PCXとトリシティ125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCXとトリシティ125の違いを比較

 

ホンダ PCXの歴史

2010年3月30日に新登場。型式は、EBJ-JF28。
車体色は、3色(パールヒマラヤズホワイト、キャンディーロージーレッド、アステロイドブラックメタリック)の設定。
2012年5月11日にマイナーチェンジ。
新開発のスクーター用グローバルエンジン「eSP」に変更。エンジンマウント位置の変更。シートのバックレストの形状変更。燃料タンクリッドの開口方向の変更。
車体色は、新色のキャンディーライトニングブルーと従来色のホワイトとブラックの3色の設定。
2012年12月14日に特別・限定仕様 PCXスペシャルエディションを発売。
特別カラーの車体色2色(パールヒマラヤズホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック)とゴールドカラーのホイールを採用。
2014年4月24日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JF56。
全灯火器にLEDを採用。新設計のフロント、リアカウルを採用。エンジンは、「eSP」の一部を改良し、低・中速域で力強いトルク特性とするともに燃費性能を向上。リアタイヤは、転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを新たに採用。シートは、バックレスト一体型に変更。燃料タンク容量を5.9Lから8.0Lに増やした。車体色は、3色(キャンディーノーブルレッド、ポセイドンブラックメタリック、バールジャスミンホワイト)の設定。
PCXのJF28とJF56の詳しい違いは、こちら
2015年5月22日にカラーを追加。
新色のマットテクノシルバーメタリックを追加。従来色の3色(レッド、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。
2016年2月26日にカラーチェンジ。
新色のパールダークアッシュブルー。従来色の3色(シルバー、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。
2016年4月22日に特別・限定仕様の「PCX Special Edition」を発売。
スポーティーなイメージの特別カラー2色(パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリック)を採用。「白 or 黒」のカラーをベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、シートのステッチ、リアサススプリング、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤のアクセントをつけた。

2017年2月10日にカラーチェンジ。
新色は、単色のクリッパーイエローとツートンのキャンディーロージーレッドとポセイドンブラックメタリック。ツートンは、ロアカバーにシルバー、ボディカバーにストライプ、シートにレッドのステッチを採用。従来色の3色(ダークブルー、ホワイト、ブラック)とあわせて全6色の設定。
2018年4月6日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-JF81
外観を一新。エンジンは、「eSP」の一部仕様を変更し優れた燃費性能と中・高回転域の出力向上を両立。フレームをダブルクレードル構造に変更。前後ホイールの軽量化とタイヤのサイズ変更によるワイド化。リアサスペンションのストローク量を増加。「Honda SMART Keyシステム」を採用。車体色は、4色(キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、ブライトブロンズメタリック)の設定。
PCXのJF56とJF81の詳しい違いは、こちら

 

 

ヤマハ トリシティ125の歴史

2014年9月10日に「トリシティ125」が新登場。型式は、 EBJ-SE82J
車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年4月20日に「トリシティ125 ABS」を追加。
ABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備した「トリシティ125 ABS」を発売。
車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年12月15日に「トリシティ125」と「トリシティ125 ABS」に新色を追加。
新色のマットブルーメタリック3(マットブルー)を追加。
2016年3月1日に快適セレクションを追加。
トリシティ125/トリシティ125 ABSにトップケースとナックルバイザー等を標準装着した快適セレクションをラインナップに追加。車体色は、4色(ブラック、ホワイト、マットブルー、マットレッド)の設定。
2018年1月20日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-SEC1J
主な特徴は、VVA(可変バルブ機構)搭載の「BLUE CORE」エンジンを採用。乗り心地や足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンションの採用。足付きを考慮したシート高765mmのメインシートを採用。LEDヘッドランプを採用。車体色は、「トリシティ125」が2色(ホワイトとマットグレー)。「トリシティ125 ABS」が2色(ホワイトとシアン) 。
トリシティ125(EBJ-SE82J)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の詳しい違いはこちら
2019年3月20日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットペールブルーメタリック2(マットペールブルー)と継続色2色(ホワイト、マットグレー)をあわせた3色の設定。

 

 

ここでは、
2016年2月発売のホンダ PCX125(EBJ-JF56)と
2015年12月発売のヤマハ トリシティ125(EBJ-SE82J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ PCX

ヤマハ トリシティ125

発売

2016年2月

2015年12月

型式

EBJ-JF56

EBJ-SE82J

全長

1930mm

1905mm

全幅

740mm

735mm

全高

1100mm

1215mm

ホイールベース

1315mm

1310mm

シート高

760mm

780mm

最低地上高

135mm

120mm

総重量

130kg

152kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

27°

20°

トレール(mm)

86

68

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ディスク

タイヤサイズ(前)

90/90-14 M/C 46P

90/80-14 M/C 43P

タイヤサイズ(後)

100/90-14 M/C 51P

110/90-12 64L

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

水冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

124cc

124cc

圧縮比

11.0

10.9

ボア

52mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

8.6(12PS)/8500

8.1(11PS)/9000

最大トルク(N・m/rpm)

12(1.2kgf・m)/5000

10(1kgf・m)/5500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

強制圧送ウエットサンプ

燃料タンク容量

8.0L

6.6L

燃料消費率(km/L)

53.7(60km/h)・50.6(WMTCモード)

35.8(60km/h)・38.8(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥329,400 パールダークアッシュブルー ¥329,400 マットテクノシルバーメタリック ¥329,400 パールジャスミンホワイト ¥329,400 ポセイドンブラックメタリック

¥356,400 マットブルーメタリック3 ¥356,400 ブルーイッシュホワイトカクテル1 ¥356,400 ブラックメタリックX ¥356,400 マットディープレッドメタリック3

 


 

PCXとトリシティの動画

 

PCX

 

ホンダ・新型 PCX (2014) ショートレビュー・ホンダ

 

トリシティ

 

ヤマハ トリシティー125 (2014) バイク・スクーター試乗レビュー

 

ヤマハ トリシティ125/試乗インプレ

 

 

PCX(EBJ-JF56)とトリシティ125(EBJ-SE82J)の比較の口コミ

 

 

 

燃費もタンク容量も全然違うから航続距離がPCXの方が全然長い。

 

 

トリシティは、とにかく安心安全のスクーター。混み合った駐輪場を利用したり、エンジンの振動や燃費が気になるならPCXにした方がいい。

 

 

ワインディングや石畳以外では、PCXの方が便利だよ。

 

 

トリシティはフロントタイヤが2つあってフロントはタイヤ1つにつきフロントフォークを2本使っている。トリシティは、峠の下りでは、三輪の安定性が半端ない。

 

 

トリシティは、あの二輪の機構に阻害されて二輪のような一瞬だけ極端に傾けて横に避ける緊急回避ができない。何かあった時が危ないんだよな。

 

 

PCXに飽きてきたからトリシティに乗り換えようと思ったがこの前、駐輪場でトリシティ見て、足元狭すぎるし、メットインスペース小さ過ぎるしやっぱ不便だと思った。でもコンビニフックが付いてるのは、いいね。

 

 

トリシティは、PCXと比べると30kgも重いし、馬力やトルクも小さいからパワー不足。

 

 

ブレーキが決め手でトリシティを買った。PCXは、リヤブレーキがドラムでトリシティは三輪ともディスクだからね。それにABSのタイプも4万円アップで選択できる。安全には、お金をかけたい。

 

 

自分は、広いメットインもフロントの小物入れも必要なくて、とにかくシャシーのできが一番重要だったからトリシティにした 。

 

 

トリシティの3輪は2輪より安定してる。
これだけであとは、PCXの方が上でしょ。

 

 

トリシティは、唯一無二だからね。信号で止まってても周りからジロジロ見られて所有感がある。PCXは、乗ってる人多すぎ。

 

 

トリシティは、PCX150と同じ位の値段だね。

 

 

0-100mの加速は、PCXの方が速いけど200mになるトリシティとほとんど同じだね。PCXは、そこから更に伸びるけど実用域では、トリシティで問題ない。

 

 

PCXと迷ってる人は、PCXにした方がいいよ。速いし、燃費も良いし、乗ってる人多いから目立たない。本当にトリシティが欲しい人は、他のバイクには、あまり目がいかないよ。

 

 

燃費は、PCXが54km/Lくらい。トリシティが40km/Lくらい。

 

 

PCXの最高速はGPSだと100km/hちょいだけどトリシティは、90km/hくらいしかでない。

 

 

PCXは、足が伸ばせると言っても気持ち良く伸ばせるわけじゃないし、足元がフラットなトリシティの方が何かと便利。

 

 

PCXは、またがるタイプだから冬は、足が寒いよ。寒い時期は、フラットタイプのトリシティの方がいい。

 

実際にトリシティに乗ってるとフロントが2輪であることによって急制動や雨の時のカーブの安心感が良く分かる。でもその他の燃費、積載性、動力性能、快適性は、PCXの方が間違いなく上。でも前二輪による安定性、安心感は、唯一無二だからそこに価値を感じる人には、トリシティは、おすすめできる。

 

 

トリシティ乗りだけど代車でPCXと同じエンジンのSHモードに乗ったけど軽快さと加速の速さに驚いた。

 

 

PCXの方が燃費がいいし、メットインも容量で5L大きいし、足を投げ出して乗れるから長距離も楽。さらに軽くて取り回しも楽だし。買った後にパーツも沢山出てるからカスタムも楽しめる。燃費50km/Lで走るし、燃料タンクが8Lあるからすごい長い距離を給油せずに走れる。トリシティは、何より3輪に魅力を感じるかどうか。それが弱いならトリシティを買う理由がない。

 

 

PCXなら中古も考えたほうがいい。かなり売れたから状態の良い中古が山ほどある。

 

 

トリシティは、最高速の95km/hくらい。PCXは、108km/hくらい。

 

 

PCXは、加速は良い。燃費も良くて航続距離が長い。安定性は、優れてる。トリシティは、加速は悪い。燃費も悪いけど、安定性が最高。PCXはオールマイティで無難。トリシティは、尖がってる。通勤で雨や雪でも乗るならトリシティは、魅力的。

 

●タイヤの比較

 

PCX

タイヤタイプ

  • バイアス、チューブレス

指定タイヤ

  • 前輪IRC SS-560F
  • 後輪IRC SS-560R E

サイズ

  • 前輪90/90-14M/C 46P
  • 後輪100/90-14M/C 51P

 

トリシティ125

タイヤタイプ

  • チューブレス

指定タイヤ

  • 前輪CHENG SHIN/M6231
  • 後輪CHENG SHIN/M6232

サイズ

  • 前輪90/80-14M/C 43P
  • 後輪110/90-12 64L

 

●バルブ(電球)の比較

 

PCX

  • ヘッドライトLED
  • ブレーキ・テールランプLED
  • フロントウィンカーLED
  • リアウィンカーLED
  • ポジションランプLED
  • ライセンスプレートランプLED

 

トリシティ125

  • ヘッドライト 12V, 60.0W/55.0W × 1
  • テール/ブレーキランプ LED
  • 方向指示灯(前)12V, 10.0W × 2
  • 方向指示灯(後)12V, 10.0W × 2
  • メーター灯 LED
  • マーカーランプ LED
  • 方向指示器表示灯 LED
  • ヘッドライト上向き表示灯 LED
  • 冷却水温警告灯 LED
  • エンジン警告灯 LED

 

●メーターの比較

 

PCX

  • モードスイッチ
  • ハイビームパイロットランプ
  • 水温警告灯

中央

  • スピードメーター
  • 時計
  • 燃料計
  • エンジンオイル交換時期表示
  • オドメーター※モードスイッチを押しオドメーター、トリップメーター、平均燃費を切り換える

  • PGM-FI 警告灯
  • アイドリングストップ表示灯

 

PCXとトリシティ125のメーターを比較

 

トリシティ125

  • SELECTボタン
  • 方向指示器表示灯(左)
  • 水温警告灯
  • ヘッドライト上向き表示灯
  • エンジン警告灯
  • 方向指示器表示灯(右)
  • RESETボタン

中央

  • 時計
  • 燃料残量警告表示
  • 燃料計
  • スピードメーター
  • 外気温度表示
  • オドメーター/トリップメーター
  • エンジンオイル交換表示
  • V ベルト交換表示

 

 

安全性以外は全てPCXが勝ってると思うけど、トリシティ125の安心感は捨て難い。

 

 

トリシティ125は、PCXより20km/h遅いし、10km/h以上燃費悪い。

 

 

一度トリシティ125に乗ると、もう他の原付二種のスクーターに戻る気がしないよ。トリシティは、別ジャンルの乗り物って感じだし、乗ってて目立つよ。PCXは、乗ってる人多すぎるし、人気があるから盗難も多い。

 

 

迷ったならPCXを買った方がいいよ。トリシティが本当に欲しい人は、その特異な構造を求めて買うから他のバイクと迷わない。迷ってトリシティにすると後で燃費悪いとか、重いとか、維持費がかかるとかPCXに劣る部分が後悔につながるから。

 

 

俺は、物好きだからトリシティ乗ってるけど、完成度が高いのは、PCXだよ。

 

トリシティは、重いし、タイヤが1つ多いから燃費がPCXに劣るし、タンク容量も劣るから航続距離で結構差がでる。トリシティは、エコ運転しても満タンで300kmは厳しいかな。PCXは、満タンで350kmは余裕。

 

 

トリシティを選ぶ人は、安全重視でコーナリング優先。
PCXを選ぶ人は、コスト優先と直線重視。

 

 

PCXの使えるメットインと楽な乗車姿勢は、魅力的に感じた。でも雨の日も走るなら三輪のトリシティと思ってトリシティ買ったけど、使えないメットインと酷い椅子やゴツい靴を履くと足元に収まらなかったり、足つきが悪かったり、微妙な燃費とかマイナス面も結構ある。

 

 

 

 

 

次に、
2018年4月6日発売のホンダ PCX125(2BJ-JF81)と
2018年1月20日発売のヤマハ トリシティ125(2BJ-SEC1J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

PCX

トリシティ125

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

フルモデルチェンジ

発売年月

2018年4月6日

2018年1月20日

型式

2BJ-JF81

2BJ-SEC1J

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1925

1980

全幅 (mm)

745

750

全高 (mm)

1105

1210

軸間距離 (mm)

1315

1350

最低地上高 (mm)

137

165

シート高 (mm)

764

765

車両重量 (kg)

130

159

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

-

4

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

52

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

58.7

圧縮比(:1)

11

11.2

最高出力(kW)

9

9

最高出力(PS)

12

12

最高出力回転数(rpm)

8500

7500

最大トルク(N・m)

12

12

最大トルク(kgf・m)

1.2

1.2

最大トルク回転数(rpm)

5000

7250

燃料タンク容量 (L)

8

7.2

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

-

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

-

1

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

YTZ7V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

-

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

1

2次減速比

-

10.208

フレーム型式

ダブルクレードル

アンダーボーン

キャスター角

-

20°00

トレール量 (mm)

-

67

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

54.6

46.2

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50.7

43.6

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/80-14

90/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

43

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/70-14

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

55

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

燃料計 有
時計 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アイドリングストップ 有
DCソケット 有
センタースタンド 有

前後連動式ブレーキ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格(税込)

342,360円

394,200円

 

 

PCX125(2BJ-JF81)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の比較
PCX125(2BJ-JF81)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の装備の比較

 

PCXとトリシティ125の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト