レッツ レッツ4の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

レッツ レッツ4の違いを比較

 

スズキ レッツ4の歴史

2004年10月に新登場
2005年11月にマイナーチェンジ
2007年1月にマイナーチェンジ
2007年9月にマイナーチェンジ
2007年12月に特別・限定仕様を発売
2008年4月にカラー追加
2009年4月にマイナーチェンジ
2009年11月にカラー追加
2010年11月にマイナーチェンジ
2011年5月にマイナーチェンジ
2011年12月にカラーチェンジ
2012年4月に特別・限定仕様を発売
2012年12月にカラーチェンジ
2013年4月に特別・限定仕様を発売
2013年12月にカラーチェンジ
2015年3月に新型レッツと入れ替わる形で生産終了を公表。

 

 

スズキ レッツ(JBH-CA4AA)の歴史

2015年3月に新発売。

 

 

ここでは、
2013年12月発売のスズキ レッツ4(JBH-CA45A)と
2015年3月発売のスズキ レッツ(JBH-CA4AA)
を比較しました。

 

スペックの違いを比較

 

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

スズキ レッツ4

スズキ レッツ

発売

2013年12月

2015年3月

型式

JBH-CA45A

JBH-CA4AA

全長

1665mm

1660mm

全幅

600mm

615mm

全高

985mm

995mm

ホイールベース

- mm

1150mm

シート高

685mm

695mm

最低地上高

105mm

105mm

総重量

68kg

69kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

25°

 

トレール(mm)

65

-

ブレーキ形式(前)

ドラム

ドラム

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

80/90-10 35J

80/90-10 35J

タイヤサイズ(後)

80/90-10 35J

80/90-10 35J

エンジン種類

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

49cc

49cc

圧縮比

10.7

-

ボア

39mm

- mm

最高出力(kW/rpm)

3.3(4.5PS)/8000

3(4.1PS)/8500

最大トルク(N・m/rpm)

3.9(0.4kgf・m)/7000

3.7(0.38kgf・m)/6500

始動方式

セル・キック

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

 

クラッチ形式

乾式自動遠心

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送

 

燃料タンク容量

4.5L

4.8L

燃料消費率(km/L)

73(30km/h)

74(30km)・54.8(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥134,400 アイボリーNo.2 ¥134,400 ミスティックシルバーメタリック ¥134,400 キャンディソノマレッド ¥134,400 ソリッドブラック

¥143,640 ラズライトブルー ¥143,640 サンディベージュ ¥143,640 ブラヴォドブラック ¥143,640 ソリッドスペシャルホワイトNo.2

 


 

 

レッツとレッツ4に関する比較の口コミ

 

 

新型レッツとレッツ4のどっちを買うか迷うね。価格差は10000円くらいだった。

 

レッツ4にこだわりがなければ新型レッツにしたがいい。思っている以上に良くなってる。

 

  • ヘッドライトカウル上部が爪からネジ留めに変更され電球交換も簡単で破損の心配がなくなった。
  • O2センサーのヒーターレス化で、センサー故障のリスクが減った。
  • レギュレートレクチファイヤにコンデンサーを内蔵。その上バッテリーが弱くなってもキックで始動ができる。
  • 大き目の前カゴをつけてもウインカーが隠れない。
  • 標準より大きなバッテリー(X5L)にも交換できる収納部。
  • クランクベアリングの大型化で耐久性向上。
  • マフラーがステンレス製となって錆びにくい。
  • 無塗装部分のプラスチックの劣化が起きづらく、質感もアップ。
  • インナーラックが標準装備。

 

 

長く乗るならベアリングが改良された新型でしょ。

 

 

新型レッツの電装系の改良が地味に大きいね。

 

 

新型レッツはあの値段できちんとしたインナーラックが付いてるし、メットホルダーもあるのがいいね。レッツ4はメットホルダーすら付いてない。

 

 

タイヤはレッツ4がIRCで新型レッツはDURO。タイヤライフは、DUROが上だけどグリップは間違いなくIRC。コストの面で変更になったのだと思う。

 

 

新型レッツに試乗してきた。主要諸元みたら馬力が0.4ps下がってるけど加速は、レッツ4より良くなってたよ。

 

 

新型レッツのデザインはTODAYの二番煎じ感が強いと思った。エンジン音は、明らかにレッツ4より静か。乗り心地もレッツ4より突き上げが抑えられてていいね。

 

 

レッツ4は、ウインカーの構造上小さい前カゴじゃないと付けられないから前カゴ付けるつもりだったら新型レッツがいいと思う。

 

 

ウインカースイッチをおした時の感覚が柔らかい感じに改善されている。ブレーキレバーの操作感も軽くなった。

 

 

このタイミングで買うなら新型レッツでしょ?さすがにアドレスV50やレッツ4は、古い感じがする。

 

新型レッツは、マフラーがステンレス製のようなのでサビにくいから長持ちすると思うよ。 大体3年以上乗ったらマフラーが結構サビてくるから。

 

新型レッツは、メーターにウインカーインジケーターがないからウインカー切り忘れることがあるかも。G仕様は、ついてるみたいだけど。

 

 

俺は、レッツ4の方がいいな。新型は、デザインが劣化してる。なんとなくTodayに似てて嫌だわ。エンジン音も排気音も静かになったみたいだから乗っててワクワクしないな。

 

 

新型レッツになってメンテナンス性がかなり良くなったから自分で整備する人にとっては、新型レッツは、いいね。

 

 

新型レッツ試乗してきたよ。作りもしっかりしてたし、乗り味も一段と良くなってた。エンジン音も静かになったし、エンジンブレーキがレッツ4は、効き過ぎる感じがあったけど少し穏やかになった気がする。ステップボードも凹凸が増えて滑りにくくなってた。

 

 

新型レッツは、出力で10%近く劣っているから、登板能力重視だったらレッツ4がいいと思う。

 

 

新型は、リコールが心配。

 

 

リコールなんか考えてたら、古い型しか乗れないぞ。新車を手にする楽しみが半分になるし購入してすぐ型落ちとか嫌だろ。そもそもレッツ4が新登場したのは2004年だから10年以上前。エンジンが変わったのも2010年11月のマイナーチェンジの時だから新車買うなら普通は新型を選ぶ。仮にリコール出ても無償修理してもらえばいいし2年保証もある。

 

新型レッツは、10%の馬力減だからパワーダウンは、体感できそうだけど燃費が73(30km/h)から74(30km/h)になったからといって体感できないだろ。

 

 

実燃費は、レッツ4より新型レッツの方が10%以上向上してるよ。

 

 

新型レッツは、燃料タンクが0.3L増えて燃費もよくなったから航続距離が24%もアップしたらしい。

 

 

新型レッツでは、冷却吸入口の小径化でレッツ4シリーズであったオーバークール問題に対応。

 

新型レッツになって馬力が下がったのは 吸気ポートを絞ったから。空気を吸い込む力を増やして燃料を燃焼させやすいようにしたから。 馬力は数値を見れば下がっているけど燃焼効率を上げる効果を狙ってのことだからちゃんと燃焼したらさほど馬力の損失は感じないと考えたゆえでの判断。

 

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト