リード110とリード90の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード110とリード90の違いを比較

 

 

:ホンダ リード110の歴史

2008年1月にリードの4代目として新登場。2006年から中国で製造販売していたSCR110を日本国内の法規に適合させて発売。 型式は、EBJ-JF19
2009年1月にカラーチェンジ。
2009年2月に特別・限定仕様、スペシャルカラーを2000台限定で発売。
2010年2月にブレーキシステムの改良を中心としたマイナーチェンジをして車名をリード・EXに変更。
2013年7月にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

:ホンダ リード90の歴史

1988年4月にリードの2代目として新登場。 型式は、HF05
1992年1月にカラーチェンジ。
1994年7月にマイナーチェンジ。ヘッドライトスイッチとポジションライトを廃止。カラーの追加。
1997年4月にカラーチェンジ。
1998年2月にフルモデルチェンジされリード100(3代目 型式JF06)を発売。

 

 

ここでは、
2008年1月発売のホンダ リード110(EBJ-JF19)と
1997年4月発売のホンダ リード90(HF05)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

通称名

リード110

リード90

発売日

2008年1月

1997年4月

車名・型式

ホンダ・EBJ-JF19

HF 05

全長×全幅×全高(m)

1.835×0.665×1.125

1.750×0.715×1.060

軸距(m)

1.275

1.235

最低地上高(m)

0.105

0.11

シート高(m)

0.74

0.735

車両重量(kg)

114

85

乗車定員(人)

2

2

最小回転半径(m)

1.9

1.9

エンジン型式・種類

JF19E・水冷 4ストロークOHC単気筒

HF 05E(空冷・2サイクル・単気筒)

総排気量(cm3)

107

89

内径×行程(mm)

50.0×55.0

48.0×49.6

圧縮比

11

6.3

最高出力(kW[PS]/rpm)

6.6[9.0]/7,500

6.2[8.4]/6,500

最大トルク(N・m[kg・m]/rpm)

9.3[0.95]/6,250

9.8[1.0]/4,000

燃料消費率(km/L)

50.0(60km/h定地走行テスト値)

41.0 ( 60 km/h走行時)

燃料供給装置形式

電子式・電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)

キャブレター

始動方式

セルフ式

セルフ式(キック式併用)

点火装置形式

フルトランジスタ式バッテリー点火

CDI式マグネット点火

潤滑方式

圧送飛沫併用式

分離潤滑式

燃料タンク容量(L)

6.5

7.2

クラッチ形式

乾式多板シュー式

乾式多板シュー式

変速機形式

無段変速式(Vマチック)

無段変速式(Vマチック)

変速比1速

2.590〜0.880

2.300〜0.800

減速比1次

2.5

3

減速比2次

3.769

3.142

キャスター(度)/トレール(mm)

26°30´/74

28°00′/80

タイヤサイズ前

90/90-12 44J

100/90-10 56 J

タイヤサイズ後

100/90-10 56J

100/90-10 56 J

ブレーキ形式前

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式後

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディング・トレーリング

懸架方式前

テレスコピック式

ボトム・リンク式

懸架方式後

ユニットスイング式

ユニット・スイング式

フレーム形式

アンダーボーン

アンダボーン

メーカー希望小売価格

273,000円

220,000円

 

リード110とリード90の違いを比較

 

リード110とリード90の比較の口コミ

 

 

リード90から乗り換えたけど少し腰高な感じになった。足元は確かに狭いが許容範囲。

 

リード90からの乗り換えでリード110に乗ってる。90より110の方が良い所は、原付一種と共用設計ではないのでメットインが広い。水冷だから音も静かで焼き付きの心配がなく長距離も安心。フロントが12インチのテレスコだから素直な旋回性。あとオドメーターが110はが5桁。サイドスタンド基部が付いてる。ヘッドライトが明るい。前ウィンカーが車幅灯になってる。

 

 

リード110の不満は、足つきが悪くて、足の置場に困ること。メットインにジェットヘルがギリギリなところ。 ウインカーの緑色は、なかなか慣れない。

 

 

速くてメットインがデカイのがリード90だった。でも燃費が酷い。リード110は、バランスがいいと思う。デザインは、残念だけど。

 

リード90よりリード110の方が良い所。エンジンが水冷で静かで焼き付きの心配無し。燃費が良い。2stオイルが必要ない。排気ガスが臭くない。転倒したら自動でエンジンが止まる。強力なエンジンブレーキ。ライトが明るい。大柄な車体。大きいメットイン。前輪が12インチ。シャッターキー付き。大きなキャリア。

 

 

リード90は、85kg。リード100は、99kg。リードEX は、114kg。

 

 

メットインは、リード90が28L。リード110が35L。

 

 

燃費は リード110>>リード90>リード100

 

 

リード90からリード110に乗り換え 加速は、リード90のが上だけど安定感は、リード110の方が断然上。

 

 

俺も昔リード90に乗ってたが加速もリード110の方が上だと思う。あと軽くて小回りが効くのは、リード90。

 

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト