原付の酒酔い運転の罰金はいくら?

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

原付の酒酔い運転の罰金はいくら?

 

 

お酒を飲んだ後、「車は、危ないけど原付なら少々いいや」とこっそり原付の酒酔い運転をしてしまったことがある方もいるかもしれません。しかし、車であっても原付であっても刑罰は、同じです。そして今は、酒酔い運転をする人に対しての刑罰がかなり厳しくなっています。

 

 

軽い気持ちでお酒を飲んだ後に原付を運転して、罰金30万円、免許1発取り消し、免許再取得まで3年のような罰則を受けることもあります。きちんと罰則を理解して原付の飲酒運転をすることが割に合わないこと知っておきましょう。

 

 

日本の道路交通法での飲酒運転の罰則は、呼吸中アルコール濃度によって

  1. 酒気帯び運転
  2. 酒酔い運転

の2つに分かれていて、それぞれに行政処分刑事罰の2つの罰則があります。

 

 

 

下記の表の呼気中アルコール濃度青文字の箇所が酒気帯び運転です。赤文字の箇所が酒酔い運転です。

 

 

 

呼気中アルコール濃度とその症状

呼気中アルコール濃度

(mg/L)

血中アルコール濃度(%)

およその酒量

酔いの状態

0.15〜0.25未満

0.02〜0.04

ビール中びんなら1本未満
日本酒なら1合未満
ウイスキシングルなら2杯未満

 

肌が少し赤くなり、気分がよくなり、陽気になったりします。そして判断力が少しだけ低下します。

 

0.25〜0.35未満

0.05〜0.10

ビール中瓶なら1〜2本
日本酒なら1〜2合
ウイスキシングルなら3杯

ほろ酔いの状態になり、開放的になり理性が失われていきます。手の動きが活発になり、体温が上がり、脈が速くなります。

0.35〜0.5未満

0.11〜0.15

ビール中瓶なら3本
日本酒なら3合
ウイスキダブルなら3杯



態度が大きくなり大声をだしたり、カッとなりやすくなります。立てばふらつきだします。

 

0.5〜1未満

0.16〜0.30

ビール中瓶なら4〜6本
日本酒なら4〜6合
ウイスキダブルなら5杯

呼吸が速くなり、吐き気が出てきて、嘔吐することがあります。話しても何度も同じことを言うようになり、歩くと左右によろめきます。

 

1以上

0.31〜0.40

ビール中瓶なら7〜10本
日本酒なら7合〜1升
ウイスキボトルなら1本

意識が朦朧としてきて、言葉が何を言ってるかわからなくなります。まともに立つことすらできなくなります。

 

 

 

酒気帯び運転と酒酔い運転の罰金と違反点数

 

酒気帯び運転の罰則

 

行政処分として呼吸中アルコール濃度が、

 

0.15 mg以上で違反点数13点。(前歴がなくても90日の免許停止)
0.25 mg以上で違反点数25点。(前歴がなくても1発で免許取り消し)

 

欠格期間は、過去3年間の免停などの処分回数で決まります。
欠格期間とは、免許の再受験が受けられない期間のことです。

 

 

刑事罰として

 

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金。

 

具体的な懲役や罰金は、裁判所から呼び出しがあり、交通裁判で決定されます。原付で初犯なら20〜30万くらいを見ておきましょう。アルコール濃度が高かったり、前科があると更に高くなります。現金での一括納付となるので裁判の日までに少し余分に用意しておきましょう。表向きでは、分割や延長は、認められていないそうです。ただし、分割は、相談次第のようです。過去に捕まった人の口コミで3回くらいで分割してもらったという人もいます。もし払えない場合は、身柄を拘束され、拘置所や刑務所で作業をして働いたお金が罰金に当てられます。1日当たり5000円です。

 

 

酒酔い運転の罰則

 

行政処分として呼吸中アルコール濃度が

 

0.5 mg以上で違反点数35点。

 

即座に免許が取り消し。
前歴がなく累積点数が35点の場合、欠格期間は3年になります。
累積点数が上がるにつれて欠格期間は、最長10年になります。

 

 

刑事罰として

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金。

 

原付で初犯の場合だと20〜40万円位を見ておきましょう。過去に前歴があったり、悪質な場合は、50〜100万円になることもあります。

 

免許取り消しの点数

ちなみに免許取り消しは、
前歴回数(過去3年以内の免停の回数)と累積点数で決まります。前歴なしなら累積点数15点以上で免許取り消しです。

 

前歴回数

累積点数

なし

15点以上

1回

10点以上

2回

5点以上

3回以上

4点以上

 

 

特定違反行為の場合の累積点数と欠格期間

特定違反行為は、運転殺人、危険運転致死傷 、酒酔い運転又は麻薬等運転 、救護義務違反といった危険行為の違反です。

 

欠格期間

前歴なし

前歴1回

前歴2回

前歴3回以上

10年

70点以上

65点以上

60点以上

55点以上

9年

65点〜69点

60点〜64点

55点〜59点

50点〜54点

8年

60点〜64点

55点〜59点

50点〜54点

45点〜49点

7年

55点〜59点

50点〜54点

45点〜49点

40点〜44点

6年

50点〜54点

45点〜49点

40点〜44点

35点〜39点

5年

45点〜49点

40点〜44点

35点〜39点

 

4年

40点〜44点

35点〜39点

 

 

3年

35点〜39点

 

 

 

 

 

行政処分や刑事罰以外の責任

 

 

飲酒運転で対人事故や物損事故を起こしてしまうと行政処分や刑事罰以外の責任があります。
飲酒運転で事故を起こすと損害賠償の過失割合が通常より過失が大きく認定されます。更に飲酒運転の場合は、自分が怪我をしても保険金がおりないことがあります。

 

 

他にも飲酒運転をすると即座に懲戒解雇・懲戒免職にする企業や役所が増えています。2010年に酒気帯び運転で物損事故を起こした中学校の教頭が懲戒免職となり、退職金が全く支払われませんでした。この教頭は、退職金は、支払われるべきとして訴えを起こしましたが裁判所は、原告敗訴の判決を言い渡しました。

 

 

このように飲酒運転をすると行政処分、刑事罰だけでなく、保険金が支払われなかったり、会社を首になったり、退職金が支払われなかったりとその人や家族の人生を大きく狂わせてしまいます。「飲んだら乗るな。飲むなら乗るな。」を守りましょう。

バイクを高く売る方法



何社も査定してもらう場合



バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合



バイク王公式サイト