ライブディオの買取相場を知ってライブディオを売る

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ライブディオの買取相場を知ってライブディオを売る

 

 

 

ライブディオの買取相場を最近の中古車販売価格や買取事例などからみていきます。

 

 

ライブディオが何円で売れるか下記の3点からチェックしてみました。

 

 

 

 

ライブディオの年式毎の定価とモデルチェンジでの変更点

 

ホンダ ライブディオの歴史

 

1994年1月に「ホンダDio」3タイプをフルモデルチェンジして発売。2代目ディオのスーパーディオから3代目ディオのライブディオとなる。型式は、A-AF34。ライブディオSRとライブディオZXの型式は、A-AF35

 

ライブディオの特徴

  • エンジンは、新設計の空冷・2サイクル・単気筒49ccを搭載。Dio ZXは、特に中・高回転域での伸びやかな加速を生み出す最高出力(7.2PS/6,500rpm)。DioとDio SRは、低・中回転域重視の滑らかで力強い出力特性(7.0PS/6,500rpm)。
  • エンジンとマフラーにラバーマウントを採用し、高回転域での振動を低減。
  • 燃料タンクを5.0L→5.3Lにアップ。
  • エンジンオイルタンクを1.2L→1.3Lにアップ。
  • センタートランク底面のフラット化も実現。
  • センタートランクの底面にソフトな感触のファブリックマットを採用。
  • Dio SRとDio ZXの足廻りには、油圧式ディスクを装備。
  • Dio SRとDio ZXのフロントカバーとサイドカバー左右にクローム仕上げの立体エンブレイムを配した。
  • トレッドプレート付きセンタースタンドを採用。
  • 新デザインのメーターパネルを採用。
  • スポーティなイメージの新デザインのバックミラーを採用。
  • DioZXには、ハイマウント・ストップランプ(発光ダイオード採用)内蔵のリアスポイラーを採用。
  • DioZXには、カラード・ホイールと90/90-10ワイド偏平タイヤを採用。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

(3タイプ合計) 180,000台

 

メーカー小売価格

Dio 144,000円
Dio SR 156,000円
Dio ZX 167,000円

 

従来モデルとのスペックの比較

通称名

ディオ

Dio

Dio SR

Dio ZX

発売

1993年12月

1994年1月

車名・型式

ホンダ A-AF 27

ホンダA-AF34

ホンダA-AF35

全長×全幅×全高 (m)

1.640×0.615×0.995

1.675×0.615×0.995

1.675×0.630×0.995

軸距 (m)

1.145

1.145

最低地上高 (m)

0.1

0.105

シート高 (m)

0.7

0.7

車両重量/乾燥重量 (kg)

68/63

73/68

75/70

76/71

乗車定員 (人)

1

1

燃料消費率(km/L)30km/h定地走行テスト値

48.5

46.9

46.3

最小回転半径 (m)

1.8

1.8

エンジン型式

AF 18E(空冷・2サイクル・単気筒)

AF34E(空冷・2サイクル・単気筒)

総排気量 (cm3)

49

49

内径×行程 (mm)

39.0×41.4

40.0×39.3

圧縮比

7.1

7.1

最高出力 (PS/rpm)

6.8/7,000

7.0/6,500

7.2/6,500

最大トルク (kgm/rpm)

0.73/6,500

0.79/6,250

0.81/6,250

キャブレター型式

PB80

PB2E

始動方式

セルフ式(キック式併用)

セルフ式(キック式併設)

点火装置形式

CDI式マグネット点火

CDI式マグネット点火

潤滑方式

分離潤滑式

分離潤滑式

潤滑油容量 (L)

1.2

1.3

燃料タンク容量 (L)

5

5.3

クラッチ形式

乾式多板シュー式

乾式多板シュー式

変速機形式

無段変速式(Vマチック)

無段変速式(Vマチック)

変速比

1速

2.450〜0.850

2.450〜0.850

2.850〜0.860

キャスター(度)/トレール(mm)

26°30′/73

25°40′/72

タイヤサイズ

3.00-10 42J

3.00-10 42J

90/90-10 50J

3.00-10 42J

3.00-10 42J

90/90-10 50J

ブレーキ形式

機械式リーディング・トレーリング

機械式リーディング・トレーリング

油圧式ディスク

機械式リーディング・トレーリング

機械式リーディング・トレーリング

懸架方式

テレスコピック式

テレスコピック式

ユニットスイング式

ユニット・スイング式

フレーム形式

アンダボーン

アンダボーン

 

 

1994年12月に「ホンダ DIO」「ホンダ DIO SR」のカラーリングを一部変更し発売。
DIOは、新たに「キャンディクラレットマルーン」を設定、各色の内装色を一部変更。
DIO SRは、「パールラズベリーブラック」と「タスマニアグリーンメタリック」の2色に一新。

 

 

車体色

<車体色×フロア色>
DIO
キャンディクラレットマルーン × ブラック
ピュアブラック × ブラック
パールアトランティスブルー × ブラック
パールクリスタルホワイト × タスマングレー

 

DIO SR
パールラズベリーブラック × ブラック
タスマニアグリーンメタリック × ブラック

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 180,000台

 

メーカー小売価格

DIO 144,000円
DIO SR 156,000円

 

1994年12月に「ホンダ Dio ZX」のマイナーチェンジし発売。

 

変更点

  • 新たにフロントにZX専用の油圧式(ハイドロリック)サスペンションを装備。
  • ZX専用のマフラーは、艶やかな光沢を放つ鏡面処理を施したステンレス・カバードタイプに。
  • 車体色は、「ピュアフランドルイエロー」や「パールコーラルリーフブルー」を設定し、従来の「ブラック」とあわせ3色。

 

 

車体色

ピュアフランドルイエロー
パールコーラルリーフブルー
ブラック

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 180,000台

 

メーカー小売価格

169,000円

 

 

1995年1月に「ホンダ DIO」に新色を追加し発売。
新たに「ムーンストーンシルバーメタリックU」をカラーリング追加。

 

 

車体色

<車体色×フロア色>
キャンディクラレットマルーン × ブラック
ピュアブラック × ブラック
パールアトランティスブルー × ブラック
パールクリスタルホワイト × タスマングレー

 

販売計画台数(国内・年間)

25,000台

 

メーカー小売価格

144,000円

 

 

1995年4月に「ホンダ Dioチェスタ」を発売。型式は、A-AF34

 

Dioチェスタの特徴

  • ショッピングや通勤にスクーターを活用している女性ユーザー向けに開発したもの。
  • 車体とエンジンは「ライブ・Dio」がベース。
  • エンジンの吸・排気系や点火時期の変更により、低・中速域で扱いやすい出力特性。
  • 大容量24Lのボディ一体式フロントバスケットを装備し、シート下にはセンタートランク、大きめのリアキャリアも標準装備。
  • ヘッドライトとウインカーランプはフロントバスケットの下側に配置。
  • フロントバスケット上部付近にラゲッジランプを装備。
  • 盗難防止に効果的なホンダ独自のセンタースタンド・ロック(ロックイン)機構を装備
  • ガソリンタンク容量は、5.3L。
  • 燃費は、54.0km/L(30km/h定地走行テスト値)。

 

 

車体色

ブリーズグリーンメタリック
パールフローラルイエロー
キャンディーメープルレッド

 

販売計画台数(国内・年間)

25,000台

 

メーカー小売価格

149,000円

 

 

1995年12月に「ホンダ Dio」「ホンダ Dio SR」のカラーリングを一部変更し発売。
Dioは、車体色は従来の3色に加え新たに「タスマニアグリーンメタリック」を設定。
Dio SRは、「ミディアムグレイメタリック」と「ピュアブラック」に一新。

 

 

車体色

Dio
ピュアブラック
パールクラレットマルーン
ムーンストーンシルバーメタリック
タスマニアグリーンメタリック

 

Dio SR
ミディアムグレイメタリック
ピュアブラック ニューカラー

 

販売計画台数(国内・年間)

Dioシリーズ合計 180,000台

 

メーカー小売価格

DIO 144,000円
DIO SR 156,000円

 

 

1996年1月に「ホンダ Dio ZX」のカラーリングと細部を変更し発売。

 

変更点

  • 新たに前後のホイールにアルミダイキャストを採用。
  • シート表皮を細かい格子調に変更。
  • 車体色は、「マグナレッド」や「キャンディエクストリームブルー」と「マットアクシスグレイメタリック」や「ピュアブラック」をあわせた。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

Dioシリーズ合計 180,000台

 

メーカー小売価格

169,000円

 

 

1996年1月にカラーチェンジ。

 

 

1996年6月に「ホンダDio ST」を発売。型式は、A-AF35
簡便なブレーキ操作で様々な路面状態において効果的な制動力が得られる前・後輪連動ABS「M. A. -C.(Motor Actuated Combined) ABS」を搭載した「ホンダDio ST」を発売。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

5,000台

 

メーカー小売価格

199,000円

 

 

「Dio」と「Dio ST」のスペックの比較

※スペック表の異なるところだけ表示しています。

通称名

Dio

Dio ST

発売

1994年1月

1996年6月

車名・型式

ホンダA-AF34

ホンダ・A-AF35

車両重量/乾燥重量(kg)

73/68

78/73

ブレーキ形式 

機械式リーディング・トレーリング

油圧式ディスク

機械式リーディング・トレーリング

機械式リーディング・トレーリング

 

 

1996年12月に「ホンダ Dio チェスタ」に新色を追加し発売。
新色のピュアブラックを追加。

 

車体色

ピュアブラック(新色)
パールフローラルイエロー
キャンディーメープルレッド

 

販売計画台数(国内・年間)

25,000台

 

メーカー小売価格

149,000円

 

 

1996年12月に「ホンダ Dio ZX」をマイナーチェンジし発売。

 

変更点

  • 燃料タンクが6Lにアップ。
  • ヘッドライトの光量をアップした40W/40Wのハロゲンタイプを採用。
  • 外観は、ヘッドライトとウィンカーを四輪車イメージの一体型クリアアウターレンズでまとめた。
  • フロントフォークには、ツーピースタイプのボトムケースを新たに採用。
  • 車体色は、ブーンシルバーメタリックとキャンディマーベラスオレンジの2色を新たに設定。

 

 

車体色

ブーンシルバーメタリック
キャンディマーベラスオレンジ
ピュアブラック
マットアクシスグレイメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 180,000台

 

メーカー小売価格

169,000円

 

 

1996年12月に「ホンダ Dio」をマイナーチェンジし発売。

 

変更点

  • 新開発のコンビ・ブレーキを搭載。
  • 前輪ブレーキをドラムタイプからディスクタイプに変更。
  • 燃料タンクの容量を5.3Lから6.0Lへアップ。
  • ヘッドライトの光量アップを図った40W/40Wのハロゲンヘッドライトを採用。
  • フロントフォークとホイールの色をミストラルゴールドメタリックに変更。
  • ヘッドライトとウインカーを四輪車イメージの一体型クリアアウターレンズでまとめた。

 

車体色

Dio
ブーンシルバーメタリック
キャンディメープルレッド
ピュアブラック
タスマニアグリーンメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 180,000台

 

メーカー小売価格

Dio 147,000円

 

 

1997年1月に「ホンダ Dio」に専用カラーを採用した「ホンダ Dio SP」を発売。
Dio SPは専用色のミディアムグレイメタリックを採用。

 

 

車体色

Dio SP
ミディアムグレイメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

-

メーカー小売価格

Dio SP 147,000円pan>

 

 

1997年5月に特別仕様を発売。

 

1998年1月に「ホンダ Dio チェスタ」をマイナーチェンジし発売。

変更点

  • 燃料タンク容量を従来の5.3Lから6.0Lに増加。
  • ハンドルロック一体型のイングニッションスイッチ部の強化を図る。
  • 車体色は、新たに3色を追加した4色の設定。

 

 

車体色

キャンディプレシアスレッド(新色)
アドミラルブルーメタリック(新色)
サンドストームシルバーメタリック(新色)
フリーズグリーンメタリック(従来色)

 

販売計画台数(国内・年間)

20,000台

 

メーカー小売価格

149,000円

 

 

1998年1月にホンダ Dio/Dio ZX」のカラーを変更し発売。

 

 

車体色

Dio
ポーセリンシルバーメタリック(新色)
アビスブルーメタリック(新色)
ココアパウダーメタリック(新色)
ピュアブラック(継続)

 

DioZX
メタルブラウンメタリック(新色)
メイイエローメタリック(新色)
エスセテシズムシルバーメタリック(新色)

 

販売計画台数(国内・年間)

Dio, Dio ZX 合計 120,000台

 

メーカー小売価格

Dio 147,000円
Dio ZX 169,000円

 

 

1998年7月に「ホンダ Dio ZX 50thアニバーサリースペシャル」を発売。

 

  • カラーリングは、クラシカルなクリーミーホワイトを基調にリアスポイラーと前・後のホイール、リア・サスペンションスプリングをレッドに仕上げた。
  • キーは、赤いエンブレムをあしらったスペシャル・キー。
  • シート側面の生地をカーボン織布風のパターンに変更。
  • ヘッドライト下部のフロントカバー部に赤いスペシャルエンブレムを採用。

 

 

販売計画台数(国内・年間)

5,000台

 

メーカー小売価格

169,000円

 

 

1998年11月に「ホンダ Dio/Dio ZX」のカラーリングを変更し発売。

 

車体色

Dio
キャンディグローリーレッド(新色)
ピュアブラック(継続)
ポーセリンシルバーメタリック(継続)
※全色でフロント・両サイドステッカーマークのデザイン変更

 

DioZX
パールシーシェルホワイト(新色)
ブーンシルバーメタリック(新色)
ピュアブラック(継続)

 

販売計画台数(国内・年間)

Dio/Dio ZX 合計 110,000台

 

メーカー小売価格

Dio 147,000円
Dio ZX 169,000円

 

 

1999年9月に「Dio」と「Dio ZX」をマイナーチェンジし、「Dio・J」をタイプ追加。「Dio」と「Dio ZX」の型式は、BB-AF35。「Dio・J」の型式は、BB-AF34
タイプ追加の「Dio・J」は、Dioをベースにフロントブレーキをドラムに変更し、価格を下げた。

 

3車種の変更点

3車種ともにキャブレターのセッティングを変更し、マフラー内部に酸化触媒を採用して国内の新排出ガス規制に適合。

 

Dioの変更点

リアキャリアの大型化。
マフラープロテクターの形状変更。
フロントフォークのボトムケース部のカラー変更。

 

Dio ZXの変更点

スケルトンタイプのリアスポイラーの採用。
マフラープロテクターの形状変更。

 

 

車体色

Dio
ポーセリンシルバーメタリック
キャンディグローリーレッド
べガブラックメタリック

 

DioZX
ピュアブラック
ブーンシルバーメタリック
パールシーシェルホワイト

 

Dio・J
シャスタホワイト
ブラック

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 120,000台

 

メーカー小売価格

Dio・J 144,000円
Dio 157,000円
Dio ZX 179,000円

 

 

従来モデルとのスペックの比較

通称名

Dio(マイナーチェンジ前)

Dio

Dio J

Dio ZX

発売

1996年12月

1999年9月

1999年9月

1999年9月

車名・型式

ホンダ・A−AF35

ホンダ・BB-AF35

ホンダ・BB-AF34

ホンダ・BB-AF35

全長×全幅×全高(m)

1.675×0.625×0.995

1.675×0.625×0.995

1.675×0.615×0.995

1.675×0.630×0.995

車両重量/乾燥重量(kg)

75/69

75/69

73/67

75/69

燃料消費率(km/L) 30km/h定地走行テスト値

47

49

最高出力(PS/rpm)

7.0/6,500

5.6/6,500

6.3/7,000

最大トルク(kgm/rpm)

0.79/6,250

0.64/6,000

0.66/6,500

変速比 1速

2.850〜0.860

2.450〜0.850

2.850〜0.860

タイヤサイズ 前

3.00-10 42J

3.00-10 42J

90/90-10 50J

タイヤサイズ 後

3.00-10 42J

3.00-10 42J

90/90-10 50J

ブレーキ形式 前

油圧式ディスク

油圧式ディスク

機械式リーディング・トレーリング

油圧式ディスク

ブレーキ形式 後

機械式リーディング・トレーリング

機械式リーディング・トレーリング

 

 

2000年2月に「ホンダ ライブ・Dio・J」に人気のホワイトカラーバージョンを追加し限定発売。型式は、BB-AF34

 

 

車体色

シャスタホワイト

 

販売計画台数(国内・年間)

5,000台(限定)

 

メーカー小売価格

144,000円

 

 

2000年3月に「ホンダ ライブ・Dio ZX」のスケルトン仕様を限定発売。
ハンドルカバーやフロントカバー等外装部品の一部に半透明のスケルトン素材を採用。
前・後ホイールは、ゴールドを採用。
車体色は、サイバークリアブルーとサイバークリアレッドの2色を設定。

 

 

車体色

サイバークリアブルー
サイバークリアレッド

 

販売計画台数(国内・年間)

5,000台(限定)

 

メーカー小売価格

184,000円

 

 

2000年8月に「ホンダ ライブ・Dio ZX」のスペシャルカラーを限定発売。
ライブ・Dio ZX・スペシャルは、フロントカバーに「BAR ホンダF1チーム」ロゴを施し、ボディカラーと同色のリアスポイラー、レッドの前・後ホイールを採用。

 

 

車体色

アキュレイトシルバーメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

5,000台(限定)

 

メーカー小売価格

184,000円

 

 

2000年8月に「ホンダ ライブ・Dio・J」のスペシャルカラーを発売。
「ライブ・Dio・J・スペシャル」の車体色はアキュレイトシルバーメタリックを採用。
シートとフロアは、ブラックを採用。

 

 

車体色

アキュレイトシルバーメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

15,000台

 

メーカー小売価格

147,000円

 

 

2001年3月に「ホンダ スマートディオ」を発売。
3代目ライブディオをフルモデルチェンジし、4代目スマートディオを発売。
スマートディオの買取相場は、こちらにまとめています。

 

2001年3月に「ライブ Dio ZX」と「ライブ Dio・S」をマイナーチェンジし発売。

変更点

盗難抑止システムとしてメインスイッチ、シートオープナー、ハンドルロックをメインのキーシリンダーに集約。
キーシリンダーにはキーシャッターを装備。
キー付きガソリンタンクキャップや、イモビアラームプレワイヤリングを標準で装備。
車体色に新色を設定。

 

 

車体色

ライブ Dio ZX
フォースシルバーメタリック(新色)
パールミルキーホワイト(新色)
チェッカーブラックメタリック(新色)

 

ライブ Dio・S
サンタフェブルーメタリック(新色)
イクエイターレッドメタリック(新色)
ブラック、シャスタホワイト

 

販売計画台数(国内・年間)

ライブ Dio ZX、ライブ Dio・Sシリーズ 合計80,000台

 

メーカー小売価格

 

ライブ Dio ZX 184,000円
ライブ Dio・S 149,000円

 

 

2001年9月に カラーの変更。

 

2001年12月に「ライブ・Dio・S」のスペシャルカラーを限定発売。
「ライブ・Dio・S・スペシャル」は、車体色にスペシャルカラーのフォースシルバーメタリックを採用。
フロントフェンダー、サイドカバーを同系色のハスキーグレイを採用。

 

 

車体色

フォースシルバーメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

ライブ・Dio・S・スペシャル 合計10,000台

 

メーカー小売価格

152,000円

 

 

 

ライブディオの年式毎の中古車販売価格

確認した日

車種名

年式

走行

地域

その他装備

中古車販売価格

2017/3/11

ライブDio

2000年

ブラック

5861km

愛知県

センタースタンドのロック機構付!

5.5万円

2017/3/11

ライブDio

1999年

ホワイトM

走行距離疑義車km

兵庫県

ホンダ ライブDio バッテリー新品 1999年モデル。メーターが4桁表示の為、走行距離は不明と表示しています

3.88万円

2017/3/11

ライブDio

1998年

ポーセリンシルバーメタリック

走行距離疑義車km

茨城県

2サイクルライブDIO・ノーマル・メーター桁不足につき総走行距離不明

5.4万円

2017/3/11

ライブDio

1997年

シルバー

走行距離疑義車km

千葉県船橋市

ホンダ ライブDio 1997年式 2サイクル。ディスクブレーキモデルの後期型です!

1.9万円

2017/3/11

ライブDio

1996年

ワイン

走行距離疑義車km

大阪府枚方市

フロントはディスクブレーキとなるモデル

1.99万円

2017/3/11

ライブDio

1995年

グレー

7261km

神奈川県藤沢市

ノーマル車両です!キビキビ走ります!

5.4万円

2017/3/11

ライブDio J

2002年

グレー

8280km

神奈川県

ホンダ ライブDio J 前後タイヤ新品 スパークプラグ エアクリーナエレメント新品

4.9万円

2017/3/11

ライブDio J

2001年

ブラック

5700km

東京都

ホンダ ライブDio J タイヤベルト他消耗品フルチェンジ

8.43万円

2017/3/11

ライブDio J

2000年

ブラック

10184km

神奈川県

-

6.48万円

2017/3/11

ライブDio S

2001年

ブラック

3658km

神奈川県

きれいなお買得車

5.99万円

2017/3/11

ライブDio S

2002年

シルバー

走行距離疑義車km

兵庫県

ホンダ ライブDio S・最終2002年モデル

5.3万円

2017/3/11

ライブDio SR

1998年

ブラック

5125km

静岡県

-

5.4万円

2017/3/11

ライブDio SR

1996年

ブラック

3500km

静岡県

-

5.3万円

2017/3/11

ライブDio ST

年式不明

ガンMIII

9769km

兵庫県

-

2万円

2017/3/11

ライブDio ST

1996年

シルバー

487km

東京都

ホンダ ライブDio ST ABS装備。前かご付き

7.5万円

2017/3/11

ライブDio ZX

1997年

シルバーM

5579km

千葉県市川市

ホンダ ライブDio ZX 金サス初期 ノーマルフルパワー

12万円

2017/3/11

ライブDio ZX

2002年

シルバー

3400km

埼玉県

ホンダ ライブDio ZX 最終型 2ストローク

3.53万円

2017/3/11

ライブDio ZX

2000年

サイバーレッド

9411km

神奈川県

ホンダ ライブDio ZX サイバーレッド 純正鍵2本 サイドスタンド装備済み

6.92万円

2017/3/11

ライブDio ZX

1996年

ホワイト

9900km

愛知県

人気のホワイトZX!

10.8万円

2017/3/11

ライブDio ZX

1998年

ホワイト

3400km

愛知県

-

9.27万円

2017/3/11

ライブDio ZX

1997年

ブルーM

走行距離疑義車km

大阪府

ホンダ ライブDio ZX フロントタイヤ新品 ドライブベルト新品 97年モデル

7.64万円

2017/3/11

ライブDio ZX

1994年

ブラック

走行距離疑義車km

東京都

ホンダ ライブDio ZX Vベルト新品 バッテリー新品 プラグ新品

7.99万円

 

 

ライブディオ買取価格の事例

 

ライブDioを売った日 2015年11月
年式 1996年
カラー 
走行距離 約2,000km
買取価格 25000円

 

ライブDio ZXを売った日 2015年7月
年式 1996年
カラー 
走行距離 約4,000km
買取価格 30000円

 

ライブDio ZXを売った日 2015年7月
年式 1998年
カラー 
走行距離 約7,000km
買取価格 40000円

 

ライブDio Sを売った日 2015年6月
年式 不明
カラー 
走行距離 約6,000km
買取価格 10000円

 

 

ここでの買取価格の事例は「年式、走行距離、カラー」しかわからないので実際のバイクの状態(外装の傷、消耗品の状態、カスタムなど)の情報は、まったくわかりません。事故車の可能性もあります。ですから実際は、同じ年式、同じくらいの走行距離でも全然違う査定額になることは、よくあります。あくまでも参考程度にしておきましょう。

 

3代目ディオのライブディオ(A-AF34/A-AF35)は、1994年1月に新登場し、2001年3月にフルモデルチェンジして4代目スマートディオに変わりました。

 

3代目ディオのライブディオ(A-AF34/A-AF35)に含まれる車種としては下記のものがあります。

  • Dio(A-AF34/BB-AF34)
  • DioSR(A-AF35)
  • DioZX(A-AF35/BB-AF34)
  • Dioチェスタ(A-AF34)
  • DioST(A-AF35)
  • DioJ(BB-AF34)
  • DioS(BB-AF34)

 

中古車販売価格を見るとどの車種も5万円くらいが多い中、ライブディオZXだけ7万円くらいの車両や、中には、12万円くらいの車両もあります。中古車販売価格が5万円くらいだと買い取り価格は、0〜2万円くらいでないとほとんど利益になりませんがライブディオZXぐらいの中古車販売価格がつく車両なら3〜5万円くらいの査定額がつくこともありそうです。

 

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合



バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合



バイク王公式サイト