リード110とリードEXの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード110とリードEXの違いを比較

 

:ホンダ リード110の歴史

2008年1月にリードの4代目として新登場。2006年から中国で製造販売していたSCR110を日本国内の法規に適合させて発売。 型式は、EBJ-JF19
2009年1月にカラーチェンジ。
2009年2月に特別・限定仕様、スペシャルカラーを2000台限定で発売。
2010年2月にブレーキシステムの改良を中心としたマイナーチェンジをして車名をリード・EXに変更。
2013年7月にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

ここでは、
2009年1月発売のホンダ リード110(EBJ-JF19)と
2010年2月発売のホンダ リード・EX(EBJ-JF19)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ リード110

ホンダ リードEX

発売

2009年1月

2010年2月

型式

EBJ-JF19

EBJ-JF19

全長

1835mm

1835mm

全幅

665mm

665mm

全高

1125mm

1125mm

ホイールベース

1275mm

1275mm

シート高

740mm

740mm

最低地上高

105mm

105mm

総重量

114kg

114kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

26°30′

トレール(mm)

74

74

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-12 44J

90/90-12 44J

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

100/90-10 56J

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

水冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

107cc

107cc

圧縮比

11.0

11.0

ボア

50mm

50mm

最高出力(kW/rpm)

6.6(9PS)/7500

6.6(9PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

9.3(0.95kgf・m)/6250

9.3(0.95kgf・m)/6250

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

6.5L

6.5L

燃料消費率(km/L)

50(60km/h)

50(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥273,000 ブレイシングブルーメタリック ¥273,000 アドバンスドオレンジメタリック ¥273,000 パールシルキーホワイト ¥273,000 パールシルキーホワイト ¥273,000 ブラック ¥273,000 ボスグレーメタリック

¥249,900 コスミックシルバーメタリック ¥249,900 キャンディーバリュアブルレッド ¥249,900 パールコーンイエロー ¥249,900 ブラック ¥249,900 パールシルキーホワイト

 

 

 

リード110からリードEXになっての主な変更点

 

  • コンビブレーキシステムには、新たに3ポットのフロントブレーキキャリパーを採用。
  •  

  • サイドスタンドの戻し忘れを検知するインヒビタースイッチを内蔵した純正オプションのサイドスタンドが装着可能となる。
  •  

  • 前・後ホイールおよびリアキャリアのカラーリングをバーニアグレーメタリックに変更。
  •  

  • パーキングブレーキがなくなる。
  •  

  • オートキルセンサーがなくなる。
  •  

  • メーカー希望小売価格(税込み)がリード110より23,100円安い249,900円となる。

 

 

リード110とリードEXの比較の口コミ

 

 

 

リード110が事故で廃車になったからリードEXを買った。最高速は前と同じでいつものところでリミッターがかかる。ブレーキも前と比較しても特に違和感なし。

 

 

EXになってメーカー小売価格は、従来の273,000円から249,900円に下がってるけど実売は変わらないね。110(旧型)は在庫処分で値引きされてる。

 

 

モーターサイクルショーでホンダの人にリードのこと聞いたらEXのコストカットは見える部分以外にも結構多いみたい。走りや安全性能に関する部分の維持は、保証するのだが質感と徹底したコスト管理から旧型と比べてEXの方がグレードが低い認識。無論のこと組み立ての合理化なども値下げの要因。というわけでもし旧型とEXが同じ様な値段で販売されてたら旧型の方がいいのかもしれないとホンダの人が話してた。

 

 

旧型とリードEXは塗装が全く違う。特にシルバー系は、違うね。リードEXはサラッと薄塗りだけど旧型のガンメタは、重ね塗りした上に仕上げも丁寧。

 

 

近所のバイク屋でEXと旧型を見ながら話をしてきた。なにかしらの規制で3ポットにする必要があったみたいでそれが原因で大きくコストがアップしたがライバル社との競争で値下げする必要があり、塗装の質を落とした。3ポットにしたことによりフロントボックスが旧型の約半分のサイズになったらしい。

 

 

リードEXのコンビブレーキは、リアかけたら前の1ポッドだけ動くんだね。

 

 

旧型は2ポットキャリパー。EXは、3ポットキャリパー。これは、その後発売されるPCXのブレーキシステム。3ポットになってもフロントブレーキは2ピストン式。一見、従来と変わらないかと思うけどブレーキパッドの接触面積の長さでブレーキの性能が変わるからブレーキ力は、大きく上がった。 そしてリヤブレーキのコンバインドシステム。今までは、フロントブレーキにワイヤーで繋いでいたけどEXは、大型バイク同様のコンバインドシステムを搭載。油圧をフロントブレーキキャリパーの真ん中のピストンにかけてる。これによってリヤブレーキをかけた際のフロントブレーキレバーが緩くなる症状がなくなり、しっかりしたブレーキタッチを実現。 ブレーキが強化されてたのは、素人ライダーには嬉しい。

 

 

EXのブレーキは、性能がアップしたと言うより、新しい基準にそったモノを出さなければいけなかったのでメーカーが仕方なく出した代物だから売れないことを考慮してコストダウンした。ブレーキ周りにコストをかけた分、PGM-FIユニットの一部のチップ、センサー、スイッチ、塗装を渋って取り除いたと言ってた。3ポッドキャリパーは、見栄えいいんだけどパーツ共通化でコストを下げてるわけでポッド数とパッド面積が増えたらブレーキ抗力が高まると勘違いしてる客を相手にしてるわけだからEXを売るのも簡単だね。EXのコストカットで省略された部分、特に電装系を知れば落胆するよ。でもEXは、旧型の余分な装備をカットしてその分価格が下がってるからEXでもまったく問題ない。でもEXの方が進化してると勘違いしてる人は、別だけど。

 

 

EXの取扱説明書を読んだらオドメーターのオレンジ色になるのが「1」と「6」に変更されてる。
旧型は10000km越えた場合のこと考えてなかったからね。

 

 

スペックは、同じだしフロントボックスが半分に狭くなって塗装の質が落ちたならEX買う必要ないでしょ。

 

 

ノーマルマフラーだと旧型かEXかすぐ見分けがつく。マフラーのヒートガードがシルバーだったら旧型、ブラックならEX。

 

 

EX買ったけど旧型のブレーキロックだけは、羨ましい。

 

 

ブレーキが一段と効くようになったならタイヤも良いのに替えてEXにした方がいい。
してね。街乗りなら多少の加速力より強力な制動力の方が実用的。

 

 

俺は、値段があまり変わらないのとパーキングブレーキとボディーカラーが決めてで旧型にした。

 

 

EXと旧型を比べて旧型契約した。自分としては旧型のホイールとリアキャリアの色が好みだった。EXのブレーキ変更とサイドスタンドスイッチに惹かれたけどブレーキロックも必要だったから旧型でよかった。

 

 

EXになってオートキルセンサーも無くなったんだね。センサーの出番は、あまりないけど安全性に関わる部分がコストカットされるのは残念。

 

 

EXになってオートキルセンサーもなくなった。旧型だったらキルセンサー搭載で転倒すると自動的にエンジンがオフになったがEXだとエンジンがかかったまま。そのため転倒した際にアクセルが誤動作しないようにグリップエンドを付けた。

 

 

EXは、シートのステッチ部分が変更されてハンドルの部分に当たらないようになってた。ユーザーの声を反映させたのかな。

 

 

シートのパイピングの位置も変わってる。旧型はハンドルを切った状態でシート開けたらパイピングからシートが切れてしまってた。EXは、その問題が解決されてる。機能は、改善されて外装なんかはコストダウンされた。

 

 

EXもレブリミッターは、ある。でもEXにi-mapは装着不可とWEBサイトに記載してある。i-mapは他機種に流用できてしまうほどだしEXにも装着できるのかもしれない。でもリミッターカットしなくてもハイプリで最高速は、上がるから別にいいけど。

 

 

何も知らずにEXの方が進化してると勘違いして買ってしまった。

 

 

バイクを高く売る方法


バイクを高く売りたい人には、バイク比較ドットコムがオススメです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • 各社の査定額を簡単に比較でき、最高値の買取業者を見つけられる。
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
※2017年4月時点