リード125とアドレス110の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード125とアドレス110の違いを比較

 

ホンダ リード125の歴史

1982年2月に初代リード125が新発売。
1982年10月に2ストローク124ccエンジンを搭載したリード125(JF01)を追加しましたが約1年で製造販売終了となり、HONDAの125ccクラススクーターは4ストロークエンジン搭載のスペイシー125ストライカーに移行。それ以降、125ccのリードは、5代目までありません。
2013年7月4日にリード125(5代目)が発売。型式は、EBJ-JF45
車体色は、4色(ブラウン、シルバー、ホワイト、ブラック)。
2015年6月18日にマイナーチェンジ。
車体のフロントトップカバーとヘッドライト上部に配したガーニッシュのクローム処理を艶消しへと変更。アイストに電圧感知機能を追加し、バッテリーサイズを大型化。従来からあるエンジンオイル交換時期の目安をメーター内の液晶ディスプレイに表示する機能で表示が点灯するまでの走行距離を設定範囲内で任意に選択できるようになった。車体色は、新色の「エグザルテッドブルーメタリック」を追加。継続色のシルバー、ブラック、ホワイトに加え、全4色。
2016年4月22日にカラーチェンジ。
車体色は、新色の「キャンディーノーブルレッド」を追加。継続色のブルー、シルバー、ブラック、ホワイトに加え、全5色。
2017年12月8日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-JF45
平成28年排ガス規制に対応。ヘッドライトがLEDに変更。フロントインナーボックス内に12Vの電源ソケットが設けられた。フロアステップの後部で左右計で30mmの絞り込みを行い、足つき性を向上。アルミホイールのスポークが5本から10本に変更。車体色は、単色がシルバー、ブラック、パールホワイトの3色。ツートーンがレッド、ブルー、パールホワイトの3色の全6色の設定。
リード125「EBJ-JF45」と「2BJ-JF45」の詳しい違いは、こちら
2018年7月2日に特別仕様の「リード125 SPECIAL」を発売。
リード125をベースに、フロントカバーからメーターカバー、フロアカバー、リアセンターカバー、リアキャリにかけてマットブラック塗装をを施したツートーンカラーモデル。
2019年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、単色がキャンディラスターレッド(新色)、ランベントシルバーメタリック、パールメタロイドホワイトの3色。ツートーンがパールダークアッシュブルー(新色)、ポセイドンブラックメタリック(新色)、パールメタロイドホワイトの3色の全6色の設定。またフロントブレーキキャリパーとリアサスペンションスプリングのカラーをレッドからブラックに変更。

 

 

スズキ アドレス110の歴史

1998年4月24日に2ストロークモデルが新登場。型式は、BD-CF11A
2000年3月21日にマイナーチェンジ。
ヘッドランプをマルチリフレクタータイプに変更。リヤターンシグナルランプをクリアタイプにして前後灯火器の質感を向上。リヤキャリアの剛性を高めた。シートを黒とグレーのツートーンカラーに変更。質感が高くスポーティーなデザインのキャストホイールを装着したキャストホイール仕様を設定。車体色は、3色(パールスティルブルーグレー、キャンディグランブルー、ソニックシルバーメタリック)。
2003年に2ストロークモデルが生産中止。
Vシリーズの後継は、アドレスV125となった。
2015年3月19日に4ストロークモデルが発売。型式は、EBJ-CE47A
車体色は、3色(ブリリアントホワイト、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック)。
2016年4月27日にマイナーチェンジ。
シート表皮のデザインを変更。車体色は、3色(ブリリアントホワイト、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック)。
2018年3月26日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-CE47A
平成28年国内排出ガス規制対応でパワーと燃費が若干ダウン。最高出力が6.7kW[9.1PS]/8,000rpm→6.5kW[8.8PS]/7,750rpm。最大トルクが8.6N・m[0.88kgf・m]/6,000rpm→8.6N・m[0.88kgf・m]/6,250rpmに変更。WMTCモード値燃費が51.2km/L→48.9km/L。車体色は、4色(トリトンブルーメタリック、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック、ブリリアントホワイト)。

 

 

ここでは、まず最初に
2015年6月発売のホンダ リード125(EBJ-JF45)と
2016年4月発売のスズキ アドレス110(EBJ-CE47A)
を比較しました。

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ リード125

スズキ アドレス110

発売

2015年6月

2016年4月

型式

EBJ-JF45

EBJ-CE47A

全長

1835mm

1845mm

全幅

685mm

665mm

全高

1125mm

1095mm

ホイールベース

1275mm

1260mm

シート高

760mm

755mm

最低地上高

140mm

120mm

総重量

114kg

97kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

25゜ 45'

トレール(mm)

75

97

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-12 44J

80/90-14 M/C 40P

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

90/90-14 M/C 46P

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

124cc

112cc

圧縮比

11.0

9.3

ボア

52mm

51mm

最高出力(kW/rpm)

8.4(11PS)/8500

6.7(9.1PS)/8000

最大トルク(N・m/rpm)

12(1.2kgf・m)/5000

8.6(0.88kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

 

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

 

燃料タンク容量

6.0L

5.2L

燃料消費率(km/L)

51(60km/h)・48.5(WMTCモード)

53(60km/h)・51.2(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥293,760 エグザルテッドブルーメタリック ¥293,760 アルテミスシルバーメタリック ¥293,760 ポセイドンブラックメタリック ¥293,760 パールジャスミンホワイト

¥205,200 アイスシルバーメタリック ¥205,200 ブリリアントホワイト ¥205,200 タイタンブラック

 

リード125(EBJ-JF45)とアドレス110(EBJ-CE47A)の違いを比較

 

リード125(EBJ-JF45)とアドレス110(EBJ-CE47A)の比較の口コミ

 

 

タイヤ       タンク   最高出力   最大トルク    重量
12_10インチ 6.0L 8.4[11]/8,500 12[1.2]/5,000  114kg  リード125  
14_14インチ 5.2L 6.7[9.1]/8,000 8.6[0.88]/6,000 97kg アドレス110

 

 

モトチャンプ2016年4月号での計測。
0-100m(外車は除外)
リード125>シグナス>BWs>PCX>アドレス125>NMAX>アドレス110>Dio110>トリシティ>アクシストリート

 

最高速度(外車は除外)
PCX>リード125>NMAX>BWs>アドレス110>Dio110>アドレス125>シグナス>アクシストリート>トリシティ

 

 

 

リード125は、リヤがLEDだぜ。

 

 

リード125は、値段以外の全ての面でアドレス110より優れてると思う。エンジンは、やっぱリードの方が良い。

 

 

リード125のメットインの容量は魅力的だけど14インチのアドレスにリアボックス付けるほうが安いし利便性が高そう。

 

 

リード125は、アドレス110より17kgも重い。給油口もあんな場所にあるからいちいち中腰にならなきゃいけないし、リードは、給油口に問題がある。アドレス110の方が軽快でいい。

 

 

リード125は、キックスターターないしデザインがダサイから無理。アドレス110の方が全然カッコいい。

 

 

ネーミングを見ろ。リードは、導くだからカッコいい。アドレスは、住所でダサイ。

 

 

車で言えばリードは、クラウン。アドレス110は、ワゴンR。

 

 

リード125のダメな所は、ダサイ、シート硬い、車重が重い、給油しづらい、キックがない、高いだからアドレス110にした。

 

 

メットインは、リード125が容量37Lでフルフェイスヘルメットとタンデム用ヘルメットを同時に収納できる。大きくて便利だが底の凸凹が多すぎて以外と入らない物も多い。アドレス110は、容量20.6Lでフルフェイスヘルメットと雨具が入る位のサイズ。

 

 

フロントポケットは、アドレスみたいににオープンなポケットの方がいいよね。ポンと気軽に入れることができるからそっちの方が便利。リードは、大して物が入らないし、何の為につけたフタか疑問に思う。部品数が多いと壊れるリスクも上がるし。

 

 

 

リードのフロントポケットは、350mlのペットボトルしか入らないから不便。アドレス110は、右側に500ml、左側に600mlのペットボトルが入る。。

 

 

リード125は、乗り心地が悪いぞ。サスもシートも硬すぎ。アドレスの方がシートもサスも少し柔らかい。

 

 

最高速は、平地のメーター読みでリード125が108km/h。アドレス110が98km/h。

 

 

出足の加速は、リードの方が良いね。アドレスは、もっさりしてる。

 

 

燃費は、ツーリングでリード125が51km/L位。アドレス110が47km/L位。

 

 

リード125の給油口の位置は、大型フックの下にあり、スライド開閉式のフューエルリッドとなっている。メインスイッチをオープナーに合わせてバタフライスイッチを上に押すとフューエルリッドカバーが開いて給油口が現れる。リードは、給油がやりづらく、吹きこぼれやすい。アドレス110は、メインスイッチのOFFの位置から左に捻るとシートが開き、シート下から給油口が現れる。

 

 

エンジンや装備は、リード125が優れているがリード125に乗るには、ダサいのに乗っても恥ずかしく思わない強い意志か無神経さが必要。

 

 

リード125は、エンジンがESP。最高速もアドレス110が100km/hくらいなのにリード125は、それにプラス10km/hは固い。 加速も登坂能力もリード125が上。

 

 

アドレス110に試乗してみて出だしのもっさりに不満を持ったならリード125にした方がいい。

 

 

出だしの加速力も最高速もリード125の方が優れているけどリードは、直線番長。だからコーナリングは、苦手。

 

 

車を持ってないならリード125。持ってるならアドレス110。

 

 

アドレス110でリード125と信号ダッシュをしたけど余裕で離された。やっぱ125クラスにはかなわないね。

 

 

軽さと小ささと安さと以外は、全てリード125の勝ち。でもリード125は、絶望的なデザインだけど。

 

 

俺は、すり抜けしやすいスリムな通勤快速が欲しかったからアドレス110にした。リード125は、幅が広いからダメ。

 

 

リード125より若干アドレス110の方がコンパクト。駐輪、すり抜け、価格重視ならアドレス110だね。

 

 

リード125の加速、最高速、積載性が原付二種でトップクラスなのは誰もが認めているでもトータルパランスを求めるとアドレス110になる。

 

 

リード125のメットインは、広いけど浅い。アドレス110のメットインは、リード125より深いからヘルメットの選択肢が広がる。

 

 

この前、若い子がリードに乗ってたけどリードは、誰が乗ってもおっさん臭く見えるね。まあ、アドレス110も大学生が乗ってたりするとそれなりに様になってるがオジサンが乗ると貧乏くさく見えるね。

 

 

重量差17kg、価格差約9万円、デザインを考えたら、リード125に値段の差以上のメリットが無いからはアドレス一択だろ。

 

 

リード125の方が速くて、メットインも広いけど、なんか年寄り臭いイメージがある。

 

 

アドレス110は、それなりに煩い。リード125は、本当に静か。でも静か過ぎて歩行者が気付いてくれないことがある。

 

 

リード125がアドレス110と近い価格だったら、もちろんリード125を買ったけど10万円違ってその価格差にみあうかと考えたらNOだから俺は、アドレス110を買った。

 

 

俺は、パワーや積載量を取るか、軽さを取るかで悩んで軽いアドレス110にした。うちの駐車場が狭いからリードにすると毎日の出し入れが大変なんだよな。

 

 

俺は、教習車がリード125で乗った感じ少し重かった。初めてアドレス110に乗った時、ヒラヒラ乗れて楽しかったからアドレスにした。

 

 

箱を付けたくない人は、リード125がオススメ。最初から箱付けるつもりなら積載性は、「アドレス110+箱」で充分。

 

 

アドレス110とリード125だとホイール径の大きさが違うからアドレス110からリード125に乗り換えるとタイヤが小さくなって、道路の端のうねりに弱くなる。だからすり抜けの性能は、落ちるし、乗り心地や高速安定性も悪くなる。普通の路面でもアドレス110では、感じなかった微振動をリード125では、感じるようになる。

 

 

2017年12月に見積もりとったらリード125が26万円くらいでアドレス110が17万円くらい。

 

 

金無いならアドレス110にして40リットルぐらいのリアボックスつければいい。GIVIならポン付けできるし、リード125買うより8万円ぐらい安くいけると思う。

 

 

アドレス110とアドレスV125とリード125に試乗したけど、一番乗り心地が悪かったのがリード125だった。でもリード125は、メットイン容量が圧倒できだからな。

 

 

綺麗に舗装された道ならアドレス110でもリード125でも乗り味は、似たようなものだと思う。でも段差や溝の蓋とかでハンドルを取られやすいのはリード125。タイヤが小さいから仕方ない。

 

 

どこかのブログでアドレス110にリード125の積載ができるか挑戦してたけど、かなり積めてたからアドレス110でも積もうと思えばリード125と似たようなことができる。まあ、運転する人のつま先がどこまで支えられるかって問題はあるけど。

 

 

 

次に
2017年12月8日発売のホンダ リード125(2BJ-JF45)と
2018年3月26日発売のスズキ アドレス110(2BJ-CE47A)
を比較しました。

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

リード125

アドレス110

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

2BJ-JF45

2BJ-CE47A

発売日

2017年12月8日

2018年3月26日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1840

1845

全幅 (mm)

680

665

全高 (mm)

1130

1095

ホイールベース (mm)

1275

1260

最低地上高(mm)

140

120

シート高 (mm)

760

755

車両重量 (kg)

114

99

最小回転半径(m)

2

1.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

52.2

53

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50

48.9

原動機型式

JF45E

AE54

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

空冷

排気量 (cc)

124

112

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

51

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

55.2

圧縮比(:1)

11

9.3

最高出力(kW)

8.3

6.5

最高出力(PS)

11

8.8

最高出力回転数(rpm)

8500

7750

最大トルク(N・m)

11

8.6

最大トルク(kgf・m)

1.1

0.88

最大トルク回転数(rpm)

5000

6250

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

6

5.2

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

-

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

YTX7L-BS

バッテリー容量

12V-7Ah10HR

12V 21.6kC(6Ah)/10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

-

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

0.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.65

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

0.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

2.75

2次減速比

-

3.615

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°30

25°45

トレール量 (mm)

75

97

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

90/90-12

80/90-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

44

40

タイヤ(前)速度記号

J

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

90/90-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

46

タイヤ(後)速度記号

J

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

1.85

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.75

1.85

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

-

35W

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

HS1

ヘッドライト定格(Lo)

-

35W

テールライトタイプ

LED

-

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有

車両装備

DCソケット 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格

309,960円

213,840円

 

 

リード125(2BJ-JF45)とアドレス110(2BJ-CE47A)の違いを比較

 

左がリード125(2BJ-JF45) 右がアドレス110(2BJ-CE47A)
リード125(2BJ-JF45)とアドレス110(2BJ-CE47A)の装備違いを比較

 

リード125(2BJ-JF45)とアドレス110(2BJ-CE47A)の比較の口コミ

 

 

荷物の収納を優先する人は、タイヤが小さくて乗り心地が悪いリード125を買えばいいし、自分みたいに車体がコンパクトで14インチがいい人はアドレス110買えばいい。

 

 

●2019年時点のメーカー小売価格
アドレス110  213,840円
リード125 309,960円
●2019年9月時点の同じバイク屋の乗り出し価格(自賠責5年)
アドレス110 200,350円
リード125 314,350円

 

リード125とアドレス110の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト