アドレスV125SとアドレスV125の違い

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレスV125SとアドレスV125の違い

 

 

アドレスV125(ノーマル仕様)とアドレスV125Sの歴史

 

アドレスV125は、アドレスV100の跡を引き継ぎ、2005年2月に発売。愛知県の豊川工場で生産されていましたが2006年3月発売のモデルからは、台湾の合弁会社で生産され、日本に輸入されるモデルとなる。

 

 

2007年2月にマイナーチェンジされ、メーターパネルにウインカーのインジケーターを新しくに採用したり、文字盤のデザインを変更したり、シート下トランクに荷物の損傷を軽減するスポンジタイプのインナーマットを採用するなどして発売。

 

 

2008年12月8日にアドレスV125Gがマイナーチェンジして発売され、V125のノーマル仕様は、生産を終了となったが2010年1月15日からリアキャリア、インナーラックを装着するマイナーチェンジをして復活。

 

 

2010年8月6日にアドレスV125シリーズのスポーティなバージョンとしてアドレスV125S/アドレスV125Sベーシックの2種類を発売。アドレスV125Sベーシックは、クリアレンズではなく通常のウインカーレンズ仕様となり盗難抑止アラームを省略し、方向指示器の仕様を一般的なものにして価格を1万円ほど安くしている。

 

 

 

スペックの違いを比較

 

※数字が大きい方をこの色にしています。

 

車種

スズキ アドレスV125S

スズキ アドレスV125

発売

2010年8月

2010年1月

型式

EBJ−CF4MA

EBJ-CF4EA

全長

1780mm

1750mm

全幅

635mm

635mm

全高

1035mm

1030mm

ホイールベース

1235mm

1235mm

シート高

745mm

740mm

最低地上高

120mm

120mm

総重量

101kg

97kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°

26°

トレール(mm)

82

82

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-10 50J

90/90-10 50J

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

100/90-10 56J

エンジン種類

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

空冷ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

124cc

124cc

圧縮比

9.6

9.6

ボア

54mm

54mm

最高出力(kW/rpm)

7.3(9.9PS)/7500

7.3(9.9PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

10(1kgf・m)/6000

10(1kgf・m)/6000

始動方式

セル・キック

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送

圧送

燃料タンク容量

6.3L

6.0L

燃料消費率(km/L)

52(60km/h)

52(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥261,450 パールウィザードパープル ¥261,450 パールグラスホワイトNo.2 ¥261,450 グラススパークルブラック ¥261,450 ソニックシルバーメタリックNo.2

¥236,250 ソニックシルバーメタリックNo.2 ¥236,250 グラススパークルブラック ¥236,250 ソリッドスペシャルホワイトNo.2

 

 

スペックの変更は、タンク容量が0.3L増え、全長が30mm、全高が5mm、シート高が5mm伸びて総重量が4kg重くなった。

 

 

 

 

アドレスV125SとアドレスV125の外装および装備の違い

 

車体を構成する要素の殆んどとエンジン性能等はアドレスV125の2009年モデルを引き継いでいますが外装や装備は、大幅に変更されています。

 

 

外観デザイン

外観は、よりスポーティにエッジを効かせた流線的なラインをレッグシールドからリヤフェンダーにかけて取り入れ、軽快さと上質感をあわせ持ったシャープなスタイリングに。ボディー形状と一体となったフロントウインカーやリヤコンビネーションランプを採用し、他にもマフラーの角度をボディーラインに合わせて車体との一体感を演出。前後のウインカーにはスタイリッシュなクリアレンズを採用し質感をアップ。フロント、テール共にボリュームが出しいくぶん大きな車格となった。

 

 

 

ひざ周りのスペースを拡大

フロントインナーラックの形状を薄くすることによってひざ周りのスペースを広げた。フロントインナーラックは、形状が変わったことにより500mペットボトルが収まりやすくなった。また、同じようにひざ周りのスペースを広げる目的でシートのサドルの造形を変更し、少しだけ足つき性も変化した。

 

 

メーターパネル

モデルチェンジの目玉。速度計の取り出しおよびオドメーターがケーブル式から電子式へと変わった。同時にメーターパネルの機能も視認性の高い発光指針式のアナログスピードメーターを中心として、デジタル燃料メーターやデジタル時計、ツイントリップ・オドメーター、オイル交換推奨時期を教えてくれるインジケーターを表示する液晶画面を組み合わせた多機能メーターを採用した。

 

 

サイドスタンド

アドレスV125Sからサイドスタンドが標準装備された。アドレスV125の時は、標準装備されていなくてオプション品でした。スタンドが出た状態では、エンジンはかかりません。

 

 

かばんホルダー

アドレスV125には、フロントインナーラックの中央に買い物袋をかけておくフックがついていません。アドレスV125Sには、最大積載容量は1.5kgの鞄ホルダーが標準装備されているのでシート下の収納に入らない荷物やコンビニなどでちょっとした買い物した時も便利です。

 

 

ヘルメットホルダー

車体の左右それぞれにヘルメットホルダーを採用し、使い勝手が向上。

 

 

燃料タンクキャップ

締めたことがわかりやすいトルクリミッター式燃料タンクキャップを採用。

 

 

燃料タンク容量

燃料タンク容量を6.0L→6.3Lに増量。

 

 

性能面

フューエルインジェクションとマフラーの形状変更と内部構造および触媒の変更によってアドレスV125SはアドレスV125より発進と中間の加速性能が向上しています。また排気音も抑制されています。

 

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


バイクを高く売りたい人には、バイク比較ドットコムがオススメです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • 各社の査定額を簡単に比較でき、最高値の買取業者を見つけられる。
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
※2017年4月時点