スペイシー100とリード100の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スペイシー100とリード100の違いを比較

 

ホンダ スペイシー100の歴史

2003年9月に新登場。型式は、BC-JF13。リード100生産中止を受けたモデルチェンジ車。
2005年9月にカラーチェンジ。
2007年2月にカラーチェンジと細部を熟成。フロントブレーキのキャリパーやリアキャリアをブラック塗装に。ロゴマークを一新。シートにステッチ加工を施す。
2008年9月に日本向け車両の生産終了。

 

 

ホンダ リード100の歴史

1998年3月に新登場。型式は、BD-JF06
2001年6月にマイナーチェンジ。盗難抑止のためにメインスイッチ、シートオープナー、ハンドルロック機構をメインのキーシリンダーに集約。キーシャッターも装備。キー付きガソリンタンクキャップの採用。オプションのイモビアラームキットが装着できるプレワイヤリングを標準装備。
2003年に生産終了。

 

 

ここでは、
2003年9月発売のホンダ スペイシー100(BC-JF13)と
2001年6月発売のホンダ リード100(BD-JF06)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

通称名

スペイシー100

リード100

発売日

2003年9月

2001年6月

車名・型式

ホンダ・BC−JF13

ホンダ・BD−JF06

全長×全幅×全高(m)

1.795×0.680×1.070

1.795×0.680×1.060

軸距(m)

1.235

1.255

最低地上高(m)

0.125

0.115

シート高(m)

0.73

0.735

車両重量(kg)

101

99

乾燥重量(kg)

94

92

乗車定員(人)

2

2

最小回転半径(m)

1.9

2

エンジン型式・種類

JF13E(強制空冷4ストロークOHC単気筒)

JF06E空冷2ストローク単気筒

総排気量(cm3)

102

101

内径×行程(mm)

50.0×52.0

51.0×49.6

圧縮比

9

6.5

最高出力(kW[PS]/rpm)

5.2[7.1]/7,500

6.8[9.3]/6,750

最大トルク(N・m[kg・m]/rpm)

7.8[0.8]/5,000

9.9[1.0]/6,000

燃料消費率(km/L)

45.0(60km/h定地走行テスト値)

43.1(60km/h定地走行テスト値)

キャブレター形式

VK0AE

APBC3

始動方式

セルフ式(キック式併設)

セルフ式(キック式併設)

点火方式

CDI式バッテリー点火

CDIバッテリー点火

燃料タンク容量(L)

6.5

7.5

潤滑方式

圧送飛沫併用式

分離潤滑式

クラッチ形式

乾式多板シュー式

乾式多板シュー式

変速機形式

無段変速式(Vマチック)

無段変速式(Vマチック)

変速比1速

2.830〜0.850

2.400〜0.790

キャスター(度)/トレール(mm)

27°00´/75

27°30´/68

タイヤサイズ 前

90/90-12 44J

100/90-10 56J

タイヤサイズ 後

100/90-10 56J

100/90-10 56J

ブレーキ形式 前

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式 後

機械式リーディング・トレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式 前

テレスコピック式

テレスコピック

懸架方式後

ユニット・スイング式

ユニット・スイング式

フレーム形式

アンダーボーン

アンダーボーン

 

スペイシー100とリード100の違いを比較

 

スペイシー100とリード100の比較の口コミ

 

 

リード100の動力性能には満足だけど2スト特有のうるさい音と振動が疲れる。音は、原付みたいな安っぽさがあるし。スペイシー100は、4ストで白煙も臭いも無く、音が心地良い。でも急な坂を登る時は、2stのリード110の方がいいな。

 

 

この前、深夜のバイパスでリード100とスペイシー100でシグナルGPした。スペイシー100が少しフライングスタートして先行したが100m行かない内にリード100が追い抜いて少しずつ離していった。

 

 

リード100からスペイシー100に乗り換えた。不満は、給油口がシートの中ってこと。ガソリンスタンドで給油してもらった後、給油口の回りにこぼしたガソリンをぞうきんで拭いてたけどなんか嫌だった。それ以降、給油の時は、シートの中の物を出すようにしてる。リード100は、スペイシー100と比べてメットインが大きい。加速が速い。センスタロックが付いてる。でも燃費が悪く、煩い。

 

 

俺がリード100。嫁がスペイシー100に乗ってるけど加速は大して変わらないよ。若干、リー100の方が速いだけ。リード100は、エンジンがうなってて、スペイシー100が静かすぎるから印象的にもスペイシー100が遅く感じる。でも坂を登る時は、断然リード100の方が速いけど。坂がないならスペイシー100でいいじゃない?

 

 

燃費は、スペイシー100だな。スペック的には、リード100の方がいいけど。

 

 

リード100とスペイシー100を比べて、カタログ数値と現実の違いは、結構あるよ。それから数値には出てない。スムーズさや静かさや振動の少なさもスペイシー100の価値。

 

 

スペイシー100よりリード100の方が少し速い程度だよ。

 

 

スペイシー100は、前カゴがつかないのが問題だと思う。

 

 

スペイシー100に乗ってるけど買う前は、程度の良いリード100の中古が無くて仕方なくスペイシー100にした。外観の仕上げ、走り、メットインスペース、全てでリード100が勝ってた。やっぱり日本製と中国製の差は大きいよ。負けるのはエンジンの耐久性や燃費くらい。何しろリード100は、何度も改良を重ねて枯れ切ったスクーターだから満足度、安心感は高い。

 

 

俺は、リード100のデザインが受け付けなかったからスペイシー100にした。坂道ではやっぱ2ストって思うし、いつもマッタリ走行してる。外装デザインが良ければリード100にしてた。

 

 

全てが上ってわけじゃないけど自分もも大体は、リード100の方が勝ってると思ってる。
デザインは、スペイシー100の方が好きなんだけどね。

 

 

俺もリード100とスペイシー100で悩んでたけどアイドリング音を聞いたらどうしても2ストは安っぽく感じたからスペイシー100にした。

 

 

 

リード100からスペイシー100に乗り換えて燃費が良くなったし、余ったリード100の消耗品(Vベルト、ブレーキディスクパッド)が使えた。

 

 

リード100はリード50がベースじゃない。リード50がリード100ベース。スペイシー100はスペイシー125がベースじゃなく50ccを元に作ったモデル。この差はデカイ。

 

 

スペイシー100のサスは、リード100より良いと感じた。リード100は、リヤのばたつきが気になったけどスペイシー100の方がマシ。

 

 

スペイシー100は、給油口がシート下にあるのが大きなマイナスポイント。リード100の時は、リアシートからキャリアにかけて大きなバッグを積めたのにスペイシー100だと給油する毎にバッグを外さないといけない。リード100もシート下に2stオイルを入れなきゃだめだが、給油に比べると回数が少ないし、自分で持参して入れられる。あとメットインもリード100よりかなり狭い。

 

 

個人的な感想としては、リード100の方が高速走行の時、安定する。風の巻き込みが少ないね。でもブレーキは、スペイシー100の方が上。

 

リード100の修理で代車でスペイシー100を借りた。条件が良ければ90km/h出るね。でも登坂力が無いし、上りで減速すると再加速しない。加速もマッタリでリード100で間に合っていた信号に捕まる。燃費は、32km/L程度でそこまで変わらなかった。これならリード100のままでいいや。

 

 

リード100からスペイシー100に乗り換えた。パワーは、落ちるが静かで燃費がいいね。最高速は、リード100と変わらない。気になったのは、出だしの遅さかな。

 

 

通勤用で使ってたリード100からスペイシー100に乗り換えた。都内片道16kmの通勤で燃費は、リード100が26km/L:スペイシー100が28km/L。この差なら気持ちよく走れるリード100の方がいいかも。でもスペイシー100は、1000kmあたりで500〜1000円掛かる2stオイル代がかからない。

 

 

リード100からの乗り換えたけどブレーキは、スペイシー100の方がいい。

 

 

リード100は、スペイシー100より3万円高いけどが日本製。スペイシー100は、中国製。品質の差は、大きい。それにリード100の方が加速性能が優れ、メットインも大きい。リード100の低温症は後期モデルで完全に解消されたし。まあ、燃費は、スペイシー100の方がいいけど。

 

 

スペイシー100を買って3ヶ月経ったけど思ったより良かった。坂が上らないとか言われてたから心配してたけど意外と低速トルクがあって狭い急坂でもアクセル余り開けなくてもトコトコ登っていける。前のリード100は、低速が苦手でこういうとこでは、扱いづらかった。あとスペイシーは、乗っていて開放感がある。

 

 

ホンダのサイトのスペイシー情報ページでスペイシー100は、実用モード燃費、航続距離でリード100より勝り、発進加速(0〜20m)で2ストロークと同等の性能と書いてある。

 

 

リード100乗りだけど発信加速以外は、スペイシー100とほとんど同じだよ。

 

 

隣家がスペイシー100、向かいの家がリード100、自分がリード90で一斉にふもとの駅の駐輪場に行くことがあるけど走りの印象だとリード100>リード90>=スペイシー100って感じ。。

 

 

スペイシー100とリード100の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト