リード110とスペイシー100の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード110とスペイシー100の違いを比較

 

ホンダ リード110/EXの歴史

2008年1月25日にリードの4代目として新登場。2006年から中国で製造販売していたSCR110を日本国内の法規に適合させて発売。 型式は、EBJ-JF19
車体色は、5色(キャンディールーシッドレッド、ボスグレーメタリック、ブラック、スマートブルーメタリック、パールシルキーホワイト )の設定。
2009年1月23日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(ブレイシングブルーメタリック、アドバンスドオレンジメタリック)と継続色3色(パールシルキーホワイト、ブラック、ボスグレーメタリック)の5色の設定。
2009年2月12日に特別・限定仕様のリード・スペシャルカラーを2000台限定で発売。
車体色は、オニキスブルーメタリックとし、フロントロアカバーから足元のアンダーカバーにかけてクリーンシルバーメタリックをあしらったツートーン。
2010年2月25日にマイナーチェンジし、車名をリード・EXに変更。
コンビブレーキシステムに新たに3ポットのフロントブレーキキャリパーを採用。サイドスタンドの戻し忘れを検知するインヒビタースイッチを内蔵した純正オプションのサイドスタンドを装着可能とした。車体色は、新色3色(コスミックシルバーメタリック、キャンディーバリュアブルレッド、パールコーンイエロー)と継続色2色(パールシルキーホワイト、ブラック)の5色の設定。また、前・後ホイールおよびリアキャリアのカラーリングをバーニアグレーメタリックに変更。
2013年7月4日にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

ホンダ スペイシー100の歴史

2003年9月13日に新登場。型式は、BC-JF13
リード100生産中止を受けたモデルチェンジ車。従来のリード100に比べて実用的な燃費が約30%向上。車体色は、4色(ブラック、パールホワイト、ボスグレーメタリック、パールコーンイエロー)の設定。
2005年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、新色の2色(ブレイシングブルーメタリック、コスミックシルバーメタリック)と従来色の2色(ブラックとパールコーンイエロー)を加えた全4色の設定。
2007年2月6日にカラーチェンジと細部を熟成。フロントブレーキのキャリパーやリアキャリアをブラック塗装に。ロゴマークを一新。シートにステッチ加工を施す。車体色は、新色の「パールホワイト」を採用し、従来色の3色(ブラック、コスミックシルバーメタリック、パールコーンイエロー)とあわせて全4色の設定。
2008年9月に日本向け車両の生産終了。

 

 

ここでは、
2008年1月発売のホンダ リード110(EBJ-JF19)と
2007年2月発売のホンダ スペイシー100(BC-JF13)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

通称名

リード

スペイシー100

車名・型式

ホンダ・EBJ-JF19

ホンダ・BC-JF13

全長×全幅×全高(m)

1.835×0.665×1.125

1.795×0.680×1.070

軸距(m)

1.275

1.235

最低地上高(m)

0.105

0.125

シート高(m)

0.74

0.73

車両重量(kg)

114

101

乗車定員(人)

2

2

最小回転半径(m)

1.9

1.9

エンジン型式・種類

JF19E・水冷 4ストロークOHC単気筒

JF13E・強制空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量(cm3)

107

102

内径×行程(mm)

50.0×55.0

50.0×52.0

圧縮比

11

9

最高出力(kW[PS]/rpm)

6.6[9.0]/7,500

5.2[7.1]/7,500

最大トルク(N・m[kg・m]/rpm)

9.3[0.95]/6,250

7.8[0.8]/5,000

燃料消費率(km/L)

50.0(60km/h定地走行テスト値)

45.0(60km/h定地走行テスト値)

始動方式

セルフ式

セルフ式(キック式併設)

点火装置形式

フルトランジスタ式バッテリー点火

CDI式バッテリー点火

潤滑方式

圧送飛沫併用式

圧送飛沫併用式

燃料タンク容量(L)

6.5

6.5

クラッチ形式

乾式多板シュー式

乾式多板シュー式

変速機形式

無段変速式(Vマチック)

無段変速式(Vマチック)

変速比 1速

2.590〜0.880

2.830〜0.850

減速比 1次

2.5

2.5

減速比 2次

3.769

3.769

キャスター(度)/トレール(mm)

26°30´/74

27°00´/75

タイヤサイズ 前

90/90-12 44J

90/90-12 44J

タイヤサイズ 後

100/90-10 56J

100/90-10 56J

ブレーキ形式 前

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式 後

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディング・トレーリング

懸架方式 前

テレスコピック式

テレスコピック式

懸架方式 後

ユニットスイング式

ユニット・スイング式

フレーム形式

アンダーボーン

アンダーボーン

 

リード110とスペイシー100の違いを比較

 

リード110とスペイシー100の比較の口コミ

 

 

リード110の最高速は、83km/hぐらいしか出ない。スペイシー100でも90km/hは、超えるのに。

 

 

リード110は、スペイシー100みたいに足が投げ出せたら良かったんだけど。

 

 

バイク屋でリード110とスペイシー100が並んであった。サイズ的には、一緒だね。タンクの位置やメットインの広さが違う。

 

 

排気量は、スペイシー100が102cc。リード110は、107cc。5ccしか差はない。

 

 

リード110は、スペイシー100より乗りやすい。でもライトは、スペイシーより暗いね。

 

スペイシー100からリードEXに乗り換えたが確かにリードEXの方が足元が狭いし、パーキングブレーキも標準装備じゃない。でも低中速の加速が圧倒的に良くなった。二人乗りする時に特に痛感する。最高速は、スペイシーの方がいいけどそこまでにかかる時間を考えたらその速度を使うことは、めったに無い。燃費は、10km/L近く向上。メットインは、浅いけどデカイのは便利。乗り心地も向上。細部の作り・質感も大きく向上。

 

 

スペイシー100からリード110に乗り換えたけど若干リード110の方がパワーあるかな。

 

 

2stのアドレスV100からスペイシー100に乗り換えた時は、凄くエンブレ効くと思ったけどリードEXは、スペイシー100より更にエンブレが効く。

 

 

●車両重量と馬力
スペイシー100 101kg 7.1ps
リード110 114kg 9ps

 

 

スペイシー100にリード110の純正リヤサスがポン付けできた。長さ15mmで快適。

 

 

上り坂は、スペイシー100よりリード110の方がマシ。リード110の方が全然パワーある

 

 

乗り心地とタンデムの快適さは。スペイシー100の方が上だった。

 

 

リード110からスペイシー100に乗り換えたけど加速が遅いし、、安定感ないし、フロントサスがゴツゴツしてて乗り心地が悪い。同じようなパーツ使ってるのになんでだろ?。

 

 

スペイシー100とリードEXだとリードEXの方が速い。

 

 

●タンク容量
スペイシー100 6.5L
リード110 6.5L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
スペイシー100 45km/L
リード110 50km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
スペイシー100 6.5L × 45km/L =292.5km
リード110 6.5L × 50km/L =325km

 

 

スペイシー100乗りだけどリードのフロアは、本当に狭い。

 

 

加速は、似たようなもの。最高速は、スペイシー100が97Km/h。リード110が88km/h。燃費は、同じくらい。安定感、収納、制動力、デザインは、リード。

 

 

スペイシー100とリード110は、パーキングブレーキが標準装備。リードEXは、パーキングブレーキがなくなった。

 

 

スペイシー100は、余裕で足を伸ばせたのにリード110は、伸ばせないのがキツイ。

 

 

 

リード110とスペイシー100の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト