PCX125 ズーマーX の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCX125 ズーマーX の違いを比較

 

ホンダ PCXの歴史

2010年3月30日に新登場。型式は、EBJ-JF28
2009年11月にタイで発売。2010年3月30日に日本で発売。他にもヨーロッパ・東南アジア・北米・オーストラリアへ輸出販売される世界戦略車。水冷4ストローク単気筒エンジンを搭載。ビッグスクーターよりもひとまわりコンパクトで扱いやすい車体。他にもアイドリングストップ機能、ACGスターター、前後14インチホイール、パイプハンドル、容量25リットルのシート下スペース、コンビブレーキなどを採用。製造は、タイ。車体色は、3色(パールヒマラヤズホワイト、キャンディーロージーレッド、アステロイドブラックメタリック)の設定。
PCXの日本仕様とタイ仕様の違いの比較は、こちら。
2012年5月11日にマイナーチェンジ。
新開発のスクーター用グローバルエンジン「eSP」に変更。エンジンマウント位置の変更。シートのバックレストの形状変更。燃料タンクリッドの開口方向の変更。車体色は、新色のキャンディーライトニングブルーと従来色のホワイトとブラックの3色の設定。
PCX(JF28)のeSPエンジン前後の違いを比較
2012年12月14日に特別・限定仕様 PCXスペシャルエディションを発売。
特別カラーの車体色2色(パールヒマラヤズホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック)とゴールドカラーのホイールを採用。
PCXとスペシャルエディションの違いの比較は、こちら。
2014年4月24日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JF56
全灯火器にLEDを採用。新設計のフロント、リアカウルを採用。エンジンは、「eSP」の一部を改良し、低・中速域で力強いトルク特性とするともに燃費性能を向上。リアタイヤは、転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを新たに採用。シートは、バックレスト一体型に変更。燃料タンク容量を5.9Lから8.0Lに増やした。製造をベトナムへ移管。車体色は、3色(キャンディーノーブルレッド、ポセイドンブラックメタリック、バールジャスミンホワイト)の設定。
PCXのJF28とJF56の詳しい違いは、こちら
2015年5月22日にカラーを追加。
新色のマットテクノシルバーメタリックを追加。従来色の3色(レッド、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。
2016年2月26日にカラーチェンジ。
新色のパールダークアッシュブルー。従来色の3色(シルバー、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。

2016年4月22日に特別・限定仕様の「PCX Special Edition」を発売。
スポーティーなイメージの特別カラー2色(パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリック)を採用。「白 or 黒」のカラーをベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、シートのステッチ、リアサススプリング、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤のアクセントをつけた。
PCXとスペシャルエディションの違いの比較は、こちら。
2017年2月10日にカラーチェンジ。
新色は、単色のクリッパーイエローとツートンのキャンディーロージーレッドとポセイドンブラックメタリック。ツートンは、ロアカバーにシルバー、ボディカバーにストライプ、シートにレッドのステッチを採用。従来色の3色(ダークブルー、ホワイト、ブラック)とあわせて全6色の設定。
2018年4月6日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-JF81
外観を一新。エンジンは、「eSP」の一部仕様を変更し優れた燃費性能と中・高回転域の出力向上を両立。フレームをダブルクレードル構造に変更。前後ホイールの軽量化とタイヤのサイズ変更によるワイド化。リアサスペンションのストローク量を増加。「Honda SMART Keyシステム」を採用。車体色は、4色(キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、ブライトブロンズメタリック)の設定。
PCXのJF56とJF81の詳しい違いは、こちら
2020年2月28日に限定カラーを発売。
車体色は、2色(マットイオンブルーメタリック、マットギャラクシーブラックメタリック)の設定。

 

 

ホンダ ズーマーXの歴史

2013年6月14日に新登場。型式は、EBJ-JF52
エンジンは、タイ国内向けのスクーピー・iやクリックと共通の排気量108t空冷4ストロークエンジンを搭載。生産は、タイで日本国内向け仕様は、正規輸入発売。車体色は、4色(マリーゴールドイエロー、ロスホワイト、ゲイエティーレッド、テクタイトブラックメタリック)の設定。
2016年に生産終了となった。

 

 

ここでは、
2015年5月22日発売のホンダ PCX(EBJ-JF56)と
2013年6月14日発売のホンダ ズーマーX(EBJ-JF52)
の違いを比較しました。

 

 

PCX(EBJ-JF56)とズーマーX(EBJ-JF52)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

PCX

ズーマーX

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

EBJ-JF56

EBJ-JF52

発売日

2015年5月22日

2013年6月14日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1930

1830

全幅 (mm)

740

760

全高 (mm)

1100

1065

ホイールベース (mm)

1315

1255

最低地上高(mm)

135

135

シート高 (mm)

760

763

車両重量 (kg)

130

105

最小回転半径(m)

2

1.8

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53.7

52

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50.6

-

原動機型式

JF56E

JF52E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

107

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

50

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

55

圧縮比(:1)

11

9.5

最高出力(kW)

8.6

6.5

最高出力(PS)

12

8.8

最高出力回転数(rpm)

8500

8000

最大トルク(N・m)

12

8.9

最大トルク(kgf・m)

1.2

0.91

最大トルク回転数(rpm)

5000

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

8

4.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

429.6

234

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

YTZ6V

バッテリー容量

12V-7Ah 10HR

12V-5Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

0.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

3.117

2.833

2次減速比

3.615

3.75

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

27°

26°35

トレール量 (mm)

86

85

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

90/90-14

100/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

46

59

タイヤ(前)速度記号

P

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-14

110/90-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

64

タイヤ(後)速度記号

P

L

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

1.85

2.15

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.15

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライト定格(Hi)

-

30W/30W

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

PH7

テールライト定格(制動/尾灯)

-

18/5W

テールライトタイプ

LED

-

メーター表示

燃料計 有
時計 有

燃料計 有

車両装備

前後連動式ブレーキ 有
ハザードランプ 有
DCソケット 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

前後連動式ブレーキ 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

¥329,400 マットテクノシルバーメタリック
¥329,400 パールジャスミンホワイト
¥329,400 ポセイドンブラックメタリック
¥329,400 キャンディーノーブルレッド

¥270,900 マリゴールドイエロー
¥270,900 ロスホワイト
¥270,900 ゲイエティーレッド
¥270,900 テクタイトブラックメタリック

 

 

収納スペース

 

 

PCX

ズーマーX

フロント

フロントパネル左側のグローブボックスには、500mlのペットボトルが収納可能。スマートフォンなどが充電できるアクセサリーソケットも装備。

なし

メットイン

シート下には容量25Lの収納スペースを確保。シートを開閉する際に、途中の位置で固定できるストッパー機能を採用。
2015年5月22日発売のホンダ PCX(EBJ-JF56)のメットイン

シート下は乗る人の創造性を刺激するフリースペース。乗る人の個性が現れるこのスペースには、工夫次第でさまざまなものを積むことができます。荷物を積載する際には必ずシート下の4箇所あるフックにロープやラバーネットなどで固定し、走行時に積載物が落下することのないよう、安全を十分に確認してから運転してください。(積載重量は最大約10kg)


2013年6月14日発売のホンダ ズーマーX(EBJ-JF52)のメットイン

 

 

メーター

 

PCX

ズーマーX

メーターには、デジタル時計や平均燃費、燃料計を表示するセンターディスプレイを配置。
2015年5月22日発売のホンダ PCX(EBJ-JF56)のメーター

2013年6月14日発売のホンダ ズーマーX(EBJ-JF52)のメーター

 

外観

 

PCX

2015年5月22日発売のホンダ PCX(EBJ-JF56)

 

ズーマーX

2013年6月14日発売のホンダ ズーマーX(EBJ-JF52)<br />

 

PCX125 ズーマーX の比較の口コミ

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
PCX 130kg | 12ps/8500rpm | 12N・m/5000rpm
ズーマーX 105kg | 8.8ps/8000rpm | 8.9N・m/6500rpm

 

 

●シート高
PCX 760mm
ズーマーX 763mm

 

 

●タンク容量
PCX 8L
ズーマーX 4.5L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
PCX 53.7km/L
ズーマーX 52km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
PCX 8L × 53.7km/L =429.6km
ズーマーX 4.5L × 52km/L =234km

 

 

足回りや積載性なんかは、PCXのが優れてるから実用性で買うならPCX。

 

 

バイクの仕上がりは、PCXの方がはるかに上、ズーマーは、無駄を楽しむものだから割り切りが必要。クルマを所有してなくて、しょっちゅうバイクに乗る人は、PCXにした方がいい。

 

 

そりゃPCXの方が快適だけど、ズーマーXは、雰囲気で乗るバイク。スペックとかだけじゃない。

 

 

ズーマーX を購入する前、PCXやリード125と迷った。でも何でも満たしたもバイクは、つまらない。だからズーマーXにした。

 

 

PCXからズーマーXに買い替えですが、ズーマーXは、でこぼこを結構拾う。慣れれば問題なと思うけどポジションがきつい。

 

 

pcxから乗り換えるなら余程ズーマーXに価値を見いだせないとただのムダだよ。

 

 

自分もズーマーXが発売される前にPCX買うつもりでしたがズーマーxが発売されて実車を見たら一目惚れ。デザイン的に比較対照の次元が開きすぎて最近は、pcx見るとアヒルのおまるに見えてしまう。

 

 

ズーマーXは、顔がちっさいのがいいけどそのせいで側道から左折してくる車が危険なタイミングで飛び出してくる。PCXは、顔だけビックスクーターだからそっちのほうが安全かも。

 

 

最高速は、PCXは、時速100キロ超えるけどズーマーXは、90ちょいくらい。

 

 

俺がズーマーXにした理由は、50cc原付からの買い換えで原付二種が欲しくて、いろんな現行の車種を見てたらズーマーXに一目惚れ。燃費もその時乗ってた50ccと変わらなかったから買うことにした。メットは、SHOEIのフルフェイスかぶってて、どうせリード125くらいしかメットインに入らないから箱つければいいと思ってた。実際買ってみてズーマーXがここまで乗りやすいとは、思わなかったから驚いた。

 

 

カスタムのベース車として買うならまだしも、普通に乗るだけならPCXを選んだ方が後で後悔しないだろう。

 

 

ズーマーXの良いところは、PCXみたいに乗ってる人が多くないから注目される。あとは、空冷だから軽いのとデザインが斬新なこと。

 

 

ズーマーXとPCXでかなり悩んでるけど見た目と稀少さでズーマーXかな?まあ、トータルで見ればPCXだが街でPCXを見かけても何も思わないがズーマーXを見るとテンション上がる。

 

 

買う前にPCXも検討したけど、何もかも満たしたスクーターは、つまんない。だから俺はズーマーXを選んだ。

 

 

ズーマーXで峠走っててPCXを見かけた登り坂だと同じくらいの速度だったけど下り坂のコーナーでは、PCXだとカカって曲がれないからズーマーXの方がかなり有利そうだった。

 

 

ズーマーXの前は、PCX(JF28)乗ってたけど、荷物は意外とズーマーXの方が入ったりする。でもバイクの完成度は、PCXの方が断然上。ズーマーX買うなら割り切りが必要。車持ってて、趣味で乗るならズーマーXでもいいけど、バイク1台で毎日乗る人は、PCXにした方が良い

 

 

PCXと悩んでる人は、PCXにした方が幸せになれる。ズーマーXは、デザインに一目惚れした人が買うものだから加速とか足付きとかタンデムとかって比べたがる人には、向いてない。

 

 

選び方がわかるようになった今だとズーマーXの売りは見た目と軽さとシートだと思う。でも実際乗ってない人が軽さとシートを評価してくれることは、あまりないから結局、見た目だけって思われてるんだと思う。

 

 

重量10kgの差で1馬力の差がついたような。PCX(JF56)の車重が130kgで12馬力でズーマーXの車重が105kgで8.8馬力。重量の差額を揃えたらPCXが重量105kgで9.5馬力相当。単純に速さを求めるならズーマーXは、選択肢に入らない。

 

 

加速性や最高速だけを比べたらPCXの方が両車の排気量分+αの違いはあると思う。でもズーマーXで普段流れの速いバイパスとか走ってるけど特に怖いと感じたことはない。条件が良ければメーター読みで100km/h出ることもあるし、メーター読みで80km/h巡航は余裕。

 

 

PCXからズーマーXに乗り換えた。ポジションがキツイのとかなり凸凹を拾う。まあ、そのうち慣れだろうけど。

 

 

見た目やカスタムで選ぶズーマーXと快適性で選ぶPCXでは、そもそも目的が違う。

 

 

ズーマーX買う人は、指名買いする人だよ。迷ってるならPCXにした方が後悔しないよ。

 

PCXと ズーマーXの中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト