シグナスXとアクシストリートの違いの比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

シグナスXとアクシストリートの違いの比較

 

ヤマハ シグナスXの歴史

初代型
2003年5月30日に「シグナスX」が新登場。型式は、BC-SE12J
2004年8月20日に「シグナスX SR」が新登場。型式は、BC-SE12J
シグナスX SRの新たな特徴は、3段階調整式リアサスペンション、スポーティなカラー&グラフィック、ブラック仕上げフロントフォークアウターチューブ、ブラック仕上げ前後アルミホイールなどです。
2005年3月25日に「シグナスX」をマイナーチェンジ。
新色「ガンメタ」を設定。全色にメーターパネル周り、ハンドルスイッチにメタル調の塗装を採用、メーターパネルにブラックメーターパネルを採用。フロントフォークアウターチューブと前後ホイールをブラックとした。
2005年8月22日に特別・限定仕様「シグナスXSR50thアニバーサリースペシャルエディション」を発表。
「シグナス‐X SR」からの変更点は、「USインターカラー」の象徴であるイエローの専用車体色とホワイト&ブラックのストロボパターン専用グラフィック、50周年記念エンブレム、「CYGNUS‐X SR」の専用エンブレム(フロント)。
2005年9月20日に「シグナスX SR」をマイナーチェンジ。
新たな変更点は、マットチタン色メーターパネル周りの採用、マットチタン色ハンドルスイッチカバーの採用、レッドの強制空冷ファン採用などを行った。
2006年4月10日に「シグナスX 」と「シグナスX SR」をカラーチェンジ。
2代目
2007年10月12日に「シグナスX 」をフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-SE44J
モデルチェンジでの主な変更点は、始動性に優れ高い環境性能を実現するF.I.採用、駆動系のセッティング変更による中低速域でのパワーフィーリング向上、ポジションランプ一体型ヘッドライト採用などのシャープな新デザイン、シートのクッション厚アップ、フットボード前面の傾斜角拡大、アナログスピードメーターとデジタル表示液晶式燃料計を組み合わせた新メーターパネルの採用などです。
2007年12月14日に「シグナスX SR」をフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-SE44J
フルモデルチェンジでの変更点は、上の「シグナスX 」と同じです。
シグナスXの初代と2代目の違いはこちら
2009年12月10日に「シグナスX 」をカラーチェンジ。
車体色にシックなシルバーを新たに設定。全てのカラーにフロントフォークアウターチューブ・前後ホイール・フロントディスクブレーキ内側にブラック塗装を施した。

 

2010年1月20日に「シグナスX SR」をマイナーチェンジ。
車体色の「ブラックメタリックX」で艶ありと艶なしに塗り分けを施し、「ビビッドレッドメタリック5」はレッドとブラックに塗り分けた。またシート表皮に赤いステッチを施し、前輪ディスクブレーキ内側にブラック塗装を施した。
2011年2月25日に「シグナスX SR」をマイナーチェンジ。
アナログ式タコメーターを採用。ホワイト・オレンジ・グリーンから液晶画面の照明色を選べるデジタル式スピードメーターを採用。二人乗り走行時の快適性に配慮した折りたたみ式のタンデムステップを採用。スモーク調の立体エンブレムを新たに装備。車体色も変更した。
2012年2月28日「シグナスX SR」の特別・限定仕様「WGP50thアニバーサリーエディション」を発売。
基本車両をベースに、MotoGPマシン「YZR-M1 WGP参戦50周年記念カラー」と同様の赤と白を基調にしたスポーティなカラーを施したモデル。
3代目
2013年2月8日に「シグナスX 」と「シグナスX SR」をモデルチェンジ。型式は、EBJ-SE44Jのまま。
モデルチェンジの主な特色は、都会派スポーティイメージを印象づける洗練されたスタイリングを採用。従来モデルより約2.5L容量増の約31.0Lの大容量シート下トランクを採用。新デジタル&アナログのコンビネーションメーターを採用。LEDランプ(前ポジション、テールライト)採用などです。
シグナスXの2代目と3代目の違いはこちら
2014年4月に特別・限定仕様「CYGNUS-XSRYSP30thAnniversaryEdition」を発売。
2015年2月14日に「シグナスX SR」をカラーチェンジ。
ビビッドなカラーリングがスポーティさを際立たせる「SHOW OFF SPORTY」系3色と都会的で落ち着いた大人の上質を感じさせる継続設定の「URBAN SPORTY」系2色の全5色設定。
4代目
2015年11月20日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-SEA5J
主な変更点は、実用域のトルクを向上し、加速性能を向上させつつ、実用燃費も改善。車体は、新作フレーム、新作フロントフォーク&リアアーム、新作5本スポークホイールなど軽量化技術を織り込み、車両重量が従来より4kg軽くなる。ほかにも200mm径リアディスクブレーキを採用。 新リフレクター採用のヘッドライト、LED導光体併用ポジションランプ、LEDと導光材を組み合わせたテールライト、青バックの液晶メーターなどを採用。
シグナスXの3代目と4代目の違いはこちら
2017年2月10日に特別・限定仕様「シグナスX SR SPECIAL EDITION」を発表。
主な特徴は、ヤマハレーシングブルーとシルバーのツートンカラー。「SPECIAL EDITION」専用エンブレム。ゴールドキャリパーなどを追加。
2017年8月21日に「シグナスX SR」のカラーリングを変更と平成28年度国内排出ガス規制へ適合し発売。型式は、2BJ-SED8J
2017年9月6日に特別・限定仕様「シグナスX SR Movistar Yamaha MotoGP Edition」を発表。
主な特徴は、レースを象徴するヤマハレーシングブルーの外装色。スプリングのカラーがイエローのリアサスペンション。ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー。ゴールドカラーの音叉マーク。Movistarロゴマークをあしらったグラブバーなどを採用。
2018年2月10日に「シグナスX SR」に新色を追加して発売。

 

 

ヤマハ アクシストリートの歴史

2009年8月25日に新発売。型式は、EBJ-SE53J
2011年2月15日にカラーチェンジ。
2012年7月13日にマイナーチェンジ。
シートに赤いステッチが入り、上面にメッシュ加工を施してただけです。他は、変わっていません。
2015年1月にカラーチェンジ。
2017年9月1日に生産終了と発表。

 

 

ここでは、
2015年11月20日発売のヤマハ シグナスX SR(EBJ-SEA5J)と
2015年1月発売のヤマハ アクシストリート(EBJ-SE53J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

シグナスX SR

アクシストリート

発売年

2015年11月

2015年1月

全長 (mm)

1895

1795

全幅 (mm)

690

675

全高 (mm)

1115

1070

軸間距離 (mm)

1305

1255

最低地上高 (mm)

115

105

シート高 (mm)

775

735

車両重量 (kg)

118

110

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

51.5

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

60

圧縮比(:1)

10

9.5

最高出力(kW)

7.2

6

最高出力(PS)

9.8

8.1

最高出力回転数(rpm)

7500

7000

最大トルク(N・m)

9.9

8.9

最大トルク(kgf・m)

1

0.91

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

6.5

5.6

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

U22ESR-N

CR7E

搭載バッテリー・型式

GT7B-4

YTX7A-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

1.2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.85

1

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

1

2次減速比

10.4

7.794

フレーム型式

バックボーン

バックボーン

キャスター角

27°00′

27°00′

トレール量 (mm)

90

74

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 60km/h走行時(km/L)

43.3

46

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

39.1

42.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

110/70-12

3.50-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

47

51

タイヤ(前)速度記号

L

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/70-12

3.50-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

51

タイヤ(後)速度記号

L

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3

2.5

メーター表示

燃料計 有

エンジン回転計 有

時計 有

ツイントリップ 有

 

燃料計 有

 

車両装備

センタースタンド 有

 

キャリア 有

センタースタンド 有

 

メーカー希望価格

307,800円

226,800円

 

シグナスXとアクシストリートの違いの比較

 

シグナスXとアクシストリートの比較の口コミ

 

 

シグナスは、2本サス。スクーターでの2本サスのメリットは、乗り心地が良くなってケツに優しいから長時間走る時は、助かる。ロンツーとか行くならシグナスにすればいい。安さが売りのアクシストリートに求められるのはコスパで2本サスとかありえない。馬力が低いのもシグナスとの住み分けが理由だから。

 

 

パーツは、シグナスの方が多そう。アクシストリートとしてのパーツの種類は少ない。でも駆動系なんかはシグナスから流用できるパーツが結構あるね。

 

 

シグナスXは、トリートとキャラが全然被ってないから完全に住み分けられてる。

 

 

値段が安くて使いがってが抜群だからトリートを選んだ。シグナスXは、サイズがなんか中途半端だった。

 

 

マフラー変えるような人は、シグナスを買うよ。

 

 

●パワーウェイトレシオ順 
※2012年7月時点

 

アドレスV125(CF4EA)
9.9PS/7500rpm 1.0kgf・m/6000rpm 車両重量97kg 9.8kg/ps 台湾製

 

PCX125(JF28)
12PS/8500rpm 1.2kgf・m/6500rpm 車両重量128kg 10.7kg/ps タイ製

 

シグナスX(SE44J)
11PS/8500rpm 0.93kgf・m/7500rpm 車両重量122kg 11.1kg/ps 台湾製

 

DIO110(JF31)
8.4PS/8250rpm 0.89kgf・m/6500rpm 車両重量103kg 12.3kg/ps 中国製

 

リードEX(JF19)
9.0PS/7500rpm 0.95kgf・m/6250rpm 車両重量114kg 12.7kg/ps 中国製

 

ヤマハ アクシストリート(SE53J)
8.1PS/7000rpm 0.91kgf・m/6000rpm 車両重量110kg 13.6kg/ps 台湾製

 

 

目立ちたいならシグナス。
目立ちたくないならトリート。

 

 

アクシストリートの方が完全な足として割り切れる。シグナス買うとメインのバイクに乗らなくなりそう。

 

 

感覚は、個人差があると思うけど、トリートのWRを9gにしたら加速がシグナスと大差なくなるよ。最高速も落ちないからおすすめ。

 

 

トリートのウエイトローラーを軽くしたらスタートダッシュだけシグナスXのノーマルより速くなるよ。でも直線ですぐ抜かされるけど。

 

 

2012年10月にシグナスXとアクシストリートに何日か乗ったけど、俺には、アクシストリートの方が好みだった。 シグナスXのがパワフルでキビキビしてたけど、なんか落ち着かない感じだった。アクシストリートは、出足が遅いセッティングになってるけど、80km/hまでスムーズに出るし、安定してるから使えるって思った。

 

 

シグナスよりトリートの方が良い所は、シグナスよりひと回り小さいから駐輪場やすり抜けで楽。あと目立たないから盗難やいたずらのリスクが低い。あとは、売れてないから他の人とかぶりにくい。

 

 

シグナスは、前カゴ付けれないから俺は、トリート。

 

 

スペック厨ならトリートを選ぶこと無い。飛ばし屋なら値段が高くてもシグナス買った方が後悔しない。どちらもノーマルは、遅いけどシグナスは、パーツが豊富だから。

 

 

3型シグナスが少し値下して、差額が縮まったけど、俺ならトリートを買ってその差額でリアボックスやグリヒやスクリーンつけるわ。

 

 

トリートは、10インチだけど外径は、シグナスの12インチのフロントとほとんど同じサイズ。横から見た時のゴムの厚みが違う。サーキットならシグナスの12インチのタイヤの圧勝だろうけど、凹凸がある道ならある程度タイヤの厚みがあった方が乗り心地は良い。

 

 

トリートは、足が伸ばせるのがいい。シグナスXは、段つきだからダメだった。

 

 

トリート乗りだけど3型シグナスXが駐輪場に止めてあったじっくり眺めさせてもらった。 値段が6万円程違うけど、かなり差があった。

 

 

2013年10月時点で税込みでアクシストリートが19万円。シグナスXSRが25万円だった。

 

 

足元の狭さと盗難の心配以外は、シグナスの方がいいな。

 

 

トリート乗りだけど、シグナスとマジェSを試乗した。
足回りは
トリート<シグナス=マジェS
って感じ。トリートとシグナスの差は体感できたけど、
シグナスとマジェSの差はわからなかった。
加速は
トリート≦シグナス<<マジェS
スタートダッシュは、マジェSがダントツで速かった。

 

 

通勤使うなら飛ばすタイプの人は、シグナス買ってミラーを交換するのがいいと思う。 飛ばさないタイプですり抜けもしないならトリートでいい。

 

 

トリートから3型シグナスに乗り換えた。サスは、初期の吸収が効いている感じでトリートの時あった突き上げが若干落ち着いた感じ。シートの柔らかさもあって乗り心地は良くなった。小回りは、トリートのが良かったけど、中高速でのコーナーリングは、シグナスのが安定している。トリートで60km/hしか出なかった上り坂も慣らしの7000rpm未満でも70km/h出る。足元は、少し狭くなった。足つきは、トリートの時より悪くなったけど身長175cmでかかとがベタつきだから問題ない。時計、トリップメーター、タコメーターが付いてるし、ライトが明るいし、 タンデムステップも付いてる。俺はシグナスの方が絶対良いと思った。

 

 

シグナスの方がいい。トリートは、メットインを開けないと給油ができないのが気に入らない。

 

 

朝の通勤だとトリートでもシグナスでも通勤時間は、たいして変わらないよ。シグナスに負けても信号で止まるとすり抜けですぐ尻突付けるし。

 

 

シグナスのデザインは、カッコいいけど、ガキやガテン系が乗ってるイメージがある。おっさんは、落ち着いたデザインのトリートの方が似合ってる。

 

 

ヤマハ以外も検討したほうがいいよ。アクシストリートは、悪く言えば妥協の塊だし、シグナスXは、カスタム前提じゃなきゃ選ぶ理由がない。

 

 

俺も街中でトリート見かけたけど、おちついたデザインで結構カッコイイな。シグナスのデザインは、何かわざとらしいし太っちょな感じ。ガキ乗ってるイメージ。

 

 

トリートに3年乗ってバタバタ感が嫌だったから3型シグナスに乗り換えた。違いは、 最高速が10km/h上がった。コーナーリングや高速域での安定感。 加速は、トリートのWRを替えれば一緒。 値段は、5万円ぐらい高い。

 

 

2009年11月に近所のバイク屋でシグナスXの乗り出し価格が27万円ぐらいでアクシストリートは、19万円ぐらいだった。

 

シグナスXとアクシストリートの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト