ホンダ トゥデイ AF61とAF67の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ホンダ トゥデイ AF61とAF67の違い

 

ホンダ トゥデイの歴史

2002年8月8日に「トゥデイ」が新登場。型式は、BA-AF61
製造が中国でメーカー小売価格が94,800円(税抜)の低価格。車体色は、10色(キャンディルーシッドレッド、オリオンイエロー、パールキャンサーホワイト、パールプロキオンブラック、アンタレスグリーンメタリック、スピカピンクメタリック、シグマシルバーメタリック、トーラスグレーメタリック、シリウスブルーメタリック、イプシロンブルーメタリック)。
2004年2月14日に「トゥデイ」をカラーチェンジ。
車体ロゴマークをポップなデザインに変更。車体色は、10色(オベロングリーンメタリック(新色)、レプスピンクメタリック(新色)、パールジェミニブルー(新色)、パールプロキオンブラック、キャンディルーシッドレッド、オリオンイエロー、シリウスブルーメタリック、シグマシルバーメタリック、トーラスグレーメタリック、パールキャンサーホワイト)。
2004年3月18日にパールクエンチイエローを採用したスペシャルカラーモデルを3000台限定で発売。
2006年3月10日に「トゥデイ」をカラーチェンジ。また、「トゥデイ・デラックス」をタイプ追加。
「トゥデイ」は、シート下のセンターカバーを車体と同色に、足をのせるフロアーステップをグレーからブラックに変更。車体色は、6色(シリウスブルーメタリック、シグマシルバーメタリック、トーラスグレーメタリック、パールプロキオンブラック、パールジェミニブルー、レプスピンクメタリック)。
「トゥデイ・デラックス」は、ツートーンカラーやレッグシールドにピンストライプなどの専用装備を採用。車体色は、2色(ペルセウスブラウンメタリック×ブラック、シグマシルバーメタリック×ブラック)。
2007年8月に「トゥデイ」をフルモデルチェンジ。型式は、JBH-AF67
優れた始動性に寄与するPGM-FI(電子制御燃料噴射システム)を新しく搭載し、エンジン出力と燃費が向上。よりスムーズな走りを実現。排気ガスを浄化する触媒装置をマフラー内に装備して平成18年国内二輪車排出ガス規制に適合。メーカー小売価格が128,000円(税抜)に上がった。車体色は、8色(シリウスブルーメタリック、ペルセウスブラウンメタリック、パールプロキオンブラック、パールベルデュアグリーン、キャンディールーシッドレッド、シグマシルバーメタリック、アクイラブルーメタリック、キャンディーブレイズオレンジ)。
2008年2月07日に「トゥデイ・スペシャル」をタイプ追加。
車体色は、2色(パールコットンアイボリー、パールベイビィピンク)。レッグシールドは、それぞれのボディカラーに合わせた明るい色調とし、専用のシート表皮は、高級感のあるブラックとブラッシュグレーのツートーン仕様とした。
2008年3月15日に「トゥデイ」をカラーチェンジ。また「トゥデイ・F」をタイプ追加。
「トゥデイ」の車体色は、2色(オリオンイエロー、パールキャンサーホワイト)。「トゥデイ・スペシャル」は、シートがレッグシールドと合わせたブラッシュグレーとブラックのツートーン。ホイールは、ブラック。メーター部の文字盤をカーボン調に。スピードメーター内はブルーのグラデーションに。ハンドルグリップは、茶色を採用。車体の左右サイドカバーとフロントカバーには右上部にFタイプ専用のステッカーを配し、中央部分にはシルバーのストライプを施した。
2009年1月20日に「トゥデイ・F スペシャル」を発売。
車体色は、2色(キャンディーブレイズオレンジ、ペルセウスブラウンメタリック)。シートは、ブラウンとグレーのツートーン。

2009年4月10日に「トゥデイ」と「トゥデイ・F」をマイナーチェンジ。
プッシュキャンセル式ウインカースイッチを採用。6桁化されたオドメーターを採用。スピードメーターパネルのデザインを変更。車体色は、「トゥデイ」に新色のナッソーブルーメタリック、トーラスグレーメタリックを追加。「トゥデイ・F」には、パールコットンアイボリー、パールアメジストパープルを新たに追加。全10色の設定。
2010年2月12日に「トゥデイ」と「トゥデイ・F」をカラーチェンジ。
車体色は、「トゥデイ」が5色(ピュアレッド(新色) 、レプスピンクメタリック(新色)、デジタルシルバーメタリック(新色)、ナッソーブルーメタリック-U、ペルセウスブラウンメタリック)。「トゥデイ・F」が3色(キャンディーアルジャブルー(新色)、パールキャンサーホワイト(新色)、パールプロキオンブラック)。「トゥデイ」「トゥデイ・F」ともに、新デザインの車名ロゴステッカーを採用。「トゥデイ・F」だけフロントカバー左右にストライプ調の専用ロゴステッカーを採用。
2011年2月25日に「トゥデイ」と「トゥデイ・F」をマイナーチェンジ。また、「トゥデイ・F スペシャル」を限定発売。
エンジンの熟成を図って、一層扱いやすい出力特性に。また、ハンドルグリップをバーエンド付きタイプに変更。
車体色は、「トゥデイ」が5色(キャンディールーシッドレッド(新色)、プリズムイエロー(新色)、デジタルシルバーメタリック、ナッソーブルーメタリック-U、ペルセウスブラウンメタリック)。「トゥデイ・F」が3色(パールプロキオンブラック、パールキャンサーホワイト、キャンディーアルジャブルー)。「トゥデイ・F スペシャル」は、シートとレッグシールドを車体色に合わせ、1色(パールツインクルブラック)の設定。
2012年1月27日に「トゥデイ」と「トゥデイ・F」をカラーチェンジ。
車体色は、「トゥデイ」が4色(パールキャンサーホワイト(新色)、パールツインクルブラック(新色)、デジタルシルバーメタリック、ペルセウスブラウンメタリック)。「トゥデイ・F」が3色(イプシロンブルーメタリック(新色)、キャンディールーシッドレッド(新色)、ヘビーグレーメタリック-U(新色))。
2016年に日本仕様の生産終了を公表。

 

 

ここでは、
2002年8月発売のホンダ トゥデイ(BA-AF61)と
2007年8月発売のホンダ トゥデイ(JBH-AF67)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ トゥデイ

ホンダ トゥデイ

発売

2002年8月

2007年8月

型式

BA-AF61

JBH-AF67

全長

1695mm

1695mm

全幅

630mm

630mm

全高

1030mm

1030mm

ホイールベース

1180mm

1180mm

シート高

695mm

695mm

最低地上高

110mm

110mm

乾燥重量

71kg

75kg

総重量

75kg

79kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

26°30′

トレール(mm)

71

71

ブレーキ形式(前)

ドラム

ドラム

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

80/100-10 46J

80/100-10 46J

タイヤサイズ(後)

80/100-10 46J

80/100-10 46J

エンジン種類

空冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

49cc

49cc

圧縮比

10.1

10.1

ボア

38mm

38mm

最高出力(kW/rpm)

2.8(3.8PS)/8000

3(4.1PS)/8250

最大トルク(N・m/rpm)

3.6(0.37kgf・m)/6500

3.7(0.38kgf・m)/7500

始動方式

セル・キック

セル・キック

点火方式

CDI

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

キャブレター

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

5.0L

4.6L

燃料消費率(km/L)

65(30km/h)

73(30km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥94,800 シグマシルバーメタリック ¥94,800 アンタレスグリーンメタリック ¥94,800 キャンディルーシッドレッド ¥94,800 パールプロキオンブラック ¥94,800 オリオンイエロー ¥94,800 パールキャンサーホワイト ¥94,800 スピカピンクメタリック ¥94,800 トーラスグレーメタリック ¥94,800 シリウスブルーメタリック ¥94,800 イプシロンブルーメタリック

¥134,400 キャンディーブレイズオレンジ ¥134,400 パールベルデュアグリーン ¥134,400 アクイラブルーメタリック ¥134,400 ペルセウスブラウンメタリック ¥134,400 パールプロキオンブラック ¥134,400 シリウスブルーメタリック ¥134,400 キャンディールーシッドレッド ¥134,400 シグマシルバーメタリック

 

 

ホンダ トゥデイ AF61とAF67の違い

 

 

デザイン

AF67のデザインは、キープコンセプトとしつつもボディカバーを一新し、丸みを強調したラウンドデザインを採用。ボリューム感と質感がアップ。

 

ホンダ トゥデイ AF61とAF67の違い

 

 

エンジン

電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を新しく採用。燃費がAF61と比較して約12%向上。また、寒い朝でも始動を楽になり、スムーズな発進加速も実現。PGM-FIとキャタライザーを新しく採用し、平成18年国内二輪車排出ガス規制に適合。また、バッテリーが完全に放電した場合でも、キックで始動ができるシステムを採用。キック始動時の使い勝手を高めた前踏み式のキックペダル。

 

 

メーター

AF67では、ガソリンの残量を表示する燃料計を新たに採用。

 

ホンダ トゥデイ AF61

ホンダ トゥデイ AF67

 

 

メインスタンド

AF67は、メインスタンドの形状が変更され、操作荷重を20%減少させた。駐車時のメインスタンド掛けの使い勝手が向上。

 

 

リアキャリア

AF67は、新デザインのリアキャリアとなり、ホンダアクセス製の別売りのUロックを収納できる。

 

 

電球(バルブ)

 

ホンダ トゥデイ AF61

ヘッドライト 12V 30/30W
ストップ・テールランプ 12V 18/5W
方向指示器(ウィンカ)ランプ 12V 10W

 

ホンダ トゥデイ AF67

ヘッドライト 12V 30/30W
ストップ・テールランプ 12V 21/5W
方向指示器(ウィンカ)ランプ 12V 10W

 

 

ホンダ トゥデイ AF61とAF67の違いに関する口コミ

 

一番大きな違いは、燃料供給方式がAF61がキャブレターでAF67がインジェクション。

 

キャブレターの特徴

整備性が良い
天候・環境による変化に弱い
燃費が悪い

 

インジェクションの特徴

整備性が悪い
抜群の安定性
燃費が良い
環境に良い
コストが高い

 

 

メーターが丸くてガソリンメーターがついていないのがAF61。メーターが楕円でガソリンメーターのついているのがAF67。それからAF67のマフラーには、触媒が追加されてる。

 

 

AF61とAF67の速さの違いは、ノーマルなら似たようなもん。イジったらAF61が速いけど燃費重視だったらAF67の方がいい。

 

 

 

メーターのデザインは、AF61の方が好きだけどAF67は、燃料計があるのがいいね。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト