トリシティ125 型式「EBJ-SE82J」と「2BJ-SEC1J」の違い


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

トリシティ125 2016年モデル(EBJ-SE82J)と2018年モデル(2BJ-SEC1J)の違い

 

ヤマハ トリシティ125

2014年9月10日に「トリシティ125」が新登場。型式は、 EBJ-SE82J
トリシティ は、
ヤマハが「ニュースタンダード シティコミューター」のコンセプトを基にLMWと呼ばれる二輪のように傾斜して曲がるといった三輪以上の車両を開発した第一弾。2014年4月にタイの現地法人であるタイヤマハモーターで製造販売が開始され、日本には「トリシティ MW125」として2014年9月10日に発売。車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年4月20日に「トリシティ125 ABS」を追加。
ABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備した「トリシティ125 ABS」を発売。
車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年12月15日に「トリシティ125」と「トリシティ125 ABS」に新色を追加。
新色のマットブルーメタリック3(マットブルー)を追加。
2016年3月1日に快適セレクションを追加。
トリシティ125/トリシティ125 ABSにトップケースとナックルバイザー等を標準装着した快適セレクションをラインナップに追加。車体色は、4色(ブラック、ホワイト、マットブルー、マットレッド)の設定。
2018年1月20日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-SEC1J
主な特徴は、VVA(可変バルブ機構)搭載の「BLUE CORE」エンジンを採用。乗り心地や足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンションの採用。足付きを考慮したシート高765mmのメインシートを採用。LEDヘッドランプを採用。車体色は、「トリシティ125」が2色(ホワイトとマットグレー)。「トリシティ125 ABS」が2色(ホワイトとシアン) 。
2019年3月20日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットペールブルーメタリック2(マットペールブルー)と継続色2色(ホワイト、マットグレー)をあわせた3色の設定。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2015年12月15日発売のヤマハ トリシティ125 ABS(EBJ-SE82J)と
2018年1月20日発売のヤマハ トリシティ125 ABS(2BJ-SEC1J)
の違いを比較しました。

 

 

トリシティ125 ABS(EBJ-SE82J)とトリシティ125 ABS(2BJ-SEC1J)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

 

タイプグレード名

トリシティ125 ABS

トリシティ125 ABS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

EBJ-SE82J

2BJ-SEC1J

発売日

2015年12月15日

2018年1月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1905

1980

全幅 (mm)

735

750

全高 (mm)

1215

1210

ホイールベース (mm)

1310

1350

最低地上高(mm)

120

165

シート高 (mm)

780

765

車両重量 (kg)

156

164

最小回転半径(m)

2.3

2.5

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

35.8

46.2

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

38.8

43.6

原動機型式

E3P4E

E3V7E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

52

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

58.7

圧縮比(:1)

10.9

11.2

最高出力(kW)

8.1

9

最高出力(PS)

11

12

最高出力回転数(rpm)

9000

7500

最大トルク(N・m)

10

12

最大トルク(kgf・m)

1

1.2

最大トルク回転数(rpm)

5500

7250

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

6.6

7.2

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7E

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7V

YTZ7V

バッテリー容量

12V-6.0Ah 10H

12V-6.0Ah 10H

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

1

2次減速比

9.533

10.208

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

20°

20°

トレール量 (mm)

68

67

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

90/80-14

90/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

43

43

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

110/90-12

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

64

57

タイヤ(後)速度記号

L

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

399,600円 マットブルーメタリック3

432,000円 ホワイトメタリック6
432,000円 ライトシアンメタリック4

国内年間目標販売台数

5,000台(シリーズ合計)

1,500台(シリーズ合計)

製造国

タイ

タイ

 

トリシティ125 2016年モデル(EBJ-SE82J)と2018年モデル(2BJ-SEC1J)の違い

 

トリシティ125 2016年モデル(EBJ-SE82J)と2018年モデル(2BJ-SEC1J)の外観の違い

 

トリシティ125 2016年モデル(EBJ-SE82J)と2018年モデル(2BJ-SEC1J)の外観のサイドの違い

 

トリシティ125 2016年モデル(EBJ-SE82J)と2018年モデル(2BJ-SEC1J)の装備の違い

 

2018年モデルの主な変更点

  • VVA(可変バルブ機構)搭載の124cm3「BLUE CORE」エンジンを採用。高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして開発したエンジン。
  •  

  • 新設計フレームを採用。高速域でも十分な強度と剛性のバランスを確保。
  •  

  • リアサスペンションは、良好な乗り心地をもたらすツインチューブ式のショックアブソーバを新たに採用。
  •  

  • リアにはグリップ性に優れた130o幅タイヤを新たに採用。
  •  

  • 足付きを考慮したシート高765mmの新シートを採用。(現行比で15oダウンのシート高)
  •  

  • シート下トランクは大容量約23.5LでLED照明も装備。※2015年モデルは、約20L
  •  

  • 燃料タンク容量が6.6L→7.2Lにアップ。
  •  

  • ヘルメットホルダー2個を採用し利便性を向上。
  •  

  • リア周りの一体感を印象づける新デザインクラブバーとタンデムフットレストの採用。
  •  

  • 見易いECOランプ装備液晶メーターの採用。
  •  

  • ロービーム3灯、ハイビーム2灯構成の高級感のあるLEDヘッドランプを採用。
  •  

  • フロントパネル内側には12V・DC電源ジャック付き、蓋付き小物入れを設け利便性を向上。
  •  

  • 踵部分の自由度が高い広いゆったりとしたフラットフットボードを採用。
  •  

  • ニューカラー&グラフィックの採用。

 

トリシティ125 2016年モデルと2018年モデルの比較の口コミ

 

 

新型125は、パーキングブレーキ付かなかったね。旧型125乗りの俺にとっては、安堵の高笑い。

 

 

新型は、パワー、トルク、燃費がアップしてるね。

 

 

エンジンだけじゃなく、足元の広さアップ、燃料タンク容量アップ、メットインの広さアップ、さらにLED照明付き。コツコツ改善して使い勝手がよくなってるのが好印象。

 

 

●トリシティ125
発売日2015年4月20日 新発売
国内年間販売計画 7,000台
発売日2015年12月15日 カラー追加
国内年間販売計画 5,000台
2018年1月20日 フルモデルチェンジ
国内年間販売計画 1,500台

 

 

新型と旧型をよく見て比べてみた。ちょっとの差だけど、新型はシートの下の辺りが少し後ろに引き締まってる感じで旧型は前に出ててる感じ。

 

 

トリシティ125の旧型と新型を比べるとホイールベースが伸びた分、リヤフェンダーが伸びてるだけでカウル長は、ほとんど同じ。オーナーが並べて見ても微妙な差だから遠目じゃわからない。

 

 

新型は、初期型と比べたらリヤタイヤと駆動系排気系周りが大きく見える。逆に言えば初期型はその辺りが貧弱に見える。

 

 

新型2018年モデル トリシティ125

 

 

旧型125乗りだけど、新型125の可変バルタイが羨ましいわ。

 

 

新型乗ってる人と話したら、実燃費で1割ぐらいの差がある感じ。5万km走って3万円ぐらいの差。シガーソケットは、付いてたら便利だが、旧型でもハンドルに12Vの空きコネクタが出てるから好きなものを簡単に付けれる。H4のLED化は安くて簡単にできる。。

 

 

両方乗ってみたけど、新型と旧型では、パワーは間違いなく違うよ。

 

 

新型になってエンジンとフレームが変わったからフルモデルチェンジだけど、見た目だとマイナーチェンジレベルの変更だね。

 

 

新型乗ったけど、ケツが前にずれるのが改善してた。

 

 

新旧のパーツリストによるとエンジンのシリンダーとピストンの品番が変わってた。パーキングブレーキのワイヤーは、同じだったからまたキコキコ鳴く個体が出てくるかもしれない。クランクケースカバーのダクトは、形状も品番も変わったから何か問題があったかも。使用ネジなんかも微妙に変わってる。

 

トリシティ125の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト