シグナスX 1型と2型の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

シグナス1型(SE12J)と2型(SE44J)の歴史

 

シグナス1型(SE12J)の歴史

2003年5月30日に新登場。型式は、BC-SE12J
2004年8月20日にスポーティ感あふれる上級モデル「シグナスX SR」をラインナップに追加設定。「シグナスX SR」は、新たにスポーティなカラー&グラフィック、3段階調整式リアサスペンション、ブラック仕上げフロントフォークアウターチューブ、ブラック仕上げ前後アルミホイール等を採用したモデル。
2005年3月25日にマイナーチェンジをした2005年モデル発売を発売。車体色は、「シルバー」と「ホワイト」を継続色に新たに「ガンメタ」を追加。全色にメーターパネル周り、ハンドルスイッチにはメタル調の塗装を採用。メーターパネルには視認性に優れたブラックメーターパネルを採用。フロントフォークアウターチューブと前後ホイールをブラックとしてスポーティさを一層強調。
2005年08月22日にヤマハの創立50周年を記念する特別仕様車「シグナスX SR 50th Anniversary Special Edition」を発売。「シグナスX SR」からの変更点は、イエローの専用車体色とホワイト&ブラックのストロボパターン専用グラフィック、50周年記念エンブレムの採用、「CYGNUS‐X SR」の専用エンブレム(フロント)の3点。受注期間は8月22日〜9月20日。
2005年9月20日に「シグナス-X SR」をマイナーチェンジして発売。新たにマットチタン色メーターパネル周りの採用、マットチタン色ハンドルスイッチカバーの採用、レッドの強制空冷ファン採用などを行った。
2006年4月10日に「シグナスX XC125」と「シグナスX SR」のカラーリングを変更した2006年モデルを発売。

 

シグナス2型(SE44J)の歴史

2007年10月12日に「シグナスX」をフルモデルチェンジをして発売。環境性能(F.I.採用)と乗り心地を向上させ、シャープな新デザインを採用。型式は、EBJ-SE44J
2007年12月14日に「シグナスX SR」の方も「シグナスX」と同様のフルモデルチェンジをして2008年モデルを発売。
2009年12月10日に「シグナスX」のカラーリングを変更するなどの仕様変更を施した2010年モデルを発売。車体色に新たにシルバーを設定。設定の3色ともフロントフォークアウターチューブ・前後ホイール・フロントディスクブレーキ内側にブラック塗装を施し、精悍な車体デザインを一層強調。
2010年1月20日に「シグナスX SR」にツートンカラーを採用するなど精悍なスポーティ感を一層強調した2010年モデルを発売。従来同様の2色設定を継承しつつ、「ブラックメタリックX」では艶ありと艶なしに塗り分けを施し、「ビビッドレッドメタリック5」はレッドとブラックに塗り分け、いずれも上質でスポーティなキャラクターを強調。またシート表皮に赤いステッチを施したほか、前輪ディスクブレーキ内側にブラック塗装を施した。
2011年2月25日に「シグナスX SR」をマイナーチェンジして2011年モデルを発売。2011年モデルの「シグナスX SR」は、エンジン回転数を表示するアナログ式タコメーター、ホワイト・オレンジ・グリーンから液晶画面の照明色を選べるデジタル式スピードメーター、二人乗り走行時の快適性に配慮した折りたたみ式のタンデムステップ、スモーク調の立体エンブレムを新たに装備、グラフィックも変更した。
2012年2月28日に特別・限定仕様「シグナスX SR WGP50th Anniversary Edition」を台数限定で発売。基本車両をベースに、MotoGPマシン「YZR-M1 WGP参戦50周年記念カラー」と同様の赤と白を基調にしたスポーティなカラーを施したモデル。

 

 

ここでは、
2006年4月10日発売のヤマハ シグナスX(SE12J)と
2007年10月12日発売のヤマハ シグナスX(SE44J)
の違いを比較しました。

 

シグナス1型(SE12J)と2型(SE44J)の比較

 

シグナス1型(SE12J)と2型(SE44J)のスペックの比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

シグナスX(1型)

シグナスX(2型)

発売日

2006年4月10日

2007年10月12日

型式/エンジン型式

BC-SE12J/E343E

EBJ-SE44J/E3B1E

全長×全幅×全高

1,855mm×685mm×1,110mm

1,855mm×685mm×1,130mm

シート高

755mm

785mm

軸間距離

1,295mm

1,295mm

最低地上高

110mm

110mm

乾燥重量/装備重量

112kg/119kg

115kg/122kg

舗装平坦路燃費

46km/L(60km/h)

40km/L(60km/h)

原動機種類

空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ

空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ

気筒数配列

単気筒

単気筒

総排気量

124cm3

124cm3

内径×行程

52.4mm×57.9mm

52.4mm×57.9mm

圧縮比

9.5:1

9.5:1

最高出力

7.8kW(10.6PS)/8,500r/min

7.8kW(11PS)/8,500r/min

最大トルク

9.2N・m(0.94kgf・m)/7,500r/min

9.1N・m(0.93 kgf・m)/7,500r/min

始動方式

セル・キック併用式

セル・キック併用式

潤滑方式

強制圧送飛沫併用ウェットサンプ

強制圧送ウェットサンプ

エンジンオイル容量

0.95L

0.95L

燃料タンク容量

7.1L

7.1L

燃料供給

キャプレター型式(CVK24)

燃料噴射式

点火方式

C.D.I式

T.C.I.式

バッテリー容量/種類

12V-6Ah(10h)/YTX7A-BS

12V、6.5Ah(10h)/YT7B-BS

1次減速比/2次減速比

2.923/3.333

2.923/3.333

クラッチ形式

乾式内拡重錘式

自動遠心式

変速機形式

Vベルト式無段変速

Vベルト式無段変速

変速比

2.398〜0.823

2.398〜0.823

フレーム形式

バックボーン(パイプ)

パイプバックボーン

キャスター/トレール

27°00′/90mm

27°00′/90mm

タイヤサイズ (前/後)

110/70-12 47L/120/70-12 51L

110/70-12 47L/120/70-12 51L(チューブレス)

ブレーキ形式 (前/後)

油圧式シングルディスク/ドラム(リーディングトレーリング)

油圧式シングルディスク/ドラム(リーディングトレーリング)

懸架方式 (前/後)

テレスコピック式/ユニットスイング式

テレスコピック/ユニットスイング

ヘッドライト

ハロゲンバルブ/12V、60W/55W×1

ハロゲンバルブ/12V、60W/55W×1

メーカー希望小売価格

ヤマハ「シグナス-X XC125」

325,500円

(本体価格310,000円/消費税15,500円)

ヤマハ「シグナスX XC125」

325,500円

(本体価格310,000円/消費税15,500円)

 

シグナス1型(2006年4月発売)からシグナス2型(2007年10月発売)への変更点

 

 

 

2型へのモデルチェンジでは
「タフネス&コンフォートコミューター」の基本コンセプトを継承しつつ、
新たに下記が変更され商品性を向上させました。

 

 

主な変更点

  1. 始動性に優れ高い環境性能を実現するF.I.(フューエルインジェクション)採用。
  2. ポジションランプ一体型ヘッドライト採用などによるシャープな新デザイン。
  3. 駆動系のセッティング変更による中低速域でのパワーフィーリング向上。
  4. シートのクッション厚アップ、フットボード前面の傾斜角拡大による乗車姿勢自由度向上。
  5. アナログスピードメーターとデジタル表示液晶式燃料計を組み合わせた新作メーターパネル採用。
  6. シート下トランクは、1型の27リットルから2型は、約28リットルへ変更。

 

シグナス1型(SE12J)と2型(SE44J)の比較の口コミ

 

 

08FIモデルは、よく比べてみるとフットボード前面傾斜角が広くなってるからそこに足を乗せたら楽だよ。

 

 

新型は、足を投げ出せるよ。「フットボード前面の傾斜角拡大による乗車姿勢自由度向上」って発表してるし。

 

 

03〜04の国内仕様には、中回転でのパワーの谷がある。新型では、改善されてる。

 

 

新型シグナスXのキャリアは、旧型と共通ってバイク屋から返事をもらった。

 

 

燃料計がデジタルになったけど特に少なくなってからは、アナログの方が残量が分かりやすかった。点滅しだしたかと思ったら2つ点灯することもあるし。デジタル時計しか価値がない。

 

 

新型シグナスは、ヘッドライトが目立つ。他のスクーター乗りからよく見られる。

 

 

近くのYSPで見積もりもらったら新型FIが3万円引きで旧型キャブが6万円引だった。この価格差なら新型買うわ。

 

 

07までの国内仕様のみメットインの中敷がある。08からは、中敷が無くなった。

 

 

エンジンが同じのFiとキャブだからどっちも速さは、たいして変わらない。差があるとしても、駆動系のセッティングの違いで「加速が得意」とか「最高速(燃費)」が
ほんの少し良いくらいの違い。

 

 

新型の国内Fiを買ったけど光軸がかなり下だったから調整した。旧型とは違う感じ。 新型は、ドライバーかボックスで調整できた。

 

 

新型に跨ってみたけど旧型と足つきは、あまり変わらなかった。カタログ上のシート高は、3cm上がってるけど柔らかくなった分、沈み込みが増えたせいかな?

 

 

俺も新旧のシグナスに跨ったけど足つきは、ほとんど一緒だった。身長170cmぐらいで短足だから、どっちもバレリーナ状態だったけど。

 

新型だけの良い所

  • FI化でエンジン始動に不安が無い。
  • フロントポケットが装備される

 

旧型だけの良い所

  • エンジンがかかりにくく、エンジンが温まるまでエンストしやすい。
  • 国内仕様は規制のため、加速が良くない。加速の谷がある。

 

新型と旧型共通の良い所

  • 街乗りの燃費は30〜35km/Lくらい。ツーリングでは普通に40km/L行く。
  • エンジンONでメインライト点灯の親切設計(台湾はライトスイッチ装備)
  • 明るい60/55Wライト
  • 大きな12インチタイヤ
  • 高い走行安定性
  • ゆとりある大柄ボディ
  • 灯油もラクに運べるフラットフロア
  • 浅いが広いメットイン(1Lのペットボトル12本/12ロール入りトイレットペーパー/A4クリアケース/ボックスティッシュ5個1組)
  • 安心のセル/キック併用式

 

新型と旧型共通の悪い所

  • FIでも、アイドリング付近でのエンスト報告が稀にあり。
  • シングル125ccなので、高回転域では、振動を感じる事もある。
  • リアキャリアは別売り、前カゴは付けられない。
  • ウインカースイッチがショボイ。
  • フロアが高く、足つきが悪い。
  • 前方フロアが狭め。新型では少し改善される。

 

 

居住性は、シートにタンデム部と段差があるためポジションはある程度前方に固定される。旧型は、レッグシールドの傾斜が少なくて、足を投げ出すと窮屈だった。新型になってそこが改善されて、足を投げ出して乗れる。でもシート段差があるから体が大きな人は、どうしても窮屈になる。シグナスXは、背が低すぎたら足つきが悪く、背が高すぎると居住性が窮屈になるから旧型・新型ともに身長170cm前後の人がちょうどよく、前後10cmぐらいが許容範囲かと。
体が小さい人や大きい人は、必ず試乗した方がいい。

 

 

俺は、新型FIしか乗ったこと無いけど旧型の口コミ見てると結構酷いな。始動性やビビリ音や足元の狭さとかいろいろ書かれてるけど新型では何の不満にも感じない。

 

 

新型は250ccクラス並みの245mmの大径ディスクブレーキだから明らかにオーバースペックだわ。旧型は220mmだし。

 

 

旧型15gから新型12gに乗り換えた。シートの柔らかさと0発進がかなり改善された印象。シートは、旧型も不満は無いけどGアクと比較すると硬め。シート柔らかいだけで疲労感が全然違う。段差の所に尻をフィットさせてフロントステップに足を置いてクネクネ走ったら楽しい。フロアが高いのが良い方向に出てる。

 

リード110とシグナスXの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト