リード125とアクシストリートの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード125とアクシストリートの違いを比較

 

ホンダ リード125の歴史

1982年2月に初代リード125が新発売。
1982年10月に2ストローク124ccエンジンを搭載したリード125(JF01)を追加しましたが約1年で製造販売終了となり、HONDAの125ccクラススクーターは4ストロークエンジン搭載のスペイシー125ストライカーに移行。それ以降、125ccのリードは、5代目までありません。
2013年7月4日にリード125(5代目)が発売。型式は、EBJ-JF45
車体色は、4色(ブラウン、シルバー、ホワイト、ブラック)。
2015年6月18日にマイナーチェンジ。
車体のフロントトップカバーとヘッドライト上部に配したガーニッシュのクローム処理を艶消しへと変更。アイストに電圧感知機能を追加し、バッテリーサイズを大型化。従来からあるエンジンオイル交換時期の目安をメーター内の液晶ディスプレイに表示する機能で表示が点灯するまでの走行距離を設定範囲内で任意に選択できるようになった。車体色は、新色の「エグザルテッドブルーメタリック」を追加。継続色のシルバー、ブラック、ホワイトに加え、全4色。
2016年4月22日にカラーチェンジ。
車体色は、新色の「キャンディーノーブルレッド」を追加。継続色のブルー、シルバー、ブラック、ホワイトに加え、全5色。
2017年12月8日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-JF45
ヘッドライトがLEDに変更。フロントインナーボックスに電源ソケットが設けられた。フロアステップに左右計で30mmの絞り込みを行い、停車時の足つき性を向上。車体色は、単色がシルバー、ブラック、パールホワイトの3色。ツートーンがレッド、ブルー、パールホワイトの3色の全6色の設定。
リード125「EBJ-JF45」と「2BJ-JF45」の詳しい違いは、こちら
2018年7月2日に特別仕様の「リード125 SPECIAL」を発売。
リード125をベースに、フロントカバーからメーターカバー、フロアカバー、リアセンターカバー、リアキャリにかけてマットブラック塗装をを施したツートーンカラーモデル。
2019年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、単色がキャンディラスターレッド(新色)、ランベントシルバーメタリック、パールメタロイドホワイトの3色。ツートーンがパールダークアッシュブルー(新色)、ポセイドンブラックメタリック(新色)、パールメタロイドホワイトの3色の全6色の設定。またフロントブレーキキャリパーとリアサスペンションスプリングのカラーをレッドからブラックに変更。

 

 

ヤマハ アクシストリートの歴史

2009年8月25日 新発売。型式は、EBJ-SE53J
2011年2月15日 カラーチェンジ。
車体色は、新色2色(ブルー、ガンメタ)を追加、従来色2色(シルバー、ブラック)と合わせて4色の設定。
2012年7月13日 マイナーチェンジ。
マイナーチェンジでは、シートに赤いステッチが入り、上面にメッシュ加工を施した。車体色は、新色3色(シルバーブルー、ダークブラウン、ホワイト)と継続色2色(シルバー、ブラック)の5色の設定。
2015年1月10日 カラーチェンジ。
車体色は、新色2色(レッド、パープル)を追加、従来色3色(ダークブラウン、パールホワイト、ブラック)と合わせて5色の設定。
2017年9月1日に生産終了と発表。

 

 

ここでは、
2015年6月発売のホンダ リード125(EBJ-JF45)と
2015年1月発売のヤマハ アクシストリート(EBJ-SE53J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ リード125

ヤマハ アクシストリート

発売

2015年6月

2015年1月

型式

EBJ-JF45

EBJ-SE53J

全長

1835mm

1795mm

全幅

685mm

675mm

全高

1125mm

1070mm

ホイールベース

1275mm

1255mm

シート高

760mm

735mm

最低地上高

140mm

105mm

総重量

114kg

110kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

27°

トレール(mm)

75

74

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-12 44J

3.50-10 51J

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

3.50-10 51J

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストロークSOHC 2バルブ単気筒

総排気量

124cc

124cc

圧縮比

11.0

9.5

ボア

52mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

8.4(11PS)/8500

6(8.1PS)/7000

最大トルク(N・m/rpm)

12(1.2kgf・m)/5000

8.9(0.91kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送ウエットサンプ

燃料タンク容量

6.0L

5.6L

燃料消費率(km/L)

51(60km/h)・48.5(WMTCモード)

46(60km/h)・42.7(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥293,760 エグザルテッドブルーメタリック ¥293,760 アルテミスシルバーメタリック ¥293,760 ポセイドンブラックメタリック ¥293,760 パールジャスミンホワイト

¥226,800 ビビッドレッドメタリック5 ¥226,800 ダークグレイッシュパープルメタリック1 ¥226,800 ダークレディッシュグレーメタリック2 ¥226,800 ニューパールホワイト ¥226,800 ブラックメタリックX

 

リード125とアクシストリートの違いを比較
リード125とアクシストリートの装備の違い

 

リード125とアクシストリートの比較の口コミ

 

 

●燃費の比較

 

カタログスペック

アクシストリート 46(60km/h)・42.7(WMTCモード)
リード125 51(60km/h)・48.5(WMTCモード)

 

みんカラ

アクシストリート 33.40km/L (回答数:259人)
リード125  44.22km/L (回答数:796人)

 

●メーターの比較

 

ヤマハ アクシストリート

左から
ヘッドライト上向き表示灯
方向指示器表示灯
スピードメーター
オドメーター
エンジンオイル交換インジケーター
エンジン警告灯
燃料計

 

ホンダ リード125

左から
方向指示器表示灯
ハイビームパイロットランプ
水温警告灯
スピードメーター
燃料計
エンジンオイル交換時期表示
モードボタンでオドメーター、トリップメーター、時計を切り替える。
アイドリングストップ表示灯
PGM-FI 警告灯

 

 

リード125とアクシストリートで迷ってたけど足元がアクシストリートの方が楽だったからアクシストリートにした。

 

 

リード125のデザインは、ダサすぎる。ダサいのに派手な見た目にするくらいならアクシストリートみたいに地味にすればいいのに。

 

 

アクシストリートは、リードと比較すると出だし遅いけど街中で走る分には特に不便を感じない程度の出足はあるよ。でも坂道発進は確かに遅い。

 

 

モトチャンプ2016年4月号での計測。
0-100m(外車は除外)
リード125>シグナス>BWs>PCX>アドレス125>NMAX>アドレス110>Dio110>トリシティ>アクシストリート

 

最高速度(外車は除外)
PCX>リード125>NMAX>BWs>アドレス110>Dio110>アドレス125>シグナス>アクシストリート>トリシティ

 

 

●タイヤの比較

 

ヤマハ アクシストリート

タイヤサイズ
前輪3.50 - 10 51J
後輪3.50 - 10 51J
指定タイヤ
前輪CHENG SHIN / C-922L
後輪CHENG SHIN / C-6007

 

ホンダ リード125

タイヤサイズ
前輪90/90-12 44J
後輪100/90-10 56J
指定タイヤ
前輪CHENG SHIN C-922F
IRC MB520 Z
後輪CHENG SHIN C-922R
IRC MB520 Z

 

●バルブ(電球)の比較

 

ヤマハ アクシストリート

ヘッドライト12 V, 40 W/40 W x 1
テール/ ブレーキランプ12 V, 5.0 W/18.0 W x 1
フロントウィンカー12 V, 10.0 W x 2
リアウィンカー12 V, 10.0 W x 2
番号灯12 V, 5.0 W x 1 ( 尾燈兼用)
メーター灯12 V, 1.7 W x 2

 

ホンダ リード125

ヘッドライト12 V-35/35 W
ブレーキ・テールランプLED
フロントウィンカー12 V-10 W X2
リアウィンカー12 V-10 W X2
ポジションランプLED
ライセンスプレートライト12 V-5 W

 

●変速比・減速比の比較

 

ヤマハ アクシストリート

変速比
2.572-0.851 :1
減速比
1 次1.000
2 次7.794(40/15 x 38/13)

 

ホンダ リード125

変速比
無段変速 2.600 〜 0.820
減速比
機関から変速機 1.000
1 次2.380
2 次3.769

 

アクシストリートの良い所は、 価格が安い、足下が広い、シート高が一番低い、原付二種の廉価車の中では、メットインが一番大きい、前カゴ可、絶妙な大きさと重さの車体、ウインカースイッチが使いやすい、キーの位置が使いやすい。リード125の嫌な所は、キックがないし、価格が高い。キックと価格が気にならないならリード125でいいと思う。でも少し大きいね。あとホンダは、スイッチ類が使いづらい

 

 

リードは、直線番長でコーナーリングがまったく楽しめないスクーター。原付二種の中でも一番苦手じゃないのかな。まだアクシストリートの方が上。

 

 

正直アクシストリートは、設計が古すぎる。加速が悪いのに燃費も悪い。最新のespエンジンのリード125とは、比較にならない。

 

 

リード125とアクシストリートを試乗してアクシストリート買った。リードは、ハンドルポケットが無いのと身長が高い自分には、足が伸ばせないのが辛かった。

 

 

俺もリード125試乗したけど、身長190cmで足が伸ばせないのが辛かったからトリートにした。

 

 

リアボックス付けるならリード125の方が似合う。トリートは、微妙。

 

 

リード125にキック付いてないから、アクシストリートにしたって人もいると思う。

 

 

リード125のエンジンは、アクシストリートのエンジンよりもハイパワーで燃費が良い。あらゆる面でリード125のエンジンの方が優れてる。でも6万円以上違うから良くて当然だけど。

 

 

アクシストリートからリード125に乗り換えたら、フロントが重く感じる。燃料タンクが前にあるからだと思うけど、前のトリートが凄く軽いと実感できた。

 

 

アクシストリートから2018年式のリード125に乗り換えた。不満は、メットインを開ける時にボタン押すのが面倒くさいのと乗り心地が硬いぐらいであとは、満足。よく二人乗りするけどトルクもあって加速も十分。アクシストリートよりリード125のLEDヘッドライトが明るいのがいいね。

 

リード125とアドレス110の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト