アドレスV125とNMAXの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレスV125とNMAXの違いを比較

 

スズキ アドレスV125の歴史

2005年2月に新登場。型式は、BC-CF46A
2007年2月にマイナーチェンジ。
メーターパネルにターンシグナルインジケーターを新しく採用し、文字盤のデザインを変更。シート下トランクに荷物の損傷を軽減するスポンジタイプのインナーマットを採用。
2010年1月にマイナーチェンジ。型式は、EBJ-CF4EA
2008年に生産終了になっていたが、リアキャリア、インナーラックを装着するマイナーチェンジを施し復活。
2010年12月にカラー追加。
2012年6月にカラーチェンジ。
2013年7月にカラーチェンジ。

 

 

ヤマハ NMAXの歴史

2016年3月に新登場。型式は、EBJ-SE86J

 

 

ここでは、
2013年7月発売のスズキ アドレスV125(EBJ-CF4EA)と
2016年3月発売のヤマハ NMAX(EBJ-SE86J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

スズキ アドレスV125

ヤマハ NMAX

発売

2013年7月

2016年3月

型式

EBJ-CF4EA

EBJ-SE86J

全長

1750mm

1955mm

全幅

635mm

740mm

全高

1030mm

1115mm

ホイールベース

1235mm

1350mm

シート高

740mm

765mm

最低地上高

120mm

135mm

総重量

97kg

127kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°

26°

トレール(mm)

82

92

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ディスク

タイヤサイズ(前)

90/90-10 50J

110/70-13 M/C 48P

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

130/70-13 M/C 57P

エンジン種類

空冷ストロークSOHC2バルブ単気筒

水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

総排気量

124cc

124cc

圧縮比

9.6

11.2

ボア

54mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

7.3(9.9PS)/7500

9(12PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

10(1kgf・m)/6000

12(1.2kgf・m)/7250

始動方式

セル・キック

セル

点火方式

フルトランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送

ウエットサンプ

燃料タンク容量

6.0L

6.6L

燃料消費率(km/L)

52(60km/h)

50.5(60km/h)・45.2(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格


¥236,250 パールグラスホワイトNo.2
¥236,250 キャンディカプリブルー
¥236,250 ソニックシルバーメタリックNo.2
¥236,250 グラススパークルブラック


¥340,200 レッドメタリック7
¥340,200 ホワイトメタリック6
¥340,200 マットイエローイッシュグレーメタリック2
¥340,200 ブラックメタリックX

 

アドレスV125とNMAXの違いを比較
アドレスV125とNMAXの装備の違いを比較

 

アドレスV125とNMAXの比較の口コミ

 

欧州や東南アジアで一般道路の最高速度が80km/hの国が多く、NMAXは、それに対応した車体設計になってるから80km/hでも快適に走れる。アドレスで80km/h出すと振動がヤバイ。たまにNMAXと排気量が同じなのになんで?って思うことがある。

 

 

NMAXは、アドレスV125よりは速く感じる。アドレスV125は、原付の延長上だから動力性能に足りてないからスピード出すと安定性もあまりよくなかったし、ブレーキもショボくて怖かった。

 

 

NMAXのライトが暗いという人がいるけどアドレスV125と比べたら全然明るいよ。

 

NMAXは、乗ってるとあまり飛ばす気にならない。後ろに車がいなければ60km/hぐらいでまったり走ってしまう。アドレスに乗ると急ぐつもりがないのに気がつくとブンまわして走ってる。アドレスは軽くて思い通りに扱えて楽だけど飛ばすからたまにブレーキで怖い目にあうことがある。NMAXのブレーキは、リアディスクでABSも付いてるから安心。でもつまらなくて小型MTとかに乗りたくなる。

 

 

アドレスのフロントタイヤがあまり仕事しなくてリアタイヤだけで走ってる感じが凄い。実際にフロントは、ほとんど減らないし。NMAXは、フロントタイヤがきちんと仕事してる感じが好き。

 

 

俺はアドレスのK9からNMAXに乗り換えたけど加速はアドレス。中高速はNMAX。今は、大人しい運転になったけど燃費は、アドレスの時が35.5km/l。NMAXの時が46.5km/l。

 

 

NMAXは、90km/h巡行できるけどアドレスV125で同じことしたら直ぐにオイルが減るエンジンになってしまう。

 

 

アドレスからNMAX乗り換えたらバイクに乗せてもらってる感がハンパない。良くいえばクルーザーで巡航してるような感じだけど。悪くいえば、自分の好きなように振り回せない。

 

 

俺の実体験で感じたことは、出足は、NMAXより初期型アドレスV125の方が速い。でも最高速と安定性は、NMAXが上。更にブレーキもNMAXの方が優れていると感じる。

 

NMAXよりk5やk7の方が明らかに加速は速いがk9やL0と比べるとNMAXの方が少し速いと思う。k7からk9に乗り換えた時は、かなり失望したけどNMAXに乗り換えた時は、この車体でこの加速かよって驚いた。今のアドレスと比べるとアドレスが勝っているのは、軽さとコンパクトさからくる下駄としての扱いやすさとすり抜けくらいしかないと思う。

 

 

アドレスV125乗ってた時は、どれだけスピードを出しても煽られることが多かったがNMAXに乗るようになってから全然煽られなくなった。やっぱり四輪のドライバーは、車体の大きさで判断していたんだとよくわかる。

 

アドレスV125からNMAXに乗り換えると結構デカくて重く感じる。でもそのおかげで高速域の安定感がアドレスV125と全く違うから長距離も楽になった。通勤だけで使うならアドレスV125の方がいいけど他でも使うならNMAXにしといた方がいい。

 

 

道具としての使い勝手は、圧倒的にアドレスV125の方が上。そこを重視する人がNMAXに乗り換えるとマジで後悔するよ。

 

 

NMAXは、アドレスV125とは真逆のスクーターだからね。アドレスV125と比べるとNMAXは、日常の足に使えるけどそんなに便利ではない。NMAX買って良かったと感じるのは、ツーリングや長距離の時だよ。

 

 

アドレスV125で100km/h出すよりNMAXの方が安心感は高い。

 

 

俺は、アドレスV125からNMAXに乗り換えたけど本当に快適。走りに関して原付二種スクーターの中でトップクラスだと思う。燃費もアドレスV125と変わらないし、タイヤが太くて車体がデカイから煽られづらい。アドレスV125の時よく煽られて嫌な思いしたからこれは、結構重要。

 

 

NMAXのライトは、暗いって言う人が多いけど街中だったら気にならない。でも街灯の無い場所を走るとかなり暗い。アドレスV125やスーパーカブより暗い。

 

 

バイクを高く売る方法


バイクを高く売りたい人には、バイク比較ドットコムがオススメです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • 各社の査定額を簡単に比較でき、最高値の買取業者を見つけられる。
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
※2017年4月時点