PCX125(EBJ-JF56)とPCX150(JBK-KF18)の違いの比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCX125(EBJ-JF56)とPCX150(JBK-KF18)の違いの比較

 

 

2016年2月14日時点でのPCX125とPCX150の違いを比較します。
共に2014年にフルモデルチェンジされたPCXの比較です。

 

 

ホンダ PCX125とPCX150の歴史

 

 

ホンダ PCX125

2010年3月に新登場。型式は、EBJ-JF28
2012年5月にマイナーチェンジ。
eSPエンジンが採用されたり、シートのバックレストの形状やエンジンマウント位置や燃料タンクリッドの開口方向などが変更されました。
2014年4月にフルモデルチェンジ。
全灯火器にLEDが採用されたり新設計のフロント・リアカウルを採用されたり、燃料タンク容量が増えるなどしました。
型式は、EBJ-JF56
2015年5月にカラーの追加。
2016年2月にカラーチェンジ。

 

 

ホンダ PCX150

2012年6月に新登場。型式は、JBK-KF12
2013年1月にカラーの追加。
2014年5月にフルモデルチェンジ。
全灯火器にLEDが採用されたり新設計のフロント・リアカウルを採用されたり、燃料タンク容量が増えるなどしました。
型式は、JBK-KF18
2015年5月にカラーの追加。

 

 

PCX125(EBJ-JF56)とPCX150(JBK-KF18)のスペックの違いを比較

 

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ PCX

ホンダ PCX150

発売

2014年4月

2014年5月

型式

EBJ-JF56

JBK-KF18

全長

1930mm

1930mm

全幅

740mm

740mm

全高

1100mm

1100mm

ホイールベース

1315mm

1315mm

シート高

760mm

760mm

最低地上高

135mm

135mm

総重量

130kg

131kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

27°

27°

トレール(mm)

86

86

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-14 M/C 46P

90/90-14 M/C 46P

タイヤサイズ(後)

100/90-14 M/C 51P

100/90-14 M/C 51P

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

水冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

124cc

152cc

圧縮比

11.0

10.6

ボア

52mm

58mm

最高出力(kW/rpm)

8.6(12PS)/8500

10(14PS)/8500

最大トルク(N・m/rpm)

12(1.2kgf・m)/5000

14(1.4kgf・m)/5000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

8.0L

8.0L

燃料消費率(km/L)

53.7(60km/h)・50.8(WMTCモード)

52.9(60km/h)・45.6(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥329,400 キャンディーノーブルレッド ¥329,400 ポセイドンブラックメタリック ¥329,400 パールジャスミンホワイト

¥360,720 マットテクノシルバーメタリック ¥360,720 ポセイドンブラックメタリック ¥360,720 パールジャスミンホワイト

 

 

 

 


PCX125の最高速、13000キロ走行後

 

 


pcx150 top speed

 

 

 

PCX125(EBJ-JF56)とPCX150(JBK-KF18)の比較の口コミ

 

PCX150
GPS実測104km/h
0-400 20.1秒

 

PCX125
GPS実測102km/h
0-400 21.3秒

 

※2016-2017年 最新スクーターの全て

 

 

PCX150は、高速道路を走れるから専用装備としてETC車載器、アンテナの簡単な取り付けを考慮した専用設計になっている。

 

 

PCX125は、ファミリーバイク特約に入れるから人身傷害無しだと任意保険が1年で7000円くらいで済むのが大きいね。

 

軽自動車税は、PCX125なら1年で2400円。PCX150なら1年で3600円。
自賠責保険は、PCX125なら1年で7,280円。PCX150なら1年で9,510円。

 

 

PCX150で高速はしんどいと思うが。PCX150はちょっとした自動車専用道路を走る人のためにあるんだと思う。通勤などで使わないなら125の方が良いと思う。保険のこともあるし。

 

ホンダのサイトの国内の年間販売計画台数は、PCXが17,000台でPCX150が3,500台になってる。

 

150は、高速走れるけどパワーがなくてストレスが溜まる。高速を快適に走るなら最低でも400は、ほしい。

 

 

PCX150買うくらいなら250cc買うわ。PCXにこだわる必要あるの?

 

 

最高速は、125も150も一緒で108km/h。プーリーを変えたら130km/h位まで出るけど。

 

 

 

PCX125(JF56)とPCX150(KF18)で比べると80km/h以下の常用域では、PCX125(JF56)は、かなりパワーを絞り込まれている感じがする。PCX150(KF18)の方が常用域での加速が速い。

 

 

高速乗りたいと思ってるんならPCX150がいい。それと自動車道が行動範囲内に在って、主要道路になってるならPCX150がおすすめ。PCX150は125の完全上位互換だからね。保険は少し高くなるのだが。

 

 

PCX150は、高速乗れるが大きい。長距離移動することがあるので高速だと下道の半分の時間で済むし、下道の方が危ない。

 

 

PCX125が走ってる横をPCX150で高速入口に入って行く際は「おまえら悪いな」ッて感じで快感を通り越して申し訳ない気持ちになる。大型だとこんな気持ちは、味わえないw

 

 

ドカティで高速走ってるとPCX150が走ってた。 原付っぽいPCX150の横を抜いて行く時は「おまえら悪いな」って痛快どころかやるせない気持ちになった。風に煽られながら全開してる姿は哀れだったw

 

自分の行動範囲に125までしか置けない原付駐輪場がある人は、PCX125
よく使う駅の近くにデカイバイクでも停められる、あるいは、駅までバイクで行かない人は、PCX150 。
高速乗る人は、PCX150。
税金や保険が少しでも安い方がいい人は、PCX125。
維持費を気にしない人は、PCX150。

 

 

距離を稼ぎたい時は、PCX130 (改)で結構高速道走ってる。
400cc以上みたいにストレスなく走れないだけでなんにも問題無い。でも疲れは、大型と比較するとすごく疲れる。

 

 

125と150では、減速比が違う。150の方が2次減速比が小さいから、同じ回転数なら150の方が125より速度が高いということ。

 

 PCX125  

PCX150

1次       

3.117

3.117

2次       

3.615

3.384

 

 

PCX125でいいでしょ。 普段通る道に自動車専用バイパスとかないのであればPCX150にする意味は、無いし、PCXで高速走るとか怖すぎるわ。

 

 

買うときにPCXとPCX150の両方試乗したけど大した違いが無かったからPCXを買った。実際乗り出すと思ってたより良くて、あちこち乗り回すようになった。そしたら125ccでは、通れない道があってストレスになることがあったからPCX150にしとけばよかった。

 

 

通勤で阪高を使いたいから150にした。125だと一般道は危ないし高速は何と言っても楽。
pcx150はお手頃なサイズで高速も取りあえず乗れるバイクだからね。100km/h巡航することが目的のバイクではない。

 

 

30才超すと任意保険もそれほど変わらないし、少しだけ燃費が良い125を選ぶか3万円くらい高いけど高速走れる150を選ぶかって話。

 

 

125ではなく150を選んだ理由は自動車専用道のバイパスが家の近くにあるから。

 

 

ちょっとでも満足感をアップさせたいと思って150にしたけど全く後悔無し。

 

 

一般道しか走らないならどっちも変わらない。

 

 

俺は、91cc〜125ccのピンク色のナンバーが嫌なんだよね。PCX150にすれば白ナンバーになる。

 

 

PCXの利点を考えたら125のほうが断然コスパが良い。つまりは排気量へのコンプレックスだと思う。自分は、首都高使うから150にした。

 

 

PCX150は、高速を走れる原付。高速走る許可証をお金を上乗せして買ってるようなもの。性能は、所詮125と変わらない。平地でメーター100km/h巡航が限界。

 

もし、バイク1台だけで行くならPCX150にしといた方が後悔しないよ。俺は、400と2台持ちだったけどPCX(125cc)買ったら快適過ぎて400に乗る機会がほとんどなくなった。だから400を売ってしまったけど400を売ってから思ったのは、1台でいくなら最初からPCX150にすれば良かったってこと。ちょっと後悔してる。

 

 

高速は、走れないけど125ccなら「軽車両等」の料金区分で有料道路をタダ同然(20円)で走れる。これは、住んでる場所によってはかなりメリットになるはず。

 

 

150にしてただ1つ困ることは、125ccまでの制限があるバイク駐輪場だな。

 

 

150乗ってるけど125と一緒の車体サイズなのに125以下の駐輪場にとめられないのが辛い。

 

駅に併設されてる駐輪場だと125cc以下とそれより上の排気量で値段の違う駐輪場は、少なくない。 125cc以下だったら空いてたという経験は、結構ある。

 

 

首都圏の都市部は大半は、125cc以下ばっかりだよ。

 

 

特に東京に向かう周辺の県の駅の駐輪場を使う人は、要注意だよ。排気量で制限されるから車体のサイズが同じでもPCX125は、OKでもPCX150はNGになる。

 

 

通勤で使ってるけど遅刻しそうな時、PCX150は、高速道路走れるのは、すごく便利だよ。一般道は、渋滞してることが多いからそれを回避できて遅れを取り戻せる。

 

 

同じ車種でグレードに差がある時は、上級グレードを選んでおいた方が後で後悔しないよ。PCXを買ってもかならずPCX150にしとけば良かったかな?って思う時があるから。

 

 

旧型の125から新型の150に乗り換えたけどスタートからして差が一目瞭然、上り坂だとトルクの差をすごく感じたし最高速度は大差無し。

 

 

新型どうしの加速力なら125に40kgくらいの人が乗るのと150に70kgくらいの人が乗るので同じくらいだよ。

 

 

俺の場合、125と150の任意保険料の差は、125でファミバイ特約使ったら年間3万円の差でファミバイ特約を使わず、どちらも普通の任意保険に加入したら年間1.5万円の差だった。これくらいなら高速乗れてパワーがあるPCX150でいいような気もする。

 

 

単純にPCXみたいに同じ車種で125ccと150ccがある場合は、軽自動車税や保険料の維持費だけの違いになるからその額が高いと思わなければ当然150ccを選べばいい。原2と軽2の維持費なんて大して変わらないぞ。

 

125のメリットは、税金が安いし、自動車を持ってたら任意保険もファミリーバイク特約というかなり安い保険が適用できること尽きる。自損タイプであれば年に僅か8000円くらいしかかからない。ファミリーバイク特約を使わず単体の任意保険に入る場合でもアクサや全労済のような安いところだったら1番安いプランで1万円くらいで加入できる。150にするとファミリーバイク特約が使えないから単体の任意保険に加入しなければいけないので2〜3万円ぐらいかかる。まあ、これくらいの金額差が気にならないなら150を選択した方が良い。150なら高速道路走れるし、自動車専用道路なんかでもいちいち迂回しなくて済む。

 

 

PCX150とPCXで迷ってたら近くに自動車専用道や無料高速があるかで決めたらいい。あとは、任意保険だね。今まで126cc以上のバイクに乗ってた人は、125cc以下のバイクに乗り換える時に等級を引き継げないからPCX150を選んで等級を引き継ぐって考え方もある。

 

 

見積もり出してもらったらPCX125が28.5万円。PCX150が32.5万円だった。PCX150が欲しいけど4万円の差は大きいな。

 

 

やっぱりPCX150のいざっていう時に高速を走れるのは、大きい。ロンツー行く時とか事前に125の通れない道を調べなきゃいけないから面倒くさい。性能差はほとんど無いと思う。両方試乗したけど俺には、違いが分からなかった。

 

 

大垂水と西湘バイパスは原付二種は、ダメ。Googleが勧めてきて間違えそうになった。

 

 

この前、うっかり125ccで自動車専用道を走っちゃった。結局最後まで10kmくらい走った。後で気づいて焦った。前のバイクや車でよく走ってた道だったから気づかなかった。

 

 

原付二種は、自動専用道路に迷い混まないようにしなきゃいけないからちゃんと調べてる人じゃないとツーリングは、怖いよ。

 

 

25ccの差なんか立ち上がりで若干違うかな?ってレベルで普通の人には、わからないレベルでしょ。

 

俺が125を選んだ理由は事故した時のための保険。 保険料も安いし、車との事故での過失割合は、軽二輪より原付の方が有利だから。あと重量税もかからないし、軽自動車税や自賠責保険も少し安い。

 

ホンダのサイトに「ETC車載器・アンテナの簡単な取り付けを考慮した専用設計(PCX150)」と書いてるけどアンテナ取付穴は、PCX125にもあるね。車体だけじゃなく燃費や走行性能もほとんど一緒だからPCX125とPCX150の違いは、結局エンブレムとナンバープレートだけだと思う。

 

PCX150は、下駄にもなるし高速道路も走れるという利便性が受けてるね。駐輪場以外は、原チャリ感覚で使えて高速道路も走れて、航続距離も十分で更に低燃費だからツーリングでも使える。駐輪場の問題も日本に住む8割以上の人にとっては問題ないだろうし。

 

PCX125からPCX150に乗り換えた。置くとこないのと普段使いと航続距離を考えてPCX150だけにした。当たり前だが前とほぼ同じ。燃費が若干悪くなった気がするけど、今、寒くなったからかもしれない。エンジン音は、変わった。ロングストロークからスクウェアになったからかもしれない。

 

 

PCXとPCX150の見分け方は、ナンバープレートや原二反射ステッカーと150のエンブレム

 

PCX125ccの方は、発進でアクセルを開けたら回転が上がるのを少し待ってから加速が始まるけどPCX150は、アクセルを開けてすぐ、回転が上がらなくてもしっかり加速する。緩やかな中間加速や定速走行でもPCX125の方が回転数が若干高めにキープされてるみたいで開けた時のCVTの滑り感も大きい。

 

 

通勤用にPCXの125ccを買ったけど急いでる時に高速を使えないから手放す人も結構いるらしい。

 

 

高速乗れるバイクか車があればPCX(125cc)。バイク1台だけ所有するなら任意保険や高速のことも含めてPCX150にした方が可能性が広がる

 

 

俺は、バイク1台だけだが会社の駐輪場が125cc以下って決まりだからPCX125にせざるをえなかった。でもそもそもバイク1台だけ買う場合で駐輪場が問題なければPCX150なんか買わないけど。

 

 

PCX125を買って1年経過したけどPCX150にしとけばよかったと後悔してる。名阪国道や姫路BPを走れないのは、結構つらい。咲州トンネルも通れないし、維持費も150とほとんど変わらないし。

 

 

関東圏は、PCX125で十分。神奈川方面を除く関東だと125で困ることはほとんどないし、駐輪場で125ccまでしか止められない所を結構見る。

 

 

PCXにピンクナンバーがつくと後ろから見た時ダサくなる。だから俺は、PCX150にした。

 

 

●150ccが向いてる人
1台持ち
バイク自体に長く乗るつもり
駐車場に問題ない
●125ccが向いてる人
複数台持ち
行動範囲に自動車専用道ない

 

 

神戸の自動車専用の浜手バイパスとかわかりにくいな。125ccは、走れないのに1台が間違えて入ると後ろにぞろぞろと着いてくる。関東はそういう場所が少ないから125cc乗ってる人には、優しい地域だな。

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト