グロムとジクサーの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

グロムとジクサーの違いを比較

 

スズキ ジクサーの歴史

2014年8月にインドを中心としたアジア、中南米向けの車両として先行販売された。ジクサーの名前の由来は日本国外におけるスズキGSX-Rのニックネームからきてる。
2015年には、フルカウルを装着した SFも発表された。
2017年1月27日にインドから日本向け仕様が正規輸入により発売された。型式は、2BK-NG4BG
車体色は、3色(トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック、グラススパークルブラック×キャンディソノマレッド)の設定。
2018年6月11日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、キャンディソノマレッド゙×ソニックシルバーメタリック、グラススパークルブラック)。
2020年3月4日にフルモデルチェンジ。型式は、2BK-ED13N
ヘッドライトがLED化され、カウルデザインとは独立したかたちの造形となった。シートが従来の前後一体式から分割式に変更。スイングアームマウントのリアフェンダーを装備。フロントブレーキにABSを装備。車体色は、3色(グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック、ソニックシルバーメタリック×グラススパークルブラック)。
ジクサーの2020年3月4日のフルモデルチェンジの変更点は、こちら。

 

 

ホンダ グロムの歴史

2013年6月21日に新登場。型式は、EBJ-JC61
2013年1月に「MSX125」としてタイで生産し、タイで発売開始したモデルを日本にも導入。車体色は、3色(パールクィーンビーイエロー、パールバレンタインレッド、アステロイドブラックメタリック)。
2014年4月15日にマイナーチェンジ。
新色のパールヒマラヤズホワイトを追加、継続色の2色(アステロイドブラックメタリック、パールバレンタインレッド)とあわせて3色の設定。また、車体各部のカラーを変更。ホイール、前後ブレーキキャリパー、サイドカバーガーニッシュにゴールドカラーを採用。シートカウル、ヘッドライトステーに車体色と同色を施した。
2015年3月5日にカラーチェンジ。
新色のマリゴールドイエローを追加。継続色の2色(パールヒマラヤズホワイト、アステロイドブラックメタリック)とあわせて全3色の設定。サイドカバーとリアカウルにマットブラック塗装を施した。継続色の2色のシュラウドにあしらったウイングマークをレッドに変更。「GROM」のロゴを拡大しサイドカバーに貼付。
2016年6月9日にマイナーチェンジ。
新設計のLEDヘッドライトを採用。ボディー形状はエッジを効かせたデザインに変更。ヒンジ式のタンクキャップを新たに採用。、イグニッションキーのブレード部を持ち手に収納可能としたフォールディング機能付き「リトラクタブルキー」をHondaの二輪車で初めて採用。車体色は、3色(パールバレンタインレッド、レモンアイスイエロー、パールヒマラヤズホワイト)。
グロムのマイナーチェンジ詳細は、こちら
2017年7月24日にカラーチェンジ。型式は、2BJ-JC75
前後のホイールとブレーキキャリパー、エンジン右側面のカバーにゴールド、リアサスペンションのスプリングにレッドのカラーを採用。車体色に新色の「マットアクシスグレーメタリック」を追加。従来色のパールバレンタインレッド、パールヒマラヤズホワイトと合わせて全3色の設定。
グロムの「EBJ-JC61」と「2BJ-JC75」の違いを比較
2020年3月13日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ロスホワイト、マットアクシスグレーメタリック)。共通の変更点としてエッジの効いたストライプを施し、前後のホイールとエンジン右側面のカバー、リアサスペンションスプリングをブラック塗装とした。ブレーキキャリパーにはレッドを採用。車体色ロスホワイトは、サイドカバーとリアカウルがレッド。車体色マットアクシスグレーメタリックは、グレーとゴールドを組み合わせた。

 

 

ここでは、
2017年7月24日発売のホンダ グロム(2BJ-JC75)と
2017年1月27日発売のスズキ ジクサー(2BK-NG4BG)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

グロム

ジクサー

発売日

2017年7月24日

2017年1月27日

全長 (mm)

1755

2005

全幅 (mm)

730

785

全高 (mm)

1000

1030

軸間距離 (mm)

1200

1330

最低地上高 (mm)

155

160

シート高 (mm)

760

785

車両重量 (kg)

104

135

乗車定員(名)

2

2

エンジン種類

空冷4ストロークOHC単気筒

空冷・4サイクル・単気筒 / SOHC・2バルブ

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

56

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

62.9

圧縮比(:1)

9.3

9.8

最高出力(kW)

7.2

10

最高出力(PS)

9.8

14

最高出力回転数(rpm)

7000

8000

最大トルク(N・m)

11

14

最大トルク(kgf・m)

1.1

1.4

最大トルク回転数(rpm)

5250

6000

燃料タンク容量 (L)

5.7

12

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

357.3

705.6

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR6EA-9

CPR7EA-9

搭載バッテリー・型式

YTZ5S

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1.1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

0.85

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・4段変速

リターン式・5段変速

チェーンサイズ

420

428

標準チェーンリンク数

106

132

フレーム型式

バックボーン

ダイヤモンド

キャスター角

25°

25°45’

トレール量 (mm)

81

105

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

62.7

58.8

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

67.1

51

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70-12

100/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

51

52

タイヤ(前)速度記号

L

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-12

140/60R17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

56

63

タイヤ(後)速度記号

L

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

HS1

メーカー小売価格/カラーバリエーション

351,000円 マットアクシスグレーメタリック
351,000円 パールバレンタインレッド
351,000円 パールヒマラヤズホワイト

316,440円 トリトンブルーメタリック
316,440円 グラススパークルブラック
316,440円 グラススパークルブラック×キャンディソノマレッド

国内年間目標販売台数

3,000台

720台

製造国

タイ

インド

 

グロムとジクサーの違いを比較

 

グロムとジクサーの比較の口コミ

 

 

燃費は、WMTCモードでジクサーが51.0km/Lでグロムが67.1km/L。

 

 

車両重量と馬力は、
ジクサー 135kg 14ps
グロム 104kg 9.8ps

 

 

ジクサーは、グロムより大きく、おおかたフルサイズだけどフルサイズにしては小さい。
ジクサーは、乗りやすいし、燃費がいいから軽二輪界のカブのようなバイクだね。初めてバイクに乗る人にすごくオススメできる。インドで人気なのも頷ける。保険の値段は、少し上がるけどグロムよりジクサーの方がフルサイズで高速乗れるからいいかも。

 

 

ジグザーは、125ccのグロムやz125より馬力が1.5倍あるし、燃費も同じくらいなのにジグザーより値段が高いんだよね。

 

 

ジグザー見てきた。エンジンが小さいのは、気になったが見た目が立派な感じでグロムより値段が安いって驚き。

 

 

前グロム乗ってて姿勢が真っ直ぐだったせいかジクサーの前傾姿勢が辛く感じる。でも
ジクサーエンジンは、凄く静かだね。

 

 

●タンク容量
ジクサー 12L
グロム 5.7L

 

●燃費WMTCモード値
ジクサー 51km/L
グロム 67.1km/L

 

●航続距離
ジクサー 12L × 51km/L =612?km
グロム 5.7L × 67.1km/L =382.47km

 

 

ジクサーは、エンジンだけ150で、他は250のような車種で
足回りがオーバースペックだからブレーキがガッツリ効くんじゃない?グロムは、車体に合わせたそれなりのブレーキだから効きが悪いって感じる人も多い。

 

 

グロムとジクサーは、少ししか排気量が違わないけど、グロムは、軽くて自転車にエンジンが付いた感じだけど、ジクサーは、結構大きくて250クラスみたいだけどそれより軽くて回すと走る感じ。ちょい乗りで自転車感覚で乗るならグロムの方がいいと思う。

 

 

実用性と維持費を兼ねながらバイクに乗ってる感が欲しい人には、グロムはいい。さらに任意保険と駐車スペースに縛りがない人は、ジクサーがおすすめ。

 

 

ジクサーは、グロムをボアアップしたみたいなエンジン特性だからノーマル同士ならグロムは、相手にならないと思う。それにグロムの足回り自転車みたいだから。

 

 

70km/hまでジクサーが5.6秒でグロムが8.9秒らしい。

 

 

ジクサーは、5速。4速のグロムは、ストレス。

 

 

ジクサーは、125ccのグロムより安いのがいいね。

 

 

グロムは、見た目や車体の小ささや軽さなどのオモチャ感が魅力。ほぼフルサイズででかいジクサーは、興味ない。

 

 

ジクサーとグロムで悩んだけど、年に何回か高速走るからジクサーにした。

 

 

俺は、高速は走らないけど、通勤で原付二種不可のバイパス走るからジクサーにした。125以下だと走れない道路がある。それが無かったらグロムでも良かった。

 

 

ジクサーは、乗りやすいし、燃費が良くて軽二輪のカブみたい。フルサイズで高速乗れるし、バイク初心者に凄くおすすめできるバイク。保険の値段が上がってもグロム買うよりいいと思う。

 

 

70km/hまで
ジクサーは、5.6秒。
グロムは、8.9秒。

 

グロムとジクサーの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト