MT-09の販売台数の推移

 

当サイトは、広告を利用しています。記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

 

MT-09の販売台数の推移

MT-09の販売台数の表
年度 車種 販売台数
2014年 MT-09/A(-Since2014-) 3964台
2015年 MT-09/A(-Since2014-) 2422台
2016年 MT-09/A(-Since2014-) 1193台
2017年 MT-09(-Since2017-) 1329台
2018年 MT-09ABS/SP(-Since2017-) 1240台
2019年 MT-09/SP(-Since2017-) 1025台

 

 

MT-09の販売台数の推移のグラフ

 

 

MT-09の販売計画台数(国内・年間)(※ヤマハ)
発売日 車種 型式 モデルチェンジ区分 販売計画台数(国内・年間)
2014年4月10日 MT-09/MT-09A EBL-RN34J ニューモデル 1,500台
2015年3月10日 MT-09A EBL-RN34J カラー&グラフィック変更 4,000台
2016年2月10日 MT-09A/MT-09 EBL-RN34J マイナーチェンジ 2,000台
2017年2月15日 MT-09 ABS 2BL-RN52J マイナーチェンジ 2,000台
2018年3月20日 MT-09 ABS/MT-09 SP ABS 2BL-RN52J 準ニューモデル 1,200台
2020年2月25日 MT-09 ABS/MT-09 SP ABS 2BL-RN52J カラー&グラフィック変更 700台
2021年8月26日/2021年7月28日 MT-09 ABS/MT-09 SP ABS 8BL-RN69J フルモデルチェンジ 1,400台
MT-09の販売計画台数の推移のグラフ

MT-09のリコール・改善対策からわかる販売台数(※ヤマハ)

2014年9月3日開始のMT-09のリコール
通称名 型 式 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 対象車の台数
MT-09 EBL-RN34J RN34J-000366~RN34J-002863
平成26年3月3日~平成26年8月19日
※平成26年(2014年)3月3日~平成26年(2014年)8月19日の期間が169日。
1,012台
MT-09A EBL-RN34J RN34J-000016~RN34J-002848
平成26年2月3日~平成26年8月19日
※平成26年(2014年)2月3日~平成26年(2014年)8月19日の期間が197日。
1,834台
2015年3月18日開始のMT-09のリコール
通称名 型 式 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 対象車の台数
MT-09 EBL-RN34J RN34J-002886~RN34J-004269
平成26年9月1日~平成26年11月19日
※平成26年(2014年)9月1日~平成26年(2014年)11月19日の期間が79日。
493台
MT-09A EBL-RN34J RN34J-002906~RN34J-004249
平成26年9月1日~平成26年11月26日
※平成26年(2014年)9月1日~平成26年(2014年)11月26日の期間が86日。
891台
2017年3月22日開始のMT-09のリコール
通称名 型 式 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 対象車の台数
MT-09 EBL-RN34J RN34J-000366~RN34J-007908
平成26年3月3日~平成28年9月12日
※平成26年(2014年)3月3日~平成28年(2016年)9月12日の期間が924日。
2,651台
MT-09A EBL-RN34J RN34J-000016~RN34J-007953
平成26年2月10日~平成28年10月24日
※平成26年(2014年)2月10日~平成28年(2016年)10月24日の期間が987日。
5,208台
2022年2月2日開始のMT-09のリコール
通称名 型 式 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 対象車の台数
「MT-09 SP」 2BL-RN52J RN52J-002058~RN52J-004542
平成30年2月12日~令和3年1月28日
1,982台
2021年3月2日開始のMT-09のリコール
通称名 型 式 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 対象車の台数
「MT-09 」「MT-09 SP」 8BL-RN69J RN69J-000301~RN69J-001305
令和3年2月10日~令和4年2月9日
1,004台
2023年6月7日開始のMT-09のリコール
通称名 型 式 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 対象車の台数
「MT-09 」「MT-09 SP」 8BL-RN69J RN69J-000301~RN69J-002613
令和3年2月10日~令和5年4月11日
2,209台


バイクを高く売る方法

バイクを売る時に知っておいた方がいいのがどこの買取業者もできるだけ安く買い取りたいと思っているということです。
基本的にバイク買取業者は、その時の業者オークションでの落札価格から買取上限価格を決めているので買取上限価格は、どこも似たような価格です。しかし、実際は、どこの会社もお客さんからできるだけ安く仕入れたいというのが本音なので最初に提示される査定額は、意図的に低めの金額を伝えることがあります。

 

ですからバイクを高く売るためには、2社以上に査定を依頼して買い取り価格を競わせることが大事です。

 

2社以上の業者に査定してもらう楽な方法

複数の業者に査定を依頼するのに便利で人気のサイトがカチエックスです。

メリットは、
・全国300社が参加!最大10社の買取額を比較!
・査定も無料。キャンセルも無料。
・しつこい電話も無くネットで完結。
・入力項目も30秒くらいで入力!
・バイクの写真で査定!
・査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから連絡。
・現地減額も禁止されてるのでその金額で売れます!
・専任スタッフに価格交渉してもらうことも可能!

無料査定の流れ
①入力して申し込み
②その後バイクの写真を取って送る
③最大10社の業者が買い取りたい金額で入札し、ランキング形式で表示。査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから専用チャット上で連絡。
④現地減額も禁止されてるのでその金額で売りたければ契約。担当者に価格交渉してもらうことも可能。
⑤契約したらバイクを引き渡す日程調整と代金受け取り。


ちなみにカチエックスを運営してる会社は、 バイク買取で79万人以上の利用実績があります。