「ヤマハ ジョグ(JOG)」と「ホンダ ディオ(DIO)」の比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

「ホンダ ディオ(DIO)」と「ヤマハ ジョグ(JOG)」の比較

 

ホンダ Dioの歴史

2003年11月に5代目DIOが新登場。型式は、BA-AF62
2004年7月に特別仕様車「Dio・スペシャルカラー」を発売。
2006年2月にカラーチェンジ
2007年10月にマイナーチェンジ。6代目DIOとなる。型式は、JBH-AF68に変更
2009年1月にカラーチェンジ
2010年2月にカラーチェンジ
2011年2月にマイナーチェンジ
2013年11月にカラーチェンジ
2016年に日本仕様の生産終了を公表。

 

※ホンダ DIOは、1988年1月に初代ディオが新登場しています。ここでは、省略して2003年のフルモデルチェンジからにしています。

 

ヤマハ ジョグの歴史

2001年1月にフルモデルチェンジ※型式がBB-SA16Jになる
2003年2月にマイナーチェンジ
2004年1月にカラーチェンジ
2006年2月にカラーチェンジ
2007年10月にフルモデルチェンジ※型式がJBH-SA36Jになる
2009年3月にカラーチェンジ
2011年1月にカラーチェンジ
2013年2月にカラーチェンジ
2015年2月にカラーチェンジ
2015年10月にマイナーチェンジ※型式が JBH-SA55Jになる
2016年3月に特別仕様車「ジョグスペシャル」を発売。

 

※ヤマハ ジョグは、1983年3月に新登場しています。ここでは、省略して2001年のフルモデルチェンジからにしています。

 

スペックの違いを比較

 

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ ディオ

ヤマハ ジョグ

発売

2013年11月

2015年10月

型式

JBH-AF68

JBH-SA55J

全長

1720mm

1685mm

全幅

650mm

650mm

全高

1020mm

1035mm

ホイールベース

1180mm

1160mm

シート高

695mm

725mm

最低地上高

110mm

90mm

総重量

81kg

84kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

24°

トレール(mm)

71

70

ブレーキ形式(前)

ドラム

ドラム

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

80/100-10 46J

90/90-10 41J

タイヤサイズ(後)

80/100-10 46J

90/90-10 41J

エンジン種類

空冷4ストロークOHC単気筒

水冷4ストロークSOHC3バルブ単気筒

総排気量

49cc

49cc

圧縮比

10.1

12.0

ボア

38mm

38mm

最高出力(kW/rpm)

2.8(3.8PS)/8250

3.3(4.5PS)/8000

最大トルク(N・m/rpm)

3.7(0.38kgf・m)/7000

4.2(0.43kgf・m)/6500

始動方式

セル・キック

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

ウエットサンプ

燃料タンク容量

4.6L

4.4L

燃料消費率(km/L)

73(30km/h)

69.7(30km/h)・56.5(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥159,600 マットアクシスグレーメタリック ¥159,600 アズキブラウンメタリック ¥159,600 パールコットンアイボリー ¥159,600 デジタルシルバーメタリック ¥159,600 パールアメジストパープル

¥160,920 ライトイエローイッシュグレーメタリック9 ¥160,920 シルバー3 ¥160,920 ブラックメタリックX ¥160,920 ダークレディッシュグレーメタリック2 ¥160,920 ダルレッドメタリックD

 

 

 

スペックの比較
  • 全長は、ディオの方が3.5cm長い。
  • 全高は、ジョグの方が1.5cm高い。
  • ホイールベースは、ディオの方が2cm長い。
  • シート高は、ジョグの方が3cm高い。
  • 最低地上高は、ディオの方が2cm高い。
  • 総重量は、ジョグの方が3kg重い。
  • タイヤサイズは、前後共にジョグの方が1cm太い。
  • エンジンは、ディオが空冷、ジョグが水冷。
  • 馬力とトルクは、ジョグの方が高い。
  • 燃料タンクの容量は、ディオの方が大きい。
  • 燃費は、ディオの方が良い。
  • 価格は、ジョグの方が1320円高い。

 

 

「ディオ」と「ジョグ」の動画

 

ホンダ ディオ

 

Honda dio AF 68

 

ヤマハ ジョグ(JOG)

 

YAMAHA ヤマハ JOG(ジョグ) JBH-SA55J

 

「ディオ」と「ジョグ」の収納の比較

 

ディオ

 

メットイン・スペースは、フルフェイスが入る容量22L。フロントカバーの内側には、1.5Lのペットボトルも収まるフロントインナーボックスを装備。袋かけに便利なコンビニフックもついています。

 

 

リアキャリアには、Uロックを固定できる専用ホルダーが装備されています。

 

 

ジョグ

 

メットイン・スペースは、容量約18L

 

 

シート下にも重さ1kgまでかけられるコンビニフックが装備されています。フロントカバーの内側には、500mlのペットボトルが2本納まります。買い物袋からビジネスバッグまでかけられる大型コンビニフックを装備。リアキャリアの積載重量は3kgです。

 

 

「ディオ」と「ジョグ」のメーターの比較

 

ディオ

 

大きくて見やすいスピードメーターと残量がひと目で分かる指針式(帰零式)燃料メーターを採用。

 

 

ジョグ

 

ひとめで走行速度や燃料の残量を確認できる、シンプルで視認性に配慮したメーターパネル。

 

 

 

「ディオ」と「ジョグ」のキーシリンダーのロックの比較

 

ディオ

 

メインスイッチ、シートオープナー、ハンドルロックなどを1箇所にまとめて、鍵穴をおおうシャッターが付いています。

 

 

閉じ方は、キーを抜いて、SHUTと書かれたツマミを上に上げれば、鍵穴がシャッターで覆われます。開け方は、キーの後ろについている突起部分を溝に合わせて差し込んで反時計回りに回せばシャッターが開きます。

 

 

 

ジョグ

 

ヤマハ独自のGロックというトリプルガードシステムが付いています。

 

 

ロックの仕方は、ハンドルロックをかけてキーを抜きます。Gロックレバーを手前に引くと鍵穴がシャッターでガードされ、同時にリアホイールもロックされます。解除の方法は、解除用キーシリンダーにキーを差し込み、押しながら時計方向に回すと解除できます。

 

 

「ディオ」と「ジョグ」の比較の口コミ

 

 

違いは、エンジンがジョグが水冷、ディオが空冷、ジョグが台湾生産、ディオが中国生産。

 

バイク屋の話では、大きな違いは、エンジンが空冷か水冷かでジョグの方が水冷だから良いということでした。水冷エンジンは空冷エンジンと比べて気流に影響されないので万遍無く安定して冷やせます。そのため、熱負荷への耐性性が上がり、出力が上げやすかったり、長時間の負荷に耐えられます。しかし、その分、価格が高くなったり、冷却水の管理が面倒だと言っていました。

 

 

20年前ならJOGだけど今はどっちでもほとんど同じ。見た目や乗り心地で選んだらいいよ。

 

4stの両方保有していますが出力にほとんど差はありません。しかし、ジョグの水冷エンジンの方が静かですし、暑い時期は、水冷エンジンの方が熱ダレしにくいです。 加速は、JOGの方がいいと思います。それくらいであとは、たいして違いは感じません。

 

ジョグとディオでは、ジョグの方が信頼性が上でしょう。ジョグも台湾生産になって信頼性が下がったけど。防犯対策もディオは、キーシャッターですがジョグは、リアタイヤまでロックされるGロックです。現行のジョグとディオを比べると私は、JOGがオススメです。

 

 

自分なら、JOGがいいと思う。現行Dioの信頼性は、低いから。

 

 

俺は、何も調べずにDioを買って後悔している。Dioは、他のメーカーの4stの50ccスクーターと比べてちょっとだけ遅いというレベルでなくて排気量が違うみたいになってる。迷ってるなら絶対両方乗ってみたほうがいい。

 

 

JOGもDIOも試乗しましたがJOGの方が明らかに速かったです。見た目もDioよりもJOGの方がかっこいい。Dioは、カマキリみたい。

 

 

勾配のある坂になるとJOGだとフルスロットルでそれなりに加速するけどDIOは、ウエイトローラーの関係もあって泣けるレベル。30km/hからドンドン減速する。でも普通に乗る分にはDIOでも問題ないレベル。

 

最近の50ccスクーターの性能なんて似たようなものだから見た目が好きな方を選べばいい。Dioが批判されてるのはベアリング等独自規格が多く汎用品が使えないから故障した時のリスクが高いのと時間工賃で利益を上げるためにわざと整備性を悪くしてるから。Dioが55km/hしか出ないって言ってる人がいるけど駆動系のセッティングで出ないようにしてるだけだから社外のプーリーに変えたら簡単にメーター振り切るよ。

 

最近は、4stだからどっちも差は、ありません。敢えて言えば水冷のJOGのほうが少し静かなことくらい。JOGは台湾製、DIOは中国製ですが50ccで日本製は、ほとんどないので、さほど気にしなくてよいでしょう。

 

 

値段も同じくらいでエンジンがJOGは、水冷だし、馬力も上だからJOGがお勧めだね。

 

現行の4ストだったらJOGがいいと思う。JOG は、水冷3バルブエンジン、Dioは、空冷2バルブエンジンだし、馬力もJOGが4.2ps、Dio:3.8psでJOGが上。JOGの方が少し速い。タイヤサイズも JOGの方が太いし、フロントフォークがオイルダンパー式など、全体的にJOGの方が良い作り。

 

50スクーターの現行車種だけで考えたらスズキは安さ、ヤマハはフロントの足回りが良さと最高速付近の伸びの良さ。ホンダはいまいちパッとしない。でもDioが生産中止になって新型エンジンのタクトの方がメインになっていきそうだからタクトも検討したほうがいい。

 

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト