Z125PROとジクサーの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

Z125PROとジクサーの違いを比較

 

カワサキ Z125プロの歴史

2016年4月15日に新登場。型式は、 2BJ-BR125H
生産はタイで行われ、クラッチレバーありバージョンのZ125プロが日本で発売。(タイではクラッチレバーのないモデルもZ125として販売。)前モデルにあたる「KSR PRO」から車体構成は流用されたが、計器類や保安部品などの外装は刷新され、座席シートは2人乗り対応のものに変更。ホイールも流用だが前輪側のブレーキディスクは反対側に装備され、タイヤサイズも変更。エンジンは、KSRのを3mmボアアップし燃料噴射装置を装備し、平成28年自動車排出ガス規制に対応。マフラーもダウンタイプのものに変更。車体色は、2色(キャンディライムグリーン、メタリックグラファイトグレー)の設定。
2016年11月1日に「Z125 PRO KRT Edition」を発売。
「Z125 PRO KRT Edition」は、Z125 PROに、スーパーバイク世界選手権で戦うKTRマシンと同イメージのカラーリングが施されたモデルで限定500台で発売。車体色は、ライムグリーン×エボニーの1色。
2017年1月15日に「Z125 PRO Special Edition」を発売。
「Z125 PRO Special Edition」は、キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラック(BU1)のカラーでホイールとフロントフォークアウターチューブがゴールドアルマイト仕様となった。
2017年1月15日にカラーチェンジ。
車体色は、メタリックカレッジグレーの1色の設定。
2018年4月2日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック×パールミスティックグレー、キャンディパーシモンレッド×メタリックカーボングレー)の設定。
2019年1月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディライムグリーン、エボニー)の設定。
2020年2月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックマットミステリアスグレー、パールブリザードホワイト)の設定。
2020年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックフラットスパークブラック、パールナイトシェードティール)の設定。

 

 

スズキ ジクサーの歴史

2014年8月にインドを中心としたアジア、中南米向けの車両として先行販売された。ジクサーの名前の由来は日本国外におけるスズキGSX-Rのニックネームからきてる。
2015年には、フルカウルを装着した SFも発表された。
2017年1月27日にインドから日本向け仕様が正規輸入により発売された。型式は、2BK-NG4BG
車体色は、3色(トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック、グラススパークルブラック×キャンディソノマレッド)の設定。
2018年6月11日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、キャンディソノマレッド゙×ソニックシルバーメタリック、グラススパークルブラック)。
2020年3月4日にフルモデルチェンジ。型式は、2BK-ED13N
ヘッドライトがLED化され、カウルデザインとは独立したかたちの造形となった。シートが従来の前後一体式から分割式に変更。スイングアームマウントのリアフェンダーを装備。フロントブレーキにABSを装備。車体色は、3色(グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック、ソニックシルバーメタリック×グラススパークルブラック)。
ジクサーの2020年3月4日のフルモデルチェンジの変更点は、こちら。

 

 

ここでは、
2018年4月2日発売のカワサキ Z125プロ(2BJ-BR125H)と
2018年6月11日発売のスズキ ジクサー(2BK-NG4BG)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

Z125 PRO

GIXXER

発売日

2018年4月2日

2018年6月11日

全長 (mm)

1700

2005

全幅 (mm)

750

785

全高 (mm)

1005

1030

軸間距離 (mm)

1175

1330

最低地上高 (mm)

155

160

シート高 (mm)

780

785

車両重量 (kg)

102

135

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

124

154

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

56

56

行程(ピストンストローク)(mm)

50.6

62.9

圧縮比(:1)

9.8

9.8

最高出力(kW)

7.1

10

最高出力(PS)

9.7

14

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

9.6

14

最大トルク(kgf・m)

0.98

1.4

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

7.4

12

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTH4L-BS

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

1.1

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・4段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

3.409

3.181

2次減速比

2.142

3

変速比

1速 3.0000/2速 1.9370/3速 1.3500/4速 1.0860

1速 2.7500/2速 1.7500/3速 1.3000/4速 1.0450/5速 0.8750

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

-

スプロケット歯数・後

30

-

チェーンサイズ

420

428

標準チェーンリンク数

100

132

フレーム型式

バックボーン

ダイヤモンド

キャスター角

26°

25°45

トレール量 (mm)

69

105

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

50

58.8

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

54.2

51

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/90-12

100/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

49

52

タイヤ(前)速度記号

J

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/70-12

140/60R17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

51

63

タイヤ(後)速度記号

L

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

HS1

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ

車両装備

-

センタースタンド 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

345,600円 メタリックスパークブラック×パールミスティックグレー
353,160円 キャンディパーシモンレッド×メタリックカーボングレー

321,840円 グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック
321,840円 キャンディソノマレッド/ソニックシルバーメタリック
321,840円 グラススパークルブラック

製造国

タイ

インド

 

Z125PROとジクサーの違いを比較

 

左がカワサキ Z125プロ(2BJ-BR125H)
右がスズキ ジクサー(2BK-NG4BG)
Z125プロ(2BJ-BR125H)とジクサー(2BK-NG4BG)の装備の違いを比較

 

Z125PROとジクサーの比較の口コミ

 

 

値段と速さでは、ジクサーの方がいい。Z125PROの魅力は、12インチと雰囲気と軽さ。下りの細かい峠では、結構速い。Z125は、ジクサーと燃費は、ほとんど変わらない。

 

 

ジクサーは、パワー感が明らかに違った。

 

 

ジクサー、Z125pro、グロムで悩んで12インチとマフラーと値段でZ125proにした。

 

 

軽二輪のジクサーの方が原付二種のZ125PROより安いのは、魅力的。

 

 

初めてジクサーの実物見たけどZ125PROよりかなりでかくて驚いた。ちょっと大きいぐらいと思ってたけど、250のネイキッドスポーツと変わらないね。

 

 

Z125とジクサーで迷ってジクサーにした。ジクサーは、値段が安いけど、メーターがフル装備でZ125PROと同じくらいの燃費で高速も走れる。長時間乗ってもあまり疲れないのもいい。

 

Z125PROとジクサーの中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト