アドレスV125Sとアドレス125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレスV125Sとアドレス125の違いを比較

 

スズキ アドレスV125Sの歴史

2010年8月6日に「アドレスV125S」が新登場。型式は、EBJ-CF4MA
新色のパールウィザードパープルのほか、グラススパークルブラック、ソニックシルバーメタリックNo.2、パールグラスホワイトNo.2の4色を設定。
2010年8月6日に「アドレスV125S Basic」が新登場。
盗難抑止アラームおよび一部装飾の省略に方向指示器の仕様を一般的なものとし価格を1万円ほど抑えた。車体色は、グラススパークルブラック、ソニックシルバーメタリックNo.2、パールグラスホワイトNo.2の3色を設定。
2011年1月に「アドレスV125S」の特別色を発売。
キャンディカプリブルーを特別色として設定。
2011年10月28日に「アドレスV125S Limited」が新登場。
アドレスV125Sをベースに、ナックルバイザー、グリップヒーター、シートヒーターを装着したモデル。車体色は3色設定とし、グラススパークルブラック・ソニックシルバーメタリックNo.2を2011年10月28日、ファントムブラックメタリックNo.2を2012年1月27日に発売。
2012年1月に特別色の「アドレスV125S」を発売。
キャンディソノマレッドNo.2を特別色として設定。
2012年1月に「アドレスV125S Limited」をカラーチェンジ。
車体色は3色設定とし、グラススパークルブラック・ソニックシルバーメタリックNo.2を2011年10月28日、ファントムブラックメタリックNo.2を2012年1月27日に発売。
2012年9月に「アドレスV125S」をカラーチェンジ。
新色のファントムブラックメタリックNo.2、既存色のパールグラスホワイトNo.2、グラススパークルブラックの3色の設定。特別色のキャンディカプリブルー、キャンディソノマレッドNo.2も継続。
2012年12月に「アドレスV125S Limited」をカラーチェンジ。
新色のグラスミッドナイトブラウンと、既存色のソニックシルバーメタリックNo.2、ファントムブラックメタリックNo.2の3色の設定。

2013年1月に特別色の「アドレスV125S」を発売。
グリームグレーメタリックを特別色として設定。
2013年9月「アドレスV125S」をカラーチェンジして発売。
新色のパールブレーシングホワイト、既存色のキャンディカプリブルー、グラススパークルブラック、ファントムブラックメタリックNo.2の全4色の設定。
2013年10月「アドレスV125S Limited」をカラーチェンジ。
車体色を新色のグリームグレーメタリック、パールグラスホワイトNo.2と、既存色のグラスミッドナイトブラウンの全3色の設定。
2013年12月に特別色の「アドレスV125S」を発売。
キャンディダーリングレッドを特別色として設定。
2017年9月にメーカーより日本向け車両のV125シリーズ全仕様の生産終了が発表された。

 

 

スズキ アドレス125の歴史

2017年9月29日に「アドレス125」が新登場。型式は、2BJ-DT11A
車体色は、3色(パールグレイスフルホワイト、パールノベルティブラック、キャンディパトリシアンレッド)の設定。
2018年3月30日に「アドレス125フラットシート仕様」を発売。
変更点は、シート座面を平らとして、シート下トランクスペースの容量を増やした。車体色は、従来と同じ3色の設定。
2018年10月23日に「アドレス125」と「アドレス125フラットシート仕様」をカラーチェンジして発売。
車体色は、どちらも新色1色(ウォームシルバーメタリック)と継続色2色(パールグレイスフルホワイト、パールノベルティブラック)の全3色の設定。

 

 

ここでは、
2013年12月発売のスズキ アドレスV125S(EBJ-CF4MA)と
2017年9月発売のスズキ アドレス125(2BJ-DT11A)と
を比較しました。

 

 

ちなみにアドレスV125GとアドレスV125Sの違いはこちら

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

アドレスV125S

アドレス125

発売年

2013年12月

2017年9月

全長 (mm)

1780

1900

全幅 (mm)

635

685

全高 (mm)

1035

1135

軸間距離 (mm)

1235

1285

最低地上高 (mm)

120

120

シート高 (mm)

745

745

車両重量 (kg)

101

109

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

53.5

52.5

行程(ピストンストローク)(mm)

55.2

57.4

圧縮比(:1)

9.6

10.3

最高出力(kW)

7.3

6.9

最高出力(PS)

9.9

9.4

最高出力回転数(rpm)

7500

7000

最大トルク(N・m)

10

10

最大トルク(kgf・m)

1

1

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

6.3

6

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

327.6

312

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.95

0.8

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

26

27

トレール量 (mm)

82

92

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

52

52

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

42.6

51

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

90/90-10

90/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

50

44

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(後)

100/90-10

100/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

56

タイヤ(後)速度記号

J

J

メーカー希望小売価格

261,450円(消費税8%込み)

221,400円(消費税8%込み)

 

アドレスV125Sとアドレス125の違いを比較

 

 

アドレスV125Sとアドレス125の比較の口コミ

 

 

通勤の足として使うなら型落ちで値下げされたアドレスV125を買うのもありだと思う。エンジンが設計が古いから燃費は若干悪いけど、古いだけあって不具合箇所がクリアされてきてるし、排ガス規制基準が古い分、パワーがある。

 

 

アドレス125は、アドレスV125Sよりシートが長くなってタンデムしやすくなったね。

 

 

新型アドレス125は、フロントは12インチになったのがいいね。前輪も障害物を乗り越える時はタイヤが大きい方が有利。段差を超える時に良さを実感するよ。タイヤ交換する時、12インチの方が10インチより値段が高いけど、フロントは、2万kmぐらいもつから値段の差は、あまり気にならない。

 

 

メーカー小売価格は、
アドレスV125Sが268,920円だったけど、
アドレス125は221400円だから47,520円も下がったね。

 

 

●車両重量と馬力
アドレス125 109kg 9.4PS
アドレスV125S 101kg 9.9PS

 

 

アドレスV125Sからアドレス125に乗り換えたけど、車体が大きくなったのにメットインスペースは、小さくなってるね。時計もなくなった。あと「通勤快速」感は、アドレスV125Sより間違いなく劣ってる。以前のアドレスとは全く別のバイクと思った方がいい。でもゆったり乗れるから、これはこれでいいかも。

 

 

新型アドレス125は、前カゴ付かなくなった。

 

 

新型アドレス125は、アドレスV125Sより燃費が良くなったし、ホイールがアルミになったね。

 

 

バイク屋でアドレス125とアドレスV125Sが並んで置いてあったけど大きさが全然違った。スペックの数字は、見てたけど実際見ると想像以上に新型は、でかい。小回りは、そんなに得意じゃなさそうだけど、この大きさなら凄くゆったり乗れそう。あとは、値段が安いのが魅力だね。あとメットインがもうちょっと大きい方が良かった。

 

 

新型は、ホイールベースが5センチ増えただけなのに、ガワは、それよりずっとでかくなってる。俺は、これまでアドレスV125に乗ってきたけどV125は、小さくて軽かったけどそれ故に乗ってて貧相な気持ちになることがあった。新型は、この価格でゆったり感が味わえるのが魅力だと思う。特に体がでかい人には、向いてそう。

 

 

●タンク容量
アドレス125 6L
アドレスV125S 6.3L

 

●燃費WMTCモード値
アドレス125 51km/L
アドレスV125S 42.6km/L

 

●航続距離
アドレス125 6L × 51km/L =306km
アドレスV125S 6.3L × 42.6km/L =268.38km

 

 

バイク屋で新型アドレス125と旧アドレスV125とアドレス125S、アドレス110とリード125が並んであった。質感ではリード125が抜けてるけど値段も圧倒的に高かった。質感と値段のバランスが一番良かったのがアドレスV125Sだった。サイズでは、旧アドレスV125とV125Sが一番コンパクト。リード125とアドレス110がほとんど同じサイズ。新アドレス125は、リード125より幅も含めて一回りでかい。特にタンデムステップあたりの幅が広い。メーターもかなりでかい。価格は、アドレス110が一番安かった。

 

 

アドレスV125Sの良さは、コンパクトなボディと6.3Lの大きな燃料タンクとフルフェイスが入るメットインだった。さらに前カゴもつけれた。新型アドレス125は、ボディが大きくなったのに燃料タンクとメットインは、小さくなった。

 

 

アドレス125は、デカくなったけど取り回しは、アドレスV125Sと変わらないよ。見た目は、全然アドレス125の方がデカイのに取り回ししてみると軽くて驚いた。s

 

 

バイク屋で新型アドレス125を見たけどかなり大きくなっててがっかりした。
原付二種は利便性が一番なのになんで大きくしたんだろう?

 

 

画像重ねてみた。
アドレスV125Sとアドレス125の画像を重ねてみた

 

 

スズキのアドレス125の発表会の動画見たら出足の加速が現行アドレスV125より速いみたい。ゼロ発進から数メートルで一車身ほど引き離すって言ってた。アクセルを開けた時のレスポンスが凄く速いんだって。信号が多い街乗りでは、出足が速いのはいいね。

 

 

アドレス125は、厳しい排ガス規制に対応してるのにアドレスV125より加速が良くなってるのは凄いね。アドレス125の巨体でこの結果は、驚き。新型エンジンは、よくできてるね。

 

 

俺のマンションの駐輪場は50ccまでなんだけど、そこにアドレスV125を停めてる。車体サイズが50cc原付と変わらないから、黙認されてる。そろそろ買い替えを考えてるがアドレス125にするとさすがに怒られそう。

 

 

アドレスV125の原付並みのコンパクトさ良かったのに、新型のアドレス125は、全長も全幅もアドレス110より長くなってるね。旧モデルのアドレスV125Sより全長が12cmも長くなると使い勝手が悪くなる。

 

 

通勤で渋滞が多くてすり抜けするならアドレスV125Sの方がいいと思うけど、通勤距離が長い場合や車の流れが速い幹線道路を通るならアドレス125の方がいい。

 

 

アドレスV125Sからアドレス125に乗り換えた。納車されて10kmぐらい走った感想だけど、とにかく足が楽。スポーツカーからセダンになった感じ。

 

 

俺は、見た目も性能も前のアドレスV125Sの方が良かった。

 

 

アドレスV125Sは、走行安定性が低い。乗ってれば慣れるけど、他の125ccスク乗った後だと不安定過ぎてもうアドレスV125には乗れないってなる。

 

 

アドレスV125Sは、フロント10インチだから50cc原付並みの貧弱さで直進安定性が無い。アドレス125になってやっと安心して乗れるようになった。

 

 

アドレスV125Sは、街乗り用途だからあれぐらいの安定性で充分。全長が短いから小回りが効きやすいし、すり抜けも楽。ツーリングするならアドレス125の方が楽。

 

 

アドレス125は、車体がでかいのに燃料タンク容量もメットインのサイズもアドレスV125Sに負けてる。それならコンパクトな方がいいわ。

 

 

アドレスV125は、原二の市場を開拓したロングセラーモデルだった。今回発売されたアドレス125は、Vが消えて、これまでのVシリーズとは、別物になった。同じシリーズとして批判してる人がいるけどそれは、見当違い。

 

 

アドレスV125は、長い間、何回もモデルチェンジを繰り返して不具合を解消してきた人気のモデル。これだけ売れ続けたのは、それだけ優れたモデルだったということ。パーツの種類も多いし、ネットでの情報が多いから買った後、自分でいろいろいじれる。アドレス125は、Vシリーズの後継を期待してた人が多いからそういう人たちには、不評で売れてないね。

 

 

アドレスV125Sとアドレス125では、狭い駐輪場に止める時や隙間をギリギリすり抜ける時にかなりの差があるよ。横幅が50mm、最小回転半径が20cm違うから切り返しを多用する時全然違う。

 

 

アドレスV125Sからアドレス125に乗り換えたけど、足元の広さがすごいね。この足元に慣れたらもうアドレスV125Sには戻れないと思う。

 

 

アドレスV125Sは、フロントホイールが10インチ。
アドレス125は、フロントホイールが12インチ。
12インチの方が走破性が高い。リヤはどちらも10インチ。

 

 

タイヤは、10インチの方がいいな。10インチより大きくするとタイヤ代が1.5倍になる。俺は、アドレスV125Sの方がいい。

 

 

通勤がメインですり抜けをよくする人は、アドレスV125Sの方がいいと思う。

 

 

バイク屋でアドレス125とアドレスV125Sが並んでたけど、アドレス125の方がかなりでかく見えた。でも乗ってみると取り回しは、アドレスV125Sとほとんど変わらないぐらい軽くて驚いた。。

 

 

●アドレスV125S
内径53.5mm×行程55.2mm / 圧縮比9.6
●アドレス125
内径52.5mm×行程57.4mm / 圧縮比10.3

 

 

●アドレスV125S
最大出力が9.9PS/7,500rpm。
最大トルクが1.0kgf・m/6,000rpm。
●アドレス125
最大出力が9.4PS/7,000rpm。
最大トルクが1.0kgf・m/6,000rpm。
最大出力時のトルクを出力から逆算したら
アドレスV125Sが9.7kgf・m/7,500rpm。
アドレス125が9.9kgf・m/7,000rpm。
アドレス125は、7000rpmまでトルクの落ち込みがほとんど無く、それ以上で一気に落ち込むのだろう。最高速は、頭打ちでダメだが、実用的では意外にパワフルと思う。スペックの数字より実際は優秀。

 

 

アドレス125とアドレスV125Sは、軸間距離が5cmしか変わらない。
まあ、このクラスの5cmの違いをどう捉えるかだけど。

 

 

アドレスV125Sは、9.9ps/7500rpm
アドレス125は、9.4ps/7000rpm。
アドレス125は、燃費を上げるためにエンジン回転数を低くしてる。

 

 

アドレス125は、走行中でも静かだね。アドレスV125Sは、結構唸るときがある。

 

 

ボア・ストロークは、
アドレス125が52.5×57.4mm。
アドレスV125Sが53.5×55.2mm。
アドレス125の方がロングストローク型。

 

 

アドレス125はこの車体の大きさで安く買えるがいい。大きいと言ってもPCXやNMAXよりは小さい。アドレスV125Sは、小さすぎて貧相に見える。

 

 

街乗りオンリーで乗る原二スクの車体が大きくなると利便性が悪くなるだけ。125ccスクーターに走行安定性なんか必要ないから、俺はアドレスV125Sの方が良い。

 

 

アドレス125は、先代アドレスV125Sより一回り大きくなって、馬力がですね9.9馬力から9.4馬力に下がって車重が101kgから109kgに少し増えた。エンジンは、新設計で静かになった。タイヤもフロントタイヤがV125Sの10インチから12インチになって安定感が増してる。足元もV125Sより広くなって前に足が出せるようになってる。シートもV125Sより長くなってる。V125Sで2人乗りは、かなり窮屈でやろうと思わなかったけど、アドレス125なら二人乗りできそう。

 

 

アドレスV125Sからアドレス125に乗り換えたけど、アドレス125は、足元も広くなって 膝まわりが窮屈じゃなくなったし、荷物をいっぱい置けるから気兼ねなく買い物できるようになった。アドレスV125Sと違って膝が隠れるようになったから風が直接当たらなくて、冬場は、寒くない。エンジンも静かで滑らかになってる。路面が悪いところを通ってもアドレスV125Sの時より衝撃が少なくて乗り心地が良くなってる。重量は8kg増えたけど、それでも109kgしかないから取り回しは楽。ブレーキもアドレスV125Sより効くようになった気がする。

 

 

アドレスV125Sとアドレス125の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト