エイプ100 タイプDとの違い


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

エイプ100とエイプ100タイプDの違いを比較

 

ホンダ エイプ100の歴史

2002年2月15日に「エイプ100」が新登場。型式は、BC-HC07
「エイプ」の車体を基本とし、排気量100ccのエンジンを搭載したモデル。車体色は、スタンダードタイプがクラシカルホワイトでその他に42パターンのカラーオーダープランも設定。
2003年1月に「エイプ100デラックス」を追加。
ヘッドライト、ハンドル、トップブリッジにメッキパーツを採用。クランクケース、シリンダーヘッドカバー、フロントフォークボトムケースにバフがけを施した。ガソリンタンクロゴにウイングマークを採用。車体色は、ブラックのみ。
2004年1月30日に「エイプ100」をカラーチェンジ。
車体色は、スタンダードタイプが新色のリバーサイドブルーを追加し、継続色のクラシカルホワイトと合わせて2色。その他にカラーオーダープランが15タイプ。
2005年10月29日に「エイプ100」と「エイプ100デラックス」をカラーチェンジ。
「エイプ100」の車体色は、新色のプラズマイエローのカラーリングを追加。継続色のクラシカルホワイトとリバーサイドブルーと合わせて3色。カラーオーダープランは廃止された。「エイプ100デラックス」の車体色は、シャスタホワイトとブラックの2色。燃料タンク側面のロゴを「Hondaウイングマーク」から「HONDA」に変更し、サイドカバーにもストライプを施した。
2006年12月20日に「エイプ100」と「エイプ100デラックス」をカラーチェンジ。
「エイプ100」の車体色は、新色のファイティングレッドとグラファイトブラックを追加。継続色のクラシカルホワイトと合わせて3色。「エイプ100デラックス」の車体色は、ツートーンのカラーのシャスタホワイトとプラズマイエローの2色。シャスタホワイトではフレームをファイティングレッド、プラズマイエローではブラックとした。
2008年1月25日に「エイプ100」と「エイプ100デラックス」のカラーチェンジ。また特別仕様のエイプ100スペシャルを発売。
「エイプ100」の車体色は、新色のプラズマイエローを追加。継続色のクラシカルホワイトと合わせて2色。「エイプ100デラックス」の車体色は、一新され、燃料タンクとサイドカバーにストライプを施したデジタルシルバーメタリックとインディーグレーメタリックとグラファイトブラックの3色。特別仕様は、往年の名車「ドリームCB750FOUR」イメージさせるものでパールコーラルリーフブルーを採用し、クロームメッキヘッドライトカバーやパイピング付きツートーンシートなどを装備し、期間限定で最大1000台発売。
2008年9月25日に「エイプ100」をマイナーチェンジ。また「エイプ100タイプD」を追加。「エイプ100」の型式は、EBJ-HC07。「エイプ100タイプD」の型式は、EBJ-HC13
キャブレターのセッティングの最適化を行い、より適正な混合気の供給を可能とし、さらに排気ガスを浄化する触媒装置をエキゾーストパイプ内に二個採用するなどして、平成19年国内二輪車排出ガス規制に適合。また、バッテリーを新たに装備し、盗難抑止に効果的なアラームキットの装着を可能とした。前・後フェンダーと左右のサイドカバーをブラックとした外観としている。車体色は、一新され、ファイティングレッドとシャスタホワイトの2色。「エイプ100タイプD」は、前後輪に油圧式ディスクブレーキとアルミ製のキャストホイールを採用モデル。車体色は、グラファイトブラック×ナッソーブルーメタリック、グラファイトブラック×マグナレッド、シャスタホワイト×グラファイトブラック3色。
エイプ100の「BC-HC07」と「EBJ-HC07」の違いの比較は、こちら
2014年04月に消費税変更に伴い、価格変更を行った。

2016年に生産終了。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2008年9月25日発売のホンダ エイプ100(EBJ-HC07)と
2008年9月25日発売のホンダ エイプ100 タイプD(EBJ-HC13)
の違いを比較しました。

 

 

エイプ100 タイプDのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ エイプ100

ホンダ エイプ100タイプD

発売

2008年9月25日

2008年9月25日

型式

EBJ-HC07

EBJ-HC13

全長

1715mm

1715mm

全幅

770mm

780mm

全高

970mm

970mm

ホイールベース

1190mm

1190mm

シート高

715mm

715mm

最低地上高

140mm

140mm

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

28°30′

28°30′

トレール(mm)

89

89

ブレーキ形式(前)

ドラム

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/80-12 55J

120/80-12 65J

タイヤサイズ(後)

120/80-12 55J

120/80-12 65J

エンジン種類

空冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

99cc

99cc

圧縮比

9.4

9.4

ボア

53mm

53mm

最高出力(kW/rpm)

4.6(6.3PS)/8000

4.6(6.3PS)/8000

最大トルク(N・m/rpm)

6.6(0.67kgf・m)/6000

6.6(0.67kgf・m)/6000

始動方式

キック

キック

点火方式

CDI

CDI

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

5段リターン

5段リターン

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

5.5L

5.5L

燃料消費率(km/L)

55(60km/h)

55(60km/h)

メーカー小売価格/カラーバリエーション

¥313,950 ファイティングレッド ¥313,950 シャスタホワイト


¥366,450 グラファイトブラック/ナッソーブルーメタリック
¥366,450 グラファイトブラック/マグナレッド
¥366,450 シャスタホワイト/グラファイトブラック

 

エイプ100とエイプ100タイプDの外観の違いを比較

 

エイプ100とエイプ100タイプDの外観のサイドの違いを比較

 

エイプ100とエイプ100タイプDとの違いを比較

 

 

エイプ100とエイプ100タイプDとの違い
  • 前・後輪が油圧式ディスクブレーキ
  • ゴールドカラーのアルミ製キャストホイール
  • マットグレー塗装のクランクケースカバーとシリンダーヘッドカバー

 

 

  • エイプ100タイプDは、エイプ100からよりスポーティーかつ高級感があるモデル。エイプ100タイプDと入れ替わりで販売が終了したXR-Motardと同じ装備で、事実上のモデル統合。
  •  

  • エイプ100タイプDのカラーリングは、グラファイトブラック×マグナレッド、グラファイトブラック×ナッソーブルーメタリック、シャスタホワイト×グラファイトブラック3色。
  •  

  • エイプ100タイプDが2008年9月25日に発売、エイプ50タイプDも2008年11月20日に発売。
  •  

  • タイプDの登場と共にエイプデラックスは、廃止された。
  •  

     

    中古車価格と買取相場を同時にチェック

    バイクを高く売る方法


    何社も査定してもらう場合

    バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

    バイク比較ドットコムの特徴

    • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
    • これまでの利用者数は、42万人
    • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
    • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
    • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
    ※2017年4月時点

    バイク比較.comの公式サイト



    1社だけ査定してもらう場合

    査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

    バイク王の公式サイト