リード110とスーパーカブ110の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード110とスーパーカブ110の違いを比較

 

:ホンダ リード110の歴史

2008年1月にリードの4代目として新登場。2006年から中国で製造販売していたSCR110を日本国内の法規に適合させて発売。 型式は、EBJ-JF19
2009年1月にカラーチェンジ。
2009年2月に特別・限定仕様、スペシャルカラーを2000台限定で発売。
2010年2月にブレーキシステムの改良を中心としたマイナーチェンジをして車名をリード・EXに変更。
2013年7月にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

ホンダ スーパーカブ110の歴史

2009年6月に新登場。型式は、EBJ-JA07
2010年2月にカラーの追加(コルチナホワイト)
2010年8月にカラーの追加(プコブルーR,バージンベージュR)
2012年3月にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JA10

 

 

 

ここでは、
2008年1月発売のホンダ リード110(EBJ-JF19)と
2009年6月発売のホンダ スーパーカブ110(EBJ-JA07)を
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ リード110

ホンダ スーパーカブ110

発売

2008年1月

2009年6月

型式

EBJ-JF19

EBJ-JA07

全長

1835mm

1830mm

全幅

665mm

710mm

全高

1125mm

1040mm

ホイールベース

1275mm

1190mm

シート高

740mm

735mm

最低地上高

105mm

140mm

総重量

114kg

93kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

スイングアーム

キャスター角

26°30′

26°50′

トレール(mm)

74

77

ブレーキ形式(前)

ディスク

ドラム

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-12 44J

2.25-17 33L

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

2.50-17 43L

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

107cc

109cc

圧縮比

11.0

9.0

ボア

50mm

50mm

最高出力(kW/rpm)

6.6(9PS)/7500

6(8.2PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

9.3(0.95kgf・m)/6250

8.4(0.86)/5500

始動方式

セル

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

湿式多板

変速機形式

Vベルト無段変速

4段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

6.5L

4.3L

燃料消費率(km/L)

50(60km/h)

63.5(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥273,000 スマートブルーメタリック
¥273,000 キャンディールーシッドレッド
¥273,000 ボスグレーメタリック
¥273,000 パールシルキーホワイト
¥273,000 ブラック

¥249,900 コスタブルー
¥249,900 アバグリーン

 

リード110とスーパーカブ110の違いを比較

 

 

リード110とスーパーカブ110の比較の口コミ

 

 

リード110は、スーパーカブ110より圧倒的に収納が多いから買い物とか便利だろうね。でも燃費は、カブより悪いし、メンテナンスもカブより金がかかる。

 

 

俺は、スーパーカブ110に乗ってるけど点検の時に代車でリード110に乗った。10日間ぐらい乗ってたけどすごく楽でよく走った。長距離も振動もなくて快適だった。乗り換えてもいいかな?って思ったけどカブが戻ってきて乗ったらやっぱりコレだなってなった。

 

 

スーパーカブ110は、リアボックス付けないと荷物詰めないし、箱付けたらタンデムできなくなる。チューブタイヤだし、ブレーキは、効かないし、ギアチェンジしてると靴が汚れる。カブの良さが分からない人がスクーターから乗り換えると後悔すると思うよ。

 

リード110とスーパーカブ110を選ぶポイントはいくつかあるけど、通勤で使うつもりなら航続距離は、結構大事。燃費は、カブの方がいいけど、タンク容量は、リードの方が2.2L多いから降順距離は、同じくらい。積載性は、リードの方は、でかいメットインと足元にも荷物を置けるのが便利。リアボックスは、カブの方が大きい箱つけられるけど、総合的な積載性は、リードが上。カブは、キック付きだからバッテリー上がりなどのトラブルがあっても問題ない。駐輪場に停める時は、小さい車体のカブの方が便利。あとメンテナンス性や耐久性は、カブだね。

 

 

スーパーカブ110は、いいんだけどカラーバリエーションが少ないし、後からリアボックスを付けなければいけないのがちょっと引っかかる。

 

 

スーパーカブ110は、ストップ&ゴーを繰り返さない場所なら最強と思う。速度もリード110より良かったし、燃費も最高。

 

 

スタートダッシュ、実用性では、リード110。燃費やメンテナンス性や乗る楽しみでは、カブじゃないかな。好きな色で選べばいい。悩んだらキリがないからとりあえず店行って現物みて決めちゃえばいい。

 

 

スーパーカブ110は、業務の主力だから耐久性、修理しやすい、維持費、燃費、積載量は、最高だね。

 

 

スーパーカブ110は、自分で部品を調達して自分で整備する人には、いいね。スクーターは、自分だけじゃ出来ない事が多そうだからバイク屋に頼むことになりそう。

 

どちらも自分でメンテナンスできる人だったらスーパーカブ110よりリード110の方がいいよ。管理しなければいけない箇所が少ないのでメンテナンスは簡単だよ。完璧に調子を維持しようと思ったらスーパーカブ110の方が大変。ブレーキも油圧よりワイヤーのドラムの方がメンテナンスの手間は、かかる。リード110は、道具として通勤・買い物などでとても満足できるけどカスタムをして楽しむバイクじゃないし、パーツも少ない。

 

リード110は、便利だけどバイクとしては、つまらない。乗るのを楽しむバイクではなく、道具として便利なバイク。AT全般に言えることだけど運転を楽しみたい人には向いてない。

 

通勤用でスーパーカブ110かリード110で迷った。初期コストは、たいして変わらなかったけど通勤がメインだからそれを考えるとリード110に軍配があがった。理由は、通勤の時、それなりの渋滞があるため、ギア操作がない方が楽。シート下収納があるからリアBOXを付けなくて良い。パンクのことを考えるとチューブ仕様のスーパーカブ110よりチューブレスのリード110の方が多少はいいかと。あとは、弄る予定がないから。

 

 

スーパーカブ110は、灯油ポリタンクが足元に置けない。

 

 

スーパーカブ110は、バッテリーが死んでもキックでエンジンを掛けられる。キックの電力をインジェクション周りだけに供給してなんとか起動するから。

 

 

スーパーカブ110がキャストホイールのチューブレスでフロントディスクブレーキでタンク容量が6Lだったらリードじゃ無く、スーパーカブ110を買ってた。

 

 

リード110とスーパーカブ110の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト