リード110とアドレスV125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード110とアドレスV125の違いを比較

 

:ホンダ リード110の歴史

2008年1月にリードの4代目として新登場。2006年から中国で製造販売していたSCR110を日本国内の法規に適合させて発売。 型式は、EBJ-JF19
2009年1月にカラーチェンジ。
2009年2月に特別・限定仕様、スペシャルカラーを2000台限定で発売。
2010年2月にブレーキシステムの改良を中心としたマイナーチェンジをして車名をリード・EXに変更。
2013年7月にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

スズキ アドレスV125の歴史

2005年2月に新登場。型式は、BC-CF46A
2007年2月にマイナーチェンジ。
メーターパネルにターンシグナルインジケーターを新しく採用し、文字盤のデザインを変更。シート下トランクに荷物の損傷を軽減するスポンジタイプのインナーマットを採用。
2010年1月にマイナーチェンジ。型式は、EBJ-CF4EA
2008年に生産終了になっていたが、リアキャリア、インナーラックを装着するマイナーチェンジを施し復活。
2010年12月にカラー追加。
2012年6月にカラーチェンジ。
2013年7月にカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2008年1月発売のホンダ リード110(EBJ-JF19)と
2010年1月発売のスズキ アドレスV125(EBJ-CF4EA)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ リード110

スズキ アドレスV125

発売

2008年1月

2010年1月

型式

EBJ-JF19

EBJ-CF4EA

全長

1835mm

1750mm

全幅

665mm

635mm

全高

1125mm

1030mm

ホイールベース

1275mm

1235mm

シート高

740mm

740mm

最低地上高

105mm

120mm

総重量

114kg

97kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

26°

トレール(mm)

74

82

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-12 44J

90/90-10 50J

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

100/90-10 56J

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

空冷ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

107cc

124cc

圧縮比

11.0

9.6

ボア

50mm

54mm

最高出力(kW/rpm)

6.6(9PS)/7500

7.3(9.9PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

9.3(0.95kgf・m)/6250

10(1kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送

燃料タンク容量

6.5L

6.0L

燃料消費率(km/L)

50(60km/h)

52(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥273,000 スマートブルーメタリック ¥273,000 キャンディールーシッドレッド ¥273,000 ボスグレーメタリック ¥273,000 パールシルキーホワイト ¥273,000 ブラック

¥236,250 ソニックシルバーメタリックNo.2 ¥236,250 グラススパークルブラック ¥236,250 ソリッドスペシャルホワイトNo.2

 

リード110とアドレスV125の違いを比較

 

リード110とアドレスV125の比較の口コミ

 

 

リード110は、50〜60km/hくらいで走るのが心地よい。一方、アドレスV125は、心地よいというより走ってて楽しいから、全域で飛ばしたくなる。

 

 

前はアドレスV125でリードに乗り換えたけど走りは確かにアドレスV125。でも便利さが全然違い過ぎてリードの方が便利すぎる。

 

アドレスV125
軽量コンパクト、鋭い加速、最高速が速い、値段が安い。。
リード110
積載量多い、低燃費、静粛低振動でマッタリ快適走行

 

 

バイク屋でアドレスV125とリードに跨ってみた。リードは、アドレスV125よりもかなりゆったりできる。でも身長が180cm以上ある人は、リードでもきついかもしれない。

 

 

リードとアドレスV125で悩んだけどリードの方が高級感あるし、便利そうだからリードにした。

 

 

ガソリンタンク容量は、リードが6.5LでアドレスV125が6.0L。

 

 

アドレスV125は、アドレスの50ccと見分けが付かないチープ感が嫌だな。Dioの横にリード110が停めてあったけど二回り位大きい。リードは、原付の中でクラウンみたいな存在。

 

 

みんながリードが遅いって言うから試しにバイク屋でアドレスV125に試乗してみたけど 間違いなくリード110よりは速かった。

 

 

リードは、アドレスV125よりスタートダッシュが遅いし、17kgも重い。

 

 

ガンガン走るならアドレスV125でゆったり乗るならリードだね。

 

 

夜の国道走ってると80km/hくらいしか出ないリードは、危ない。100km/h近く出るアドレスV125ならまだ流れに乗れる。

 

 

アドレスV125は、80km/h越えてからジワジワ伸びる程度で風向き次第で90km/h出ないこともある。車体が軽いから結構風に左右される。俺の場合、流れの速いバイパスだと左側を走って60km/hくらいの遅い車だけ右側車線を使って追い抜いてる。アドレスは、いざという時のパワーがあるから85km/hくらいでリミットがかかるリード110よりは、追い抜きの際に融通は効くと思う。

 

 

リードとアドレスV125は街中での走り方が大きく違う。交通量が少ない時、数10メートル先の信号が赤に変わりそうな時、アドレスV125だったらアクセル全開にすれば間に合うけどリードだと厳しいだろう。信号を先読みしながら街中を駆け抜けるのはアドレスV125。スタートダッシュも差が有り過ぎるし。

 

 

リードは、飛ばすバイクじゃなくて実用性に重きをおいているから一人ですり抜けしながら飛ばしたい人は、アドレスV125の方がいい。

 

 

短距離、すり抜け、飛ばすなら断然アドレスV125。
中距離、買い物を重視するならリード110。

 

 

乗っててどっちも窮屈なのは、変わりない。

 

 

2人乗りを考えたら間違いなくリードになる。タンデムも楽だし、荷物もいっぱい入る。
リード買ったけどアドレスV125には、スピードでは勝てない。でも造りや装備で負けてないから気にしてない。

 

 

出足や最高速は、遅いがメットインのデカさと燃費の良さがリードの良いところ。アドレスV125は、値段が安くて速いのがいいけど車体が原付。

 

リードが納車されたからアドレスV125乗ってる友達を読んで比べてみた。信号ダッシュで速い方がいいとか80km/h以上出す人は、アドレスV125。でもアドレスV125は、80km/h以上出すと車体がバラバラになりそうな感じがする。リード110は、音が静かで60km/hくらいまでは普通に加速するけど60〜70km/hは 人によっては不満があるかも。タンデムする人は、リードの方がいい。燃費は、アドレスV125で最悪30km/Lを切ることがあり、良くて35km/Lくらい。リードで40km/Lを切ることはないし、良い時は、45km/Lくらい行く。リードは、ブレーキを掛けた時、キーと鳴くことがある。結構うるさい。足つきは、リードの方がいい。でも身長150cm前後の人は、リードだとつま先立ちになるかも。

 

俺も両方乗ってた。リード、アドレスV125共に2008年モデル。燃費は、リード40km/LくらいでアドレスV125が37km/Lだった。どの季節でも10km/L以上差がつくことはなかった。ちなみに乗り方は、マッタリ加速。基本的に同じ条件だと燃費は、絶対にリードの方が上。ただし、アドレスV125に乗るとガンガン飛ばす人が多いからアドレスV125の方が燃費は悪くなりがち。

 

 

俺も一時期両方所有していたけど同じ条件だったら燃費は、そこまで差が開かないよ。どっちが燃費がいいと言えばリードだけど。アドレスV125は、回してガンガン走れるから燃費が落ちやすいね。

 

 

モトチャンプ(2009年3月以前のもの)

 

●0〜100m
アドレスV125G 7秒842
リード 8秒753

 

●最高速
アドレスV125G 108km/h
リード 83km/h

 

●40km/hから急制動でブレーキテスト
リード 3・5m
アドレスV125G 4・1m

 

●ジムカーナで旋回性能テスト(旋回性能だけでなく、制動力や加速力などの総合力が問われるテスト)
リード 24秒181
アドレスV125G 24秒700

 

 

アドレスV125乗ってるけど駐輪場で隣にリード110が停まってた。じっくり見比べてみたら車体サイズや質感は、マジで羨ましかった。

 

 

アドレスV125は、最高速が95km/h位出る。巡行は、無理だけど幹線道路ですごく助かる。リード110は、最高速の部分は、捨ててるからそこは、あきらめて買ったほうがいい。

 

 

アドレスは、前カゴがそのまま付けられる。一方、リード110は、オプションで金具を買わなければいけない。あとアドレスは、キックがあるのが嬉しい。駐車場でセルでかからず、キックでアドレスを始動してた人を見たらやっぱりあると助かるんだと思った。

 

 

50cc原付からリード110に乗り換えた人は、不満ないと思うけどアドレスV125からリード110にの乗り換えだとかなり遅く感じる。

 

アドレスV125は、安くてパワーがあるけど長距離は、無理だし、収納がない。今まで乗ってきたスクーターの中で一番ケツをやられた印象がある。 リード110は、パワーはないけど収納スペースが大きいし、フレームがしっかりしているから安定してて楽。結局、アドレスV125は、短距離、若者向けでリード110は、荷物があってマッタリ乗る年配者が楽な仕様になってる。

 

 

アドレスV125とリード110を夫婦で買ったから感想を書いとく。アドレスV125は、乗ってると突き上げ感が腰に来る。サスペンションは、殆どダンピングしてない。一方、リード110のサスは、しなやかで、腰に優しい感じ。嫁は、断然リード110の方が乗り心地が良いと言ってた。でも嫁がよく乗ってるのは、アドレスV125。リード110は、重いらしい。

 

実際、リード110は、最高速付近でハンドリングの変な切れ込みやふらつきが無く、不安定感が無い。ブレーキの効きやタッチも悪くなかった。ただし、コンビブレーキは、傾斜したところでの信号待ち以外では、あまり、良さを感じたことが無い。アドレスV125は、友達に借りて乗ったことがあるけど加速感は、楽しめるけど飛ばすと舗装のギャップが怖いし、低速域でのハンドリングが若干不安だった。それからフロントブレーキは、驚くほど効かなかった。

 

エンジン音は、
リード110が「トゥルルルルゥー」、
アドレスV125が「ガグァワアアアー」って聞こえる。

 

 

最高速は、リード110よりアドレスV125の方が速いけど80km/h以上で流れている幹線道路を走るとどっちでも怖いのは、一緒だよ。原付二種の軽い車体に10インチや12インチタイヤだとそういうもの。特にアドレスV125は、車体が軽すぎるから、風が強い時は、かなり怖い。

 

 

駐車の時は、車体が小さいアドレスの方が便利。リードだとスーパーの駐輪場に駐輪する時は、躊躇することがあるかも。アドレスは、50ccスクとサイズが変わらないから普通に原付一種として駐輪できそう。

 

 

俺は、速さと安さを取ってアドレスV125にしたけど今は、後悔してる。実際使ってるとそんなに速くなくていいからメットインが大きくてタンデム楽なリード110の方が良かった。

 

アドレスv125がリード110より優れているところ。
小さくて軽いから取り回しや駐車の時に便利。
加速が良くて追越が気軽。最高速も速くいざという時に精神的に楽。
売れてるから社外パーツが多くて安い。後でいろいろカスタムを楽しめる。

 

 

リード110は、日本人男性の平均的な体格以外の人にとっては、ライディングポジションがキツイから長時間乗る予定がある人は、アドレスにした方がいい。

 

車の流れが速い道路や坂道の多い山間部で乗ることが多い人は、リード110よりアドレスV125の方が余裕があって便利だよ。車体がスリムだからすり抜けがしやすいし、スタートダッシュが速いから信号でほとんどの車を置いていける。メットインは、リードに比べて狭いけど足元にそれなりの荷物が置けるし、それで足りないならリアボックスをつければいい。タンデム用のステップがいい位置にあるから、一人で乗ってる時にも使える。

 

俺は、最初片道20kmの通勤をアドレスV125で通ってたけどこの前、リード110に乗り換えた。アドレスV125の時は、コンビニフックが使いにくかったし、メットインスペースは、深さはあるけど、あまり物が入らなかった。リード110を買ってからは、メットインにA4サイズのカバンとレインスーツとグローブ入れられてめちゃめちゃ便利になった。会社帰りの買い物もコンビにフックに掛けとけば問題ないし、荷物が多すぎる時は、キャリアにゴム紐でくくりつければいいし、車に乗らなくなった。

 

バイクを高く売る方法


バイクを高く売りたい人には、バイク比較ドットコムがオススメです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • 各社の査定額を簡単に比較でき、最高値の買取業者を見つけられる。
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
※2017年4月時点