ホンダ ダンクの買取相場を知って売る

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ホンダ ダンクの買取相場を知って売る

 

 

ホンダ ダンクが何円で売れるか下記の3点からチェックしてみました。

 

 

 

ホンダ ダンクの年式毎の定価とモデルチェンジでの変更点

 

ホンダ ダンクの歴史

 

2014年2月20日に「Dunk」を発売。型式は、JBH-AF74

 

「Dunk」の特徴

  • 開発テーマは、「若者の通学や通勤、さらには普段の生活の楽しみを広げるスクーター」。
  • 開発コンセプトは、気軽に上質な移動を楽しんでもらいたいという想いを込めて「プレミアムスニーカー」。
  • デザインは、プレーンな面構成とソリッドな塊感によって、若者の感性に訴えかける新しい感覚のデザインを具現化。
  • ボディーサイドにアクセントとなるモールを施し、Dunkらしさを感じられるスタイリングを創出。
  • エンジンは、低フリクション技術を多岐にわたって採用した新開発エンジンeSPを初めて50ccクラスに搭載。「トゥデイ」の空冷・4ストローク50ccエンジンより11%の軽量化。
  • 電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)とアイドリングストップシステムを採用し、力強い出力特性と75.3km/L(30km/h定地走行テスト値)、WMTCモード値では56.4km/Lの燃費性能を両立。
  • アイドリングストップシステムには、従来のシステムにエンジン始動時のバッテリー電圧を検知するシステムを追加。バッテリー電圧が低下している場合、アイドリングストップ機能を停止し、バッテリー上がりを抑止。
  • 着座位置の自由度が高いロングシートを採用。
  • フラットで広いスペースのフロアを採用。
  • シート高を足着き性に配慮した730mm。
  • ブレーキは、フロントにディスクブレーキを装備し、前・後輪連動のコンビブレーキを採用。
  • 買い物袋などがかけられるリング状の大型フックを装備。
  • シート下のラゲッジボックスは23Lの容量を確保。
  • ホイールは、新デザインのアルミキャストホイールを採用。
  • アクセサリーソケットを備えたグローブボックスを採用。右側のフロントインナーラックには、500mlの紙パックやペットボトルなどが入る。
  • 時計表示機能がある大型のメーターを採用。
  • スタイリッシュで被視認性に優れたLEDテールランプを採用。

 

車体色

マットアーマードグリーンメタリック
ポセイドンブラックメタリック
パールジャスミンホワイト
マットギャラクシーブラックメタリック
アーベインデニムブルーメタリック
キャンディーノーブルレッド

 

販売計画台数(国内・年間)

25,000台

 

メーカー小売価格

208,950円

 

「ホンダ ダンク」のスペック

通称名

Dunk

車名・型式

ホンダ・JBH-AF74

全長×全幅×全高(mm)

1,675×700×1,040

軸距(mm)

1,180

最低地上高(mm)

110

シート高(mm)

730

車両重量(kg)

81

乗車定員(人)

1

最小回転半径(m)

1.8

エンジン型式・種類

AF74E・水冷 4ストローク OHC 単気筒

総排気量(cm3)

49

内径×行程(mm)

39.5×40.2

圧縮比

12

最高出力(kW[PS]/rpm)

3.3[4.5]/8,000

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

4.1[0.42]/7,500

燃料消費率(km/L)国土交通省届出値

75.3(30km/h定地走行テスト値)<1名乗車時>

燃料消費率(km/L)WMTCモード値(クラス)

56.4(クラス1)<1名乗車時>

燃料供給装置形式

電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>

始動方式

セルフ式(キック式併設)

点火装置形式

フルトランジスタ式バッテリー点火

潤滑方式

圧送飛沫併用式

燃料タンク容量(L)

4.5

クラッチ形式

乾式多板シュー式

変速機形式

無段変速式(Vマチック)

変速比1 速

2.850〜0.860

キャスター角(度)/トレール量(mm)

26°30´/75

タイヤ 前

90/90-10 50J

タイヤ 後

90/90-10 50J

ブレーキ形式 前

油圧式ディスク

ブレーキ形式 後

機械式リーディング・トレーリング

懸架方式 前

テレスコピック式

懸架方式 後

ユニットスイング式

フレーム形式

アンダーボーン

 

2016年2月19日に「Dunk」のカラーバリエーションを変更し発売。型式は、JBH-AF78

 

変更点

  • Dunkのカラーリングは、新採用の3色と、継続採用の3色を合わせた全6色を設定。
  • 生産をこれまでのベトナムから日本の熊本製作所に移管し、型式がJBH-AF78になる。

 

車体色

キャンディーブレイズオレンジ(新色)
アトモスフィアブルーメタリック(新色)
マットギャラクシーブラックメタリック(新色)
マットアーマードグリーンメタリック
ポセイドンブラックメタリック
パールジャスミンホワイト

 

販売計画台数(国内・年間)

6,000台

 

メーカー小売価格

214,920円

 

ホンダ ダンクの年式毎の中古車販売価格

確認した日

年式

走行

地域

その他

中古車販売価格

2017/5/8

2016年

ホワイト

538km

兵庫県神戸市長田区

ホンダ ダンク AF74モデル

16.9万円

2017/5/8

2016年

ブラック

6280km

兵庫県神戸市北区

ワンオーナー車です。転倒キズとステップボードに一部欠損箇所あり

9.99万円

2017/5/8

2015年

パールジャスミンホワイト

798km

愛媛県松山市

ドリーム認定中古車

18.6万円

2017/5/8

2014年

ブラック

15264km

神奈川県横浜市神奈川区

-

12.99万円

2017/5/8

2014年

ホワイト

2109Km

東京23区

練馬区

ホンダ ダンク スクリーン シガーソケット標準装備

14.6万円

 

 

ホンダ ダンク買取価格の事例

 

ダンクを売った日 2017年2月
年式 2015年
カラー
走行距離 約3,000km
買取価格 50000円

 

ダンクを売った日 2017年1月
年式 2016年
カラー
走行距離 約4,000km
買取価格 60000円

 

ダンクを売った日 2016年11月
年式 2015年
カラー
走行距離 約10,000km
買取価格 40000円

 

 

ここでの買取価格の事例は「年式、走行距離、カラー」しかわからないので実際のバイクの状態(外装の傷、消耗品の状態、カスタムなど)の情報は、まったくわかりません。事故車の可能性もあります。ですから実際は、同じ年式、同じくらいの走行距離でも全然違う査定額になることは、よくあります。あくまでも参考程度にしておきましょう。

 

ホンダ ダンクは、2014年2月20日に新登場。
ホンダ ダンクに含まれる型式は下記のものがあります。

  • ダンク(JBH-AF74)
  • ダンク(JBH-AF78)

 

メーカー希望小売価格は、2014年2月20日の新発売の時は、
208,950円
で2016年2月19日の型式がJBH-AF78に変更されて発売された時は、
214,920円
となっています。

 

中古車販売価格を見ると9.99万円〜18.6万円くらい。走行距離が2000kmくらいのもので14.6万円で販売されていました。

 

過去の買取価格の事例を見ると4〜6万円で買い取られているケースが3件ありました。走行距離が一番多いもので1万kmで買取価格が4万円の事例がありました。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト