GSX-S125とジクサーの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

GSX-S125とジクサーの違いを比較

 

スズキ GSX-S125の歴史

2017年夏頃「GSX-S125」の2017年モデルが欧州で発売。
2017年10月国内向けの「GSX-S125 ABS」2018年モデルが発売。型式は、2BJ-DL32B

 

 

スズキ ジクサーの歴史

2014年8月にインドを中心としたアジア、中南米向けの車両として先行販売された。
2015年には、フルカウルを装着した SFも発表された。
2017年1月に日本向け仕様が正規輸入により発売された。型式は、2BK-NG4BG

 

 

ここでは、
2017年10月発売のスズキ GSX-S125 ABS(2BJ-DL32B)と
2017年1月発売のスズキ ジクサー(2BK-NG4BG)
を比較しました。

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

GSX-S125 ABS

ジクサー

発売月

2017年10月

2017年1月

型式

2BJ-DL32B

2BK-NG4BG

全長 / 全幅 / 全高

2,000 mm / 745 mm / 1,035 mm

2,005mm / 785mm / 1,030mm

軸間距離 / 最低地上高

1,300 mm / 165 mm

1,330mm / 160mm

シート高

785 mm

785mm

装備重量

133kg

135kg

燃料消費率 国土交通省届出値:定地燃費値?※3

48.2 km/L(60 km/h)2名乗車時

58.8km/L(60km/h)2名乗車時

燃料消費率 WMTCモード値

44.7 km/L( クラス2、サブクラス2-1)1名乗車時

51.0km/L(クラス2、サブクラス2-1) 1名乗車時

最小回転半径

2.3 m

2.5m

エンジン型式 / 弁方式

CFA1・水冷・4サイクル・単気筒 / DOHC・4バルブ

BGA1・空冷・4サイクル・単気筒 / SOHC・2バルブ

総排気量

124 cm3

154cm3

内径×行程 / 圧縮比

62.0 mm × 41.2 mm / 11.0

56.0mm × 62.9mm / 9.8

最高出力

11 kW〈15 PS〉 / 10,000 rpm

10kW〈14PS〉 / 8,000rpm

最大トルク

11 N・m〈1.1 kgf・m〉 / 8,000 rpm

14N・m〈1.4kgf・m〉 / 6,000rpm

燃料供給装置

フューエルインジェクションシステム

フューエルインジェクションシステム

始動方式

セルフ式

セルフ式

点火方式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

潤滑油容量

1.5 L

1.1L

燃料タンク容量

11 L

12L

クラッチ形式

湿式多板コイルスプリング

湿式多板コイルスプリング

変速機形式

常時噛合式6段リターン

常時噛合式5段リターン

変速比1速

2.923

2.75

2速

1.933

1.75

3速

1.476

1.3

4速

1.217

1.045

5速

1.045

0.875

6速

0.925

-

減速比(1次 / 2次)

3.285 / 3.214

3.181 / 3.000

フレーム形式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター / トレール

25°30’ / 93 mm

25°45’ / 105mm

ブレーキ形式(前 / 後)

油圧式シングルディスク(ABS)/ 油圧式シングルディスク(ABS

油圧式シングルディスク / 油圧式シングルディスク

タイヤサイズ(前 / 後)

90/80-17M/C 46S / 130/70-17M/C 62S

100/80-17M/C 52S / 140/60R17M/C 63H

舵取り角左右

40°

38°

乗車定員

2名

2名

メーカー希望小売価格

354,240円(消費税抜き 328,000円)

316,440円(消費税抜き 293,000円)

 

GSX-S125とジクサーの違いを比較

 

GSX-S125とジクサーの比較の口コミ

 

 

2017年10月11日にGSX-S125の国内仕様が発売されるな。GSX250Rと被らせない為か、GSX-R125もGSX-R150もジクサーSFも来ない。先にネイキッドだけ発売したのかもしれないが。

 

 

GSX-S125のABS標準装備は、いいね。でもABSありのせいでジクサーより高くなってるし、俺は、高速乗るからジクサーでいい。

 

 

ジクサーは、教習車みたいな優等生バイクだね。意識してスポーツ走行しないと自然に安楽走行になる。ブン回して、キビキビ走りたい人は、GSXR125の方がいいかも。

 

 

ジクサーとGSX-S125は、車体サイズは変わらないけど、乗り味は全然違うよ。

 

 

GSX-S125は高回転で出力を発揮するけど低速では乗りにくい。ジクサーは、5速2000回転からでもアクセルを開たらトコトコ走る。ラフに乗れるのが魅力。

 

 

どっちも軽量で使い切れる程度のパワーで良いマシンだと思う。125と150の違いがあるから免許や任意保険や高速道路を走るかで選べばいい。俺は、ジクサー買ったけどGSX-S125のヒンジ式のタンクキャップやLEDライトは羨ましい。

 

 

GSX-S125は、車重がジクサーより2kg軽いだけでオイル量が多くなってる。あとセンタースタンドが無いから整備性は、微妙だね。燃費は、ジクサーの方が良い。

 

 

スペック見るとトルクの差がかなりあるから実用域では、ジクサーの方が乗りやすいし速そう。GSX-S125は、高回転で出力を絞り出す感じだね。

 

 

GSX-S125とジクサーは、エンジンの性格が全く違うね。出力は、GSX-S125が15psに対してジクサーが14ps。トルクは、GSX-S125が1.1に対してジクサーが1.4。重要なのは、その発生回転数で出力トルク共にジクサーの方が2000回転も低い。GSX-S125の水冷DOHC4バルブに対してジクサーの空冷SOHC2バルブなのを考えれば排気量の差を考えてもこんなもんで、GSX-S125は回転数で馬力を稼いでる感じがする。GSX-S125は、回して楽しいエンジンに対してジクサーは下からトルクで加速するから街中や峠で楽しめそう。

 

 

GSX-S125の水冷エンジンは、冷却で回転数上げるマージンができる。6速化もしてるからサーキット向きだな。

 

 

GSX-S125は、水冷DOHCとはいえ現規制125ccで15馬力は、がんばってると思う。でもジクサーは、150ccで定価で38,000円ぐらい安い。免許やファミバイ特約にこだわりがあれば迷わずGSX-S125買うけど、それがないから迷う。

 

 

年間目標販売台数を見るとGSX-S125が240台に対してジクサーが720台だからパーツ供給の面でジクサーかな。

 

 

GSX-S125
水冷 ABS有り15馬力1.1トルク 133kg 354,240円
ジクサー
空冷 ABS無し14馬力1.4トルク 135kg 316,440円

 

 

GSX-S125を横から見たらジクサーに似てるけど、水冷だからエンジン回りは、高級感がある。

 

 

ジクサー・・・インド製
GSX-S125・・・インドネシア製

 

 

GSX-S125 ・・・ ショートストローク 高回転型
ジクサー ・・・ロングストローク 低速トルク型

 

 

ロングストロークとショートストロークで乗り味が全然違うから好みがはっきり分かれるから両方試乗したほうがいい。自分には、ロングストロークのジクサーは、あわなかった。

 

 

気軽さでは、GSX250Rよりジクサーだし、回して楽しむならジクサーよりGSX-R150だし、 更にブン回して使い切る楽しみを得たいならGSX-R125だし、さらにフレンドリーかつ万能なディメンションも求めるならGSX-S125。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト