タクトとジョルノの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

タクトとジョルノの違いを比較

 

ホンダ タクトの歴史

2015年1月23日に「タクト」が新発売。型式は、JBH-AF75
タクトの8代目モデル。原付スクーター市場の再活性化を目指すため、ネーミングを復活させたモデル。JBH-AF74型ダンクと基本コンポーネンツを共用する姉妹車。eSPのエンジンを採用。製造はベトナム。車体色は、全3色(キャンディーノーブルレッド、パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリック)の設定。
2016年2月12日にカラーチェンジ。生産をベトナムから熊本製作所に移管。型式は、JBH-AF79
車体色は、新色2色(クラシカルホワイト、マホガニーブラウンメタリック)と継続色1色(キャンディーノーブルレッド)の全3色の設定。
2017年10月17日にマイナーチェンジ。型式は、2BH-AF79
平成28年排出ガス規制対応とカラーチェンジ。車体色は、新色1色(ヘビーグレーメタリック-U)と継続色1色(キャンディーノーブルレッド)の全2色の設定。
タクトの「JBH-AF79」と「2BH-AF79」の違いはこちら。
2019年2月15日にカラーチェンジ。
車体色は、新色1色(マットバリスティックブラックメタリック)と継続色1色(へビーグレーメタリック-U)の全2色の設定。

 

 

ホンダ ジョルノの歴史

2011年1月に「ジョルノ」が新登場。型式は、JBH-AF70
車体色は、全7色(アズキブラウンンメタリック、キャンディコスモスピンク、パールクエンチイエロー、パールコットンアイボリー、パールキャンサーホワイト、デジタルシルバーメタリック、パールプロキオンブラック)。
2012年1月27日に「ジョルノ」をカラーチェンジ。また「ジョルノ・スポルト」をタイプ追加。
ジョルノの車体色は、4色(アズキブラウンメタリック、パールコットンアイボリー、パールプロキオンブラック、デジタルシルバーメタリック)。「ジョルノ・スポルト」は、スポーティーさを演出するフロント、サイド、リアの各カバーに施されたレッドの専用ストライプとレッドのパイピングを施した専用シートを採用。車体色は、2色(パールキャンサーホワイト、パールプロキオンブラック)。
2013年1月25日に特別・限定仕様の「ジョルノ・スペシャルエディション」を発売。
特別なカラーリングを施したモデルで車体色は、2色(マットアクシスグレーメタリック、パールキャンサーホワイト)。
2014年1月24日に「ジョル」と「ジョルノ・デラックス」をカラーチェンジ。
車体色は、「ジョルノ」が2色(オリオンイエロー、パールプロキオンブラック)。「ジョルノ・デラックス」がツートーンカラー4色(スピカピンクメタリック×パールコットンアイボリー、パールジェミニブルー×パールコットンアイボリー、アズキブラウンメタリック×パールコットンアイボリー、パールキャンサーホワイト×シグマシルバーメタリック)。
2014年11月20日に「ジョル」と「ジョルノ・デラックス」をカラーチェンジ。
車体色は、「ジョルノ」が4色(アズキブラウンメタリック、パールコットンアイボリー、キャンディーコスモスピンク、パールプロキオンブラック)。「ジョルノ・デラックス」がツートーンカラー2色(スピカピンクメタリック×パールコットンアイボリー、パールジェミニブルー×パールコットンアイボリー)。
2015年10月16日に「ジョルノ」をフルモデルチェンジ。型式は、JBH-AF77
エンジンに水冷4ストロークOHC単気筒50ccの「eSP」エンジンを採用。外観を一新し、より丸みを強調したボディに。アクセサリーソケットを標準装備。生産を従来モデルの中国から日本の熊本製作所に移管。車体色は、6色(パールマーメイドブルー、パールアンブラウン、アーベインデニムブルーメタリック、パールジャスミンホワイト、マグナレッド、ポセイドンブラックメタリック)。
ジョルノ 2011年「JBH-AF70」と2015年「JBH-AF77」の違いの比較は、こちら
2016年4月15日に特別・限定仕様の「ジョルノ・くまモンバージョン」を発売。
熊本県とのコラボでブラックとレッドを基調とした「くまモンカラー」を採用したジョルノが登場。車体色は、1色(グラファイトブラック)。
2017年11月14日に「ジョルノ」と「ジョルノ・くまモンバージョン」をマイナーチェンジ。型式は、2BH-AF77

平成28年排出ガス規制の対応とカラーバリエーションの変更。車体色は、ジョルノが6色(プコブルー、パールソフトベージュ、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、パールアンブラウン、アーベインデニムブルーメタリック)。くまモン バージョンが1色(グラファイトブラック)。
ジョルノの「JBH-AF77」と「2BH-AF77」の違いの比較は、こちら。
2019年1月25日に「ジョルノ・スペシャル」を発売。
車体色にレッドとホワイトのツートーンカラーの「キャンディプロミネンスレッド」を採用。車体側面にストライプを配した。
2019年2月15日に「ジョルノ」をカラーチェンジ。「ジョルノ・くまもん バージョン」は、継続販売。また「ジョルノ・デラックス」を追加。
「ジョルノ」の車体色は、4色(プコブルー、パールソフトベージュ、ポセイドンブラックメタリック、パールアンブラウン)。「ジョルノ・くまもん バージョン」の車体色は、グラファイトブラック。「ジョルノ・デラックス」は、車体色が2色(ボニーブルー、タスマニアグリーンメタリック)。ボニーブルーのリアサイドカバーとストライプにはソフトベージュを。タスマニアグリーンメタリックのリアサイドカバーとストライプには、シルバーを採用するなどしたツートーンカラーを採用。

 

 

ここでは、
2016年2月発売のタクト(JBH-AF79)と
2015年10月発売のジョルノ(JBH-AF77)
を比較しました。

 

スペックの違いを比較

 

※数字が大きい方をこの色にしています。

 

車種

ホンダ タクト

ホンダ ジョルノ

発売

2016年2月

2015年10月

型式

JBH-AF79

JBH-AF77

全長

1675mm

1650mm

全幅

670mm

670mm

全高

1035mm

1035mm

ホイールベース

1180mm

1180mm

シート高

720mm

720mm

最低地上高

105mm

105mm

総重量

79kg

81kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30´

26°30′

トレール(mm)

75

75

ブレーキ形式(前)

ドラム

ドラム

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

80/100-10 46J

80/100-10 46J

タイヤサイズ(後)

80/100-10 46J

80/100-10 46J

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

水冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

49cc

49cc

圧縮比

12.0

12.0

ボア

40mm

40mm

最高出力(kW/rpm)

3.3(4.5PS)/8000

3.3(4.5PS)/8000

最大トルク(N・m/rpm)

4.1(0.42kgf・m)/7500

4.1(0.42kgf・m)/7500

始動方式

セル・キック

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

4.5L

4.5L

燃料消費率(km/L)

80(30km/h)・56.4(WMTCモード)

80(30km/h)・56.4(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥172,800 クラシカルホワイト ¥172,800 マホガニーブラウンメタリック ¥172,800 キャンディーノーブルレッド

¥189,000 パールマーメイドブルー ¥189,000 パールアンブラウン ¥189,000 アーベインデニムブルーメタリック ¥189,000 パールジャスミンホワイト ¥189,000 マグナレッド ¥189,000 ポセイドンブラックメタリック

 


 

タクト

 

ジョルノ

 

タクト(JBH-AF79)とジョルノ(JBH-AF77)の比較の口コミ

 

 

ジョルノって本当にタクトと変わらないんだよね。新型ジョルノを眺めてるとタクトとの違いは、丸みのあるプラスチックの外装とライトだけみたい。

 

 

ホンダの新型ジョルノのホイールは、タクトベーシックと同じだね。

 

 

ボディからシートまでにかけての全体の色使いやバランスは、ジョルノが一番凝ってる。女性ならジョルノ選ぶだろうね。

 

 

ホンダドリームに新ジョルノが置いてあった。タクトやダンクよりシートが柔らかくて座り心地が最高だった。タクトやダンクは、シートが硬すぎだわ。

 

 

シートが柔らか過ぎるのも疲れるらしいよ。それに耐久性の問題もある。

 

 

記事の年間販売台数の計画は、こんな感じ。
ジョルノ 18000台
タクト 45000台

 

 

ジョルノは、タクトと同じエンジンのeSP搭載してて、メットインも少し大きいし、スマホの充電ができるアクセサリーソケットが付いてて、デザインもこってる。価格もノーマルのタクトより16,200円高い程度。

 

 

ジョルノは、2015年10月のAF77から国内生産だね。それまでは、中国で作ってた。タクトは、2016年2月から国内生産。それまでは、ベトナムで作ってた。

 

 

デザインは、ジョルノだけどタクトの方が通勤で乗り潰すには、良さそう。タクトは、リアキャリアも標準装備だし。

 

 

エンジンも足回りも同じだから見た目で気に入ったほうを買えばいい。

 

 

タクトは黒く塗装してあるがスチールホイール。タクトベーシックとジョルノは、スチールホイールで未塗装。

 

 

ジョルノはシガーソケットが付いているが、タクトはついていない。スマホでナビつかったり、音楽聴きながら乗る人は、ジョルノの方がおすすめ。

 

メーカー小売価格(消費税8%込)
214920円 ダンク
189000円 ジョルノ
172800円 タクト
159840円 タクトベーシック

 

 

タクトの方が数万円安いし、シンプルなデザインがいい。

 

 

女性は、ジョルノの方が好きそう。丸目のライトがかわいい。

 

 

タクトは、リアキャリアが標準装備だし、XLの前カゴを付けられる。足元もタクトの方が広い。ジョルノでリアキャリア付けるとオプションで14580円。ジョルノはアイスト無しが選べなくてアイスト付きで194400円。タクトは、アイスト付きで178200円。アイスト無しなら更に1万円安い。

 

 

街でジョルノ乗ってる人がいて音が凄く静かだったから気になった。でもおっさんの俺には似合わない気がして同じエンジンのタクトを買うことにした。

 

 

俺ならタクトベーシックにする。アイドリングストップなんか使わないし、ベーシックは、15mmシート高が低いから足つきもいい。なにより安いのがいいね。

 

 

タクトは、2016年2月発売のJBH-AF79から日本製。それまでは、ベトナム製。
ジョルノは、2015年10月発売のJBH-AF77から日本製。それまでは、中国製。

 

 

タクトとジョルノの中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト