「ホンダ ディオ110」と「スズキ アドレス110」の比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

「ホンダ ディオ110」と「スズキ アドレス110」の比較


「ホンダ ディオ110」の歴史

2011年7月18日

初代ディオ110が新発売
型式は、JF31。

新設計のPGM-FI仕様の空冷4ストローク単気筒107ccエンジンで環境性能と扱いやすいパワーを高次元で両立。加えてマフラー内に装備した触媒装置(キャタライザー)により、国内二輪車排出ガス規制に適合する高い環境性能を実現。14インチの大径ホイールを装備したフラットステップの車体構成、2011年度グッドデザイン賞を受賞。


2015年3月6日

ディオ110がフルモデルチェンジして発売。
型式は、JF58。


このモデルからホンダベトナムで販売されているVisionを日本仕様のDioとして生産。車体デザインは全体的に踏襲されたがフレームは軽量化され、従来モデルから3kgの軽量化が図られた。エンジンはACGスタータによるアイドリングストップシステムを装備した空冷4ストローク単気筒108ccの新型「eSPエンジン」を搭載し、前モデルよりも低回転でピークに達するようセッティングが適正化され、燃費と出力が向上。


「スズキ アドレス110」の歴史

1998年4月24日

「スズキ アドレス110」が新発売。
型式 BD-CF11A

このモデルは、通勤、通学を大前提に、「原付では物足ないが、ビッグスクーターでは取り回しやパーキングスペースに苦労する」というスクーターユーザーに向けて開発されたアドレスシリーズの最上級モデル。高剛性の新設計フレームと高性能な前後オイルダンパー式サスペンションに12インチホイール、上位クラスを思わせる外観と積載性能、そして高出力を誇る排気量113ccの新設計2ストロークエンジンを搭載。特にエンジンは原付二種のスクーターとして当時随一の動力性能を誇るものであり、メーカー出荷状態で100km/hを超えるトップスピードは後年まで原付2種クラス最高レベルと評された。シート下のメットインボックスも27リットルあり、二人乗りでも余裕のシート長など豪華装備だったが他のメーカーの同じクラスのバイクと比較すると価格が高すぎたため販売台数が伸びなかった。


2003年

アドレスV100と共に生産中止が決定。Vシリーズの後継となるV125に後を譲るかたちでカタログから姿を消す。


2015年3月19日


スズキ アドレス110が発売。
型式は、EBJ-CE47A。


スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社で生産販売をはじめた小型スクーターのグローバルモデル。2014年のインターモトにおいて欧州仕様のAddressが発表され、2015年3月19日よりアドレス110として日本仕様が発売。


このモデルはアンダーボーンのフレームと14インチの前後ホイールという、今までの日本向けアドレスとは異なったデザイン。97kgの車体に112ccの空冷4ストローク・単気筒SOHC・2バルブ エンジンとVベルト式オートマチックを組み合わせている。51.2km/Lの燃費性能と低中速域での優れた加速性能を特長とし、大容量のシート下トランクスペース、フロントインナーラック、シート開錠機能付ステアリングロックを採用。駐輪時に後輪のブレーキを掛けた状態を維持できるブレーキロックシステムとサイドスタンドを標準装備するなど、日常の使い勝手の良さが考慮されている。


2016年4月


スズキ アドレス110がマイナーチェンジされ発売。主な変更点は、シート表皮のデザイン。



ここでは、
2015年3月発売のホンダ ディオ110(EBJ-JF58)と
2015年3月発売のスズキ アドレス110(EBJ-CE47A)
を比較しました。


Dio110とアドレス110のスペックの比較


車種
ホンダ ディオ110
スズキ アドレス110
発売
2015年3月
2015年3月
型式
EBJ-JF58
EBJ-CE47A
全長
1870mm
1845mm
全幅
690mm
665mm
全高
1085mm
1095mm
ホイールベース
1255mm
1260mm
シート高
750mm
755mm
最低地上高
130mm
120mm
総重量
100kg
97kg
サスペンション形式(前)
テレスコピック
テレスコピック
サスペンション形式(後)
ユニットスイング
ユニットスイング
キャスター角
26°30´
25゜ 45´
トレール(mm)
83
97
ブレーキ形式(前)
ディスク
ディスク
ブレーキ形式(後)
ドラム
ドラム
タイヤサイズ(前)
80/90-14 M/C 40P
80/90-14 M/C 40P
タイヤサイズ(後)
90/90-14 M/C 46P
90/90-14 M/C 46P
エンジン種類
空冷4ストロークOHC単気筒
空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
総排気量
108cc
112cc
圧縮比
9.5
9.3
ボア
50mm
51mm
最高出力(kW/rpm)
6.6(9PS)/7500
6.7(9.1PS)/8000
最大トルク(N・m/rpm)
9.3(0.95kgf・m)/5500
8.6(0.88kgf・m)/6000
始動方式
セル・キック
セル・キック
点火方式
フルトランジスタ

クラッチ形式
自動乾式多板シュー
乾式自動遠心シュー
変速機形式
Vベルト自動無段変速
Vベルト自動無段変速
燃料供給方式
インジェクション
インジェクション
潤滑方式
圧送飛沫併用

燃料タンク容量
5.2L
5.2L
燃料消費率(km/L)
57.9(60km/h)・55.6(WMTCモード)
53(60km/h)・51.2(WMTCモード)
カラー/メーカー小売価格
¥228,960 エグザルテッドブルーメタリック
¥228,960 フォースシルバーメタリック
¥228,960 ポセイドンブラックメタリック
¥228,960 パールジャスミンホワイト
¥205,200 ブリリアントホワイト
¥205,200 アイスシルバーメタリック
¥205,200 タイタンブラック






「ホンダ ディオ110」の特徴
  • 状況に応じた駐車が可能なセンタースタンド&サイドスタンドを装備。
  • 盗難抑止に効果を発揮するシャッター付キーシリンダー。
  • 軽快な走り、日常での扱いやすさ、そして燃費性能や環境性能を追求した、空冷110ccエンジン「eSP」を搭載。
  • Honda独自の連動ブレーキシステム「コンビブレーキ」を搭載。
  • フルフェイスヘルメットを収納できる容量18Lのメットイン・スペース。
  • メットイン・スペース内の荷物の出し入れに便利な、シートオープン一体型メインキー。
  • 500mLのペットボトルなども出し入れしやすいフロントインナーラック。
  • 袋かけに便利なコンビニフック。
  • キック式併設セルフ式スターター。
  • 別売りのイモビアラームとアラームに対応。
  • 信号待ちなど停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑える「アイドリングストップ・システム」を採用。
  • 市街地や郊外での走行で安定感と快適な乗り心地をもたらす14インチ大径ホイールを採用。


【新型 Honda DIO110/試乗インプレッション速報/Test ride/Test drive】



「スズキ アドレス110」の特徴
  • 便利なサイドスタンドを標準装備。
  • 鍵穴は、いたずら、盗難を抑止するシャッター付。
  • 燃焼効率を上げフリクションロスを無くすことによりパワーを落とさず低燃費を実現したSEPエンジンを搭載。
  • 駐輪時に後輪のブレーキを掛けた状態を維持できるブレーキロックシステム。
  • フルフェイスヘルメット+αを収納できる容量20.6L のトランクスペース。
  • シートオープン機能も装備。
  • ヘルメットホルダーも2つ用意。
  • グローブやペットボトルなどの小物を収納できる間口が広く、荷物の出し入れもスムーズなインナーラック(左側600ml、右側500ml)。
  • 荷掛フックも装備し、テールボックス等の取り付けにも対応。
  • デザイン性と実用性を兼ね備えたアルミ製リヤキャリアを標準装備。
  • ライダーが足を地面に下ろしやすいよう、左右の足元付近を絞り込んだデザインに。
  • 高いフレーム剛性と軽量化を両立した97kgの軽量ボディ。軽快な走行、駐輪場での取り回しも楽。
  • 配線直結による不正なエンジンの始動を抑止する「直結始動抑止回路」も装備。
  • レンズのデザインにより放射状の光を放つポジションランプを装備。
  • 二人乗りでも余裕のロングシートを採用。
  • 滑りにくいシート表皮も採用。
  • 高い直進安定性を発揮する14インチホイールは、スポーテイーな外観を演出するアルミ鋳造ホイールを採用。


【新型 Suzuki アドレス110/試乗インプレ速報】


「ディオ110」と「アドレス110」の比較の口コミ



●燃費の比較

カタログスペック
Dio110 55.6km/L(WMTCモード)
アドレス110 51.2km/L(WMTCモード)

みんカラでは
Dio110    44.39km/L (回答数:1227人)
アドレス110 46.82km/L (回答数:273人)


みんカラの燃費だとDio110よりアドレス110の方が勝ってるけどおそらくDio110は、旧型が混ざってるからだと思う。燃費は、少しだけDio110が上。

カタログ燃費で10万km走ったらアドレス110が1953リットル。Dio110が1798リットル。ガソリン1Lを129円として、本体価格の差が2万円だったら釣り合っていてどっちでもよいレベル。バイク屋でDio110とアドレス110が隣にあったから何回も交互に跨ってみたらアドレス110は、Dio110より少しだけ足つき悪かったけどバイクを少し傾けた時の重さがアドレス110の方が軽かった。だから取りまわしが軽いアドレス110を買った。


実燃費は、Dio110とそんなに変わらないからアドレス110で満足。


発進加速
Dio110>アドレス110

0-50m
Dio110>アドレス110

0-100m
アドレス110>Dio110

60kmからの伸び
アドレス110>Dio110

最高速度
アドレス110>Dio110



タイヤ       タンク   最高出力   最大トルク    重量
14_14インチ 5.2L 6.6[ 9]/7,500 9.3[0.95]/5,500 100kg  Dio110
14_14インチ 5.2L 6.7[9.1]/8,000 8.6[0.88]/6,000 97kg アドレス110


アドレス110とディオ110の走行性能は、ほぼ同じです。足元スペース、シート下の収納は、アドレスの方がちょっとだけ広いです。ただし、どちらも狭く、座った感じは、あまり変わりません。ディオ110の方が価格が2万円程高いですがディオ110には、アイドリングストップシステムや初心者に優しいコンビネーションブレーキシステムが搭載されています。


新型のアドレス110とDIO110の両方乗ってみたけど アドレスの方が軽いし、速いしメットインも広いくてよかった。DIOは、装備が豪華なのと音の静かさとアイストが付いたくらいかな?即決でアドレス110にした。


フロントブレーキ、リアブレーキのいずれかを使っちゃいけない状況があるけどDio110のコンビブレーキは、使い分けができない。俺には、バイクの基本的操作ができるアドレス110の方がいい。


アドレス110は、しっかり握り込んで効くタイプのブレーキ。一方Dio110のコンビブレーキは、少し握っただけで効いてる感じがするブレーキ。


初心者や自転車ブレーキの癖がある人だったら、緊急時は、コンビブレーキの方が安全だと思う。


アドレス110と迷ったけど安っぽいからDio110にした。

Dio110は、リアインナーフェンダーが標準装備されてる。アドレス乗りだけど本心を言うとリアインナーフェンダーは、羨ましい。 雨が降ってる時、峠道で慣らし運転してたらマフラーとその周りが泥だらけになった。


全体のデザインは、Dio110よりもアドレス110の方がカッコいいと思うけどリアのデザインはDio110の方がいいね。


Dio110は何年後に必ずアイドリングストップの故障がありそうだし、常にバッテリーの心配しなければいけないからアドレス110が気楽にのれる。


アドレス110は、Dio110より少し軽く小さいから小回りが利く 、最小回転半径が1.9だしね。


Dio110の方が大人のバイクって感じ。振動や騒音が少なくて快適だし、アイドリングストップもあって、原チャとしては、少し上品な感じだね。カウルサイドもカラードだしアドレス110より1〜2万円高いのは、理解できる。


アドレス110方がDIO110より少しハンドルが高い。


出足は、現行Dio110(JF58)>アドレス110>旧Dio(JF31)でしょ。アドレス110は、セッティングを高速側に振ってるから出足で遅れても途中で現行Dio(JF58)を追い越す。



アドレス110には、リアブレーキロックがあるから便利って思ったらDio110も新型から追加してるね。


アドレス110の総排気量は112cc、Dio110は、108cc。4ccと侮ってはいけない。


俺は、どっちも大した違いはないからスタイルが決めてでアドレス110にしたが全体の作りは、Dio110の方がいいね。まあ、何にこだわるかで人によって別れるんだろうけど見た目で決めるのが一番後悔しないよ。でもアイドリングストップは、ちょっと使ってみたかった。


Dio110のメーター周り塗装されてるのがいいね。


俺は、Dio110にした。アイスト、静音、メーター周りの質、インナーフェンダー、トルク、あとDio110の方が最低地上高が1センチ高いから擦りにくい。


静かなのがいい人は、Dio110がおすすめ。アドレス110は、重低音で割と良い音だけどうるさいと思う人もいる。


アドレス110にして満足してるけど一つ不満なのは、音がうるさいこと。この音が良いという人もいるみたいだけど実際乗ってみると静かなDIO110にしとけば良かったと思うこともある。


アドレス110とDio110の音を比較すると音の大きさが全然違うな。エンジンを掛ける時から違う。俺は、今までのバイクは、マフラーを替えたりしてたからアドレス110の重低音は、好きだけど音でバイクを選ぶのもいいよ。


アドレス110の方がデザインの面でも音の面でも若者向けだと思う。


コンビブレーキもアイドリングストップシステムも必要ないからその分、安くして欲しいという人にピッタリなのがアドレス110。


俺は、 アイスト、静音性より安さ、見た目を取ってアドレス110を選んだ。


Dio110のアイドリングストップは、使うとわかるけど燃費よりも停車時間を、快適にしてくれるもの。本当に静かで振動がゼロなのは、凄く快適。これが体験できるのもDio110の魅力だよ。バッテリーの心配してる人もいるけどキックあるからバッテリー切れても問題ないし、バッテリーもアマゾンで3000円くらいで買える。


Dio110のアイドリングストップシステムと急制動以外は、アドレス110の方が上。アドレス110は、カッコいい、メットインも大きい、ブレーキロックも使い易い、フロントポケットも大きい、シートも疲れない、ウインカーホーンスイッチが逆になってない、走りも上、そして価格が安い。Dio110のコンビブレーキは、砂が浮いてるような坂道の下りは、危険だし、ウインカーホーンスイッチがアジア仕様でホーンがよく使う位置にあるからなかなか慣れない。


間違いだらけのコミューターのサイトでの比較(メーター読み)
     100m  200m  300m  400m   500m  600m  700m
アド110  63km/h 77km/h 81km/h 88km/h 92km/h 96km/h 98km/h
DIO110  63km/h 75km/h 82km/h 87km/h 90km/h 91km/h 92km/h


0-80kmだと体感できるほどの速度の差は、ないと思うよ。


Dio110と悩んでアドレス110にしたけど、決めては、見た目と価格。あとシート形状がDio110の後部座席が丸くなっていて狭く感じた。


うちは、他のメーカーのバイクも所有してるからホンダのスクーターのウィンカーとホーンの配置が普通と逆なのがダメだった。何かあった時、とっさにホーンが鳴らせなくて、ウィンカースイッチを押して事故をするということがありえるから。


Dio110買ったけど実際は緊急時にウインカースイッチ押すよりも、発進時にウインカーを出そうとして、ホーンを鳴らしてしまうケースの方が多い。早朝とかやって「やばっ!」ってなる。


販売店の兄ちゃんに聞いたらどこもアドレス110の方が売れてると言ってた。


すりぬけのしやすさは、同じくらい。ハンドル幅、ミラーからミラーまでの長さは、共にアドレス110の方が短く、幅としては、アドレス110が有利。でもDio110の超低速域での安定性は、アドレス110より若干良い。


大して変わらないからアドレス110でもDio110でもどっちでもいいと思ってたけどDio110は、ホーンとウインカースイッチの位置が普通のバイクと逆だった。他にもバイクあるからあれだと混乱して間違いそう。だからアドレス110にした。


アドレス110のタイヤよりディオ110のタイヤの方が雨に強い。


純正タイヤを比較したらドライは、変わらないけどウェットだとDio110の方がグリップする。


純正タイヤはDIO110の方が評判がいいね。最大トルクはDIO110で馬力はアドレス110。 あとは、ポジションランプを取るかアイドリングストップを取るかだね。


足元のスペースは、Dioもアドレスも変わらないぐらい狭い。100km超のツーリングでは足が痛くなる。


Dioの方が本体価格で2.5万円高いのか。 アドレス買って浮いた金でリアボックスつけたい。


俺は、ホンダ好きだけどDio110とアドレス110だったらアドレスの方がいいと思う。アドレスの方がデザイン良いし、ポジションランプあるし、安い。Dio110のアイドリングストップは、セルモータに負担かかるからあまり使いたくない機能だし、その分安くしてくれたほうが良かった。


Dio110で気になるのは、ホーンとウインカースイッチの位置が逆なところだね。慣れればいいんだろうけど俺は、バイクを複数台持ってるからDio110に乗った時、ウインカーを出したい時にホーンを鳴らしてしまう可能性がある。あれやると恥ずかしいからな。


自分としては、Dio110のウィンカーとホーンのスイッチの配置がダメ。危ない時にホーン鳴らそうとしてウインカーが点滅したら危険でしょ。


ディオ110のメットホルダーは、アドレス110に比べてヘルメットが引っ掛けやすかった。


アドレス110の方が全長も幅も小さく3kg軽いです。燃費は、WMTCモードでDio110が55.6km/Lでアドレス110が51.2km/Lなのでカタログ上は、Dio110の方が良いです。でも実燃費は、ほとんど同じです。


シートの形状は、ディオもアドレスも同様に後ろに行くほど狭くなっています。


Dio110とアド110の試乗したけどDio110は、静かでトルクがあった。アド110は軽快な走りでマフラー音がよかった。


Dio110のセルモーターを使わない静かな始動はクセになるよ。先進なマシーンに乗ってる感じがする。ACGモータはすばらしいね。アイストも夜、車が少ない時に信号で止まった時の静寂性が不思議な感じでおもしろい。


サイドスタンドは、どちらも標準装備だからいいね。俺が買った旧Dio110は、サイドスタンドがなかったから。でも海外仕様のスイッチレスの純正品を1600円で買ってつけた。


アドレス110と比較するとDio110はオフロード向けに近づけた感じかな。トルク重視や地上最低高が前モデルより1cmアップしたり、後輪に泥跳ね防止などより東南アジア向けだよね。アドレス110で十分だけど、よくタンデムしたり重い荷物を運ぶことが多い人は、Dio110の方がいいかも。


一言で言えばアジアに優しいDio110。欧州車テイストのアドレス110って感じ。


デザインはダントツでアドレス110の方を好みなんだけど実燃費は、ディオ110の方がリッター5〜10km良いみたい。でもdio110の方が実質1万円くらい高いから数万キロ走らないとその差は、なくならないけどね。



加速は、アドレス110の方が若干速い。Dio110と勝負するとスタートから差をつけ、中盤以降に更に差が広がった。だだし、五十歩百歩といった感じ。


制動力は、ディオ110の方が上。アドレス110の標準タイヤは、滑りやすいので交換したい。雨の日の安心感はディオ110。


アドレスのタイヤは、滑りやすい。それを変えたらDioより高くなりそう。


DIO110と比べるとアドレス110の方が良いと思う。Dio110の方が2万円くらい高いし、リアブレーキロックはアドレス110だけだし、若干アドレス110の方がシートが高く感じる。燃費やアイドリングストップ機構に魅力を感じたらDIO110だろうね。


静粛性や質感はDio110だと思う。でも口コミを見てるとアドレス110の方がコスパやオーナーの満足度が高い印象。


アドレス110とDio110の燃費の書き込み見てるとDioは、かなり燃費いいね。アドレスは40km/L切ってる人も結構しるしカタログの数値以上に実燃費に差がありそう。


0〜60km/hの加速は、
リード125=ズーマーX>Sh-mode≧PCX=新アドレス110 >新Dio110


きつい上り坂だとディオ110は、65 km/hくらい出た。アドレス110は、70km/hくらい出た。


おじさんには、Dio110の方を勧める。アドレス110がワゴンRならDIO110は、アクアってとこ。丸っぽいデザインや静かなエンジン音やアイドリングストップがあっていい。コンビブレーキもあるし。


公式サイトによると2015年2月27日時点のDIO110の年間計画台数7000台。アドレス110は、年間目標販売台数6000台。でも2016年4月19日のアドレス110のリコールで改善対策14001台って出てたからアドレス110の方が売れてるね。


アドレス110とDio110は、デザインの好みで選んでる人も多いと思う。アドレスは、尖ってカクカクしてるし、DIOは、シャープだけど丸い感じ。自分は尖ってる方が好きだからアドレス110にした。


両方跨ってみると足付きは、ディオ110の方が良いです。


アドレス110の方がフロアからシートまでの高さがDio110より3センチくらい短い。


Dioのアイドリングストップは、バッテリーを劣化させるから、そこがイヤだからアドレス買った。


アドレス110は、Dio110と違ってアイドリングストップ機構が故障するとかバッテリーが上がるとか余計な心配や出費が不要。

新型のDio110とアドレス110の両方試乗したけどアドレス110の方が軽いし速いしメットインが広い。一方Dio110は、改良点が見た目をちょっとだけ豪華にして音が静かになってアイドリングストップシステムが付いたくらいで実質的に良くなった点が無い。即断でアドレス110を買ったがバイク屋のお兄さんもDio110にするならリード125にした方がいいよと言ってた。


自分は、出しても60km/hだからDio110で十分。


アドレスの方が本体価格は、若干安いけど燃費がDio110の方がいいし、カスタムパーツもDio110の方が豊富で安いから結局、最終的には、同じか下手するとDio110の方が安くつく可能性もある。


俺は、駐車する場所が心配だったから車体の幅が細いアドレスの方が良かった。バイクショップでメジャーで幅を計測したらアドレス110の方がタンデムステップ辺りの幅が狭かった。


アドレスの一番の良さは小さいということ。Dio110よりもスリムで軽いし、扱いやすいのが一番だよ。


自分が求めてる条件次第だと思うよ。Dio110の方が1〜2万円高いけど長く乗るなら迷う金額じゃないよ。


エンジンの品質はHONDAが良いがシートとか目立たない部分で大幅なコストカットしてるイメージがあるな。SUZUKIは、発展途上だけど少ないコストで頑張ってる感じがする。


Dio110は、ポジションランプがないから夜の被視認性はアドレス110の方が良い。


雑誌のレビューだと最高速がアドレス110が92〜94km/hでDio110が90km/h弱らしい。まあ乗り手の体重で変わるだろうけど。

アドレス110は、かなりうるさい。排気音は、少し大きい程度だけど、低速でも回転数が高めになるから10km/hくらいで走ってても歩行者を威圧してホーン鳴らさなくてもどけてくれる。Dio110は、静かすぎて気づいてくれない。それでホーンをならそうとしたらウインカースイッチを押してしまう。


メットインにアドレス110で入ったアライのRX-7RR5のMサイズがDio110には入らなかった。メットインは、ディオ110よりアドレス110の方が少しだけ大きい。収納力は、アドレス110の勝ち。


故障した時のことを考えて購入するバイク屋が家の近くにあるかも重要。俺は、ドリームが近くにあるからディオ110にした。前は、バイク屋が遠かったから苦労した。


Dio110は、静かさが売りだけど吹かしたりするタイプの人は断然アドレス110でしょ。うるさくて嫌な音ではなく心地良い感じの音だよ。スズキは意図的にこんな音にしたのかな?


コスパで言えばアドレス110。加速や収納力もDioより勝っている。質感や制動力や静寂性は、Dio110が上。Dioの方が数万円高いけどあとは、好みだな。


車体のコンパクトさと軽さとポジションと価格の安さは、アドレス110が勝ってるがDio110のespエンジンの無音スタートと自動アイドリングストップも魅力的。


友達のDio110と勝負したらスタートでアドレス110が前に出て、60km/hあたりから更に差が開いた。


アドレス110は、ハンドル幅が狭いため乗った時にDio110に比べて落ち着かない姿勢となるが旋回は、Dio110より怖くない。


アドレス110の純正マフラーがうるさいな。そうは言っても音大きい方が安全性が高くなるからね。路地とか走ってると歩行者が音に気が付いてどけてくれるし、車から見るとDIO110は、静か過ぎるから気付かないかも。


どちらもたいした差は、ないからデザインで選んだ方がいいよ。


メットインとフロントポケットはアドレス110の方が広いね。


アドレス110買って振動や音に文句を言ってる人がいるけど何でDio110にしなかったんだろうね?アドレス110の振動や音が大きいのが分かりきってることでそれが好きな人もいるんだよ。


自分は、駐車場が理由でスリムなアドレス110にしたけど走りに関しては、気になるほど差は、無いよ。


Dio110買ったけど店員に「アイドリングストップはバッテリーに悪いから使わない方がいいですよ」って言われたり、GIVIの台座はデイトナでアタッチメントを取り付けないといけないし、何だか割高感しか無い。アドレス110にした方が良かったかも。


dio110は、足揃えても靴がはみ出るし、フロントポケットがお飾りだし、ポジションランプも無いし、リアボックスの取り付けも面倒くさそうだから俺はアドレス110買った。


アドレス110のリアタイヤ回りの安っぽいゴムが嫌い。あの辺だけはDio110の方がいい。


Dio110と違ってアドレス110のリヤタイヤは、真ん中に溝が無いね。


アドレス110のメットインは浅いけど広い。DIO110より深いからヘルメットの選択肢が増える。


メットインは、DIO110の方が2Lくらい小さい。アドレス110は、メット後部にグローブやペラペラのカッパが入るけどDIO110は、そのスペースがない。

メットイン容量の比較。
DIO110は、18L。
アドレスV125は、21L。
アドレスV125Sは、20.3L。
アドレス110は、20.6L。

Dio110は、シート下トランクを開けるには、わざわざメインキーのところのボタン押さなきゃいけないし、トランクは狭い。シートもアドレス110よりウレタンが少ないみたいで座り心地が悪い。キャリアもGiviの台座がポン付けできない。走行性能はアドレス110の方が上なのに燃費はほとんど変わらない。アイドリングストップも使わない人が多いからただの飾り。

アイドリングストップ以外は、ユーザーの希望満載のアドレス110。DIO110より少しだけ広いメットイン。DIO110より使いやすいリヤブレーキロック。ポジションランプも標準装備だし標準タイヤだけが弱点。


DIO110のコンビブレーキはいいけど、ホーンとウインカースイッチの操作の違和感があるし、ブレーキロックの操作がしづらい。

アドレス110のオイルとオイルフィルター交換で4500円かかった。その後にDio110は、フィルターが無いからオイル交換だけで1500円で済んだ。まあ5万キロ走ったとしても工賃差は、3万円ぐらいだけど。


俺は、ハンカバつけるからDIO110のウインカースイッチじゃダメ。DIO110でハンカバを付けたらウィンカー操作をやめたくなるほど不便って人がいた。


DIO110の方が好きだがハンカバがダメそうで困ってる。DIO110につけれるハンカバがあればいいんだけど。


アドレス110のフロアの幅は、Dio110より2cm程度広いらしい。


曲線基調のDio110。直線基調のアドレス110。


アイドリング中も力強い排気音のアドレス110。静寂に浸れるDio110。加速の谷があるらしいDio110。加速の谷が無いアドレス110。


ホイールの綺麗さや各カウリング部塗装とか質感は、DIO110の方が遥かに良い。


ステップボードは、dio110の方が狭いし、シート下トランクもdio110の方が狭い。フロントのポケットもアドレス110は、実用性があるけどdio110は右側が狭くて不便。


塗装面が多いのは、Dio110。メーター周りまで塗装されてるからポイントが高い。でもそれ以外の塗料の質や作りの面では、アドレス110と同じぐらいと思う。


今日アドレス110とDio110の試乗してきたけど結構違うね。エンジン音はDio110が静かだけどアドレス110の方がキビキビ走る。あとDio110は、シートが硬かった。


素のDio110とアドレス110(スクリーン1万円+リアボックス1万円+盗難補償2年2000円)が価格的には大体一緒になる。


音は、確かにアドレスの方がうるさいけどアドレスは、バイクのエンジンサウンドって感じだから俺は、好き。

アドレス110 6,17〜


DIO110 3,28〜


アドレス110乗りだけどディオ110借りてコンビニまで行ってきたけど走りは、アドレス110とたいして変わらないね。でもエンジンは、静か。あとメーター周りがちゃんと塗装されてるのが良いと思った。でも行き帰りもフォーンを鳴らしまくって周りに迷惑かけた。俺には、HONDA車は無理。


モトチャンプによればアドレス110、Dio110、トリートの3車で0-100mダッシュは、アドレスが一番速いみたいだね。出だしはもっさりしてるから中速から一気に抜きに出るんだろう。


モトチャンプ2015 10月号

0-100m
9秒010 アドレス110
9秒218 Dio110

最高速
96.6km/h アドレス110
94.6km/h Dio110

モトチャンプ2015 5月号

0-50m
5秒454 Dio110
5秒693 アドレス110

燃費
55.1km/l Dio110
51.2km/l アドレス110


得するスクーター オールカタログ15-16
燃費テスト
39.6km/l アドレス110
50.9km/l ディオ110

ブレーキテスト
9m台 アドレス110
6m台 ディオ110


モトチャンプ2016年4月号

0-100m
アドレス110>Dio110

最高速度(1000m到達時)
アドレス110>Dio110


体重が重い人程、低速で力強いDio110の方がいいと思うよ。


元チャンプの計測を見るとDio110の方が出足は、いいみたいだけど、ネットでレビューを書いてる他の人の意見では、アドレス110の方が速いと書いてる人も多い。結局ドングリの背比べ程度の差なんだと思う。

アドレス110よりDio110を買う人の理由

  • アイドリングストップを試したい。
  • 静かなのがいい。
  • 少しでも燃費が良い方がいい。
  • あまり飛ばさないから高速域の速さは気にしない。
  • ホンダ好き。

Dio110よりアドレス110を買う人の理由

  • 少しでも安い方がいい。
  • 少しはバイクらしい排気音の方が好き
  • 小さくて軽いのがいい(取り回し、駐輪場)。
  • 細身で少し角ばったデザインの方が好き。
  • 出足より高速域で伸びる方がいい。
  • スズキが好き。




中古車価格と買取相場を同時にチェック


バイクを高く売る方法


バイクを高く売りたい人には、バイク比較ドットコムがオススメです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • 各社の査定額を簡単に比較でき、最高値の買取業者を見つけられる。
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
※2017年4月時点