スペイシー100とアドレスV100の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スペイシー100とアドレスV100の違いを比較

 

 

ホンダ スペイシー100の歴史

2003年9月に新登場。型式は、BC-JF13。リード100生産中止を受けたモデルチェンジ車。
2005年9月にカラーチェンジ。
2007年2月にカラーチェンジと細部を熟成。フロントブレーキのキャリパーやリアキャリアをブラック塗装に。ロゴマークを一新。シートにステッチ加工を施す。
2008年9月に日本向け車両の生産終了。

 

スズキ アドレスV100の歴史

1991年に新登場。型式は、CE11A
その後、数年毎にアドレスV100の特別仕様車を発売したり、スポーティーな仕様「アドレスV100 タイプS」 を発売したが、モデルチェンジは行われなかった。
型式としてBD-CE11AとBD-CE13Aの2つある。
2005年5月で最終型「BD-CE13A型」の生産を終了。後継車種は、アドレスV125。

 

ここでは、
2003年9月発売のホンダ スペイシー100(BC-JF13)と
2004年発売のスズキ アドレスV100(CE13A)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

通称名

スペイシー100

アドレスV100

発売日

2003年9月

2004年

車名・型式

ホンダ・BC−JF13

CE13A

全長×全幅×全高(m)

1.795×0.680×1.070

1.745×0.635×1.015

軸距(m)

1.235

-

最低地上高(m)

0.125

-

シート高(m)

0.73

0.718

車両重量(kg)

101

90

乾燥重量(kg)

94

85

乗車定員(人)

2

2

最小回転半径(m)

1.9

1.9

エンジン型式・種類

JF13E(強制空冷4ストロークOHC単気筒)

2サイクル・強制空冷・単気筒・ケースリードバルブ

総排気量(cm3)

102

99

内径×行程(mm)

50.0×52.0

52.5×46.0

圧縮比

9

6.5

最高出力(kW[PS]/rpm)

5.2[7.1]/7,500

6.6[9.0]/6000

最大トルク(N・m[kg・m]/rpm)

7.8[0.8]/5,000

11[1.1]/5500

燃料消費率(km/L)

45.0(60km/h定地走行テスト値)

43.0 km/L ( 60 km/h走行時)

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

始動方式

セルフ式(キック式併設)

セル・キック併用

点火方式

CDI式バッテリー点火

CDI式

燃料タンク容量(L)

6.5

6

潤滑方式

圧送飛沫併用式

分離潤滑式

クラッチ形式

乾式多板シュー式

乾式自動遠心シュータイプ

変速機形式

無段変速式(Vマチック)

無段変速(スクーターなど)

キャスター(度)/トレール(mm)

27°00´/75

25.3度/68

タイヤサイズ 前

90/90-12 44J

3.50-10 51J

タイヤサイズ 後

100/90-10 56J

3.50-10 51J

ブレーキ形式 前

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式 後

機械式リーディング・トレーリング

リーディングトレーリング

懸架方式 前

テレスコピック式

油圧ダンパー付ボトムリンク式フロントサスペンション

懸架方式後

ユニット・スイング式

スイングユニット式 シングルリアショック

フレーム形式

アンダーボーン

アンダーボーン

 

 

スペイシー100とアドレスV100の違いを比較

 

 

スペイシー100とアドレスV100の比較の口コミ

 

 

スペイシー100は、平地だと全然遅いと思わない。自分のアドレスV100と比較してもほとんど差を感じなかった。スペイシー100がアドレスV100より素晴らしいのは、あの速さでも静かで燃費が良いこと。

 

 

アドレスV100からスペイシー100に乗り換えた。出足は、素晴らしい。中間加速は、遅い。スペイシー100は、サスが固いと言うよりは、タイヤが固いと感じた。

 

 

スペイシー100乗りだけどこの前信号で横にアドレスV100が並んだ。途中までは、アドレスV100の方が速いけど最高速はスペイシー100の方が速いからそれなりの距離があれば追い抜ける感じだった。

 

 

アドレスV100が盗まれたからスペイシー100を買った。何から何まで普通なところがGOOD!動力性能は、都内通勤用途では充分。盗難率もアドレスV100より低そうだから安心して乗りつぶせる。アドレスV100からスペイシー100に乗り換えでも通勤時間は、同じ。都心まで1時間の圏内では、どっちを買っても大差無いと思う。

 

 

現実をちゃんと把握しようぜ。アドレスV100は1990年頃、スペイシー100は2003年、全然時代が全く違う。でもスペイシー100は、2005年初頭で終わったから開発コンセプトが貧弱だったね。

 

 

俺は、アドレスV100に乗ってるけど街で遭遇するスペイシー100は、どれもアドレスV100と同等かそれ以上に速いよ。スペイシー100って遅いって意見が多いけどそんなに遅くないよ。

 

 

アドレスV100乗りだけど今日スペイシー100に負けた。60km/hまでの加速では勝ってたのにトップまでの伸びがスペイシー100の方が勝ってた。

 

 

確かに4stは、伸びはいい。でも出足は、2ストに負ける。60km/h辺りからスペイシー100が勝つね。

 

 

スペイシー100のポジションは、アドレスV100より断然楽だし、シートが大きくて柔らかい。サスもアドレスV100より柔らかいし、エンジン音も静かでスムーズだよ。2stは4stの倍の回数爆発をするので振動と音は、スペイシー100の圧勝。メットインが小さいのだけ我慢できればスペイシー100は、本当に良いバイクと思った。

 

 

スペイシー100で気になったのがメットインスペース。以前フルフェイスが入らないという書き込みがあったがメットイン容量は、アドレスV100よりも1L大きい。

 

 

アドレスV100は、小振りで渋滞時のすり抜けで便利。スペイシー100は、ライトが明るく安定感のあるからアドレスV100より流れの早い幹線道路に向いている。

 

 

アドレスV100は、ライトが小さいし、シートも小さい。自分としては、駐輪場のスペースが狭いとかないかぎり、選択肢に入ってこないかな。アドレスV100で休日に少し遠くに出かけたいとは思わない。60km/h+αで幹線道路の流れに乗るには、ある程度の車体の大きさが必要だからスペイシー100の方がいいね。

 

 

街乗りがメインならアドレスV100の方が絶対便利。スペイシー100だと駐輪場に入れる時、苦労するよ。

 

 

2stも4stもメンテナンス次第だと思うけど常時オイルに浸ってる4stの方が耐久性は、高いはず。2stの場合、特にクランク軸受けの磨耗が激しい。他にもシリンダーに給排気のポートが開いてるのでシリンダーが歪みやすく、シリンダ及びピストンの偏磨耗もある。2stは、中も外もオイルでベタベタで乗れば乗る程、エンジンが呼吸困難を起こす。長く乗るつもりなら絶対スペイシー100がオススメ。

 

 

スペイシー100は、アドレスV100より加速は劣るけど燃費がリッター10キロぐらい良い。ただ前カゴがつけられないのが残念。

 

 

最高速はh,アドレスV100より僅かにスペイシー100の方が上だから信号も坂もない道が続くなら追い越せるかも。ノーマルアドレスV100も出足は、結構マッタリだけどスペイシー100は、更にマッタリ。あとアドレスV100は、40〜60km/hの一番使う場所に速度の谷間がないのがいい。

 

 

アドレスV100に乗ってて、あの安定感の無い小さな車体に不満がある人には、スペイシー100ぐらいの大きさが丁度いいと思う。シートが大きいし、アドレスV100と比べればシートの硬さも少しマシ。それに作りや装備がアドレスV100より全然いいしね。

 

 

スペイシー100は、シートの段差のせいでアドレスV100より狭くて窮屈に感じた。

 

 

俺のアドレスV100との比較だけどスペイシー100は、メットインスペースの狭さ以外では、全ての点でアドレスV100を上回ってる。

 

 

最高速は、スペイシー100の方がアドレスV100より僅かに速い。まあ、坂や加速は駄目だけど。

 

 

スペイシー100がアドレスV100より速いのは最高速だけ。13型だったら出足は似てるかも知れないけど。

 

 

2ストの場合、エンジンレスポンスが良いので体感で加速感がある。でも実際は、同出力程度の4ストと比べた時の区間到達タイムは、さほど変わらないこともある。でも坂の場合は、瞬間的なパワーの差が明らかにでる。

 

 

車が80km以上で走る国道16号を通勤しての感想。スタートから40km/hまでは、スペイシー100が速い。40km/hから80km/hまでアドレスV100が速い。それ以上は、スペイシー100が速い。スペックだけでは分からない。2st100ccの方が断然速いと思ってた。

 

 

参考加速性能はアドレスV100の場合、0-200mが12.8秒。アドレスV125だと12.3秒らしい。同時発進で勝負すると100mの地点で約5mぐらい差がつく。ちなみにスペーシー100は、0-200mが14.1秒。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト