アドレスV100とアドレス110の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレスV100とアドレス110の違いを比較

 

スズキ アドレスV100の歴史

1991年1月に新登場。型式は、CE11A
1992年7月にマイナーチェンジ。
フューエルメーターの針を帰零式に変更。ハンドルスイッチASSY(R)の電気配線関係の変更。
1995年4月にマイナーチェンジ。
燃料タンク容量を6Lに増量。バッテリーをFTX5L-BS(12V4A)に変更。ヘッドランプを昼間点灯式に変更。タイヤを変更。フロントブレーキキャリパを変更。フューエルレベルゲージを変更。リヤビューミラーを変更。
1995年12月にマイナーチェンジ。
施錠装置にグリップエンドロックを追加し、それに伴いグリップエンドキャップを設けて車幅が0.61m→0.635mへ変更。
1997年10月にマイナーチェンジ。
レッグシールドラックを装備。スピードメータの文字盤を変更。
1999年4月にマイナーチェンジ。
シャッター式キーを採用し、グリップエンドロックを取り外した。マフラカバーをクロムメッキに。シート前下にセンターフックを設けた。
2000年7月に80周年記念モデルを発売。型式は、BD-CE11A
2000年11月にフルモデルチェンジ。型式は、BD-CE13A
CDIを変更。キャブレターセッティングを変更。二次空気供給装置と触媒装置を追加し排気ガス規制に対応。ヘッドランプ球のワット数を変更。スピードメータ文字盤を変更。充電発電装置を変更。
2001年7月10日にSummer Versionを発売。
2001年9月5日にマイナーチェンジ。

新たにセンタースタンドロックを装備。ハンドルロックと同時にスタンドロックがかかるシャッター付きメインキーも採用。
2002年3月28日にマイナーチェンジ。
集中ロックシステムを採用。イグニションスイッチ、シートのロック、燃料注入口の開閉、ハンドルロック、センタースタンドのロックがメインスイッチ部で操作可能に。
2002年7月8日にSummer Versionを発売。
2002年12月24日に50周年記念車を発売。
2003年1月14日にType Sを発売。
クラッチの構造を変更、発進性能を向上。ホワイトメーターパネルとクロームメッキのマスコットキーを採用。シート表皮にディンプル加工。フットレスト部に小型アルミパンチングプレートを装着。リアスポイラーにLEDハイマウントストップランプを装備。
2005年5月で最終型「BD-CE13A型」の生産終了。後継車種のアドレスV125に引き継がれる。

 

 

スズキ アドレス110の歴史

1998年4月24日に2ストロークモデルが新登場。型式は、BD-CF11A
2000年3月21日にマイナーチェンジ。
ヘッドランプをマルチリフレクタータイプに変更。リヤターンシグナルランプをクリアタイプにして前後灯火器の質感を向上。リヤキャリアの剛性を高めた。シートを黒とグレーのツートーンカラーに変更。質感が高くスポーティーなデザインのキャストホイールを装着したキャストホイール仕様を設定。車体色は、3色(パールスティルブルーグレー、キャンディグランブルー、ソニックシルバーメタリック)。
2003年に2ストロークモデルが生産中止。
Vシリーズの後継は、アドレスV125となった。
2015年3月19日に4ストロークモデルが発売。型式は、EBJ-CE47A
車体色は、3色(ブリリアントホワイト、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック)。
2016年4月27日にマイナーチェンジ。
シート表皮のデザインを変更。車体色は、3色(ブリリアントホワイト、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック)。
2018年3月26日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-CE47A
平成28年国内排出ガス規制対応でパワーと燃費が若干ダウン。最高出力が6.7kW[9.1PS]/8,000rpm→6.5kW[8.8PS]/7,750rpm。最大トルクが8.6N・m[0.88kgf・m]/6,000rpm→8.6N・m[0.88kgf・m]/6,250rpmに変更。WMTCモード値燃費が51.2km/L→48.9km/L。車体色は、4色(トリトンブルーメタリック、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック、ブリリアントホワイト)。

 

 

 

まず最初に2st同士の比較。
2002年3月発売の2stのスズキ アドレスV100(BD-CE13A)と
2003年3月発売の2stのスズキ アドレス110(BD-CF11A)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

アドレスV100

アドレス110

発売日

2002年3月

2003年3月

型式

BD-CE13A

BD-CF11A

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1745

1855

全幅 (mm)

635

630

全高 (mm)

1015

1120

軸間距離 (mm)

1240

1265

最低地上高 (mm)

110

125

車両重量 (kg)

90

101

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

99

113

2スト・バルブ方式

リード弁式・ピストン弁式

リード弁式・ピストン弁式

内径(シリンダーボア)(mm)

52.5

52.5

行程(ピストンストローク)(mm)

46

52.2

圧縮比(:1)

6.5

6.8

最高出力(kW)

6.6

7.4

最高出力(PS)

9

10

最高出力回転数(rpm)

6000

6000

最大トルク(N・m)

11

13

最大トルク(kgf・m)

1.1

1.3

最大トルク回転数(rpm)

5500

5500

燃料タンク容量 (L)

6

6

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BPR6HS

BPR6HS

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

2.263

2次減速比

-

3.5

フレーム型式

パイプレス

パイプレス

キャスター角

25°20

25°20

トレール量 (mm)

68

73

懸架方式(前)

ボトムリンクフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

43

41

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

3.50-10

90/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

51

44

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(後)

3.50-10

100/80-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

56

タイヤ(後)速度記号

J

J

ホイールリム幅(前)

2.15

2.5

ホイールリム幅(後)

2.15

2.5

 

2stアドレスV100と2stのアドレス110の比較の口コミ

 

アドレスV100からアドレス110に乗り換えた。通学や通勤での快足を求めるならアドレスV100をおすすめする。アドレス110は、マジでバンク角が無い。せっかくの12インチの恩恵を小さくしてる。少し倒しただけで左だとセンタースタンド、右だとマフラーをガリガリ擦る。1年乗ったらエキパイが凹んでるし、センタースタンドも1年持たずに折れた。まあ、普通に乗るならアドレス110でいいけど。市街地でラッシュ時に飛ばして早く到着したいならアドレスV100。

 

 

アドレスV100とアドレス110のどっちにするか悩んでる。アドレス110のが乗り心地が良さそうだし、タンデムするのも楽そう。でも燃費が悪そうで悩む。

 

 

アドレスV100とアドレス110は、目的がかなり違うスクーターだから、目的をはっきりさせれば悩むことはない。

 

 

アドレス110は、重くて大きいから人気でなかった。アドレス110よりダサくて古いアドレスV100のがいっぱい売れた。

 

 

身長154cmの女でアドレスV100乗ってるけど、代車でアドレス110に乗ったら取り回しでリアキャリアとハンドル持ったら重かった。アドレスV100は、駐輪場でお尻を持ち上げて楽にズラせるのに。

 

 

 

 

 

次に、
2004年発売の2stのスズキ アドレスV100(BD-CE13A)と
2016年4月発売の4stのスズキ アドレス110(EBJ-CE47A)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

アドレスV100

アドレス110

発売日

2004年7月

2016年4月

型式

BD-CE13A

EBJ-CE47A

車両重量

97 kg

乾燥重量

85 kg

全長×全幅×全高

1745 mm × 635 mm × 1015 mm

1845 mm × 665 mm × 1095 mm

エンジン型式

E134

AE54

エンジン型式

2サイクル・強制空冷・単気筒・リードバルブ

空冷4ストローク・単気筒SOHC・2バルブ

総排気量

99cc

112cc

圧縮比

6.5

9.3

内径(ボア)

52.5 mm

51.0 mm

行程(ストローク)

46.0 mm

55.2 mm

燃料供給方式

キャブレター

インジェクション

キャブレター形式

VM16

フューエルインジェクションシステム

点火方式

CDI式

潤滑方式

分離潤滑式

始動方式

セルフ式(キック式併設)

キック・セルフ併用式

エンジンオイル容量

0.8 L

0.8 L

燃料タンク容量

6.0 L

5.2 L

最高出力

6.6 kw (9.0 ps) / 6000 rpm

6.7 kw (9.1 ps) / 8000 rpm

最大トルク

11 N・m (1.1 kg・m) / 5500 rpm

8.6 N・m (0.88 kg・m) / 6000 rpm

燃費

43.0 km/L ( 60 km/h走行時)

最小回転半径

1.9 m

1.9 m

フレーム形式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター

25 度 / 20 分

25 度 / 45 分

トレール

68mm

97mm

タイヤサイズ(前)

3.50-10 51J

80/90-14 M/C 40P

タイヤサイズ(後)

3.50-10 51J

90/90-14 M/C 46P

ブレーキ(前)

油圧式ディスク

油圧式シングルディスク

ブレーキ(後)

リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

クラッチ形式

乾式自動遠心シュータイプ

乾式自動遠心シュータイプ

変速機形式

Vベルト無段変速

Vベルト無段変速

メーカー希望小売価格

208,950

205,200 円

 

アドレスV100とアドレス110の違いを比較

 

2stアドレスV100と4stのアドレス110の比較の口コミ

 

 

アドレスV100からの乗り換え。アドレス110はレッグシールドに高さがあるから太ももの上の部分に風が当たりにくい。あまり寒くないのがいいね。

 

アドレスV100からアドレス110へ乗り換えた。アドレスV100の時は、国道の左端の切れ目や轍などでハンドルを取られて怖い思いをしたことがあったけど14インチの新型のアドレス110にしてからはそういう怖さとは無縁になった。10インチのスクーターには、もう戻れない。

 

 

アドレスV100とアドレス110のどっちにするか悩んでる。アドレス110のが乗り心地が良さそうだし、タンデムするのも楽そう。でも燃費が悪そうで悩む。

 

 

アドレスV100は、イジった2スト50より少し速くて安定性も若干良くなった程度。アドレス110は、20km/hまでの出足は、モッサリだがそこからの加速と安定性は、2スト50とは別次元。

 

 

アドレス110乗りだけど何週間かぶりにアドレスV100に乗ってみた。出足と20〜50km/hからの再加速は、アドレス110よりもアドレスV100の方が速い。

 

 

はじめの数十メートルだったらアドレス110よりもアドレスV100の方が速いと思った。でもその後すぐにアドレス110に追い抜かれて引き離されるけど。

 

 

俺もアドレスV100からアドレス110に乗り換えたけど中間加速のトルク感がないね。スパッと抜けない感じがする。

 

 

アドレスV100とアドレス110は、目的がかなり違うスクーターだから、目的をはっきりさせれば悩むことはない。

 

 

アドレスV100からアドレス110に乗り換えた。通学や通勤での快足を求めるならアドレスV100をおすすめする。アドレス110は、マジでバンク角が無い。せっかくの12インチの恩恵を小さくしてる。少し倒しただけで左だとセンタースタンド、右だとマフラーをガリガリ擦る。1年乗ったらエキパイが凹んでるし、センタースタンドも1年持たずに折れた。まあ、普通に乗るならアドレス110でいいけど。市街地でラッシュ時に飛ばして早く到着したいならアドレスV100。

 

 

アドレスV100の最終型に乗ったことあるけど全般的にアドレス110の方が動力性能は高いと思う。足を前に踏ん張る癖があったらアドレス110は、違和感があるかもしれないが窮屈さはない。

 

アドレスV100(ce13a)に乗ってたけどアドレスV100の時は信号が青になったらアクセルを全開にしてたけどアドレス110にしてから余裕を持って走れるようになった。あと国道の白線を工事で消した跡の凸凹の上を通る時、アドレスV100だとハンドルを取られて危なかったけどアドレス110では、それが無くなった。

 

 

アドレスV100からアドレス110に乗換えたらシートがやたら長く感じた。

 

俺は、身長170cmだけどアドレスV100の時は、足を前に出す形で乗ってた。前に足を投げ出す形で乗ってたのは、足を下ろした位置にあるフットエリアが傾斜していて狭かったから。アドレス110に乗ってみてわかったのは、アドレスV100は、足の置き場がなかっただけでアドレス110は、足を前に出せないけど問題無いということ。

 

2004年式のアドレスV100からアドレス110に乗り換え。0発進や中速加速はアドレスV100と同じくらいあって快適。しかし、トルク感は無い。14インチホイールのおかげでうねった路面でもハンドルが取られにくい。ハンドルの高さが少し高いため、肩が凝る人もいると思う。

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト