トリシティ125とジャイロXの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

トリシティ125とジャイロXの違いを比較

 

ホンダ ジャイロXベーシック

2002年6月に新登場。型式は、BB-TD01
2008年3月にフルモデルチェンジ。型式は、JBH-TD02

 

 

ヤマハ トリシティ125

2014年9月に新登場。型式は、 EBJ-SE82J
2015年12月に新色のマットブルーメタリック3を追加。

 

 

ここでは、
2008年3月発売のホンダ ジャイロXベーシック(JBH-TD02)と
2015年12月発売のヤマハ トリシティ125(EBJ-SE82J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ ジャイロXベーシック

ヤマハ トリシティ125

発売

2008年3月

2015年12月

型式

JBH-TD02

EBJ-SE82J

全長

1700mm

1905mm

全幅

660mm

735mm

全高

1050mm

1215mm

ホイールベース

1205mm

1310mm

シート高

735mm

780mm

最低地上高

85mm

120mm

総重量

109kg

152kg

サスペンション形式(前)

ボトムリンク

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

25°25′

20°

トレール(mm)

76

68

ブレーキ形式(前)

ドラム

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ディスク

タイヤサイズ(前)

90/100-10 53J

90/80-14 M/C 43P

タイヤサイズ(後)

130/70-8 42L

110/90-12 64L

エンジン種類

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

49cc

124cc

圧縮比

12.0

10.9

ボア

38mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

3.4(4.6PS)/7500

8.1(11PS)/9000

最大トルク(N・m/rpm)

4.4(0.45kgf・m)/7000

10(1kgf・m)/5500

始動方式

セル・キック

セル

点火方式

トランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

強制圧送ウエットサンプ

燃料タンク容量

4.7L

6.6L

燃料消費率(km/L)

60(30km/h)

35.8(60km/h)・38.8(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格


¥358,050 ファイティングレッド
¥358,050 シャスタホワイト


¥356,400 マットブルーメタリック3
¥356,400 ブルーイッシュホワイトカクテル1
¥356,400 ブラックメタリックX
¥356,400 マットディープレッドメタリック3

 

 

トリシティ125とジャイロXの比較の口コミ

 

トリシティは、前輪が2輪でジャイロは、後輪が2輪。ジャイロは、荷台の下に2輪あるからいっぱい荷物を積んでも安定感がある。トリシティは、ブレーキや旋回時に負担がかかる前輪が2輪だからコーナーリングもグリップ力が上がり安定感があるし、悪路でもハンドルが取られにくい。超低速で走っていてもフラつきが少ない。

 

 

ジャイロは、前がめちゃ軽い。トリシティは、前が重いせいか普通の二輪よりバランスを取りにくい気がする。ジャイロはバランスが取りやすいよね。

 

 

3輪だと停止状態で自立してイメージがあるけどトリシティは、2輪車と同じで自立できない。同じ3輪のジャイロXは、できる。

 

 

トリシティは、前輪が2輪だけど前輪も左右に傾くから乗り味は、普通の二輪と変わりません。ジャイロは、駆動輪が左右に倒れないので普通の二輪と違う独特の乗り味です。

 

 

トリシティもジャイロも両方持ってる。重心の高さやホイールベースの長さや最高速の違いはあるが直線だと遙かにトリシティのが乗りやすい。 久々にジャイロに乗ったらハンドルがたまに左右にブレる感じがする。曲がるのはジャイロの方が楽だった。ジャイロは、車重の軽さと重心の低さもあってすごく傾けても問題ない。トリシティは同じ位倒したらスタンドを擦る。ジャイロは、スタンドが無いから倒しても擦ることはない。

 

 

ジャイロは両足ともベタ足になるくらい重心が低いし、サスも柔らかいのでかなり重い荷物載せてもガタつくことはない。 トリシティは、荷物載らない。

 

 

ジャイロは、後輪を引っ掛けてしまう。曲がる時に内側を引っ掛けるのでその時に跳ねて怖かった。車道から歩道越えて行く時も怖い。 トリシティは、コーナリング中でも段差があっても片輪だけなら滑らかに曲がれる。両輪ではさすがに跳ねるけど。車輪が大きいから段差の安心感が全然違う。

 

 

同じ三輪車でもトリシティは、ジャイロのような積載性がないからバイク便にトリシティを選ぶことはないね。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト