リード110とPCXの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード110とPCXの違いを比較

 

:ホンダ リード110の歴史

2008年1月にリードの4代目として新登場。2006年から中国で製造販売していたSCR110を日本国内の法規に適合させて発売。 型式は、EBJ-JF19
2009年1月にカラーチェンジ。
2009年2月に特別・限定仕様、スペシャルカラーを2000台限定で発売。
2010年2月にブレーキシステムの改良を中心としたマイナーチェンジをして車名をリード・EXに変更。
2013年7月にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

ホンダ PCX(125cc)

2010年3月に新登場。型式は、EBJ-JF28
2012年5月にマイナーチェンジ。
2014年4月にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JF56
2015年5月にカラーの追加。
2016年2月にカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2009年1月発売のホンダ リード110(EBJ-JF19)と
2010年3月発売のホンダ PCX(EBJ-JF28)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ リード110

ホンダ PCX

発売

2009年1月

2010年3月

型式

EBJ-JF19

EBJ-JF28

全長

1835mm

1915mm

全幅

665mm

740mm

全高

1125mm

1090mm

ホイールベース

1275mm

1305mm

シート高

740mm

760mm

最低地上高

105mm

130mm

総重量

114kg

126kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

27°

トレール(mm)

74

86

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-12 44J

90/90-14 M/C 46P

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

100/90-14 M/C 51P

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

水冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

107cc

124cc

圧縮比

11.0

11.0

ボア

50mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

6.6(9PS)/7500

8.5(11.5PS)/8500

最大トルク(N・m/rpm)

9.3(0.95kgf・m)/6250

12(1.2kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

6.5L

6.1L

燃料消費率(km/L)

50(60km/h)

53(60km/h)

カラー/メーカー小売価格


¥273,000 ブレイシングブルーメタリック
¥273,000 アドバンスドオレンジメタリック
¥273,000 パールシルキーホワイト
¥273,000 パールシルキーホワイト
¥273,000 ブラック
¥273,000 ボスグレーメタリック


¥299,250 パールヒマラヤズホワイト
¥299,250 キャンディーロージーレッド
¥299,250 アステロイドブラックメタリック

 

リード110とPCXの違いを比較

 

リード110とPCXの比較の口コミ

 

 

エンジンや作りは、PCXの勝ち。積載ではリード110の圧勝。PCXは、リードの価格プラス5万円で買えると思えないぐらい作りが豪華。でも自分は、殿様乗りが嫌いだし、凸床嫌い。さらに14インチじゃなくていいし、メットインが狭いし、シートは、高いしでリードの方が好き。でもアイドリングストップやACGモーターは正直感動した。リード110にPCXのエンジンを積んでくれればいいのに。

 

 

ドリンクホルダーや携帯ホルダーを付けるならPCXの方がいいと思う。

 

 

駐車してあるPCXを見たら大体は、センタートンネル部分に靴の擦れ跡がいっぱい付いててかなりみすぼらしい。やっぱりフラットフロアの方がスクーターにはベストマッチだと思う。

 

 

リード110とPCXの長さの違いは、8cm。バイクで8cmは大きい。かなり小さいアドレスV125とリード110の差が8cmだから。

 

リード110が発売された時に即買いして2年経ってPCXが発売されたから試乗してきた。出足、積載性、乗り心地はリード110が上。最高速、デザインは、PCXが上。静かさと運転のし易さは同じくらいの感覚でした。燃費は、若干PCXの方がいいが気にする程の差じゃないし、通勤と買い物で使うからリード110の方が圧倒的に便利だから買い替えるのは、まだ先にすることにした。走りやデザインを気にしなければ、リード110は、本当に便利。PCXに箱つければいいけど箱付けるとデザインが台無しになりそう。

 

 

PCX乗りだけどリード110を追加した。冬の初燃費が39.6km/LちなみにPCXは42km/L。

 

 

リード110のハンドル切れ角は、少し小さい。PCXは、オフ車並のハンドル切れ角なのに。

 

 

リード110は、シートの弾力性が強いのか長く乗ってたらお尻が痛くなってくる。 PCXは、タイヤとサスが硬くて乗り心地は、悪いが、お尻は、余り痛くならない。

 

 

2012年のバイク雑誌で0-50m加速が1位PCX、2位アドレスV125、3位リード110になってた。PCXは、前回5位だったのにespエンジンになった。

 

 

俺は荷物ある時は、車使うからPCX買ったけどPCXに乗ってて急に荷物載せる必要が出た時、リード110にしとけば楽に積めたのにってなる時がある。

 

PCXからリード110に乗り換えた。PCXの方が質感、走行性能でリード110より上なのは間違いない。でもPCXのメットインは、小さい。小物を入れたらメットが入らないのでメットホルダーを使ってるけどメットホルダーの位置が下すぎて使いにくいし、付属のワイヤー使わないとホルダーにかけられない。さらにPCXのメットインの蓋は、閉まりづらいし、閉まってても走行中に音がしてメットインのロックが開くことがある。

 

 

燃費のサイトみるとPCXが平均44km/L。リード110が平均40km/Lになってた。もちろん乗り方で上下するけど。

 

 

リード110は、ブレーキロックが付いてるのが嬉しい。PCXは、無いから不便。リードEXもついてないけど。

 

 

リード110は、中華臭いデザインで遅くて乗ってて狭い。さらにカスタムパーツもない。PCXは、燃費が良くて、アイスト機能あるし、デザインもいい。スピード出しても安定した走りだし、乗り心地も良い。

 

 

俺は、仕事で鞄を持ち歩くから、コンビニフックがないPCXは、無理だからリードにした。

 

 

燃費は、PCXの方がいい。平均燃費がPCXは、42〜44km/Lでリード110が39〜42km/L。これだと大した差に見えないけどリードは、回すと燃費が一気に悪くなる。リードで回すほどの速度でもPCXならそんなに回さずに出せるというのがある。PCXは最新の低フリクションエンジンだし。

 

 

リードでPCX並みの加速で走ろうとするとフル加速になって燃費が35km/Lぐらいになる。

 

 

PCXは、リードEXより少しうるさい感じ。

 

 

リード110は、窃盗グループに盗まれにくい。目立たないからいたずらもされにくい。遅いから事故に遭う確率が低い。PCXは、タンデムしやすい。アイドリングストップがついてる。原付二種っぽくないデザイン。リード110よりも安定感がある。

 

 

PCXは、タイヤが大きいしケツサス2本だから安定性がある。ただ利便性ではメットインがデカくて足元に荷物置けるリード110が上。

 

 

両方乗ってみた。PCXの方が機敏な感じだったけど俺は、総合的に考えてリード110を買った。

 

俺も両方試乗したけど、リードは、フカフカでPCXは、コツコツって感じ。好みは、人それぞれだと思うけどPCXの方がサス硬い。まあコンセプト的にPCXは、スポーティーな走りにしたかったんだろうけど。

 

車の相棒としては、リード110の方が向いてる。100km/h出したり、長距離移動の時は、車の方が安全快適。 PCXは、バイク一台だけで行く場合や早朝夜間走行の人向け。昼間の都市部なら積載能力があるリード110の方が便利だし、リード110の走行性能で十分満足できる。

 

 

リード110乗りだけどPCXの試乗車があったから勧められて乗ってみたけど洗脳されそうだった。思い留まれたのは、PCXは、シートの段の部分が腰に当って痛かった。ここは、リード110の方が間違いなくいい。でもPCXは。リードみたいにリミッターが無いし、リード乗ってて荷物満載にしたことないからPCXでもいいなと思った。

 

 

リード乗りだけどホームセンターで植木を買ってフラットフロアに載せて帰った。PCXだとこれはできない。

 

 

座り心地なら圧倒的にPCX。着座位置もしっくりくるし、運転しやい。リード110は、ポジションの自由度が無いし、2時間乗るとケツが痛くなる。

 

 

家にPCXとリードEXの2台あるけど出足は、全く違うよ。 リード110は、マッタリだけどPCXは速い。さらにPCXの方が燃費いいから。エンジンが違う。

 

 

 

初代PCXとリードEXを所有してる。この前、給油したけどPCXの燃費が46km/L。リードEXの燃費が40km/Lだった。あとEXは、オイル食いが酷い。PCXも少しは食うがEXより全然マシ。

 

 

代車でPCXを借りてて久しぶりにリード110に乗ったけどやっぱりウインカーとホーンの位置は、リード110の方がいいね。

 

 

パワーのあるPCXに乗り換えたいけど、とにかくリードのメットインの広さが便利すぎて乗り替えられない。おそらく乗り換えると不便な思いをすることが多そう。

 

PCXとリードEXで悩んでEXを買った。加速は、確かにPCXの方が速いけどスクーターであの積載量は許されないレベル。かといってスタイル重視のPCXにリアボックスを付けるのも微妙だし。

 

俺がPCX、嫁がリード110で両方所有してる。動力性能はPCXが上、特にリードは、85km/hでリミッターが作動する。ポジションは、リードは、如何にもスクーターって感じだけどPCXは、14インチでコーナーでもヒラリと入っていけて普通のバイクみたい。あとリード110のタイヤは、酷い。燃費は、PCXが上。通勤や近所の買い物で使うならリードの方が便利だけどツーリングも考えてるならPCXの方が良いと思う。

 

 

PCXに少しだけ乗って来た。加速は、穏やかだけど 静かで振動も少なくスムーズに80km/hまで到達する。速度感覚がリードと違う。あと14インチだから安定感がリードと段違い。

 

リード110は、センタートンネルがあるPCXより数倍荷物を積むスペースがあるから助かる。結構な雨が降るとフラットフロアのリードは、足を隠せるけどPCXは、長靴履かないと靴下が濡れる。フラットフロアの恩恵は、大きいよ。

 

理論上の話では、14インチのPCXとリードでは、必要なブレーキ力が違う。大径の方がディスクで押さえた力がより伝わりやすいし、路面接地面積も広い。燃費も同じ距離を走った場合、タイヤ回転数が少なくて済むから抵抗値が減る。最高速が高いPCXの方が60km/h走行時のエンジン回転数が低いので当然燃費も良くなる。

 

 

リード110とPCXの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト