リード125 Dio110 の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード125 Dio110 の違いを比較

 

ホンダ リード125の歴史

1982年2月に初代リード125が新発売。
1982年10月に2ストローク124ccエンジンを搭載したリード125(JF01)を追加しましたが約1年で製造販売終了となり、HONDAの125ccクラススクーターは4ストロークエンジン搭載のスペイシー125ストライカーに移行。それ以降、125ccのリードは、5代目までありません。
2013年7月4日にリード125(5代目)が発売。型式は、EBJ-JF45
車体色は、4色(ブラウン、シルバー、ホワイト、ブラック)。
2015年6月18日にマイナーチェンジ。
車体のフロントトップカバーとヘッドライト上部に配したガーニッシュのクローム処理を艶消しへと変更。アイストに電圧感知機能を追加し、バッテリーサイズを大型化。従来からあるエンジンオイル交換時期の目安をメーター内の液晶ディスプレイに表示する機能で表示が点灯するまでの走行距離を設定範囲内で任意に選択できるようになった。車体色は、新色の「エグザルテッドブルーメタリック」を追加。継続色のシルバー、ブラック、ホワイトに加え、全4色。
2016年4月22日にカラーチェンジ。
車体色は、新色の「キャンディーノーブルレッド」を追加。継続色のブルー、シルバー、ブラック、ホワイトに加え、全5色。
2017年12月8日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-JF45
ヘッドライトがLEDに変更。フロントインナーボックスに電源ソケットが設けられた。フロアステップに左右計で30mmの絞り込みを行い、停車時の足つき性を向上。車体色は、単色がシルバー、ブラック、パールホワイトの3色。ツートーンがレッド、ブルー、パールホワイトの3色の全6色の設定。
リード125「EBJ-JF45」と「2BJ-JF45」の詳しい違いは、こちら
2018年7月2日に特別仕様の「リード125 SPECIAL」を発売。
リード125をベースに、フロントカバーからメーターカバー、フロアカバー、リアセンターカバー、リアキャリにかけてマットブラック塗装をを施したツートーンカラーモデル。
2019年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、単色がキャンディラスターレッド(新色)、ランベントシルバーメタリック、パールメタロイドホワイトの3色。ツートーンがパールダークアッシュブルー(新色)、ポセイドンブラックメタリック(新色)、パールメタロイドホワイトの3色の全6色の設定。またフロントブレーキキャリパーとリアサスペンションスプリングのカラーをレッドからブラックに変更。

 

 

ホンダ Dio110の歴史

2011年7月18日に新発売。 型式は、EBJ-JF31
車体色は、5色(キャンディーアルジャブルー、ボスグレーメタリック、キャンディールーシッドレッド、パールプロキオンブラック、パールホワイト)。
2013年5月24日にカラーチェンジ。
車体色に新色の「コスミックシルバーメタリック」を追加、継続色2色(パールプロキオンブラック、パールホワイト)を合わせた3色。ステップ下回りのカラーリング変更も行われた。
2015年3月6日にフルモデルチェンジ。 型式は、EBJ-JF58
フルモデルチェンジでは、新開発のeSPエンジンとフレームの採用。アイドリングストップなど追加。車体色は、4色(エグザルテッドブルーメタリック、パールジャスミンホワイト、フォースシルバーメタリック、ポセイドンブラックメタリック)。
Dio110のフルモデルチェンジ前後の詳しい違いはこちら。
2017年4月14日にカラーチェンジ。 型式は、2BJ-JF58
車体色に新色の2色(マットギャラクシーブラックメタリック、ランベントシルバーメタリック)を追加、従来色の3色(エグザルテッドブルーメタリック、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト)と合わせて全5色。
2019年2月22日にカラーチェンジ。
車体色に新色2色(フォギーブルーメタリック、パールアイスバーグホワイト)を追加、従来色の3色(マットギャラクシーブラック、ポセイドンブラックメタリック、ランベントシルバーメタリック)と合わせて全5色。
2019年7月19日にカラーチェンジ。
車体色に新色の「パールジャスミンホワイト」を追加。「パールジャスミンホワイト」は、フロントブレーキキャリパー、リア・スポイラー、リアサススプリングなどにレッドのカラーを配した。従来色の5色(フォギーブルーメタリック、パールアイスバーグホワイト、マットギャラクシーブラック、ポセイドンブラックメタリック、ランベントシルバーメタリック)と合わせて全6色。

 

 

ここでは、まず最初に
2015年6月18日発売のホンダ リード125(EBJ-JF45)と
2015年3月6日発売のホンダ Dio110(EBJ-JF58)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ リード125

ホンダ ディオ110

発売

2015年6月

2015年3月

型式

EBJ-JF45

EBJ-JF58

全長

1835mm

1870mm

全幅

685mm

690mm

全高

1125mm

1085mm

ホイールベース

1275mm

1255mm

シート高

760mm

750mm

最低地上高

140mm

130mm

総重量

114kg

100kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

26°30´

トレール(mm)

75

83

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-12 44J

80/90-14 M/C 40P

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

90/90-14 M/C 46P

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

124cc

108cc

圧縮比

11.0

9.5

ボア

52mm

50mm

最高出力(kW/rpm)

8.4(11PS)/8500

6.6(9PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

12(1.2kgf・m)/5000

9.3(0.95kgf・m)/5500

始動方式

セル

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

6.0L

5.2L

燃料消費率(km/L)

51(60km/h)・48.5(WMTCモード)

57.9(60km/h)・55.6(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥293,760 エグザルテッドブルーメタリック ¥293,760 アルテミスシルバーメタリック ¥293,760 ポセイドンブラックメタリック ¥293,760 パールジャスミンホワイト

¥228,960 エグザルテッドブルーメタリック ¥228,960 フォースシルバーメタリック ¥228,960 ポセイドンブラックメタリック ¥228,960 パールジャスミンホワイト

 

 

リード125(EBJ-JF45)とDio110(EBJ-JF58)の違いを比較

 

収納スペース

 

 

リード125

Dio110

フロント

買い物袋などがかけられる折りたたみ式バッグホルダー。350mlのペットボトルなどが入るワンタッチ開閉式フロントインナーボックス。

袋かけに便利なコンビニフック。500mLのペットボトルなども出し入れしやすいフロントインナーラック。

 

メットイン

フルフェイスヘルメットとタンデム用ヘルメットを同時に収納できるクラス最大容量37L。

フルフェイスヘルメットが収納できる容量18L。

 

 

 

メーター

 

リード125

Dio110

 

リード125(EBJ-JF45)とDio110(EBJ-JF58)の比較の口コミ

 

 

●燃費の比較

 

カタログスペック

Dio110 57.9(60km/h)・55.6(WMTCモード)
リード125 51(60km/h)・48.5(WMTCモード)

 

みんカラ

Dio110  44.41km/L(回答数:1232人)
リード125 44.22km/L(回答数:795人)

 

エンジンがDio110は、空冷、リード125は、水冷です。どちらもホンダの原付2種のハイエンドの車種で使われているeSPエンジンで今までのどの車種も水冷エンジンでしたがDioは、空冷で初めてeSPを採用しています。

 

 

顔はDio110の方が全然カッコいい。

 

どちらもアイドリングストップシステムがありますがDio110は、キックがついていて、リードは、キックがついてません。バッテリーが上がった時のことを考えるとキックがある方が安心です。

 

リードの方が加速や最高速は、明らかに上です。収納も容量37LとDio110の容量18Lと全然違います。ただし、Dio110は、純正の35Lのボックス(約2万円)をつけてもリードより全然安いです。

 

 

最高速は、メーター読みでリード125が108km/h位。Dio110が93km/h位。

 

 

街乗りメインならDio110。バイパスや坂道が多い、長距離ツーリングもしたいならリード125。

 

何かの雑誌で原付二種スクーターを比較する特集してて登坂加速0−60km/hでDio110よりリード125の方が圧倒的に速かった。やっぱ排気量差は、大きいんだね。

 

 

リード125とDio110の排気量さは大きいと思うよ。 車だと1800ccと2000ccでは大して差がないけど110ccと125ccでは元の排気量が小さいから差がさらに開く。加えてリー125は、水冷だから安定してパワーが出せる し。まぁ原付だから空冷でも十分だけどね。

 

 

●タンク容量
Dio110 5.2L
リード125 6.0L

 

●燃費WMTCモード値
Dio110 55.6km/L
リード125 48.5km/L

 

●航続距離
Dio110 5.2L × 55.6km/L=289.12km
リード125 6.0L × 48.5km/L=?291km

 

 

Dio110は、登り坂でスピードが出ません。ストレスが溜まります。

 

 

DIO110は、メットイン狭いし坂道に弱いからな。 数万円出し渋ったら後で、パワーや積載量に後悔するのわかってたからリード125にして良かった。

 

 

タンデムする予定ならリード125がおすすめ。Dioもタンデムを想定してつくられているのでシートは、広いですが二人乗りをするとパワー不足を感じますし、長距離走行には、リードの方が向いています。

 

 

リード125とDio110の2馬力差を感じるのは、坂道を登ってる時。Dio110は、急な坂道を登ってるとパワーが無いと感じることがある。でも都市部で坂道以外だとパワー不足を感じることはないけどね。

 

用途次第じゃないかな?通勤や通学の途中で長い坂が有れば登りでもっさりしてるDio110よりリード125の方がいい。でも坂道のない通勤や通学で使うなら、スクーターのエンジンの性能差なんて信号待ちの後のスタートダッシュぐらいだよ。そもそもスタートダッシュが速いことが良いことなのかも人によって違うし、自分にとっては、どうでもいいこと。

 

 

安さを取るか、快適性を取るかだな。自分は、加速力と積載性でリードを選んだ。あとDio110が中華製でリード125がベトナム製なのも重要。

 

 

2台とも持ってます。リードの実燃費は、40km/hくらい、ディオは、45km/hくらいです。ディオは、14インチホイールなので、直進安定性が良いです。

 

 

所詮どっちも原付で見栄をはれるものじゃないし、周りのほとんどの人は、リード125もDio110も一緒に見えてる。リード乗ってるから金持ってるとか思う人なんていないよ。Dio110も箱付ければ積載性は、十分だし、通勤や通学で坂道が多いとかなければDio110で普通に乗ってて困ることもない。

 

Dio110

60km/hまで150m弱
80km/hまで300mぐらい
90km/hまで700m
最高速95km/hぐらい

 

リード125

60km/hまで100m弱
80km/hまで200m弱
90km/hまで300m弱
最高速110km/h弱

 

動力性能はずいぶん差がある。リード125は、アドレスV125Sより速いから。

 

 

対向車にリードといると思ったらDio110だったことがよくある。顔がそっくりだからね。

 

 

リード125の青は、Dio110のと全く同じ色だね。

 

 

●車両重量と馬力
Dio110 100kg 9ps
リード125 114kg 11ps

 

 

リード125とDio110で迷ってるならメットインをどう使うかで決めればいいだけ。Dio110にリアボックス付けたらDio110の方が安上がりだし。

 

 

リードよりDio110の方が燃費が上だし、ホイールサイズも大きいし、負けてるのは、メットイン容量くらいでしょ。でも収納については、工夫次第でどうにでもなるよ。さらにキック始動もできるから、足元のやメットインの狭さを許せるならDio110の方がいいよ。

 

 

排気量とパワーは、リード125が上だから坂道やタンデムは、リードの方がいいかも。

 

 

リード125のエンジンパワーが魅力だったからかなり悩んだ。結局、Dio110の乗り心地の良さと乗り出し価格が10万円安いという理由でDio110にした。

 

 

俺は、リード125にした。パワーがかなり違う。Dio110の方が燃費良いけど、Dio110でリード125と同じように走ろうとするとアクセル開け気味になるから燃費でリード125に負けることもある。

 

 

リード125でいいでしょ。速いし収納デカイし、価格もDio110+改造費と同じくらいだし。

 

 

DIO110とリード125でもう1ヵ月も迷ってる。見積もりだしてもらったら乗り出しで7万円も違った。DIO110にして浮いたお金で風防、箱、グリップヒーター、ハンカバ付けた方がいいかな?

 

 

リード125の方が高いけど、価格差以上に実用性でリード125が上と思う。

 

 

結局は、金の問題。リード125が欲しいけど金がないからDio110にした。

 

 

なんで10インチで足が伸ばせるバイクは少ないのかな?Dio110は性能面で文句ないけど足元が狭い。リード125は足元広いのに座り心地が悪い。10インチのDio110出してほしい。

 

 

Dio110を選ぶ人は、安い原付二種スクーターが欲しいからという人が多いから改造する人は、少ないかもしれないけどマフラーとウエイトローラーで5万円使うなら最初からもう3万円出してリード125にした方が確実に速い。今、リードとDio110の乗り出し価格の差は、3万円くらいだからね。

 

 

2017年9月時点でDio110かリード125で迷ってる。
悩んでいるポイント
・タイヤは、Dio110の方が大きくて細い。
・リード125のテールは、LEDでカッコイイ。Dio110は電球。
・見た目はDio110の方がカッコイイ。2017年式の新色のマットブラックに一目惚れ。
・Dio110とリード125の価格差が約5万円。
・メットインは、リード125がデカイがDio110はヘルメットがギリギリ。

 

 

Dio110とリード125は、急勾配で差がつく。大体だけど125なら70km/h出るところを110は、60km/hくらい。

 

 

街乗りだけならリード125よりDio110の方が快適。やっぱり14インチなのが大きい。

 

 

同じ速度でも10インチは、12や14インチより回転数が多くなる。だから接地摩擦頻度が増えて、地面から離れたタイヤ面が回転して放熱する時間が少なくなって熱くなりやすい。

 

 

俺は、Dio110にした。箱付ければリード125と積載量は、変わらないし、アイドリングストップでバッテリーが切れてもキックがあるから安心。それに14インチだから安定感がある。

 

 

新型リード125のエンジンの静かさは、原付二種の中でもトップクラスだよ。それまで一番静かと評判だったDio110よりも静か。もちろん回転数をあげていったらそれなりにうるさくなるけど。

 

 

リード125と迷ったけど、見た目が古臭いし、重すぎるからDio110を買った。

 

 

2017年9月のウェビックの全国平均の乗り出し価格を見ると、Dio110よりリード125の方が6.47万円高い。

 

 

リアボックスを付けたくない人は、リード125でしょ。メットイン容量が37Lあるし、足元にも荷物置けるから買い物で困ることは、ほとんどない。Dio110は、14インチで足元狭いし、メットインが18Lしかないからリアボックスは必須。

 

 

Dio110は、段差での衝撃がリード125より全然マシだった。

 

 

 

次に
2017年12月8日発売のホンダ リード125(2BJ-JF45)と
2017年4月14日発売のホンダ Dio110(2BJ-JF58)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

リード125

Dio110

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

カラーチェンジ

発売日

2017年12月8日

2017年4月14日

型式

2BJ-JF45

2BJ-JF58

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1840

1870

全幅 (mm)

680

690

全高 (mm)

1130

1085

軸間距離 (mm)

1275

1255

最低地上高 (mm)

140

130

シート高 (mm)

760

750

車両重量 (kg)

114

100

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

108

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

50

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

55.1

圧縮比(:1)

11

9.5

最高出力(kW)

8.3

6.6

最高出力(PS)

11

9

最高出力回転数(rpm)

8500

7500

最大トルク(N・m)

11

9.3

最大トルク(kgf・m)

1.1

0.95

最大トルク回転数(rpm)

5000

5500

燃料タンク容量 (L)

6

5.2

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフ・キック 併用式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

MR8C-9N

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

GTZ6V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

0.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.7

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°30

26°30

トレール量 (mm)

75

83

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

52.2

57.9

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50

54

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

90/90-12

80/90-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

44

40

タイヤ(前)速度記号

J

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

90/90-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

46

タイヤ(後)速度記号

J

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

1.85

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.75

1.85

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

HS1

メーター表示

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有

車両装備

DCソケット 有
前後連動式ブレーキ 有
アイドリングストップ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク)

前後連動式ブレーキ 有
アイドリングストップ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク)

メーカー小売価格

309,960円 ※ツートーンは、313,200円

231,120円
234,360円(マットキャラクシーブラックメタリック)

 

 

 リード125(2BJ-JF45)とDio110(2BJ-JF58)の比較

 

左がリード125(2BJ-JF45) 右がDio110(2BJ-JF58)
 リード125(2BJ-JF45)とDio110(2BJ-JF58)の装備の比較

 

リード125(2BJ-JF45)とDio110(2BJ-JF58)の比較の口コミ

 

 

どちらも2017年に平成28年排出ガス規制に適合して、型式が変わったけど、リード125は、ヘッドライトがLEDになって、アクセサリーソケットがついて、足付きが良くなった。スペックを見ると馬力とトルクが若干下がって、燃費が少し上がった。Dio110は、スペックを見ると馬力とトルクは、変わらずで燃費が少し下がった。2015年式同士のメーカー小売価格の差は、64,800円だったけど、平成28年排出ガス規制適合同士だと78,840円の差になった。

 

 

リード125には、キックがついてないので出先でバッテリーが逝ったら面倒なことになる。Dio110は、キックがあるからアイドリングストップも気にせず使える。

 

 

雨の日に乗る人は、リード125のシート下スペースはかなり便利だよ。冬場は防寒ズボンと雨具一式が放り込める。

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト