アドレス125とリード125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレス125とリード125の違いを比較

 

 

スズキ アドレス125の歴史

2017年9月に「アドレス125」が新登場。型式は、2BJ-DT11A
2018年3月に「アドレス125フラットシート仕様」を発売。
変更点は、シート座面を平らとして、シート下トランクスペースの容量を増やした。

 

 

ホンダ リード125の歴史

2013年7月に発売されました。(5代目)型式は、EBJ-JF45
2015年6月にマイナーチェンジ
新たにエグザルテッドブルーメタリックの車体色を採用、フロントトップカバーとヘッドライトガーニッシュのクローム処理を艶消しへと変更。アイドリングストップシステムに電圧感知機能を追加し、バッテリーサイズを大型化した。エンジンオイル交換時期を示すメーター内表示を任意の走行距離に設定できるようにした。
2016年4月にカラーチェンジ
2017年12月にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-JF45
ヘッドライトがLEDに変更。フロントインナーボックスに電源ソケットが設けられた。フロアステップに左右計で30mmの絞り込みを行い、停車時の足つき性を向上。

 

※リード125の初代は、1982年2月に発売されました。1982年10月に2ストローク124ccエンジンを搭載したリード125(JF01)を追加しましたが約1年で製造販売終了となり、HONDAの125ccクラススクーターは4ストロークエンジン搭載のスペイシー125ストライカーに移行しました。それ以降、リードで125ccは、5代目までありません。

 

 

ここでは、
2017年9月発売のスズキ アドレス125(2BJ-DT11A)と
2017年12月発売のホンダ リード125(2BJ-JF45)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

アドレス125

リード125

発売年

2017年9月

2017年12月

全長 (mm)

1900

1840

全幅 (mm)

685

680

全高 (mm)

1135

1130

軸間距離 (mm)

1285

1275

最低地上高 (mm)

120

140

シート高 (mm)

745

760

車両重量 (kg)

109

114

乗車定員(名)

2

2

エンジン種類

強制空冷・4サイクル・単気筒 / SOHC ・ 2バルブ

水冷4ストロークOHC単気筒

排気量 (cc)

124

124

内径(シリンダーボア)(mm)

52.5

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

57.4

57.9

圧縮比(:1)

10.3

11

最高出力(kW)

6.9

8.3

最高出力(PS)

9.4

11

最高出力回転数(rpm)

7000

8500

最大トルク(N・m)

10

11

最大トルク(kgf・m)

1

1.1

最大トルク回転数(rpm)

6000

5000

燃料タンク容量 (L)

6

6

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

312

313.2

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX7A-BS

GTZ8V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

0.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.65

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

52

52.2

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

51

50

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

90/90-12

90/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

44

44

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

100/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

56

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.15

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.5

2.75

ヘッドライトタイプ(Hi)

HS1

LED

メーター表示:時計

メーター表示:ツイントリップ

DCソケット

キャリア

アイドリングストップ・システム

メーカー希望小売価格

221,400円(消費税抜き 205,000円)

309,960円(消費税抜き 287,000円)

ツートンは、313,200円(消費税抜き 290,000円)

 

 

アドレス125とリード125の違いを比較

 

アドレス125とリード125の比較の口コミ

 

 

リード125が水冷でアドレス125が空冷。水冷の方が熱損失が少ないと思う。まあ部品が多くなったり、修理費用が高いとかのデメリットもあるけど。

 

 

金があるならどう考えてもリード125買った方がいい。

 

 

新型リード125は、水冷、アイドリングストップ、コンビブレーキ、LEDヘッド、シガソケ、公式でメットインにアライのフルフェイス2個入ってた。各部の作りも豪華でアドレス125より9万円高い。まあ、あれこれ必要無い人は、アドレス125買って、後からいろいろ付ければいい。

 

 

リード125は、足伸ばせないし、前12インチなのにアドレスV125より乗り心地悪かったからアドレス125の方が快適だろう。あとリード125には、給油口の欠陥があって給油するのに5分掛かる。

 

 

二人乗りすることが多いならアドレス125の方がいいよ。ロングシートで足元が広いからポジションが楽で乗り心地がいいし、タンデムシートも広いし、フラットシート仕様も選べる。でもメットインは、小さいけど。

 

 

 

バッテリーは、アイドリングストップ付きのリード125の方が容量が大きい。

 

 

アドレス125は、リード125と比べると全長、全幅、全高の全てが大きいけどなぜかメットインは、ものすごく小さい。

 

 

アドレス125の売りは、値段安さと足伸ばせること。

 

 

どっちもダサいけどアドレス125の方がまだマシ。新型リード125は、おっさんが乗るスクーターなのにツートンとか出して女向けのデザインになってるから更にダサく感じる。

 

 

リード125は、アドレス125に比べるとかなり装備が充実してるけど値段が高すぎる。でもリード125は、マイナーチェンジして前のモデルの値段が下がってる。更に前モデルと大した差が無いから在庫処分の前のモデルを狙うのがいいかも。ちなみに前モデルとの違いは、シガソケとライト類がLEDになったことぐらいかな。

 

 

リード125は、アドレス12と比べると足元が狭くて窮屈だけど、リアボックスが必要無いぐらい実用性が高い。やっぱりメットインにメットが2個入るスペースがあるのは大きい。他にもメーターに時計とトリップメーターがあるがいい。

 

 

普通は、大きいシート生かすため、フロントタンクにして、メットイン容量を増やすのが日本人ユーザー向けだけど、アドレス125は、そのままだもんね。中華バイクは、リード125と考え方が違う。使い勝手はリード125の方がいいけど、値段では、アドレス125の方が9万円くらい安い。

 

 

アドレス125は、足元が広いけどシート下トランクが狭い。
リード125は、シート下トランクがでかいけど足元狭い

 

 

見た目は、アドレス125の方が好き。リード125は、メッキパーツが多すぎるわ。新型のライト周りの2重メッキとか意味わからない。

 

 

金がある人は、リード125の方が絶対満足できる。メットインのでかさ、espのエンジンによる加速、最高速の違い、、アイドリングストップ機能、DCソケット。実物を見ても高級感がアドレス125と全然違う。メーターの質感も機能も全然違う。リード125は、時計やトリップもついてるし、ウインカーインジケーターも左右独立。

 

 

どっちもダサい。でもリード125は、アドレス125と別のベクトルでダサいな。メッキとか必要無いからちょっとでも安くしてほしかった。

 

 

リード125の動力性能とメットイン容量は、アドレス125をかなり上回ってる。でも足元の狭さとメッキのコマネチラインが微妙。アイストも必要無いからその分安くしてくれたら良かった。

 

 

リード125は、メットインスペースが大きいけど、夏は、熱くなるから生鮮品やアイスを入れられない。買い物袋は、アドレス125の足元に置けばいい。

 

 

メットインスペースの広さのメリットは、盗まれたくない荷物を入れて鍵を掛けてバイクを離れられること。店を何件か回って買い物する時に便利。後は、雨で荷物が濡れないってことかな。スーパーで買物して帰るだけなら足元とキャリアがあるアドレス125で充分。

 

 

リード125とアドレス125で迷ってる。リード125は、キックがないから冬場の寒い時にエンジンがかからなくなるのが怖い。

 

 

アドレス125に試乗してみたら乗り心地がマジで良かった。メットインは、小さいフルフェイスなら入るけどかなり狭いから箱付けたほうがいい。リード125は、大体のM-Lサイズのフルフェイスなら2個入る。でもアドレス125に箱付けたらリード125の積載性にそこまで魅力を感じないなぁ。

 

 

リード125は、キックがないけどバッテリーについては、そんなに心配しなくてもいい。2015年6月のマイナーチェンジでバッテリーサイズが大きくなったし、アイストに電圧監視システムもついた。それより前のモデルなら冬場にアイスト使わないとか、たまに充電すればそれでOK。

 

 

アドレス125は、10インチタイヤだから乗り心地はそんなに良くないけど、そこを楽なポジションでカバーしてる。逆にリード125は、ポジションを犠牲にしてメットインの広さ、足つきをとってる。

 

 

足つきは、アドレス125の方がいい。

 

 

アドレス125乗ってるけどリード125の時計とトリップメーターは、羨ましい。でもアクセサリーソケット必要ないな。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト