JOGとダンクの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

JOGとダンクの違いを比較

 

ヤマハ ジョグの歴史

※ヤマハ ジョグは、1983年3月に新登場しています。ここでは、省略して1998年モデルチェンジからにしています。
1997年12月1日にフルモデルチェンジ。型式は、SA01J
ワンタッチ操作でキー穴のシャッターロックと後輪ロックができる「Gロック」、23リットルの収納スペース、7リットル容量の燃料タンクを採用。
1999年2月25日にマイナーチェンジ。型式は、A-SA04J
ヘッドライトの位置を変更。7.2PSのエンジン、フロントディスクブレーキの採用などを行った。
1999年9月にマイナーチェンジ。型式は、BB-SA01
2000年2月にマイナーチェンジ。型式は、BB-SA13J
2001年2月23日にフルモデルチェンジ。型式は、BB-SA16J
新環境対応エンジン搭載、新設計フレーム&外観全塗装ボディ採用、電気式メーター採用などの変更をした。
ジョグの「A-SA04J」と「BB-SA16J」の違いを比較はこちら。
2003年2月にマイナーチェンジ
全車両の生産拠点を台湾(YMT)に移転。
2004年1月にカラーチェンジ
2006年2月にカラーチェンジ
2007年10月にフルモデルチェンジ。型式は、JBH-SA36J
自動車排出ガス規制強化によりエンジンはVOXをベースとした水冷4ストローク・SOHC3バルブエンジンに変更。燃料噴射装置や触媒なども装備。 メーターは先代の電気式のデジタルディスプレイから機械式のアナログメーターへと変更。最高出力は3.1kW(4.2PS)。

ジョグの「BB-SA16J」と「JBH-SA36J」の違いを比較はこちら。
2009年3月にカラーチェンジ
2011年1月25日にカラーチェンジ
2013年2月1日にカラーチェンジ
2015年2月14日にカラーチェンジ
2015年10月20日にマイナーチェンジ。型式は、JBH-SA55J
燃費と出力が向上。
ジョグの「JBH-SA36J」と「JBH-SA55J」の違いを比較はこちら。
2016年3月10日に特別仕様車「ジョグスペシャル」を発売。
2017年2月14日にカラー追加
2017年8月21日にマイナーチェンジ。型式は、2BH-SA57J
平成28年環境規制への対応によるエンジンセッティングの変更と車体の一部を改良。これがヤマハが自社生産した最後のモデルとなった。
ジョグの「JBH-SA55J」と「2BH-SA57J」の違いの比較は、こちら。
2018年4月25日にモデルチェンジ。型式は、2BH-AY01
本田技研工業との業務提携し、OEM供給でホンダ・タクト(2BH-AF79)の外観を変更したモデルをヤマハが「ジョグ」として発売することになった。生産はホンダ熊本製作所。外観以外の走行性能はタクトとほぼ同一。また、アイドリング・ストップ・システムを搭載し、シート下スペースを1リットル増量(シート高は15mm高い)し、オリジナルの立体エンブレムを採用した「ジョグ デラックス」も発売。
ジョグの「2BH-SA58J」と「2BH-AY01」の比較は、こちら。

 

 

ホンダ ダンクの歴史

2014年2月20日に新発売。 型式は、JBH-AF74
ホンダの原付一種スクーターで初となるeSPのエンジンを搭載。生産は、ベトナム。車体色は、6色(マットアーマードグリーンメタリック、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、マットギャラクシーブラックメタリック、アーベインデニムブルーメタリック、キャンディーノーブルレッド)。
2016年2月19日にカラーチェンジ。
生産をこれまでのベトナムから日本の熊本製作所に移管し、 型式がJBH-AF78に変更。車体色は、新色3色(キャンディーブレイズオレンジ、アトモスフィアブルーメタリック、マットギャラクシーブラックメタリック)と継続色3色(マットアーマードグリーンメタリック、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト)の全6色。
2017年7月14日にカラーチェンジ。 型式は、2BH-AF78
車体色は、新色2色(マットガンパウダーブラックメタリック、マットビュレットシルバー)と継続色4色(パールジャスミンホワイト、キャンディーブレイズオレンジ、アトモスフィアブルーメタリック、ポセイドンブラックメタリック)の全6色。
ダンクの「JBH-AF78」と「2BH-AF78」の違いはこちら
2019年3月8日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(マットアルタイルシルバーメタリック、イオンブルーメタリック)と継続色4色(マットビュレットシルバー、ポセイドンブラックメタリック、マットガンパウダーブラックメタリック、パールジャスミンホワイト)の全6色。

 

 

ここでは、まず最初に
2015年10月20日発売のヤマハ ジョグ(JBH-SA55J)と
2016年2月19日発売のホンダ ダンク(JBH-AF78)
の違いを比較しました。

 

 

JOG(JBH-SA55J)とダンク(JBH-AF78)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ヤマハ ジョグ

ホンダ ダンク

発売日

2015年10月20日

2016年2月19日

型式

JBH-SA55J

JBH-AF78

全長

1685mm

1675mm

全幅

650mm

700mm

全高

1035mm

1040mm

ホイールベース

1160mm

1180mm

シート高

725mm

730mm

最低地上高

90mm

110mm

総重量

84kg

81kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

24°

26°30

トレール(mm)

70

75

ブレーキ形式(前)

ドラム

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-10 41J

90/90-10 50J

タイヤサイズ(後)

90/90-10 41J

90/90-10 50J

エンジン種類

水冷4ストロークSOHC3バルブ単気筒

水冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

49cc

49cc

圧縮比

12.0

12.0

ボア

38mm

40mm

最高出力(kW/rpm)

3.3(4.5PS)/8000

3.3(4.5PS)/8000

最大トルク(N・m/rpm)

4.2(0.43kgf・m)/6500

4.1(0.42kgf・m)/7500

始動方式

セル・キック

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

4.4L

4.5L

燃料消費率(km/L)

69.7(30km/h)・56.5(WMTCモード)

75.3(30km/h)・56.4(WMTCモード)

メーカー小売価格/カラーバリエーション


¥160,920 ライトイエローイッシュグレーメタリック9
¥160,920 シルバー3
¥160,920 ブラックメタリックX
¥160,920 ダークレディッシュグレーメタリック2
¥160,920 ダルレッドメタリックD


¥214,920 キャンディーブレイズオレンジ
¥214,920 アトモスフィアブルーメタリック
¥214,920 マットギャラクシーブラックメタリック
¥214,920 マットアーマードグリーンメタリック
¥214,920 ポセイドンブラックメタリック
¥214,920 パールジャスミンホワイト

 

JOG(JBH-SA55J)とダンク(JBH-AF78)の違いを比較
JOG(JBH-SA55J)とダンク(JBH-AF78)の装備の違いを比較

 

 

JOG(JBH-SA55J)とダンク(JBH-AF78)の比較の口コミ

 

 

イジりたいならジョグの方が部品互換・社外パーツが多い。ノーマル状態で乗るならまとまったエンジンのダンク。

 

 

この前ダンクで農道を走ってたら現行JOGに追いつけなかった。圧倒的ではないけど徐々に離されていった。やっぱり昔からヤマハの方がリミッターが甘いな。 エンジンは明らかにダンクが勝ってるのに。

 

 

ジョグは、見た目が普通なスクーターなのがな。ダンクは、顔が斬新なデザインでいい。

 

 

ジョグよりは、ダンクの方がデザイン的には品があると思う。

 

ジョグの方がスポーティーに見えるけど少しガキっぽいな。最初、ダンクは、若者向けで売り込んでたけど質感やデザインは、落ち着き志向の大人向けだと思う。若い子がダンクに乗ってるの見たら、こいつ金持ってるなって思ってしまう。

 

 

俺もダンクとジョグで迷ったけど見た目で決めればいいと思う。

 

 

ダンク乗りだけどスピードは、純正だとジョグとたいして変わらない。出てもせいぜい63km/hくらい。

 

 

ダンクの最高速は、JOGよりは速くてVOXより遅い。

 

■パワーウェイトレシオ順 (車両重量+65kg) *成人男性の平均体重:65kg

 

ホンダ ダンク(AF34)
4.5PS/8000rpm 0.42kg・fm/7500rpm 重量146kg 32.4kg/ps ベトナム製

 

ヤマハ JOG(SA36J)
4.2PS/8500rpm 0.40kgf・m/6500rpm 重量149kg 35.5kg/ps 台湾製

 

 

ダンクは、足元の車体の横幅がJOGより広いからすり抜けで当たりそう。

 

 

ダンクは、スマホが充電できたり、メーターに時計やトリップが付いてるのが羨ましい。あとフロントブレーキがディスクなのとアイドリングストップがついてるのとブレーキランプとテールランプがLEDなのもいいね。ジョグの良い所は、キャリアが標準装備。ダンクだとキャリア付けるのに7千円くらいかかる。

 

 

メーター周りの高級感がぜんぜん違う。ダンクは、デジタルで時計やトリップやオドメーターが切り替えられる。

 

 

積載能力では、ダンクは、メットインが23L 、ジョグが18Lだけどジョグは、シート下にもコンビニフックがついてるし、リアキャリアも標準装備。ダンクのキャリアは、7500円くらいで売ってる。あとジョグは、前カゴが付けられるけどダンクは、付けられない。

 

 

 

次に
2018年4月25日発売のヤマハ ジョグ(2BH-AY01)と
2017年7月14日発売のホンダ ダンク(2BH-AF78)
の違いを比較しました。

 

 

ジョグ(2BH-AY01)とダンク(2BH-AF78)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ジョグ

ダンク

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

カラーチェンジ

型式

2BH-AY01

2BH-AF78

発売日

2018年4月25日

2017年7月14日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1675

1675

全幅 (mm)

670

700

全高 (mm)

1040

1040

ホイールベース (mm)

1180

1180

最低地上高(mm)

105

110

シート高 (mm)

705

730

車両重量 (kg)

78

81

最小回転半径(m)

-

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

80

75.3

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

58.4

58.4

原動機型式

AF74E

AF74E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

39.5

39.5

行程(ピストンストローク)(mm)

40.2

40.2

圧縮比(:1)

12

12

最高出力(kW)

3.3

3.3

最高出力(PS)

4.5

4.5

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

4.1

4.1

最大トルク(kgf・m)

0.42

0.42

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

-

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

4.5

4.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ5S

GTZ6V

バッテリー容量

12V-3.5Ah

12V-5Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.7

0.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.65

0.65

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

3.214

2次減速比

-

3.833

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°30

26°30

トレール量 (mm)

76

75

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

80/100-10

90/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

46

50

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

80/100-10

90/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

46

50

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム幅(前)

2.15

2.15

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.25

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2

-

ヘッドライト定格(Hi)

40W/40W

35W/35W

テールライト定格(制動/尾灯)

-

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有
時計 有

燃料計 有
時計 有

車両装備

前後連動式ブレーキ 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

DCソケット 有
前後連動式ブレーキ 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格

167,400円

214,920円

 

ジョグ(2BH-AY01)とダンク(2BH-AF78)の違いを比較

 

ジョグ(2BH-AY01)とダンク(2BH-AF78)の装備の違いを比較

 

ジョグ(2BH-AY01)とダンク(2BH-AF78)の違いを比較

 

 

ジョグは、2018年4月25日発売からOEM供給でホンダのタクトの外観を変更したモデルになったからエンジンが同じになったね。

 

 

ダンクの豪華な装備を簡略化して価格を安くしたのがタクト。そしてタクトのOEMがジョグ。だからダンクとジョグは、エンジンや性能自体は同じだから、ダンクの見た目や装備に強いこだわりがなければ安いジョグでいいと思う。

 

 

メットインは、ジョグデラックスが容量20L、ジョグが19L。ダンクが23L。

 

 

ダンクは、前輪ディスクだし、メットイン大きいし、アクセサリーソケット付いてるし、タイヤが太いし、デザインもいいけど、ジョグより47000円ぐらい高い。

 

 

ダンクとジョグデラックスは、アイドリングストップが付いてる。ジョグは、付いてない。

 

ジョグとダンクの中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト