アクシスZとリード125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アクシスZとリード125の違いを比較

 

ヤマハ アクシスZの歴史

2017年4月25日 新発売。型式は、JBK-SG28J

 

 

ホンダ リード125の歴史

2013年7月に発売されました。(5代目)型式は、EBJ-JF45
2015年6月にマイナーチェンジ

 

※リード125の初代は、1982年2月に発売されました。1982年10月に2ストローク124ccエンジンを搭載したリード125(JF01)を追加しましたが約1年で製造販売終了となり、HONDAの125ccクラススクーターは4ストロークエンジン搭載のスペイシー125ストライカーに移行しました。それ以降、リードで125ccは、5代目までありません。

 

 

ここでは、
2017年4月発売のヤマハ アクシスZ(JBK-SG28J)と
2015年6月発売のホンダ リード125(EBJ-JF45)
の違いを比較しました。

 

アクシスZと リード125のスペックの違いを比較

 

※数字が大きい方をこの色にしています。

 

車種

ヤマハ アクシスZ

ホンダ リード125

発売

2017年4月

2015年6月

型式

JBK-SG28J

EBJ-JF45

全長

1790mm

1835mm

全幅

730mm

685mm

全高

1145mm

1125mm

ホイールベース

1275mm

1275mm

シート高

770mm

760mm

最低地上高

135mm

140mm

総重量

100kg

114kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

26°30′

トレール(mm)

80

75

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

リーディングトレーリング

ドラム

タイヤサイズ(前)

100/90-10 56J

90/90-12 44J

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

100/90-10 56J

エンジン種類

空冷単気筒SOHC2バルブ

水冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

124cc

124cc

圧縮比

11.0

11.0

ボア

52mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

6kW(8.2PS)/6500

8.4(11PS)/8500

最大トルク(N・m/rpm)

9.7N・m(0.99kg・m)/5000

12(1.2kgf・m)/5000

始動方式

セルフ式

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

乾式遠心

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

フューエルインジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

5.5L

6.0L

燃料消費率(km/L)

55.7

51(60km/h)・48.5(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格


¥243,000 ダークグレーメタリックM
¥243,000 ホワイトメタリック1
¥243,000 ダルレッドメタリックD


¥293,760 エグザルテッドブルーメタリック
¥293,760 アルテミスシルバーメタリック
¥293,760 ポセイドンブラックメタリック
¥293,760 パールジャスミンホワイト

 

アクシスZとリード125の違いを比較
アクシスZとリード125の装備の違いを比較

アクシスZとリード125の比較の口コミ

 

 

スタートダッシュも最高速もリード125が上。

 

 

給油口は、アクシスZは、コンビニフックの左にあるね。リード125は、大型フックの下に配置されたスライド開閉式のフューエルリッド。リードは、給油しにくいと評判が悪い。

 

 

両方のメットインを見たけどアクシスZの方がリード125より深く見えたよ。でもアクシスZは、ヘルメットが入れづらい形状になってる。

 

リード125は、フルフェイスが1.5〜2個入る。メットイン容量は、アクシスZの方が0.5リットル大きいけどリード125は、ヘルメット形状にあわせた凹凸にして深さを確保してるみたい。でもリード125も入るフルフェイスが限られてるから買う前に入れてみたほうがいい。

 

メーカー小売希望価格で5万円くらいリード125の方が高いけどespの水冷エンジンにアイドリングストップ機能が付いててリヤキャリア標準装備でフロント12インチと優れている部分は、沢山ある。

 

 

アクシスZは、これだけメットインが広くて車重100kgというのが魅力。車重100kgは、Dio110と同じだし、アドレス110でも97kg。リード125は、114kgある。

 

 

最初からリアキャリアと箱を付けるつもりならリード125にすべき。キャリアを付けるのにお金を使うならリード125を買えって話。

 

 

アクシスZの乗り出し価格が23万円(キャリア別売り)。
リード125の乗り出し価格が25万円(キャリア標準)。

 

 

アクシスZがリード125より勝ってる点は、燃費、メットイン容量、車重の軽さ、小物入れが使いやすい、足元の広さ。取り回しや駐輪場で楽そう。

 

 

どう考えても水冷エンジンでタイヤサイズが大きくて、リアキャリア付きの方がいい。アクシスZは、生き残れないと思う。

 

 

リアキャリアと時計は、通勤では、必須でしょ。リード125の一択。

 

 

アクシスZに時計ないっていうけど100均で買って貼っとけば良いんだよ。

 

 

アクシスZは、荷掛フックも何もないし、リアボックスには値段の高い指定された箱しかつけられないのが痛い。

 

 

夏場に長距離走ってどこかいくなら水冷のリードかな。水冷は、熱ダレしない。空冷は、気温が高い時、長く乗るとへたるし、うるさいから近距離向き。

 

 

アクシスZのメットイン容量は、リード125より若干大きいけどリード125の方が深さがある。

 

 

メットインは、リード125の方がアクシスZより深くて便利。リードのメットインにネオテックが入るみたいだからアクシスZのメットインとは、結構差があるね。

 

 

アクシスZを見てきたけどメットインの底の盛り上がりが多くて浅く見えた。フロントポケットは、リード125より使いやすそうだった。

 

 

メットインの容量がアクシスZが37.5L。リード125が37L。でもアクシスZの一番の問題は、リアボックスがそのままでは、付けられないこと。足が前に伸ばせるのは魅了だけど。

 

 

エンジンが空冷のアクシスZと水冷のリード125。
アクシスZの方が出力を抑えてるから燃費がいいね。

 

 

アクシスZは、リアキャリアを標準装備してメットインをもっと深くして今の値段なら人気出ただろうね。これならみんなリード125を選ぶ。なんかもったいない。

 

アクシスZは、時計付いてないし、リヤキャリアが標準装備じゃない。オプションでリアキャリアを付けると15,000円もする。馬力が低いし、価格も微妙に高い。アクシスZよりは、リード125の方がいい。

 

アクシスZで箱付けようと思ってもキャリアがオプションだし、給油口を開けるのに毎回キーを抜かなければならない。フロントタイヤが10インチだし、馬力も控え目。通勤メインならリード125の方がいい。リードは、メーターに時計あるし。

 

リード125の不満点は、フロントインナーボックスの開閉のやりにくさと給油のやりにくさ。不満は、この2つだけなんだが日常使いでは、すごいストレス。このストレスが無いならアクシスZも候補に入る。

 

 

アクシスZにオプションの純正キャリアを付けるとリード125と大して値段が変わらなくなる。

 

 

俺は、アクシスZのメットインの浅さと時計が無いのが決めてでリード125にした。

 

 

アクシスZは、性能を犠牲にして燃費重視の設定にしてるね。

 

 

アクシスZがリード125より勝ってる点なんて何もないだろ。強いていれば価格くらい。

 

 

アクシスZを選ぶ人は、リードよりも値段が安くて、車体が小さくて、リアボックスを付ける予定はないけど荷物をそれなりに入れたい人。

 

アクシスZは、せめてもう1馬力上げてリアキャリアを標準装備にして価格を1万円下げるか、馬力はそのままでリアキャリア標準装備で価格を2万円下げればリード125と勝負できた。今の性能と価格なら大抵の人は、リード125選ぶよ。

 

 

SHOEIのZシリーズは、リード125には入ったけど、アクシスZは、絶対無理だね。

 

上の画像がリード125のメットイン。
下の画像がアクシスZのメットイン。
アクシスZとリード125のメットイン

 

 

売れてるバイクを買う方がカスタムパーツの種類が多いし、安く手に入る。それに買った後のトラブルの事例やカスタム事例などがネットで多くの情報が入るから長く乗るならそっちの方が安くつくよ。

 

 

アクシスZは、乗ってる人が少ないし、おそらくあまり売れないと思うから街中を走ってると注目されるよ。リードなんか走ってるの見かけてもダサいくらいしか思わない。

 

 

リードは、標準でキャリアが付いてるけどSHADもGIVIもキャリアの穴にポン付けできないよ。それも含めて検討した方がいい。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト