リード110とアクシストリートの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード110とアクシストリートの違いを比較

 

:ホンダ リード110の歴史

2008年1月にリードの4代目として新登場。2006年から中国で製造販売していたSCR110を日本国内の法規に適合させて発売。 型式は、EBJ-JF19
2009年1月にカラーチェンジ。
2009年2月に特別・限定仕様、スペシャルカラーを2000台限定で発売。
2010年2月にブレーキシステムの改良を中心としたマイナーチェンジをして車名をリード・EXに変更。
2013年7月にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

ヤマハ アクシストリートの歴史

2009年8月25日 新発売。型式は、EBJ-SE53J
2011年2月15日 カラーチェンジ。
2012年7月13日 マイナーチェンジ。
マイナーチェンジでは、シートに赤いステッチが入り、上面にメッシュ加工を施してただけです。他は、変わっていません。
2015年1月 カラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2008年1月発売のホンダ リード110(EBJ-JF19)と
2009年8月発売のヤマハ アクシストリート(EBJ-SE53J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ リード110

ヤマハ アクシストリート

発売

2008年1月

2009年8月

型式

EBJ-JF19

EBJ-SE53J

全長

1835mm

1795mm

全幅

665mm

675mm

全高

1125mm

1070mm

ホイールベース

1275mm

1255mm

シート高

740mm

735mm

最低地上高

105mm

105mm

総重量

114kg

110kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

27°

トレール(mm)

74

74

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-12 44J

3.50-10 51J

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

3.50-10 51J

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

107cc

124cc

圧縮比

11.0

9.5

ボア

50mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

6.6(9PS)/7500

6(8.1PS)/7000

最大トルク(N・m/rpm)

9.3(0.95kgf・m)/6250

8.9(0.91kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送ウエットサンプ

燃料タンク容量

6.5L

5.6L

燃料消費率(km/L)

50(60km/h)

46(60km/h)

カラー/メーカー小売価格


¥273,000 スマートブルーメタリック
¥273,000 キャンディールーシッドレッド
¥273,000 ボスグレーメタリック
¥273,000 パールシルキーホワイト
¥273,000 ブラック

¥220,500 ホワイトメタリック1
¥220,500 ライトグレーメタリックH
¥220,500 ブラックメタリックX

 

リード110とアクシストリートの違いを比較

 

リード110とアクシストリートの比較の口コミ

 

 

アクシストリートのフロントインナーポケットには、500mlのペットボトルが2本入る。リード110は、入れたいものが入らない微妙なインナーボックスがある。せめて500mlのペットボトルが1本入るようにして欲しかった。

 

 

正直下駄としてなら17万円で買えるアクシストリートで十分という考え方もある。最高速は、アクシストリートの方が速いし、キックも付いてるからな。

 

跨った感じでは、アクシストリートの方がハンドル周りのボリューム感は、ある。シートは、アクシストリートの方が柔らかい。リード110は、跨ってすぐ硬いと感じた。リード110は、メットインがデカくて、エンジンが水冷でアルミキャリアだけど価格差の4万円を考えたらそこまで必要か?って思うこともある。アクシストリートにしてその4万円で防風や箱やグリップヒーターなどのオプションを買うというのもいいかもしれない。あとトリートは、リード110よりメットインが深い分、入るフルフェイスの種類は、多いと思う。

 

 

アクシストリートは、針金みたいな鉄のキャリアが嫌。ホイールはアルミなのになんかもったいない。リード110は、アルミキャリアでしょ。

 

アクシストリート乗ってるけど知り合いのリード110の積載力が羨ましい。通勤だけなら箱は、必要ないじゃん。加速もリード110の方が速いし。アクシストリートが勝ってるところは、最高速が100km/h弱出ることとスタイルかな。リード110は、カッコ悪い藤は、思わないけどおじさんくさい。

 

 

リード110とアクシストリートの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合



バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合



バイク王公式サイト