スマートディオの買取相場を知ってスマートディオを売る

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スマートディオの買取相場を知ってスマートディオを売る

 

 

スマートディオが何円で売れるか下記の3点からチェックしてみました。

 

 

 

 

スマートディオの年式毎の定価とモデルチェンジでの変更点

 

ホンダ スマートディオの歴史

 

2001年3月に3代目Dioの「ライブDio」をフルモデルチェンジして4代目Dioの「スマートDio」を発売。型式は、BA-AF56
また、先進のアイドルストップ・システムやフロントディスクブレーキを採用した「Dio・デラックス」も発売。「Dio・デラックス」の型式は、BA-AF57

スマートDioの特徴

  • エンジンは、クレア スクーピーに搭載し、低燃費や静粛性などで高い評価を得ているモジュール・エンジンをベースに開発した水冷・4ストロークエンジン。2ストロークエンジン搭載のDioより約60%燃費が向上。
  • フレームは、原材料にリサイクル性の高いアルミ材を使用し、前後2分割のモジュール構造とし、高剛性のアルミダイキャストフレームを採用。
  • 外観デザインは、フロントからリアまでシャープで躍動感あふれるスタイリングに。
  • ヘッドライトは、マルチリフレクターと大光量40Wヘッドライトを採用。
  • 盗難抑止システムとして、メインスイッチ、シートオープナー、ハンドルロック機構をメインのキーシリンダー1ヶ所に集約。
  • メインのキーシリンダーにはキーシャッターを設定し、オプション設定のイモビアラームを装着するためのイモビアラームプレワイヤリングを標準で装備。
  • 「コンビ・ブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)」の採用。
  • 無理なロックの解除を防止する強化キーシリンダーと、直結防止回路を装備。
  • Honda独自システムのセンタースタンドをロックする「ロックイン」機構の採用。
  • キー付きガソリンタンクキャップを装備。

 

スマートDio・デラックスの専用装備

  • アイドル・ストップシステムを採用。
  • フロントディスクブレーキを採用(Dioと同様のコンビブレーキシステムを採用)。

 

 

車体色

Dio、Dio・デラックスともに
クリアシルバーメタリック
べガブラックメタリック
クリッパーイエロー
ハーブグリーンメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 100,000台

 

メーカー小売価格

Dio 159,000円
Dio・デラックス 179,000円

 

 

従来モデルとのスペックの比較

※変更があった部分だけ表示しています。

通称名

3代目ライブDio

4代目スマートDio

発売

1999年9月

2001年3月

車名・型式

ホンダ・BB-AF35

ホンダ・BA-AF56

全長×全幅×全高(m)

1.675×0.625×0.995

1.710×0.620×1.010

軸距(m)

1.145

1.19

最低地上高(m)

0.105

0.115

シート高(m)

0.7

0.71

車両重量/乾燥重量(kg)

75/69

76/71

エンジン型式

AF34E 空冷2ストローク単気筒

AF55E(水冷・4ストローク・単気筒)

内径×行程(mm)

40.0×39.3

38.0×44.0

圧縮比

7.1

12

最高出力(PS/rpm)

5.6/6,500

5.0/8,000

最大トルク(kgm/rpm)

0.64/6,000

0.47/7,000

燃料消費率(km/L)

49

75.0(30km/h 定地走行テスト値)

キャブレター型式

APBC

NVK00A

点火方式

CDI式マグネット点火

CDIバッテリー点火

潤滑方式

分離潤滑式

圧送飛沫併用式

燃料タンク容量(L)

6

5

変速比 1速

2.450〜0.850

2.800〜0.860

キャスター(度)/トレール(mm)

25°40′/72

26°30´/72

タイヤサイズ 前

3.00-10 42J

90/90-10 50J

タイヤサイズ 後

3.00-10 42J

90/90-10 50J

ブレーキ形式 前

油圧式ディスク

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式 後

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

 

 

2002年3月に「Dio Z4(ズィーフォー)」を新発売。型式は、BA-AF57
「Dio」シリーズにスポーティーなスタイルの「Dio Z4」をタイプ追加し、発売。

 

「スマートDio Z4」の特徴

  • 「Dio」シリーズをベースにスポーティーな外観デザインへ変更。
  • 新たに採用した大型リアスポイラーには、赤色LEDを使用したハイマウントストップランプを内蔵。
  • ヘッドライトはブルーのマルチリフレクターを採用。
  • 軽量なアルミキャストホイールを前・後輪に装備。
  • 「Z4」立体エンブレムは、「4」を赤く強調。
  • 車体色は、「クリアシルバーメタリック」と「クリッパーイエロー」の2色を設定。
  • ホイール色は高級感のあるゴールドカラーを採用。

 

 

車体色

クリアシルバーメタリック
クリッパーイエロー

 

販売計画台数(国内・年間)

Dio Z4 合計 8,000台

 

メーカー小売価格

Dio Z4 189,000円

 

 

2003年1月に「スマートDio」と「スマートDio デラックス」にカラーを追加して発売。

  • 「Dio」「Dio デラックス」ともにトラッドブルーメタリックとフォースシルバーメタリックの2色を追加。
  • 各色ともに内装色をグレーからブラックに変更。
  • 車体マークをカーボン調ステッカーに変更。

 

 

車体色

「Dio」「Dio デラックス」ともに
トラッドブルーメタリック(新色)
フォースシルバーメタリック(新色)
ベガブラックメタリック(現行色)
シャスタホワイト(現行色)

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 30,000台

 

メーカー小売価格

Dio 159,000円
Dio デラックス 179,000円

 

 

2003年11月に「5代目ディオ」を発売。型式は、BA-AF62
中国生産輸入第3弾となる空冷4ストローク50ccエンジンを搭載した、最新デザインの5代目「Dio」を発売。

 

これまでの水冷4ストローク50ccエンジン搭載の4代目ディオの「スマート・Dio」、アイドルストップ・システムやフロントディスクブレーキを採用した「スマート・Dio デラックス」、「スマート・Dio Z4」の3機種は、熊本製作所で生産し、今回の5代目ディオは、中国で生産。新型Dioと合わせ4機種のDioシリーズを日本国内で販売する。

 

 

5代目ディオの買取相場は、こちらにまとめています。

 

2004年1月に「スマート・Dio」のカラーを変更して発売。

  • 「スマート・Dio デラックス」に、新色として専用色のラクスゴールドメタリックを設定。
  • 「スマート・Dio」は、トラッドブルーメタリックとフォースシルバーメタリック、ベガブラックメタリックの3色を設定。
  • ベガブラックメタリックは、アンダーカバーをブラックからグレー調の色合いに変更しツートーンカラーに。
  • 「スマート・Dio」「スマート・Dio デラックス」の両タイプに立体エンブレムを採用。

 

車体色

「スマート・Dio」
トラッドブルーメタリック
フォースシルバーメタリック
ベガブラックメタリック

 

「スマート・Dio デラックス」
ラクスゴールドメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

合計 30,000台

 

メーカー小売価格

スマート・Dio 159,000円
スマート・Dio デラックス 179,000円

 

 

 

2004年2月に「スマート・Dio Z4」をフルモデルチェンジして発売。型式は、BA-AF63

 

変更点

  • 世界初となる50cc用PGM-FIを搭載。
  • 排出ガスのクリーン化と80km/Lの低燃費を実現。
  • エンジンには50ccスクーターで世界初の4バルブを採用し、低回転域から力強い加速と伸びのある走りを実現。
  • PGM-FIと4バルブ化により常に安定したアイドリング性能と優れたエンジン始動とレスポンス性に優れた走りが可能。
  • バッテリー完全放電状態からもキックで確実な始動を可能になった
  • フロントウインカーカバーをよりシャープな形状に変更。
  • フロントとリアサイドには「PGM-FI」と「4-VALVES」のエンブレムを施した。
  • ブルーのアウターレンズを新たに採用したテールランプ。
  • マフラープロテクターは、メッキ処理を施し、質感を高めている。
  • 足回りは、今回新たに2ピースボトム採用の油圧式テレスコピックサスペンションを採用。
  • リアには複動式オイルダンパーにスポーティー感を演出するためにレッドのリア・サスペンションのコイルを組み合わせて採用。
  • ブラックのメーターパネルを採用し、FIの作動インジケーターを装備。
  • シートは滑りにくいスポーツタイプのシート表皮を採用。
  • 補水不要のメンテナンスフリーバッテリーを装備。

 

 

車体色

ガブラックメタリック
パールシーシェルホワイト

 

販売計画台数(国内・年間)

10,000台

 

メーカー小売価格

199,000円

 

 

従来モデルとのスペックの比較

※変更があった部分だけ表示しています。

通称名

Dio Z4

Dio Z4

発売

2002年3月

2004年2月

車名・型式

ホンダ・BA-AF57

ホンダ・BA-AF63

全長×全幅×全高(m)

1.710×0.620×1.010

1.710×0.630×1.010

最低地上高(m)

0.115

0.11

車両重量(kg)

77

81

乾燥重量(kg)

72

77

エンジン型式・種類

AF55E・水冷4ストロークOHC単気筒

AF63E・水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

最高出力(kW[PS]/rpm)

3.7[5.0]/8,000

3.9[5.3]/8,000

最大トルク(N・m[kg・m]/rpm)

4.6[0.47]/7,000

4.8[0.49]/7,500

燃料消費率(km/L)

75.0(30km/h定地走行テスト値)

80.0(30km/h 定地走行テスト値)

潤滑方式

圧送飛沫併用式

圧送飛沫併用式

燃料タンク容量(L)

5

4.8

 

 

2005年2月に「スマート・Dio Z4」にカラーを追加して発売。
新色の「シールシルバーメタリック」を追加。
「シールシルバーメタリック」は、車体両サイドの「PGM-FI」のステッカーとリアスポイラーの「Z4」のエンブレムにブラックを採用。

 

 

車体色

シールシルバーメタリック
シールシルバーメタリック
パールシーシェルホワイト

 

販売計画台数(国内・年間)

7,000台

 

メーカー小売価格

210,000円

 

 

2006年1月に「スマート・Dio Z4」のカラーリングを変更して発売。
新色の「フォースシルバーメタリック」を追加。

 

車体色

フォースシルバーメタリック
ベガブラックメタリック
パールシーシェルホワイト

 

販売計画台数(国内・年間)

5,000台

 

メーカー小売価格

210,000円

 

 

2007年1月に「スマート・Dio」「スマート・Dio デラックス」のカラーリングを変更して発売。

 

「スマート・Dio」は、パールシーシェルホワイトとキャンディールビジウムレッドの2色を新たに設定。フォースシルバーメタリックは、サイドとアンダーのカバーにフロアーと同色のブラックを採用してツートーンのカラーリングとした。

 

「スマート・Dio デラックス」は、新色のヘビーグレーメタリック1色のカラーリング設定に。

 

車体色

「スマート・Dio」
パールシーシェルホワイト
キャンディールビジウムレッド
フォースシルバーメタリック
ベガブラックメタリック

 

「スマート・Dio デラックス」
ヘビーグレーメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 16,500台

 

メーカー小売価格

スマート・Dio 168,000円
スマート・Dio デラックス 189,000円

 

 

 

スマートディオの年式毎の中古車販売価格

確認した日

車種名

年式

走行

地域

その他装備

中古車販売価格

2017/3/11

スマートDio

2007年

キャンディルビジウムレッド

3140km

広島県三原市

ホンダ スマートDio 前後タイヤ新品 ベルト純正新品

8.1万円

2017/3/11

スマートDio

2004年

シルバーM

5745km

大阪府和泉市

程度良好でコンディションGOOD!ピカピカの車体

7.98万円

2017/3/11

スマートDio

2002年

シルバー

1139km

多摩エリア多摩市

スマートDioのキレイな低走行車。前かご付き

5.99万円

2017/3/11

スマートDio

2001年

ブラック

3671Km

広島県三原市

-

6.48万円

2017/3/11

スマートDio DX

2007年

ガンM

8724km

千葉県市原市

キレイなバイクです・エンジン快調です

7.5万円

2017/3/11

スマートDio DX

2004年

ゴールドM

9652km

多摩エリア小平市

4サイクル+アイドリングストップ搭載で低燃費!エンジン好調!シートレザー新品張替済

4.9万円

2017/3/11

スマートDio DX

2001年

ブラック

8912km

大阪府和泉市

ホンダ スマートDio DX チタンルックマフラー付 、前後タイヤ・後ブレーキ・Vベルト・ウエイトローラー・エアーエレメント・プラグ新品

7.8万円

2017/3/11

スマートDio DX

2003年

ブラック

16477km

鹿児島県霧島市

フロントディスクブレーキ装備のDX

8万円

2017/3/11

スマートDio Z4

2007年

シルバー

12455km

岡山県岡山市北区

ホンダ スマートDio Z4インジェクション

10.8万円

2017/3/11

スマートDio Z4

2006年

ブラック

11961km

鹿児島県霧島市

-

12万円

2017/3/11

スマートDio Z4

2005年

ホワイト

10281km

多摩エリア調布市

Z4後期モデルからPGM−FI、4バルブエンジンに変更。前期モデルとは別物です。

10.58万円

2017/3/11

スマートDio Z4

2004年

パールシーシェルホワイト

4011km

愛知県岡崎市

-

12.8万円

2017/3/11

スマートDio Z4

2002年

シルバーM

走行距離疑義車km

大阪府枚方市

ホンダ スマートDio Z4 ドライブベルト新品 キャブレーターOH済 2002年モデル

4.82万円

 

スマートディオ買取価格の事例

 

 

スマートDio Z4を売った日 2016年07月
年式 2007年
カラー 
走行距離 約4,000km
買取価格 20000円

 

 

スマートDio Z4を売った日 2015年9月
年式 2004年
カラー 
走行距離 約7,000km
買取価格 30000円

 

スマートDio Z4を売った日 2015年8月
年式 2004年
カラー 
走行距離 約6,000km
買取価格 35000円

 

スマートDio Z4を売った日 2015年7月
年式 2002年
カラー 
走行距離 約12,000km
買取価格 25000円

 

スマートDio Z4を売った日 2015年7月
年式 不明
カラー 
走行距離 約13,000km
買取価格 25000円

 

スマートDioを売った日 2015年5月
年式 不明
カラー 
走行距離 約5,000km
買取価格 20000円

 

スマートDioを売った日 2015年4月
年式 2005年
カラー 
走行距離 約11,000km
買取価格 15000円

 

スマートDio DXを売った日 2015年10月
年式 不明
カラー 
走行距離 約13,000km
買取価格 35000円

 

 

ここでの買取価格の事例は「年式、走行距離、カラー」しかわからないので実際のバイクの状態(外装の傷、消耗品の状態、カスタムなど)の情報は、まったくわかりません。事故車の可能性もあります。ですから実際は、同じ年式、同じくらいの走行距離でも全然違う査定額になることは、よくあります。あくまでも参考程度にしておきましょう。

 

4代目ディオのスマートディオ(BA-AF56/BA-AF57/BA-AF63)は、2001年3月に新登場し、2003年11月にフルモデルチェンジして5代目ディオに変わりました。
4代目ディオのスマートディオ(BA-AF56/BA-AF57/BA-AF63)に含まれる車種としては下記のものがあります。

  • Dio(BA-AF56)
  • Dio・デラックス(BA-AF57)
  • Dio Z4(BA-AF57/BA-AF63)

 

中古車販売価格を見ると5万〜7万円くらいの車両が多いです。「スマートDio Z4」だけ少し高く、10万円以上の車両もあります。過去の買い取り事例を見ると「スマートDio」は、1〜2万円の事例があり、「スマートDio Z4」や「スマートDio DX」になると2.5〜3.5万円の事例があります。

 

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト