アドレス110とアドレスV125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレス110とアドレスV125の違いを比較

 

2016年2月8日時点でのアドレス110とアドレスV125の比較です。

 

 

スズキ アドレス110の2ストロークモデルは、1998年に発売され、2003年にアドレスV100と共に生産中止が決定。その後、2015年3月にスズキ アドレス110の4ストロークモデルが発売。2016年4月にマイナーチェンジされ、シート表皮のデザインが変更。

 

 

 

スズキ アドレスV125は、2005年2月にベストセラースクーター「アドレスV100」の後継機種として発売されました。2007年2月にマイナーチェンジされ。2008年に生産終了となりましたが2010年1月にリアキャリア、インナーラックを装着するなどのマイナーチェンジをして復活しました。

 

 

ここでは、
2015年3月発売のスズキ アドレス110(EBJ-CE47A)と
2013年7月発売のスズキ アドレスV125(EBJ-CF4EA)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

 

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

スズキ アドレス110

スズキ アドレスV125

発売

2015年3月

2013年7月

型式

EBJ-CE47A

EBJ-CF4EA

全長

1845mm

1750mm

全幅

665mm

635mm

全高

1095mm

1030mm

ホイールベース

1260mm

1235mm

シート高

755mm

740mm

最低地上高

120mm

120mm

総重量

97kg

97kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

25゜ 45'

26°

トレール(mm)

97

82

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

80/90-14 M/C 40P

90/90-10 50J

タイヤサイズ(後)

90/90-14 M/C 46P

100/90-10 56J

エンジン種類

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

空冷ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

112cc

124cc

圧縮比

9.3

9.6

ボア

51mm

54mm

最高出力(kW/rpm)

6.7(9.1PS)/8000

7.3(9.9PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

8.6(0.88kgf・m)/6000

10(1kgf・m)/6000

始動方式

セル・キック

セル・キック

点火方式

 

フルトランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

 

圧送

燃料タンク容量

5.2L

6.0L

燃料消費率(km/L)

53(60km/h)・51.2(WMTCモード)

52(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥205,200 ブリリアントホワイト ¥205,200 アイスシルバーメタリック ¥205,200 タイタンブラック

¥236,250 パールグラスホワイトNo.2 ¥236,250 キャンディカプリブルー ¥236,250 ソニックシルバーメタリックNo.2 ¥236,250 グラススパークルブラック

 

 

アドレス110とアドレスV125についての口コミ

 

アドレスV125は色んな意味で時代遅れになったスクーターだから現時点で買うならアドレス110の方がいい。

 

 

どちらかと言えばアドレスV125の方が信号ダッシュは、速いけど加速性能は、どっちもほとんど変わらないよね。最高速は、アドレス110の方が少し速い。

 

 

アドレスV125と比較するとでかくて足つきも悪い。

 

アドレスV125は、ベストセラーのかなり優れたバイクでした。でも現在のアドレスV125と110比較した場合、加速、最高速度が互角で乗り心地、メットイン、値段、燃費でアドレス110の方が良い。

 

 

アドレスV125は、燃費が悪い。カタログ値は、結構サバ読んでる。

 

俺もアドレス110とV125で悩んでる。乗り出し価格がほほ同じで20万円弱。アドレス125の利点は、価格の値引きの大きさとエンジンが10万km持つ耐久性。アドレス110の利点は、燃費が良くなってとホイールが大きくなった点と外観のカッコ良さ。

 

シート高は、アドレス110が755 mmでアドレスV125が740mm。ホイールサイズが4インチも違うのにシート高は15mmしか変わらない。

 

アドレス110は足がダルいけど乗ってたら慣れるよ。でもロングツーやる人にはアドレスV125の方がいいかも。

 

 

アドレス110にしようと思ってたけど跨ってみて足元が狭すぎた。足元は50ccの原付より狭いね。足元に荷物載せるならアドレスV125の方がいいかも。

 

この前、バイク屋さんに行ったら瑕疵を避けたいなら発売されたばかりのアドレス110よりアドレスV125の方がいいって薦められた。

 

性能は加速も最高速もほとんど一緒。タイヤも大きいし110の方が良い面が多いと思う。でもメーカー小売価格を考えると値引率が高いV125も欲しくなる。将来、SEPのV125が発売される可能性もあるし、どっちにするかは、悩み所だと思う。

 

アドレス110の14インチのタイヤサイズは、市販されてる量が多くない規格だから、タイヤ交換の時、ちょっと高いです。一方アドレス125Vのタイヤだから、近所の店でも2000円くらいで売ってます。

 

 

アドレス110の方がV125より乗り心地が良い。

 

アドレスV125は、本当に良いバイク。125クラスで長い間トップの人気だったし。アドレス110は、歴史が新しいからエンジンや駆動系の耐久性などは、不明。でも全て0から作ってるわけでもないから基本的はアドレスV125とほとんど変わらないと考えて良いでしょう。
それ以外ではスタイルや乗り味の違い。10と14インチだとかなり違うし、車体サイズも結構違うから必ず乗り比べて見たほうがいい。

 

メットインのスペースは、アドレス110の方が大きかった。アドレスV125は、ヘルメットだけしか入らなかったけどアドレス110は、ヘルメットの他にもうちょっとだけ物が入るスペースがある。あとGIVI製のボックスならリアキャリアにポン付けができる。

 

 

バイク屋の話では、走りはアドレスV125。燃費はアドレス110と言われた。

 

アドレス110は、V125のと比較しても全体的に安っぽい。メーターも速度計の針も安っぽい インジケーターも昼に光ってるかも判らない。アドレス110の排気音は、V125で社外のサイレントマフラー付けた感じの音。足つき性はV125より悪い。V125でタンデムステップに足置いて乗ってた人は、タンデムステップが後方に配置されたから今までの乗り方ができない。エンブレムが安っぽいからADDRESSのシールは剥がしたい。

 

スズキは、アドレス110に相当力を入れてると思う。アドレス110は、欧州で先行発売されて、そこそこの評価を受けてるし、今後は、アドレスV125は、消える方向に進むと思います。

 

アドレスV125は、50ccのサイズの車体に125ccのエンジンを搭載してる。アドレス110と比べるとタイヤサイズが小さく、ホイールベースが短いので直進安定性が劣るけど良くいうと軽快な走りができるとも言える。ただし、アドレスV125で2人乗りは、できないことはないがちょっと怖い。アドレス110は、このようなアドレスV125の欠点を改善しているとおもう。

 

 

アドレス110を試乗したけど良い印象。出足以外125ccと違いはなさそう。

 

アドレス110は、車体が若干大きくなったためかアドレスV125より煽られることが減った気がする。ポジションランプのお陰か右折で待ってくれる車は増えたと思う。

 

アドレスV125(K7)からの乗換えたので比較すると段差を乗り上げた際の衝撃もマイルドで低速からの安定感もいい。エンジンブレーキの減速は、アドレスV125より弱い。加速はモッサリと言われているが信号で先頭に出ててもリードできるくらい。アドレスV125のメットインに満杯に入っていた荷物をアドレス110に入れてもいっぱいになるけどそのまま入る。欠点もあるけどとりあえず、アドレス110を買って良かったと思う。

 

 

アドレスV125の無印がもの凄い値引き率でアドレス110より安くなってた。

 

タイヤの空圧チェックをする際は、10インチより14インチ方が楽。10インチホイールは、ゲージとか噛ますのが面倒。

 

アドレス110はスズキがホームページ上で宣言しているように「街乗りバイク」。ライディングポジションがレッツ4とほぼ同じなので短距離だけしか乗らないならアドレス110。隣街位の中距離で乗るならアドレスV125かな?

 

 

走りはともかく、見た目はアドレス110方が好み。

 

アドレス110は、タイヤ径が14インチとデカく、フロントフォークのストロークがアドレスV125と比べて11mm位伸ばされているので乗り心地は、すごく良いです。軽い割には、ぴょんぴょん跳ねずちゃんとストロークしてしっとりとした乗り味。

 

今、アドレスV125の無印乗ってるけどアドレス110のメーター周りやスイッチ関係を見るとかなり豪華に見える。

 

アドレス110は、いいね。最近流行のローラーロッカーアーム、14?ホイールの採用してるし、メーターも豪華だし、アドレスV125と同じ車重に抑えてきている。

 

走行性能はほぼ同じだけど、アドレス110の給油キャップやコンビニフックとか見ると細かい所がチープになってる。

 

アドレスV125とアドレス110で迷ってる。販売店での両者の乗り出し価格は、20万ちょっと。でも定価だとアドレスV125の方が4万円ほど高かった。

 

 

アドレス110のメットインの中は アドレス∨125シリーズより深くて広いので使い勝手は良さそう。

 

ホイル径がでかいと悪路に強い。しかし、日本の段差があまりない舗装路ならV125だと思う。信頼性は、歴史の長いV125の方が実証されている。でも新しいものが好きな人には、110がいいかもしれないね。寝かしたの際は、ホイル径がでかいの方がいいし。デザインは好みの問題。加速性や燃費は気にするレベルの差ではない。

 

メーカー小売価格にたいした意味なんてないから実車見た方がいいよ。俺は、アドレス110の方が作りが良く見えた。アドレスV125は、なんていうか原付クオリティって感じ。アドレス110は、サイドスタンドが標準。14インチのアルミホール。リヤキャリアがアルミダイキャスト。メーターデザイン良し。排気量差はほんの12ccしかない。足元が狭いのを外したらアドレスV125を購入する理由はいまでは無いとおもう。

 

 

アドレス110は、アドレスV125と比べるとギャップで跳ねたり、路面のゴツゴツ感がない。車道から脇のコンビニなんかに入る時の歩道の段差もさほど感じない。

 

 

アドレス110の方が高速走行クルージングは、楽だった。アドレスV125より横風に強いと思った。この辺りは、14インチが原因かな?

 

 

バイク屋でアドレスV125とアドレス110が並んでたが、14インチに見慣れたらアドレスV125は、チンチクリンでカッコ悪く見えてくる。

 

 

乗り心地重視の人にはアドレス110。コスパ重視の人にはアドレスV125。

 

アドレスV125の横にアドレスV50を並べたら見た目が全く変わらない。アドレス110の方は何か違うって思わせるほど外見に差があるよ。

 

スズキのサイトのアドレスV125の諸元表を見ると
変速比 2.681?0.808
減速比(1次 / 2次) 1.000 / 2.647x3.133
って書かれているけど
アドレス110の諸元表を見たら
変速比や減速比が書いてないけど隠してるのは、なぜ?

 

 

アドレス110のブレーキロックが意外に便利。
アドレスV125には付いてない。

 

 

14インチが影響してるかもしれないけど基本的にアドレス110は、アドレスV125よりコーナーが苦手と言われてる。

 

 

車で言えばアドレスv125がアルトワークスでアドレス110がワゴンRって感じ。

 

 

アドレス110のテールライト見たけど現行アドレスV125の方がカッコいいね。

 

いろんなサイトみてると排気量15ccの差があるのにアドレス110の加速は、アドレスV125と比べて同等かそれ以上って書いてある。まあアドレスV125は、10年以上前に開発されたエンジンだし、アドレス110の発売時にもスズキが125並のパワーって言っているからね。

 

 

新型アドレス110を買って、この前バイク屋からリコールの電話がかかってきた。作業に2時間位かかるらしい。新型は、こういうのがちょくちょくあるのが面倒くさい。何回もバイク屋に行くのが面倒な人は、熟成されたアドレスV125にした方がいい。アドレスV125の時もリコールが続いたからね。

 

 

アドレス110とアドレスV125を比較したら動き出しだけは確かにアドレスV125の方が少し速い。でも2台同時に比較したらやっと分かるレベルだからそこまで気にならない。

 

 

アドレスV125と比べるとアドレス110はスタートだけは遅いけど40km/hを超えてからは速い。そして燃費が遥かに良いね。

 

 

アドレスV125からアドレス110に乗り換えたけど速さの違いはあまり感じないな。

 

 

アドレスV125は、排気量が124ccでアドレス110は、112ccなので排気量の差は、12cc。同じ125cc以下で誤差の範囲。

 

 

いつもアドレス110に乗ってるけど今日久しぶりにアドレスV125で通勤してみたらすごく不安定だった。もう10インチには戻れなさそう。

 

 

アドレスV125からアドレス110に乗り換えようと思って試乗してみたけど足元が狭いし、足をバックステップ風に後方に置けないからやめた。

 

 

どっちも試乗したけど細かい段差は、アドレス110だとなんともないけどアドレスV125だとビリビリ感があるよ。

 

片道20kmの通勤で使ってる。これまでアドレスV125、12インチの輸入スクーター、アドレス110と乗り換えてきたけどアドレス110が1番楽。特に道路工事の後の段差なんかはアドレスV125と比較すると断然楽。

 

アドレス110乗ってるとアドレスV125乗りがライバル心をむき出しで煽って来る。信号待ちの時も横に来て信号ダッシュとかしてくることが多い。でもアドレスV125の10インチだと荒れたアスファルトで80km/hで走るのは苦手みたいで90km/hで抜かした。

 

 

直進性はアドレス110の方が有利。速度を上げる程、安定性が増していく。中高速での巡航時はアドレスV125よりかなり安定していている。

 

 

アドレス110は、アドレスV125より見た目がカッコいいし、燃費がいいし、値段が安い。

 

 

山坂道を走るなら14インチホイールのアドレス110の方が安心できるよ。

 

 

どうにもアドレスV125の足楽運転が気持ち良すぎてアドレス110には乗り換える踏ん切りがつかない。あとアドレス110のハンドル位置も高過ぎるからつらい。

 

アドレスV125からアドレス110に乗り換えた。アドレスV125には、前に斜めの足置き場があるから姿勢が変えられて楽だったけどアドレス110は、14インチでステアリング振り幅が大きいことと横幅を狭くしたため、足元のスペースが無くなったからポジションがいまいちしっくりこない。でも見た目は、アドレス110の方が好きだしシートが長くなったのも良い。エンジン音も低くなって静かになった。

 

 

俺は、前カゴ付けたいからアドレスV125じゃなきゃダメだ。

 

 

アドレスV125とアドレス110を並べて見たらアドレス110の引き締まった顔に対してアドレスV125はワニ顔なんだよね。でもカゴを付けることが前提だからこれは、しょうがない。

 

俺は、積載性、メンテナンス。パーツの多さでアドレスV125にした。アドレスV125は、脚元広々でウインターバージョンもあるし、ボアアップキットも出てるし メーターもアドレス110より機能が多い。

 

現時点では、アドレスV125の方が有利なのはしかたない。歴史があって何度もリコールされて完成されてるし、パーツも腐るほど出てる。アドレス110がメジャーになって抜かすのは、これからだよ。

 

アドレスV125がアドレス110より優れてる点は。旋回性、グリップ、前カゴ可、実売価格がアドレス110より数千円安い店もある。教習車や免許試験で使われてるのは、信頼性は高い証拠。アドレス110の方が優れてるのは、直進性や段差でのショックの大きさと燃費かな。あとブレーキロックもついてるね。

 

 

アドレス110乗ってるけどスタートダッシュだとアドレスV125に負けることが多いね。でも中速域は、アドレスV125に負けないくらい走る。そう言う味付けってこと。

 

俺が前乗ってた最終モデルのアドレスV125Gとの比較だけどアドレス110は、出足だけは遅いけど40km/h以上からは速い。そして燃費が125Gの時より段違いに良くなった。毎日10km以上の距離をノンストップで70〜80km/h巡航してるからアドレスV125Gに比べて安定感がかなりよくなった。

 

 

乗車姿勢が楽なのはアドレスV125だと思うアドレス110は足元が狭すぎる。でも乗ってて楽なのはアドレス110の方だと思うよ。

 

アドレスV125からアドレス110に乗り替えた当初は、足の置き場に違和感があった。でもアドレス110に結構乗ってから代車でアドレスV125に乗ったらアドレス110の感じで乗ってしまって窮屈に感じた。要は、慣れの問題。

 

アドレスV125からアドレス110に乗り換えたが安定性が段違いだね。もう10インチには戻れない。段差のショックが前よりかなり少ない。ステップは、狭いけどすぐ慣れる。取り回しは、重量がほぼ同じなのに押し歩きもアドレス110の方が軽く感じる。

 

14インチのメリットは、直進安定性が高くて段差なんかでも車体が跳ねない。他にも50cc原付きと一緒にされにくいし、ホイールた洗いやすい。

 

 

『週刊バイクTV』#618 スズキの原付&スクーターテスト前編【チバテレ公式】

 

『週刊バイクTV』#619 スズキの原付&スクーターテスト後編【チバテレ公式】

 

 

 

アドレスV125からアドレス110乗り換えた。毎日20km通勤で走ってるけど正直なところ、どっちでもいいって感じ。足を伸ばせることと加速が気持ちいいのはV125だと思う。

 

 

アドレス110は、アドレスV125より車体が大きいのに重量は、軽いんだよね。

 

アドレス110の出だしは遅いけどバイク屋のおじさんは、アドレスV125と70km/hまでは、たいして変わらないと言ってたよ。おそらく14インチの大径タイヤだからアクセル開度をアドレスV125より多めに開けないと同等の比較にならないってことだろう。

 

アドレス110は、アドレスV125よりコックピットに乗ってる感じがして安心感がある。足つきは悪いけど乗ってる時の感じは、なかなか良い。そして大径のアルミホイールだからアドレスV125と安定感が違う。ホイールの重さで重心が上になり過ぎるのをうまく分散してるから乗りやすい。

 

両方乗るとアドレス110の方が取り回しが軽く感じた。特にハンドルを切って旋回する時に軽く感じる。でもセンタースタンドは、アドレスV125の方が軽く感じた。アドレス110が重いというよりアドレスV125の方が立てやすい。

 

 

アドレスV125の方が車体が小さくて、重心が低いから扱いやすい。アドレス110は、V125と比べると車体が大きくて重心が高いから、重く感じる。

 

 

アドレスV125Gが寿命になったからアドレス110に乗り換えたけど、やっぱり足元の自由度が無いのと前カゴが着けられないことと乗車位置が高すぎのが不満。あと消耗部品が2りんかんに常備してないから維持費は、高くなりそう。

 

 

アドレスV125からアドレス110に乗り換えた。アドレスV125の時は、段差やわだちでのとられ方は、ずっと慣れなかったけどアドレス110にして凄く快適になった。毎日同じ道を通勤してるから違いがよく分かる。

 

 

アドレス110に乗ってフロントの接地感が無いって思うならアドレスV125なんか乗れない。前、アドレスV125に乗ってた時は、フロントフォークとホイールを交換してなんとかって感じの安定感だった。だからアドレス110は、優秀だよ。。

 

 

アドレス110の難点は、アドレスV125より音が大きいこと。

 

 

アドレス110は、アドレス125と違って車体が大きいので降りてバイクを支える時に重く感じた。

 

 

前に乗っていたアドレスV125Gと比べてアドレス110のヘッドライトのLoは、下過ぎる。

 

 

アドレスV125は、どちらかと言うと子供向けだね。アドレス110は、まったりと乗るのにちょうど良いし、心地いい。

 

 

アドレスV125(k9)からアドレス110に乗り換えた。k9と比較するとスタートは、遅いけど最高速はアドレス110の方が上。速度は、メーター上の話。

 

V125より110の方が全然燃費はいいよ。特に冬のシーズンは、格段に差が出た。でもそれ以上に14インチの大径ホイールの乗り心地が良くて一度これを体験するともう10インチには戻れない。

 

 

V125から110に乗り換えたけど110は、駐車場で場所をとること以外は、全ての面でV125より快適になった。

 

 

アドレス110で初めてタンデムしたけどシートが広い分アドレスV125より快適だった。普段よりアクセルを回さないといけなかったけど法廷速度+α程度なら十分だった。

 

 

アドレス110のメットインは、使いづらい。確かに容量は、アドレスV125より大きくなったけどフルフェイスが凄く入れづらいし、取り出すのもやりずらい。せめて横向きにおければいいいのに。。。

 

 

V125は、10インチだから本当に近距離用。ツーリングをやるバイクじゃない。でもアドレス110なら知らない道に行っても不安がない。

 

 

小さいタイヤは、都会の方が怖いぞ。国道は、轍のように道路の一部だけ車の重みで波打って凹んでるから14インチのタイヤは車線変更の時、安心感が全然違う。

 

 

アドレス110とV125の全長は、10cmくらいしか変わらい。

 

 

アドレスV125の方がググって加速するけど、それによって通勤時間が短縮されるわけじゃない。110の方がシートが広いし、14インチや見た目でも、もうV125に戻れないわ。

 

アドレス110とV125では、基本設計が10年違う。新型のSEPエンジンは振動が少ないし。110ccにしてV125より燃費を10km/Lも良くしたのは正解だった。街乗りなら充分な馬力だし、14インチで乗り心地も良くなった。

 

俺は、シートの乗り心地に関しては、アドレスV125の方が好き。アドレス110のシート幅は、V125より狭くて中心に座れてない気がする。必ず左右どちらかにズレてる気がするんだよね。

 

俺は、試乗したけど14インチの良さがわからなかった。曲がりにくいぐらいしか思わなかった。10インチでいいじゃん。小さくて軽快だし、足元広いし、メットインが大きいし良い事しかない

 

 

10インチで山道走るとわかるぞ。疲労してもう二度と10インチで山道を走りたくないって思う。でも確かに都会ユーザーなら14インチの恩恵は、そこまで感じないかもしれない。

 

10インチは、ホイールの径が小さいから悪路でタイヤ取られたら不安定になるよ。舗装された道路なら10インチでも特に危険を感じない。でも道路工事中で突然砂利道とか走ると注意して走らないと突然タイヤがとられて転倒することがある。14インチならそういう時も安定して走行できるから安心感が違うんだよ。

 

 

小回りは、10インチの方がいいけど速度出して曲がる時は、圧倒的に14インチの方が軽快だよ。

 

 

10インチは、悪路に弱いし、タイヤの摩耗が早いよ。

 

 

両方試乗してみたけどアドレス110は、狭かった。でもV125より乗り心地が良かったから110にした。

 

 

確かにV125よりアドレス110の方が窮屈だよね。

 

 

V125と110で同じだけスロットルを回して60km/h到達する速度は、110の方が遅い気がする。でもそれで十分だしスロットルを回せば加速するからどっちでもいいってなる。

 

 

V125の時は、最高速までスルスル加速してたけどアドレス110は、80km/hからの伸びがじわじわで少し物足りない。

 

 

110のリコールで代車でV125に乗ったけどアクセルの反応が110よりシャープだった。110は、出だしのアクセルの反応に時差がある感じ。

 

 

体重63kgで地方都市の通勤で使ってるがアドレス110の燃費は、43km/l。アドレスV125Gの時は、36km/lくらいだった。

 

 

アドレス110は、アドレスV125みたいにアフターパーツが出てないのが難点だな。その内出るだろうが。

 

アドレス110は、フラットフロアが狭くなってるのが欠点。フロントフェンダー化でカウル一体式のアドレスV125のように先っぽを取り回しの時にぶつけて割ることが無くなったがレッグシールドが垂直で足元の自由度が少ない。タイヤが14インチでもフェンダー化しないで一体式でロアカバーが少しでも斜めになってたら足を投げ出せたのに。足元の広さだけは、買った後にどうすることもできない。

 

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合



バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合



バイク王公式サイト