トリシティ125とジャイロXの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

トリシティ125とジャイロXの違いを比較

 

ホンダ ジャイロX

1982年10月14日に「ジャイロX」が新登場。型式は、TD01
1981年11月に発売のストリームに続く、スリーホイールの新感覚乗り物「スリーター」の第2弾モデル。49ccの空冷2ストロークエンジンを搭載。後輪はダブルで不整地や雪道など、不安定な路面でも走ることを可能にした。
1983年10月29日に「ジャイロX」をマイナーチェンジ。
フロントにもキャリアを標準装備。前輪ホイールが8インチから10インチに変更。グリップヒーターをオプション設定。
1989年12月19日に「ジャイロX」をマイナーチェンジ。型式は、A-TD01
エンジンの燃焼室形状や変速比を変更し、発進の力強さと低速域の粘り強さを向上。リアキャリアの取り付け部やフレームなどの強度、耐久性を向上。グリップヒーター装着車を設定。
ジャイロXの「TD01」と「A-TD01」の違いの比較は、こちら。
1992年6月19日に「ジャイロX」をカラーチェンジ。
車体色にシャスタホワイトを採用。
1993年12月3日に「ジャイロX」をカラーチェンジ。
汚れが目立たないようにシート、リアフェンダーなどを薄いブルーに変更。
1999年12月16日に「ジャイロX」をマイナーチェンジ。型式は、BB-TD01
排気管内で未燃焼ガスを再燃焼させる二次エア導入装置などを採用し、排出ガス規制に適合。バリエーションは、スタンダードタイプとグリップヒーター標準装備タイプの2タイプを設定。
ジャイロXの「A-TD01」と「BB-TD01」の違いの比較は、こちら。
2002年6月28日にマイナーチェンジした「ジャイロXスタンダード」と「ジャイロXベーシック」を発売。
車体色にレッドを追加。ホワイトと合わせて2色設定に。従来通りのウインドスクリーン及び前後のキャリアを装備したモデルは、ジャイロXスタンダードの名称となり、ウインドスクリーンとリアキャリアを省略し、価格を抑えたモデルとして、ジャイロXベーシックを新設定。

ジャイロXスタンダードとジャイロXベーシックの違いの比較は、こちら。
2008年3月27日に「ジャイロXスタンダード」と「ジャイロXベーシック」をフルモデルチェンジ。型式は、JBH-TD02
平成18年排出ガス規制の対応のため、これまでの2ストロークエンジンから4ストロークエンジンに変更。同時にキャブレターからフューエルインジェクションに変更。リアホイールサイズを従来の6インチから8インチに拡大。
ジャイロXスタンダードの「BB-TD01」と「JBH-TD02」の違いの比較は、こちら。
2017年9月22日に「ジャイロXスタンダード」と「ジャイロXベーシック」をマイナーチェンジ。型式は、2BH-TD02
平成28年排出ガス規制に適合。排出ガスの異常を警告する車載故障診断装置などを搭載。また、メンテナンス性を向上させるため、リアフェンダー左側にエンジンオイルの点検窓(開閉式)を設置。
ジャイロXスタンダードの「JBH-TD02」と「2BH-TD02」の違いの比較は、こちら。

 

 

ヤマハ トリシティ125の歴史

2014年9月10日に「トリシティ125」が新登場。型式は、 EBJ-SE82J
ヤマハは、「ニュースタンダード シティコミューター」のコンセプトを基にLMWと呼ばれる二輪のように傾斜して曲がる三輪以上の車両の開発に着手し、その第一弾がトリシティで2014年4月にタイの現地法人のタイヤマハモーターで製造販売を開始。日本では、「トリシティ MW125」として2014年9月10日に発売。車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年4月20日に「トリシティ125 ABS」を追加。
ABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備した「トリシティ125 ABS」を発売。
車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年12月15日に「トリシティ125」と「トリシティ125 ABS」に新色を追加。
新色のマットブルーメタリック3(マットブルー)を追加。
2016年3月1日に快適セレクションを追加。
トリシティ125/トリシティ125 ABSにトップケースとナックルバイザー等を標準装着した快適セレクションをラインナップに追加。車体色は、4色(ブラック、ホワイト、マットブルー、マットレッド)の設定。
2018年1月20日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-SEC1J
主な特徴は、VVA(可変バルブ機構)搭載の「BLUE CORE」エンジンを採用。乗り心地や足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンションの採用。足付きを考慮したシート高765mmのメインシートを採用。LEDヘッドランプを採用。リヤホイール径を12インチからトリシティ155と同じ13インチにアップ。車体色は、「トリシティ125」が2色(ホワイトとマットグレー)。「トリシティ125 ABS」が2色(ホワイトとシアン) 。
トリシティ125(EBJ-SE82J)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の詳しい違いはこちら
2019年3月20日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットペールブルーメタリック2(マットペールブルー)と継続色2色(ホワイト、マットグレー)をあわせた3色の設定。

 

 

ここでは、
2008年3月27日発売のホンダ ジャイロXベーシック(JBH-TD02)と
2015年12月15日発売のヤマハ トリシティ125(EBJ-SE82J)
の違いを比較しました。

 

 

ジャイロXとトリシティとのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ ジャイロXベーシック

ヤマハ トリシティ125

発売

2008年3月27日

2015年12月15日

型式

JBH-TD02

EBJ-SE82J

全長

1700mm

1905mm

全幅

660mm

735mm

全高

1050mm

1215mm

ホイールベース

1205mm

1310mm

シート高

735mm

780mm

最低地上高

85mm

120mm

総重量

109kg

152kg

サスペンション形式(前)

ボトムリンク

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

25°25′

20°

トレール(mm)

76

68

ブレーキ形式(前)

ドラム

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ディスク

タイヤサイズ(前)

90/100-10 53J

90/80-14 M/C 43P

タイヤサイズ(後)

130/70-8 42L

110/90-12 64L

エンジン種類

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

49cc

124cc

圧縮比

12.0

10.9

ボア

38mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

3.4(4.6PS)/7500

8.1(11PS)/9000

最大トルク(N・m/rpm)

4.4(0.45kgf・m)/7000

10(1kgf・m)/5500

始動方式

セル・キック

セル

点火方式

トランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

強制圧送ウエットサンプ

燃料タンク容量

4.7L

6.6L

燃料消費率(km/L)

60(30km/h)

35.8(60km/h)・38.8(WMTCモード)

メーカー小売価格/カラーバリエーション


¥358,050 ファイティングレッド
¥358,050 シャスタホワイト


¥356,400 マットブルーメタリック3
¥356,400 ブルーイッシュホワイトカクテル1
¥356,400 ブラックメタリックX
¥356,400 マットディープレッドメタリック3

 

 

トリシティ125とジャイロXの比較の口コミ

 

トリシティは、前輪が2輪でジャイロは、後輪が2輪。ジャイロは、荷台の下に2輪あるからいっぱい荷物を積んでも安定感がある。トリシティは、ブレーキや旋回時に負担がかかる前輪が2輪だからコーナーリングもグリップ力が上がり安定感があるし、悪路でもハンドルが取られにくい。超低速で走っていてもフラつきが少ない。

 

 

ジャイロは、前がめちゃ軽い。トリシティは、前が重いせいか普通の二輪よりバランスを取りにくい気がする。ジャイロはバランスが取りやすいよね。

 

 

3輪だと停止状態で自立してイメージがあるけどトリシティは、2輪車と同じで自立できない。同じ3輪のジャイロXは、できる。

 

 

トリシティは、前輪が2輪だけど前輪も左右に傾くから乗り味は、普通の二輪と変わりません。ジャイロは、駆動輪が左右に倒れないので普通の二輪と違う独特の乗り味です。

 

 

トリシティもジャイロも両方持ってる。重心の高さやホイールベースの長さや最高速の違いはあるが直線だと遙かにトリシティのが乗りやすい。 久々にジャイロに乗ったらハンドルがたまに左右にブレる感じがする。曲がるのはジャイロの方が楽だった。ジャイロは、車重の軽さと重心の低さもあってすごく傾けても問題ない。トリシティは同じ位倒したらスタンドを擦る。ジャイロは、スタンドが無いから倒しても擦ることはない。

 

 

ジャイロは両足ともベタ足になるくらい重心が低いし、サスも柔らかいのでかなり重い荷物載せてもガタつくことはない。 トリシティは、荷物載らない。

 

 

ジャイロは、後輪を引っ掛けてしまう。曲がる時に内側を引っ掛けるのでその時に跳ねて怖かった。車道から歩道越えて行く時も怖い。 トリシティは、コーナリング中でも段差があっても片輪だけなら滑らかに曲がれる。両輪ではさすがに跳ねるけど。車輪が大きいから段差の安心感が全然違う。

 

 

同じ三輪車でもトリシティは、ジャイロのような積載性がないからバイク便にトリシティを選ぶことはないね。

 

 

トリシティは、ジャイロより全幅7cm増しだから、すり抜けは、しにくくなると思う。でもフロントが抜ければ確実にリアも抜けるからその辺は、ジャイロより楽と思う。

 

 

コーナリングでバイクを傾ける楽しさが違う。前二輪の良さは、ブレーキ時の安定感。

 

 

ジャイロは、思ってる以上に転ぶことがある。2輪より転びにくい程度。極端な例をあげると右カーブで道の左端にマンホールやグレーチングなどあってそこに左後輪が乗って転倒することがある。トリシティの前2輪とはコーナーの安定感が全く違う。

 

 

オート三輪やトライクみたいな前一輪後二輪のやつは、斜め前に引く力に弱い。特に旋回中にブレーキを使った時、制動による慣性力と遠心力によって斜め前に力が働いて、前一輪では横方向に踏ん張りが効かずに内側後輪が持ち上がる。大体は、ハンドルとブレーキを戻したら避けられるけど、ハンドルを切ってパニックブレーキをかけたら。さらに回転が増して横転する。

 

 

これ見れば前1輪がヤバイのがわかる。

 

 

普段トリシティ125乗っててで仕事でジャイロX乗ってるけど、近場をウロウロするぐらいならジャイロで足りるけど少し遠出するならトリシティ。ジャイロXは、幹線道路のキツい。

 

 

トリシティは、普通に走るとほとんど二輪と違わないけど、ジャイロは普通に走ってても二輪と別物だよ。

 

 

今度、ジャイロからトリシティに乗り換える。ジャイロは、通勤では使い物にならない。

 

 

ジャイロは、フロントが軽過ぎる。

 

 

ジャイロからトリシティに乗り換えた。ジャイロは、ミニカー登録で乗ってたけどパワー不足で車の流れに乗れなかった。

 

 

雨の中、屋根付きのトリシティで走ってきたけど、ビショビショで屋根付きの意味無かった。雨の時は、ジャイロキャノピーの方が濡れない。

 

 

ジャイロからトリシティに乗り換えた。トリシティは、曲がるのは別次元で快適。

 

 

●2020年2月12日時点のメーカー小売価格(消費税込み)
ホンダ ジャイロX ベーシック 404,800円
ヤマハ トリシティ423,500円
●2020年2月12日時点の同じ店の乗り出し価格(自賠責3年)
ホンダ ジャイロX ベーシック 394,940円
ヤマハ トリシティ125 376,040円

 

トリシティ125とジャイロXの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト