PCXとアドレスV125Sの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCXとアドレスV125Sの違いを比較

 

ホンダ PCX125

2010年3月に新登場。型式は、EBJ-JF28
2012年5月にマイナーチェンジ。
2014年4月にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JF56
2015年5月にカラーの追加。
2016年2月にカラーチェンジ。

 

 

アドレスV125S

2010年8月に新登場。型式は、EBJ−CF4MA
2011年1月に特別・限定仕様を発売。
2012年1月に特別・限定仕様を発売。
2012年9月にカラーチェンジして発売。
2013年1月に特別・限定仕様を発売。
2013年9月にカラーチェンジして発売。
2013年12月に特別・限定仕様を発売。

 

 

ここでは、
2016年2月発売のホンダ PCX(EBJ-JF56)と
2013年9月発売のスズキ アドレスV125S(EBJ−CF4MA)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ PCX

スズキ アドレスV125S

発売

2016年2月

2013年9月

型式

EBJ-JF56

EBJ−CF4MA

全長

1930mm

1780mm

全幅

740mm

635mm

全高

1100mm

1035mm

ホイールベース

1315mm

1235mm

シート高

760mm

745mm

最低地上高

135mm

120mm

総重量

130kg

101kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

27°

26°

トレール(mm)

86

82

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-14 M/C 46P

90/90-10 50J

タイヤサイズ(後)

100/90-14 M/C 51P

100/90-10 56J

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

124cc

124cc

圧縮比

11.0

9.6

ボア

52mm

54mm

最高出力(kW/rpm)

8.6(12PS)/8500

7.3(9.9PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

12(1.2kgf・m)/5000

10(1kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送

燃料タンク容量

8.0L

6.3L

燃料消費率(km/L)

53.7(60km/h)・50.6(WMTCモード)

52(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥329,400 パールダークアッシュブルー ¥329,400 マットテクノシルバーメタリック ¥329,400 パールジャスミンホワイト ¥329,400 ポセイドンブラックメタリック

¥261,450 パールブレーシングホワイト ¥261,450 キャンディカプリブルー ¥261,450 グラススパークルブラック ¥261,450 ファントムブラックメタリックNo.2

 


 

 

PCXとアドレスV125Sの比較の口コミ

 

 

●燃費の比較

 

カタログスペック
PCXが53.7km/L
アドレスV125Sが52km/L

 

みんカラでは
PCX 44.23km/L (回答数:13818人)
アドレスV125S 39.55km/L (回答数:2941人)

 

PCXは、カッコいい、燃費良し、速い、重い、デカい、スマホが充電できる、アイドリングストップが付いてる、価格が高い、リアスポが飾りでグリップとして使えない、乗り心地は最高、足が動かせない。

 

アドレスV125Sは、カッコいい、足元かなり広い、かばんホルダー、加速がいい、軽いしコンパクトだから取り回しも楽だし、駐車場にも困らない。

 

 

PCXは、ハンドル幅が74cmもある。アドレスV125Sは、63cm。通勤ですり抜けするからアドレスV125Sがいい。

 

 

一台で近場も中距離も済ませたい人がPCXとか買うんでしょ。車あるならアドレスV125Sで十分。友達がPCX買って車乗らなくなったって言ってたし。

 

 

PCXとアドレスV125Sってタイヤの太さは、同じなんだけどホイールのサイズと太さの比率で言えばPCXのタイヤは、細い。さらに車体もホイールサイズもデカイから余計に細く見える。横から見ればカッコいいのに前から見たらバランス悪すぎてカッコ悪い。

 

 

アドレスV125S 9.9ps 101kg F10/R10 
PCX  12ps 130kg F14/R14

 

 

アドレスV125Sは、PCXより軽いし出力も低いのになんで燃費が悪いんだ?そろそろ新しいエンジンに変えろよ。2010年からまったくモデルチェンジしてないし。PCXは、2012年にespにしてるし、2014年にもフルモデルチェンジしてる。

 

 

フラットフロアが必要ないならPCXでいいんじゃない?ステップボードがフラットじゃないPCXだといっぱい買い物した時に困るよ。

 

 

近場の足として使うならでアドレスV125Sで十分。ツーリングとか一台で色々やりたいならPCXの方が向いてる。

 

 

駅の近くの駐輪場に止めるからコンパクトなアドレスV125Sの方が助かるんだよな。PCXだとイタズラされそうだし。

 

 

平地での最高速は、メーター読みでアドレスV125Sが100km/h弱くらい。PCXが108km/hくらい。燃費は、アドレスV125Sが40km/hくらい。PCXが48km/Lくらい。

 

 

出力、装備、燃費、乗り心地、航続距離は、PCXの圧勝。アドレスV125Sは、コンパクトさと足元のスペースだけか。

 

 

長距離乗るならアドレスV125Sの10インチの路面からの突き上げはしんどいし、エンジンが空冷だから熱くなる。水冷で14インチのPCXの方が長距離に向いてる。

 

 

アドレスV125Sは、80km/h位の巡航なら振動も少なくて余裕。PCXだと90km/hの巡航でも余裕。

 

 

駐車場の関係で、原付二種で小さいのにしなきゃいけなかったからアドレスV125S買ったけど、今でもPCX見かけると欲しくなるな。とか興味はあるよね。まあ、めぐり合わせとタイミングだよね。

 

 

アドレスV125Sは、車体が小さいから50ccと間違われて煽られる。後ろから見ればナンバーの色で原二と分かるけどバイクに興味ない人は、原チャリと同じ扱いだから。

 

 

タイヤの大きい方が快適って言う人がいるけどアドレスV125Sに試乗したら10インチでも全然問題なかった。むしろPCX試乗し時の方が、若干乗り心地が悪く感じた。

 

 

PCXは足まわりが意外に硬くてシートもかなり硬いんだよね。長距離乗る場合は、これが長所になるけどチョイ乗りの場合は、逆にこれが全部欠点になる。PCXは、125クラスとしては、かなりツアラーを意識したつくりだと思うよ。

 

アドレスV125SからPCXに乗り換えたよ。軽さとキビキビ感はアドレスV125Sの方が上だったけどセルも静かだし、走行中の安定感半端ない。70km/hあたりでマッタリ巡航するならPCXだね。高いだけあるわ。

 

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト