Dトラッカー125(EBJ-LX125D)とグロム(EBJ-JC61)の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

Dトラッカー125(EBJ-LX125D)とグロム(EBJ-JC61)の違いを比較

 

スペックの違いを比較

 

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

カワサキ Dトラッカー125

ホンダ グロム

発売

2012年3月

2013年6月

型式

EBJ-LX125D

EBJ-JC61

全長

1900mm

1760mm

全幅

770mm

755mm

全高

1060mm

1010mm

ホイールベース

1255mm

1200mm

シート高

805mm

750mm

最低地上高

230mm

160mm

総重量

113kg

102kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°30′

25°

トレール(mm)

91

81

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

100/80-14 M/C 48P

120/70-12 51L

タイヤサイズ(後)

120/80-14 M/C 58P

130/70-12 56L

エンジン種類

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

124cc

124cc

圧縮比

9.5

9.3

ボア

54mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

7.5(10.2PS)/8000

7.2(9.8PS)/7000

最大トルク(N・m/rpm)

9.8(1kgf・m)/6000

11(1.1kgf・m)/5250

始動方式

セル

セル

点火方式

CDI

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

5段リターン

4段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

7.0L

5.5L

燃料消費率(km/L)

53.5(60km/h)

63.2(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥359,000 ブライトホワイト ¥359,000 ファイアクラッカーレッド

¥309,750 パールクィーンビーイエロー ¥309,750 パールバレンタインレッド ¥309,750 アステロイドブラックメタリック

 

 

 

 

Dトラッカー125とグロムの比較についての口コミ

 

 

Dトラッカー125とグロムの最高速は、ほぼ同じ。平地だと98km/h程。

 

 

 

 

加速は、グロムのほうが速いが峠の登りとなるとDトラッカー125の方が快適に走れる。

 

 

 

DトラッカーはKLXほどではないですが、平らな砂利道くらいなら心配することなく楽しめますし、ドリフト走行もできます。またオンロードによる走行性能も高く、峠の下りを攻めることだってできます。オンロードとオフロードの両方で走りたい人は、Dトラッカーの方が良いと思います。グロムはオンロード専用ですから、使えるシーンは狭まりますが、カスタムパーツがいっぱい売られているので、カスタムして楽しみたい人に向いてます。

 

 

 

見た目や乗り心地では、Dトラッカー。 グロムは趣味で買うバイクじゃないでしょうか。
以前のDトラッカー125のシートは、最悪でケツの痛さに悩まされたが2012年モデルで改善され、グロムと同じくらいになった。

 

 

 

制動力に関しては、GROMは、かなりジャックナイフしやすい。ホイールサイズやホイールベースに対してシート高がかなり高くハンドル位置が低いため、前輪に荷重をかけてブレーキングすると後輪が浮きやすい。更にリアブレーキがあまり効かない。Dトラッカー125は、ブレーキやタイヤサスがうまくフィットしていて、後輪が浮きそうになるとその感覚がライダーによく伝わるためどんな事をしても怖さがない。

 

 

 

バイクの雑誌を立ち読みしたらグロムとDトラッカーとCBR125ともう一台の4台の徹底試乗比較の企画があってグロムが一番楽しいっていう意見が多かった。中低速トルクがじゅうじつしてるのとそいつを有効に活用した4速が良いと書いてあった。

 

 

 

実際、またがってみるとスペック通りでDトラッカーの方が少し大きく感じます。
ミッションがグロム4段でDトラッカーが5段ということもあって近場の移動ならグロム。遠距離で使うならDトラッカーの方がいいと思いますがどっちも125ということを思えばそんなに変わらないでしょう。
自分は、駐輪場で問題なく入りそうだったのでDトラッカーにしました。

 

 

 

Dトラッカー125はグロムより5万円以上高いがグロムと比べるとリアがしなやかだし、ノーマルの状態でも十分に楽しめる。バイクが今どういった状態にあって、どうやったらコントロールできるのか教えてくれるバイク。

 

 

 

ツーリングで使うならグロムの選択はありません。見た目は好みだったので購入を検討しましたが借りて120キロkmほど走ると お尻がかなり痛かったです。 Dトラッカーならばそういった事はありませんでした。

 

 

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法



何社も査定してもらう場合



バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合



バイク王公式サイト