PCX(EBJ-JF56)とPCX(2BJ-JF81)の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCX(EBJ-JF56)とPCX(2BJ-JF81)の違いを比較

 

ホンダ PCXの歴史

2010年3月30日に新登場。型式は、EBJ-JF28。
2012年5月11日にマイナーチェンジ。
新開発のスクーター用グローバルエンジン「eSP」に変更。エンジンマウント位置の変更。シートのバックレストの形状変更。燃料タンクリッドの開口方向の変更。
2012年12月14日に特別・限定仕様 PCXスペシャルエディションを発売。
特別カラーの車体色とゴールドカラーのホイールを採用。
2014年4月24日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JF56。
全灯火器にLEDを採用。新設計のフロント、リアカウルを採用。エンジンは、「eSP」の一部を改良し、低・中速域で力強いトルク特性とするともに燃費性能を向上。リアタイヤは、転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを新たに採用。シートは、バックレスト一体型に変更。燃料タンク容量を5.9Lから8.0Lに増やした。
PCXのJF28とJF56の詳しい違いは、こちら
2015年5月22日にカラーを追加。
新色は、シルバー。
2016年2月26日にカラーチェンジ。
新色は、ダークブルー。
2016年4月22日に特別・限定仕様の「PCX Special Edition」を発売。
スポーティーなイメージの特別カラーを採用。「白 or 黒」のカラーをベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、シートのステッチ、リアサススプリング、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤のアクセントをつけた。
2017年2月10日にカラーチェンジ。
新色は、単色のイエローとツートンの赤白と黒白。ツートンは、ロアカバーにシルバー、ボディカバーにストライプ、シートにレッドのステッチを採用。

2018年4月6日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-JF81
外観を一新。エンジンは、「eSP」の一部仕様を変更し優れた燃費性能と中・高回転域の出力向上を両立。フレームをダブルクレードル構造に変更。前後ホイールの軽量化とタイヤのサイズ変更によるワイド化。リアサスペンションのストローク量を増加。「Honda SMART Keyシステム」を採用。

 

 

ここでは、
2014年4月発売のホンダ PCX(EBJ-JF56)と
2018年3月発売のホンダ PCX(2BJ-JF81)
を比較しました。

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

PCX

PCX

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

フルモデルチェンジ

発売年

2014年4月

2018年4月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1930

1925

全幅 (mm)

740

745

全高 (mm)

1100

1105

軸間距離 (mm)

1315

1315

最低地上高 (mm)

135

137

シート高 (mm)

760

764

車両重量 (kg)

130

130

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

57.9

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(kW)

8.6

9

最高出力(PS)

12

12

最高出力回転数(rpm)

8500

8500

最大トルク(N・m)

12

12

最大トルク(kgf・m)

1.2

1.2

最大トルク回転数(rpm)

5000

5000

燃料タンク容量 (L)

8

8

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

429.6

436.8

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

-

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

-

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

-

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

-

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

3.117

-

2次減速比

3.615

-

フレーム型式

アンダーボーン

ダブルクレードル

キャスター角

27°

-

トレール量 (mm)

86

-

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 60km/h走行時(km/L)

53.7

54.6

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50.6

50.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

90/90-14

100/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

46

48

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-14

120/70-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

55

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

1.85

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

2.15

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

時計 有

時計 有

車両装備

ハザードランプ 有

DCソケット 有

センタースタンド 有

アイドリングストップ 有

 

ハザードランプ 有

DCソケット 有

センタースタンド 有

アイドリングストップ 有

 

 

 

 

PCX(EBJ-JF56)とPCX(2BJ-JF81)の比較の口コミ

 

 

JF81は、JF56のちょっとした不満が改善されてて、全体的に満足度がアップしてる。

 

 

新型の見た目は好みが分かれる。旧型のJF56の方が万人受けするデザインだと思う。

 

 

新型のデザインは、おっさんが通勤で乗るには、あってなさそう。おれは、旧型のデザインの方がいいわ。

 

 

JF56の完成度はかなり高いし、新型JF81は見た目が好みの分かれるデザインに変わったから万人受けするデザインのJF56が良いと思う人も結構いると思う。

 

 

シモケンサイズによるとJF81になってウエイトローラーが重くなったらしい。JF56までが18gでJF81が18.5g。あとプーリー径が大きくなって変速比が大きくなってる。エンジンを少し高速よりのチューンに変えて、減速比を大きく取ることで痩せた低速を補ってるらしい。

 

 

バイク屋でJF56とJF81が並んでて、後ろから見ると思ってる以上に違うから見てみてって言われたから、見ると本当に大きな差があった。実車見るまでは並べてみないと判らない程度の差と思ってたけど、後ろから見るとJF56の方が明らかに貧相に見えた。

 

 

俺も顔とケツの見た目は、JF56の方が好き。

 

 

新型は、タイヤが太くなったのがいいね。

 

 

新型PCXが発表されたけど、目玉は、リアのディスク化とタイヤが太くなったことぐらいかな? デザインは、JF56の方が大人の感じで良かった。新型は、少しDQNっぽい顔してる。

 

 

2017年モデルが329,400円
2018年モデルの新型が342,360円
13,000円ぐらいの差。
前のフルモデルチェンジの時よりの大幅変更されたのにたいして値段を上げなかったね。

 

 

新型を買うとしても一年くらい待ったほうがいい気がする。初期型モデルの時もリコールまでは、いかなかったけど改善対策になった。

 

 

新型のタイヤだけが羨ましいな。

 

 

近所のドリームに新型あったから現車と見比べたけど、外観は、顔以外旧型とほとんど変わらなかった。

 

 

特に発進時だけど、JF81になって少し音が大きくなってる。でもJF56は、静か過ぎると思ってたから、JF81の音で丁度良いぐらいと思う。音がでかい方が周りに存在を気づかせるから安全なのは間違いない。

 

 

キャリアのベースは、共通みたい。純正オプションの型番が同じ。ドリームで確認した。

 

 

gooバイク見ると2018年3月時点で旧型(jf56)が25万円くらいまで下がってる。ミシュランのタイヤやスマートキーじゃなくてもいいなら旧型でもいいな。

 

 

新型は、メットイン容量が3リットル増えた。パッと見ても明らかに広くなってるけど、相変わらず高さが足りない。フルフェイスだとアライのアストロIQすら入らない。ショウエイのフルフェイスも無理。純正ボックスは旧型と一緒のやつで35リットル。

 

 

JF56からJF81に乗り換えたけどサスが硬くて、足つきが悪くなった気がする。

 

 

新型のスマートキーが羨ましい。ちょっとコンビニ寄る時にキーを抜き差しするのが面倒。

 

 

JF81の実車を見てきた。エアクリーナーボックスがかなり大きくなってて、吸気口も大きくなってた。JF56と比較してあの位置と大きさなら大量に空気を吸えそう。マフラーの出口もJF56のように垂れ下がったものではなく、まっすぐになってた。

 

 

JF56からJF81に乗り換えたけど、フレーム刷新で別物だよ。セッティングのせいか、出だしが良くなった。

 

 

新型になっての主な変更点

  • 0.5馬力程度のパワ−アップ
  • キーレス
  • 収納拡大(25L→28L)
  • タイヤワイド化+滑りにくいタイヤ
  • ライトの照射範囲拡大
  • デシタルメーター

 

 

初代PCXもフレームがしっかりしてて良いスクーターだった。JF56になってサブフレームを無くしてふにゃふにゃフレームになった。だからレースだと追加補強をしなきゃ使い物にならなかった。だから新型(JF81)になってダブルクレードルに変更したんじゃない?

 

 

JF81は、フレーム変更で剛性が結構上がってる。この部分は、後付けでどうにもならない。他にも加速や燃費など細かく改良されてる。

 

 

サスやタイヤなんかは、どうにでもなるし、メーターは、JF56の方が俺の好み。

 

 

JF56からJF81に乗り換えた。足元のステップ周りが前方に広がったらしいけど、JF56の時に足元は気にならなかったせいか、乗った感じは、あまり変わってない気がした。

 

★JF81で良くなった点
・デザイン(JF56の樹脂のウエストラインが水平で嫌だった)
・出足の向上
・燃費が明らか良くなった。3km/Lぐらい良くなった。
・シート下収納スペースの変な出っぱりがなくなり、B4カバンが入れやすくなった。
・メーターの情報が増えた。
・キーレス
・タイヤ及びフレーム刷新による安定感。
・全体的に走りの上質感が良くなった。
今の所、改悪は見つからない。

 

 

JF81になってマフラーの抜けが良くなって、エアフィルターの吸気効率がアップしたから排気音がJF56よりJF81の方が大きくなった。でも若干大きくなっただけで煩いわけではない。JF56よりはっきり聞こえるようになった感じ。

 

 

JF81が納車されたからJF56との比較のインプレ。慣らしで50km/h制限で40km走行。
・液晶パネルはJF56より高級感があるけど、アナログ針の方が視認性は高いと思った。
・新車だからか路面の凹凸をよく拾う。JF56よりカッチリした感じ。
・燃費はほぼ一緒。
・出足はJF81の方が明らかにパンチのある加速をする。
・エンジンの音も振動JF81の方が抑えられてる。
・ブレーキは、まだ慣らしでパッドの当たりが出てないせいか、JF56に比べて効きが弱い気がした。
・ヘッドライトの照射範囲は、JF81になって明らかに横に広がった。

 

 

JF81は、タイヤが太くなってJF56より取り回しが少し重くなった。

 

 

JF56とJF81の純正オプションの取り付け時間を比べたらどのオプションも1.0Hぐらい作業時間が増えてる。例えばグリップヒーターの場合、JF56が1.0HだったのにJF81になって2.2Hに変わってる。PCXは、バラしにくいってことだね。

 

 

JF81買ったけど、JF56とは別物だよ。

 

 

JF56からJF81に買い替えたけど、結構攻めた走りをする人には、JF81をおすすめできる。フレームとタイヤとサスの合わせ技で結構限界が深い。普通にプチツーでのんびり走る人には、JF56のタイヤを交換するだけでいい。

 

 

JF56からJF81に乗り変えたけど、乗り心地が若干良くなって、燃費が1割上がって、ヘッドライトが明るくなった。今の所メリットに感じてるのは、これぐらい。

 

 

JF81は、JF56より良いタイヤだし、太いから走行安定性が向上してる。

 

 

JF81エンジン音は、JF56より若干大きい気がする。でも振動は少なくなってる。

 

 

JF81の夜間走行時のライトがJF56よりかなり明るくなってる。

 

 

●PCX(JF28)、PCX(JF56)、PCX150(KF12)、PCX150(KF18)
フロントタイヤ 90/90-14 M/C 46P
リアタイヤ 100/90-14 M/C 51P

 

●PCX(JF81)、、PCX150(KF30)
フロントタイヤ 100/80-14M/C 48P
リアタイヤ 120/70-14M/C 55P

 

 

JF81は、良い感じにフレーム剛性が向上してる。荒れた路面でのボディが震えの度合いがJF56に比べて結構減った気がする。

 

 

JF81になって加速・最高速ともにアップしてる。

 

 

JF56のシートとJF81のシートは、互換性が無い。

 

 

JF56とJF81のボディマウントシールドは、互換性は無い。ホンダに確認した。

 

 

JF56乗ってるけど、標準タイヤのIRCのは雨に弱いのが気になってたから、JF81は標準タイヤがミシュランのシティグリップになったのは、羨ましい。

 

 

JF56からJF81に乗り換えたけど、サスが硬いのとタイヤが変わったからか、軽さが無くなった印象を受けた。ヘッドライトやテールなどのパーツ単体は、新しくなったけど、全体的なデザインや乗車時やサイドに立った時に見えるボディラインは、自分はJF56のがシャープで好き。

 

 

JF81は、最初サスが馴染むまでは、硬いよ。

 

 

JF56でPCXは完成されたと思う。まあ、JF81になってフレームまで進化したけど。

 

 

俺は、JF56からJF81に乗り換えて軽さが無くなったというよりは、シットリ落ち着いた感じがする。普段使いでタイヤが不安定になることが無くなった。雨の時も滑る気配すら見せない。デザインは、フロントの見た目は、JF56の方が好きだが、他はJF81のが好き。

 

 

JF56からJF81に乗り換えて現在4千キロくらいだけど、燃費は、10%ぐらい良くなってる感じ。普通タイヤが太くなったら燃費は落ちるけどJF81は逆に良くなってる。エアクリーナーやエンジンの地味な改良が影響してると思う。

 

 

JF81は、JF56よりフットスペースが前方で拡大されてて、自由度が高くなった。

 

 

JF81になってフレームが変わって剛性が高くなったけど、JF56でもスクーターの中では、剛性が高い方だよ。フラットステップのスクーターとは一線を隔してる。ただし、JF81になってはっきり分かるぐらいJF56より剛性感がアップして乗り味がバイク寄りになってる。まあ、通常のバイクと比べるほどじゃないけど。

 

 

JF56に4年乗ってJF81に乗り換えた。良くなってると感じたことは、フレーム、タイヤ変更でのコーナーの安定感。エンジンの振動が少なくなってる気がした。乗り心地も良くなってる。ウエットでのタイヤのグリップが増した。スマートキーになった。メットイン容量が増えて、シートを開閉する時にバネがついた。グローブボックスが開けやすくなってる。ヘッドライトの照射範囲が広くなった。フューエルリッドのガタが改善された。悪くなったと思ったのは、JF56より足つきが悪くなったのと、シートが固くなったのと、ミラーが少し小さくなったこと。

 

 

JF56は、JF81より加速悪いし、燃費も悪いし、タイヤが細い。デザインは、賛否両論だけど。

 

 

JF81になってシートを開けた途中の位置で固定できるようになったから荷物の出し入れがしやすくなった。

 

 

JF81は、JF56よりリアサスのストロークが15mm長くなったから、振動の伝わり方がマイルドになってる。

 

 

JF56からJF81に乗り換えて4月は、燃費が52km/L(JF56)から55km/L(JF81)にアップした。8月は、58〜59km/Lで暑くなったから燃費がアップしてるけど、それでも3km/Lは良くなった。

 

PCXの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト