採用。
  • 前・後輪には、10インチの幅広チューブレスタイヤ(3.00-10 42J)を採用。
  • タンクの大容量化(4→5L)を実現。
  • フロントパネルの内側にインナーラックを標準装備。
  • ウィンカー作動をメーター内のランプで表示するウィンカー・インジケーターを装備。
  • ウィンカー・スイッチは、作動後押すだけで自動的にキャンセルするプッシュ・キャンセル・ウィンカーを装備。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

230,000台

 

メーカー小売価格

134,000円

 

 

1991年1月に特別仕様の発売。

 

1991年1月にホンダディオSRをタイプ追加し、発売。型式は、A-AF28
ホンダディオSRは、ホンダディオのスポーティバージョン。

 

ディオSRの特徴

  • 前輪ディスクブレーキを採用。
  • 外観は、新たにイエローレンズをヘッドライトに採用しウインカーレンズと一体デザインとした。
  • フロントフォークやホイールをボディと同色にした。
  • フロントバーやボディ左右に軽快なイメージのロゴタイプ・ストライプをあしらった。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 300,000台

 

メーカー小売価格

145,000円

 

 

1991年5月にホンダディオに新色を追加し、発売。
「Dio」にピュアレッドを追加し、全5色。
また「Dio スペシャル エディション」としてスターリングシルバーメタリックの限定カラーリングモデルも6月に発売。、

 

 

販売計画台数(国内・年間)

Dio シリーズ合計 230,000台
Dio スペシャルエディション 8,000台 (限定)

 

メーカー小売価格

134,000円

 

 

1991年6月に「ホンダ ディオSR・スペシャルエディション」を発売 。
「ホンダ ディオSR」に、黒を基調とし、楽しくカラフルでスポーティ感溢れるカラーグラフィックを採用した「ホンダ ディオSR・スペシャルエディション」を限定発売。

 

販売計画台数(国内・年間)

ホンダ ディオSR・スペシャルエディション 8,000台 (限定)

 

メーカー小売価格

148,000円

 

 

1991年12月に「ホンダ Dio」スペシャルエディション発売。
「ホンダ Dio」に、落ち着いた紺のボディカラーのブリティッシュブルーメタリック<内装色:フォーマルグレー>を採用した「ホンダ Dio」スペシャルエディションを発売。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

-

 

メーカー小売価格

137,000円

 

 

1991年12月に「ホンダ ディオ」と「ホンダ ディオSR」のカラーリングを変更し発売。
新鮮で生き生きとしたカラーグラフィックを採用。
ディオは、シルバー塗装のホイールを採用し、内装色をボディーカラーに合わせて変更。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 300,000台

 

メーカー小売価格

ディオ 137,000円
ディオSR 148,000円

 

1992年2月に「ホンダ ディオZX」を発売 。型式は、A-AF28でディオSRと同じです。

 

ディオとディオZXの違い

  • エンジンはシリンダーやキャブレターにくわえ、マフラーに至るまで新設計。無段変速機の変速比もワイド・レシオ化し、中回転域から高回転域まで伸び感のある力強い走り味を発揮。
  • 前輪ディスク・ブレーキやスポーティなパターンの前・後チューブレスタイヤなどより軽快な乗り味。
  • 本格的な発光ダイオード採用のハイマウント・ストップランプをリア・スポイラーに内蔵し、後続車の視認性を向上し、後部デザインがより斬新に。
  • 外観は、イエローレンズをヘッドライトに採用し、ウインカーレンズと一体デザインに。フロント廻りをより引き締まったイメージに。
  • ホイールを内装色と同色にし、フロントカバーとサイドカバーに大きめのペインティングパターンのストライプとロゴタイプを大胆にあしらうなどした。
  • 今回でディオシリーズは、従来のディオ、ディオSR、ディオZXの3タイプとなった。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 300,000台

 

メーカー小売価格

ディオZX 159,000円

 

 

1992年6月に「ホンダ Dio」スペシャルエディション限定発売。
シルバーパープルメタリック<内装色:スペースグレー>のカラーリングを採用した、「ホンダ Dio」スペシャルエディションを限定発売。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

6,000台(限定)

 

メーカー小売価格

137,000円

 

 

1992年12月に「ホンダ Dio」と「ホンダ Dio SR」のカラーリングを変更し発売。また1993年1月上旬より「ホンダ Dio」スペシャルエディションを限定発売。
スペシャルエディションの車体前部と後部左右には立体印刷のロゴステッカーをスクーターに初めて採用した。

 

 

車体色

Dio
ムーンライズマルーンメタリック/メルトグレー
ピュアブラック/メルトグレー
パールミルキーホワイト/アビーグレー
ピュアベリーバイオレット/アビーグレー
ユニオンシティーブルーメタリック/ランベスグレー

 

Dio SR
シーダーブルーメタリック/オストリッチブラック
ストラートグレーメタリック/オストリッチブラック

 

Dioスペシャルエディション
マグナムシルバーメタリック/フォーマルグレー

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 264,000台(内、スペシャルエディションは、限定8,000台)

 

メーカー小売価格

Dio 137,000円
Dioスペシャルエディション 137,000円
Dio SR 148,000円

 

 

1993年2月に「ホンダ ディオ ZX」のカラーリングと細部を変更し発売。
●変更点
カラーリングを渋めの主体色に。
ワンポイントの鮮やかなZXのロゴを配した。
新デザインの幅広バックミラーの採用。
本格的な発光ダイオード採用のハイマウント・ストップランプのレンズを従来の赤から透明に変更。

 

 

車体色

<車体色 x 内装色>
ピュアブラック×カサノバオレンジ
ピュアブラック×ブラック
レディッシュグレーメタリック x ブラック

 

販売計画台数(国内・年間)

92,000台

 

メーカー小売価格

159,000円

 

 

1993年4月に「ホンダ ディオ ZX」の新色を追加し発売。
「ピュアブラックx紫」と「モーリタニアバイオレットメタリックx紫」の2色を追加。

 

 

車体色

ピュアブラック×紫(新色)
モーリタニアバイオレットメタリック×紫(新色)
ピュアブラック×カサノバオレンジ
ピュアブラック×ブラック
レディッシュグレーメタリック×ブラック

 

販売計画台数(国内・年間)

-

 

メーカー小売価格

159,000円

 

 

1993年12月に「ホンダ ディオ」のカラーストライプと細部を変更し発売。
車体の前部と後部左右にシックなロゴステッカーを採用し、バックミラー形状を変更。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

50,000台

 

メーカー小売価格

138,000円

 

 

1994年1月に「ホンダ ライブディオ」を発売。
2代目スーパーディオをフルモデルチェンジし、新設計のハイパー・エンジンやホンダ独自のセンタース タンド・ロック機構を搭載するなどし、外観デザインを一新した3代目ライブディオを発売。
ライブディオの買取相場は、こちらにまとめています。

 

1994年3月に「ホンダDioXR BAJA」をタイプ追加し、3月4日より発売。型式は、A-AF28
「ホンダDio」をベースにして、オフロードモデルのXLR BAJAをイメージさせるデュアル・ヘッドライトやヘッドライト・ガードを装備するなどオフファッションイメージを取り入れた。 車体色は、シャスタホワイトを基調に、ブラッシュ模様を採用し、車体前部と後部左右に「XR BAJA」のロゴステッカーを大胆に配した。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

5,000台

 

メーカー小売価格

165,000円

 

 

1995年10月に「ホンダ Dio」のカラーリングを変更し発売。
フロントフォークのボトムケースのカラーを黒に。
ブレーキレバーをメッキ仕様に。
車体色は、「グリッタブラック」と「グリッタユニオンシティブルー」を設定。

 

 

車体色

グリッタブラック
グリッタユニオンシティブルー

 

販売計画台数(国内・年間)

-

 

メーカー小売価格

138,000円

 

 

1997年6月に「ホンダ Dio Fit」を新発売。型式は、A-AF27

 

Dio Fitの主な特徴

  • デザインは、フロントフェンダーを別体式とし、丸みを帯びたやさしいフォルムのボディに。
  • エンジンは、空冷2サイクル・単気筒・49ccを搭載。低・中速域重視のセッティングとなり、最高出力は低め。
  • シート高(690o)を低めると同時にシート前部の幅を狭めることで足つき性を確保。
  • インナーラックには1.5リットル容量のペットボトルが2本収納できるスペースを確保。
  • フロア部をフラットな形状にし、足元スペースを確保。
  • 盗難防止に効果的なセンタースタンドをロックするロックイン機構を採用。
  • ハンドルロックとイグニションキーのシリンダー部を強化。
  • ヘッドライトは、40W/40Wのハロゲンランプを採用。

 

 

車体色

モカベージュ
ブラック
マックスシルバーメタリック
キャンデッィメープルレッド

 

販売計画台数(国内・年間)

100,000台

 

メーカー小売価格

129,000円

 

 

1997年6月に「ホンダ Dio」のカラーリングを変更し発売。
車体色に新たにプラズマブルーメタリックを設定。

 

 

車体色

グリッタブラック
プラズマブルーメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

-

 

メーカー小売価格

138,000円

 

 

1998年1月に「ホンダ Dio Fit」を発売。
「ホンダ Dio Fit」に、新色のパールウッドグリーンを施した「ホンダ Dio Fit・スペシャルカラー」を発売。

 

 

車体色

パールウッドグリーン

 

販売計画台数(国内・年間)

5,000台

 

メーカー小売価格

129,000円

 

 

1998年11月にホンダ Dio Fit」のカラーリングを変更し発売。

 

 

車体色

キャンディグローリレッド(新色)
モカベージュ (従来色)
マックスシルバーメタリック (従来色)

 

販売計画台数(国内・年間)

23,000台

 

メーカー小売価格

129,000円

 

 

1998年11月に「ホンダ Dio」の細部を変更し発売。
防犯性能を高めるため、センタースタンドのロック機構を備え、抑止力を上げた。

 

 

車体色

グリッタブラック
プラズマブルーメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

-

 

メーカー小売価格

138,000円

 

 

年式毎のスペック

※スーパーディオのスペックに大きな変更は、ありません。ここでは、スーパーディオ、スーパーディオSR、スーパーディオZXのスペックを比べました。

通称名

Dio

Dio SR

Dio ZX

発売

1990年12月

1991年1月

1992年2月

型式

A-AF27

A-AF28

A-AF28

全長×全幅×全高(m)

1.640×0.615×0.995

1.640×0.625×0.995

1.650×0.630×1.005

軸距(m)

1.145

1.145

1.15

最低地上高(m)

0.1

0.1

0.095

シート高(m)

0.7

0.7

0.715

車両重量/乾燥重量(kg)

68/63

70/65

71/66

乗車定員(人)

1

1

1

燃費(km/L)30km/h定地走行テスト値

48.5

48.5

46.9

最小回転半径(m)

1.8

1.8

1.8

エンジン型式

AF18E(空冷・2サイクル・単気筒)

AF18E(空冷・2サイクル・単気筒)

AF18E(空冷・2サイクル・単気筒)

総排気量(cm3)

49

49

49

内径×行程(mm)

39.0×41.4

39.0×41.4

39.0×41.4

圧縮比

7.1

7.1

7.1

最高出力(PS/rpm)

6.8/7,000

6.8/7,000

7.0/7,000

最大トルク(kgm/rpm)

0.73/6,500

0.73/6,500

0.74/6,750

キャブレーター型式

PB80

PB80

PB80

始動方式

セルフ式(キック式併用)

セルフ式(キック式併用)

セルフ式(キック式併設)

点火装置形式

CDI式マグネット点火

CDI式マグネット点火

CDI式マグネット点火

潤滑方式

分離潤滑式

分離潤滑式

分離潤滑式

潤滑油容量(L)

1.2

1.2

1.2

燃料タンク容量(L)

5

5

5

クラッチ形式

乾式多板シュー式

乾式多板シュー式

乾式多板シュー式

変速機形式

無段変速式(Vマチック)

無段変速式(Vマチック)

無段変速式(Vマチック)

変速比 1速

2.450〜0.850

2.450〜0.850

3.000〜0.850

キャスター(度)/トレール(mm)

26°30′/73

26°30′/73

26°00′/71

タイヤサイズ 前

3.00-10 42J

3.00-10 42J

3.00-10 42 J(チューブレス)

タイヤサイズ 後

3.00-10 42J

3.00-10 42J

3.00-10 42 J(チューブレス)

ブレーキ形式 前

機械式リーディング・トレーリング

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式 後

機械式リーディング・トレーリング

機械式リーディング・トレーリング

機械式リーディング・トレーリング

懸架方式 前

テレスコピック式

テレスコピック式

テレスコピック式

懸架方式 後

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ユニットスイング式

フレーム形式

アンダボーン

アンダボーン

アンダボーン

 

 

スーパーディオの年式毎の中古車販売価格

確認した日

車種名

年式

走行

地域

その他装備

中古車販売価格

2017/3/11

スーパーディオSR

1993年

ブラック

6543km

岡山県

-

4.5万円

2017/3/11

スーパーディオFit

1997年

モカベージュ

11170km

神奈川県

-

5.4万円

2017/3/11

スーパーディオFit

1997年

ベージュ

走行距離疑義車

東京都

-

1.99万円

2017/3/11

スーパーディオFit

1997年

ブラック

8300km

愛知県

-

4.27万円

2017/3/11

スーパーディオZX

1995年

ブラック

7603km

愛知県

自賠責保険1年加入、車両各部位の点検、タイヤ、バッテリー、プラグ、オイル、キャブレター、チェーン、ブレーキシュー、ブレーキパッド、ブレーキフルード等は交換、清掃、補充します。

20

3.9万円

2017/3/11

スーパーディオZX

1995年

パープル

4000km

大阪府

-

4.8万円

2017/3/11

スーパーディオXR BAJA

1994年

ホワイト

6529Km

大阪府

-

7万円

 

スーパーディオ買取価格の事例

 

スーパーディオを売った日 2017年02月
年式 不明
カラー 
走行距離 約7,000km
買取価格 15000円

 

スーパーディオを売った日 2016年12月
年式 2008年
カラー 
走行距離 約5,000km
買取価格 20000円

 

スーパーDio ZXを売った日 2015年10月
年式 1995年
カラー 
走行距離 約18,000km
買取価格 50000円

 

 

ここでの買取価格の事例は「年式、走行距離、カラー」しかわからないので実際のバイクの状態(外装の傷、消耗品の状態、カスタムなど)の情報は、まったくわかりません。事故車の可能性もあります。ですから実際は、同じ年式、同じくらいの走行距離でも全然違う査定額になることは、よくあります。あくまでも参考程度にしておきましょう。

 

2代目ディオのスーパーディオ(A-AF27/A-AF28)は、1990年12月に新登場し、1994年1月にフルモデルチェンジして3代目ライブディオに変わりました。
2代目ディオのスーパーディオ(A-AF27/A-AF28)に含まれる車種としては下記のものがあります。

  • ディオ(A-AF27)
  • ディオSR(A-AF28)
  • ディオZX(A-AF28)
  • ディオXR BAJA(A-AF28)
  • ディオFit(A-AF27)

 

スーパーディオの中古車販売価格を見ると5万円以下の車両が多いです。中古車販売価格がこれだけ低いとバイク買取業者にとってほとんど利益にならないので買取価格が1〜2万円もつけばいい方でしょう。買取価格の事例にあるのは、値がついたバイクだけなので実際は、0円で引取だったり、商品にならないものであれば逆に数千円の引取手数料を取られるケースも結構あります。ただし、ディオZXだけは、他のタイプに比べて販売価格が高く、その分、買い取り価格も高くなっています。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合



バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合



バイク王公式サイト