Z125とZ125プロの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

Z125(無印)とZ125プロの違いを比較

カワサキ Z125

2015年に発売。
このZ125は、2016海外モデルとして発表されたものでインドネシア仕様とマレーシア仕様とタイ仕様が発表された。車両の系統としてはKSRシリーズのフルモデルチェンジにあたり、生産もKSRと同じタイ。
Z125は、自動遠心クラッチ仕様。

 

カワサキ Z125のスペック

Engine type

Air-cooled, 4-stroke Single

Displacement

125 cc

Valve system

SOHC, 2 valves

Bore and stroke

56.0 x 50.6 mm

Compression ratio

9.8:1

Transmission

4-speed, return

Ignition system

Digital

Fuel system

Fuel injection: o24 mm x 1

Starting system

Electric

Clutch

Centrifugal, wet multi-disc

Tire front

100/90ZR12M/C (49J)

Tire rear

120/70ZR12M/C (51L)

Length x Width x Height

1,700 mm x 740 mm x 1,005 mm

Wheelbase

1,175 mm

Ground clearance

155 mm

Seat height

780 mm

Curb mass

101 kg

Fuel Tank Capacity

7.4 litres

Brakes: Front

Single o200 mm petal dice Single-piston

Brakes: Rear

Single o184 mm petal dice Single-piston

Suspension: Front

o30 mm inverted fork

Suspension: Rear

Offset laydown single-shock with adjustable preload

 

 

カワサキ Z125プロ

2016年4月15日に日本で発売。
Z125プロは、マニュアルクラッチ仕様。
正規輸入で日本国内で販売されるのは、 Z125プロだけ。

 

カワサキ Z125プロのスペック

 

車名(通称名)

Z125 PRO

型式

2BJ-BR125H

全長×全幅×全高

1,700mm×750mm×1,005mm

軸間距離

1,175mm

最低地上高

155mm

シート高

780mm

キャスター/トレール

26°/69mm

エンジン種類/弁方式

空冷4ストローク単気筒/SOHC 2バルブ

総排気量

124cm3

内径×行程/圧縮比

56.0mm×50.6mm/9.8:1

最高出力

7.1kW(9.7PS)/8,000rpm

最大トルク

9.6N・m(0.98kgf・m)/6,000rpm

始動方式

セルフスターター

点火方式

バッテリ&コイル(トランジスタ点火)

潤滑方式

ウエットサンプ

エンジンオイル容量

1.0L

燃料供給方式

フューエルインジェクション

トランスミッション形式

常噛4段リターン

クラッチ形式

湿式多板

ギヤ・レシオ

1速

3.000(36/12)

2速

1.937(31/16)

3速

1.350(27/20)

4速

1.086(25/23)

一次減速比/二次減速比

3.409(75/22)/2.142(30/14)

フレーム形式

バックボーン

懸架方式

テレスコピック(インナーチューブ径 30mm)

スイングアーム

ホイールトラベル

100mm

104mm

タイヤサイズ

100/90-12 49J

120/70-12 51L

ホイールサイズ

12×MT2.50

12×MT3.50

ブレーキ形式

シングルディスク 200mm(外径)

シングルディスク 184mm(外径)

ステアリングアングル (左/右)

42°/ 42°

車両重量

102kg

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

7.4L

乗車定員

2名

燃料消費率(km/L)

50.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2

56.0q/L(WMTCモード値 クラス1、1名乗車時)※3

最小回転半径

2.1m

メーカー希望小売価格

Z125 PRO 345,600円

生産国

タイ王国

 

Z125(無印)とZ125プロの違いを比較

 

Z125(無印)とZ125プロの比較の口コミ

 

 

PROは、MT。
無印は、ATで海外向けモデル。

 

 

無印の自動遠心クラッチというのは、クラッチ無しでシフト操作だけのやつ。AT免許でも乗れるカブのようなもの。

 

 

無印の自動遠心クラッチ式は、あまり普及しないね。本格的なのはこのZ125ぐらいかな。あとはカブシリーズ。気軽に乗れていいけどやっぱりZ125やGROMを検討してる人は、走りを楽しみたいからあまり売れないんだろうね。

 

 

店で無印が欲しいと言ったら、PROのクラッチを外したら遠心クラッチになるから外してあげるよと言われた。本当かどうかは知らない。

 

 

俺は、都心で通勤買い物がメインだから無印にした。メインの大型MTと操作が違うから危険だと思って無印にした。操作方法が違うだけじゃなく、左レバーがブレーキかクラッチの違いは、でかい。

 

 

ある店で無印が42万円と言われ、販路の問題で「他でもっと安く売ってるのは、知っていますがウチではこれが精一杯です。」と言われた。無印は、正規輸入ではないので高いの当たり前。

 

 

無印の実売価格っていろいろだね。PROより2〜3万円高いところもあれば、10万円くらい高く店もある。PROより10万円高い店で「どこかのサイトでPROより1万円安いのを見た」 と伝えたら「仕入れルートによって違う」と言われた。

 

 

遠心クラッチは、ギアを選ぶ楽しさがありつつ、クラッチ操作の無い気楽さもあってハマる人には、ハマるからね。その気になった時だけブリッピングで社外マフラーの音を楽しむ。その気がなければ信号で3速のまま停止して、3速のままだらだら発進。その後にイラっとなって2速に落とすけど。よく言えば、乗り手の自由度が高いとも言える。

 

 

遠心クラッチは、proよりシグナルダッシュが遅くなる。

 

 

遠心クラッチは、半クラを使わないで発進停止ができるから都心の渋滞を通勤するには便利。

 

 

いつも渋滞でゴーストップが続く場所に住んでいると遠心クラッチ車は、有り難い。連続して走ってられる場所なら手動クラッチを選ぶけどね。

 

 

自動遠心クラッチ仕様のギアチェンジは、「N→1→2→3→4」。
俺は、PROをクラッチ無しにしてもらったから「1→N→2→3→4」。

 

 

 

 

 

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト