PCX125とPCX150の違いの比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ホンダ PCX125とPCX150の歴史

 

ホンダ PCXの歴史

2010年3月30日に新登場。型式は、EBJ-JF28。
車体色は、3色(パールヒマラヤズホワイト、キャンディーロージーレッド、アステロイドブラックメタリック)の設定。
2012年5月11日にマイナーチェンジ。
新開発のスクーター用グローバルエンジン「eSP」に変更。エンジンマウント位置の変更。シートのバックレストの形状変更。燃料タンクリッドの開口方向の変更。
車体色は、新色のキャンディーライトニングブルーと従来色のホワイトとブラックの3色の設定。
2012年12月14日に特別・限定仕様 PCXスペシャルエディションを発売。
特別カラーの車体色2色(パールヒマラヤズホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック)とゴールドカラーのホイールを採用。
2014年4月24日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JF56。
全灯火器にLEDを採用。新設計のフロント、リアカウルを採用。エンジンは、「eSP」の一部を改良し、低・中速域で力強いトルク特性とするともに燃費性能を向上。リアタイヤは、転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを新たに採用。シートは、バックレスト一体型に変更。燃料タンク容量を5.9Lから8.0Lに増やした。車体色は、3色(キャンディーノーブルレッド、ポセイドンブラックメタリック、バールジャスミンホワイト)の設定。
PCXのJF28とJF56の詳しい違いは、こちら
2015年5月22日にカラーを追加。
新色のマットテクノシルバーメタリックを追加。従来色の3色(レッド、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。
2016年2月26日にカラーチェンジ。
新色のパールダークアッシュブルー。従来色の3色(シルバー、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。
2016年4月22日に特別・限定仕様の「PCX Special Edition」を発売。
スポーティーなイメージの特別カラー2色(パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリック)を採用。「白 or 黒」のカラーをベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、シートのステッチ、リアサススプリング、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤のアクセントをつけた。

2017年2月10日にカラーチェンジ。
新色は、単色のクリッパーイエローとツートンのキャンディーロージーレッドとポセイドンブラックメタリック。ツートンは、ロアカバーにシルバー、ボディカバーにストライプ、シートにレッドのステッチを採用。従来色の3色(ダークブルー、ホワイト、ブラック)とあわせて全6色の設定。
2018年4月6日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-JF81
外観を一新。エンジンは、「eSP」の一部仕様を変更し優れた燃費性能と中・高回転域の出力向上を両立。フレームをダブルクレードル構造に変更。前後ホイールの軽量化とタイヤのサイズ変更によるワイド化。リアサスペンションのストローク量を増加。「Honda SMART Keyシステム」を採用。車体色は、4色(キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、ブライトブロンズメタリック)の設定。
PCXのJF56とJF81の詳しい違いは、こちら

 

 

ホンダ PCX150

2012年6月7日に新登場。型式は、JBK-KF12
車体色は、2色(パールヒマラヤズホワイト、ミレニアムレッド)の設定
2013年1月17日にカラーの追加。
車体色に新色(マットガンパウダーブラックメタリック)が追加され、継続色2色(ホワイト、レッド)と合わせて全3色の設定。
2014年5月16日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-KF18
全灯火器にLEDが採用されたり新設計のフロント・リアカウルを採用されたり、燃料タンク容量が増えるなどしました。車体色は、全て新色の3色(マットテクノシルバーメタリック、ポセイドンブラックメタリック、バールジャスミンホワイト)の設定。
PCX150のKF12とKF18の詳しい違いはこちら。
2015年5月22日にカラーの追加。
車体色に新色(キャンディーノーブルレッド)が追加され、継続色3色(パールホワイト、ブラック、マットシルバー)と合わせて全4色の設定。
2016年4月22日にカラーチェンジと「PCX150 Special Edition」の発売。
車体色に新色(パールダークアッシュブルー)が追加され、継続色3色(パールホワイト、ブラック、マットシルバー)と合わせて全4色の設定。
「PCX150 Special Edition」は、白or黒の車体色をベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、シートのステッチ、リアサススプリング、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤でアクセントをつけた受注期間限定モデル。
2017年2月10日にカラーチェンジ。
車体色に新色3色(クリッパーイエロー、キャンディーロージーレッド(ツートーン)、ポセイドンブラックメタリック(ツートーン))を追加、継続色3色(パールホワイト、ブラック、ダークブルー)と合わせて全6色の設定。
2018年4月6日にフルモデルチェンジ。型式は、2BK-KF30
エンジンは、eSPの仕様を変更し、耐久性、静粛性、燃費性能が向上。フレームが新設計のダブルクレードルタイプへ変更。フロントの顔回りの変更。ワイド化されたタイヤ、スマートキーの採用などの変更が行われた。PCX150は、ABS仕様も選択できるようになった。車体色は、4色(キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、ブライトブロンズメタリック)の設定。

PCX150のKF18とKF30の違いはこちら

 

 

PCX125(EBJ-JF28)とPCX150(JBK-KF12)の違いの比較

 

 

最初に
2010年3月発売のホンダ PCX(EBJ-JF28)と
2012年5月発売のホンダ PCX(EBJ-JF28)と
2012年6月発売のホンダ PCX150(JBK-KF12)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

PCX

PCX

PCX150

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ(eSP)

新登場(eSP)

発売年月

2010年3月

2012年5月

2012年6月

型式

EBJ-JF28

EBJ-JF28

JBK-KF12

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1915

1915

1915

全幅 (mm)

740

740

740

全高 (mm)

1090

1090

1090

軸間距離 (mm)

1305

1315

1315

最低地上高 (mm)

130

130

130

シート高 (mm)

760

760

760

車両重量 (kg)

126

128

129

乗車定員(名)

2

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

152

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

52.4

58

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

57.9

57.9

圧縮比(:1)

11

11

10.6

最高出力(kW)

8.5

8.5

9.9

最高出力(PS)

11.5

12

13

最高出力回転数(rpm)

8500

8500

8500

最大トルク(N・m)

12

12

14

最大トルク(kgf・m)

1.2

1.2

1.4

最大トルク回転数(rpm)

6000

6500

5500

燃料タンク容量 (L)

6.1

5.9

5.9

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

CPR7EA-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

YTZ7S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

0.9

0.9

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

3.117

3.117

3.117

2次減速比

3.615

3.615

3.384

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

27°

27°

27°

トレール量 (mm)

86

86

86

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53

53.2

49

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

90/90-14

90/90-14

90/90-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

46

46

46

タイヤ(前)速度記号

P

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-14

100/90-14

100/90-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

51

51

タイヤ(後)速度記号

P

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

MT

ホイールリム幅(前)

1.85

1.85

1.85

ホイールリム形状(後)

MT

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

HS5

HS5

HS5

メーカー小売価格

299,250円

299,250円

329,700円

 

PCX(EBJ-JF28)とPCX150(JBK-KF12)の比較

 

PCX(EBJ-JF28)とPCX150(JBK-KF12)の比較の口コミ

 

 


PCX125の最高速、13000キロ走行後

 


pcx150 top speed

 

 

 

PCX125からPCX150に乗り換えたけど、全域のトルクが太くなってる気がした。

 

 

PCX125と150で悩んでるならPCX150を買っとけ。PCX150のが総合的に優れてるから。

 

 

PCXからPCX150に乗り換えたけど、任意保険がかなり高くなった。PCXの時は、原付12等級で月1500円だったけど、PCX150になって普通二輪の新規加入になったから月4000円になった。

 

 

PCX125よりPCX150の方が若干トルク感があるから坂道発進とかしやすくなってるけど、ほとんど変わらないと思っていいと思う。でも自専道が通れるのはでかいから価格差が気にならない人は、PCX150にしとけばいいと思う。

 

 

PCX125とPCX150の馬力差は、1馬力しかないけど、最大トルクの発生回転数がPCX150の方が1000rpm低い。街中を走ってたらあまり差は、感じないけど、登り坂が多い山に行ったら違いが体感できる。

 

 

PCXとPCX150を乗り比べてみたけど、出足と60km/hからの伸びが違う。あとは、変わらない。

 

 

PCX125でいいでしょ。 普段通る道に自動車専用バイパスとかないのであればPCX150にする意味は、無いし、PCXで高速走るとか怖すぎるわ。

 

 

125と150で迷ってるなら
@駐輪場に制限あるか?
A行動範囲に自動車専用道路があるか?
Bフェリーに乗るか?
Cピンクナンバーが嫌じゃない?
Dファミバイ特約に入るか?

 

用途次第だけど、今の時点でわからないなら制限が少ない方を選んどいた方が後悔しない。

 

 

買うときにPCXとPCX150の両方試乗したけど大した違いが無かったからPCXを買った。実際乗り出すと思ってたより良くて、あちこち乗り回すようになった。そしたら125ccでは、通れない道があってストレスになることがあったからPCX150にしとけばよかった。

 

 

PCX150のメリットは、バイパスと高速道路ぐらい。スペックもほとんど変わらないから、俺なら維持費が安いPCX125を買う。

 

 

高速・バイパスに乗れるから遠出するならPCX150の方がいいと思う。あとピンクナンバーが嫌いな人もPCX150。近場ならPCX125で充分。

 

 

通勤で阪高を使いたいから150にした。125だと一般道は危ないし高速は何と言っても楽。
pcx150はお手頃なサイズで高速も取りあえず乗れるバイクだからね。100km/h巡航することが目的のバイクではない。

 

 

30才超すと任意保険もそれほど変わらないし、少しだけ燃費が良い125を選ぶか3万円くらい高いけど高速走れる150を選ぶかって話。

 

 

125ではなく150を選んだ理由は自動車専用道のバイパスが家の近くにあるから。

 

 

ちょっとでも満足感をアップさせたいと思って150にしたけど全く後悔無し。

 

 

一般道しか走らないならどっちも変わらない。

 

 

俺は、91cc〜125ccのピンク色のナンバーが嫌なんだよね。PCX150にすれば白ナンバーになる。

 

 

PCXの利点を考えたら125のほうが断然コスパが良い。つまりは排気量へのコンプレックスだと思う。自分は、首都高使うから150にした。

 

 

PCX150は、高速を走れる原付。高速走る許可証をお金を上乗せして買ってるようなもの。性能は、所詮125と変わらない。平地でメーター100km/h巡航が限界。

 

もし、バイク1台だけで行くならPCX150にしといた方が後悔しないよ。俺は、400と2台持ちだったけどPCX(125cc)買ったら快適過ぎて400に乗る機会がほとんどなくなった。だから400を売ってしまったけど400を売ってから思ったのは、1台でいくなら最初からPCX150にすれば良かったってこと。ちょっと後悔してる。

 

 

高速は、走れないけど125ccなら「軽車両等」の料金区分で有料道路をタダ同然(20円)で走れる。これは、住んでる場所によってはかなりメリットになるはず。

 

 

150にしてただ1つ困ることは、125ccまでの制限があるバイク駐輪場だな。

 

 

150乗ってるけど125と一緒の車体サイズなのに125以下の駐輪場にとめられないのが辛い。

 

駅に併設されてる駐輪場だと125cc以下とそれより上の排気量で値段の違う駐輪場は、少なくない。 125cc以下だったら空いてたという経験は、結構ある。

 

 

首都圏の都市部は大半は、125cc以下ばっかりだよ。

 

 

ホンダドリームで聞いたら台数的には圧倒的に125の方が売れてるらしい。

 

 

特に東京に向かう周辺の県の駅の駐輪場を使う人は、要注意だよ。排気量で制限されるから車体のサイズが同じでもPCX125は、OKでもPCX150はNGになる。

 

 

通勤で使ってるけど遅刻しそうな時、PCX150は、高速道路走れるのは、すごく便利だよ。一般道は、渋滞してることが多いからそれを回避できて遅れを取り戻せる。

 

 

同じ車種でグレードに差がある時は、上級グレードを選んでおいた方が後で後悔しないよ。PCXを買ってもかならずPCX150にしとけば良かったかな?って思う時があるから。

 

 

初代PCX125から初代PCX150に乗りかえたPCX150方は、エンジンがespになってる。乗り換えた感想は、乗車姿勢が若干変わった気がする。乗り心地も良くなって少し落ち着いた感じ。それから低速トルクがアップしてるし、中速のトルクの谷も無くなってる。あとシートが閉めやすくなった。

 

 

PCX125(EBJ-JF56)とPCX150(JBK-KF18)の違いの比較

 

次に
2014年4月発売のホンダ PCX(EBJ-JF56)と
2014年5月発売のホンダ PCX150(JBK-KF18)
を比較しました。

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

PCX

PCX150

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

フルモデルチェンジ

発売年月

2014年4月

2014年5月

型式

EBJ-JF56

JBK-KF18

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1930

1930

全幅 (mm)

740

740

全高 (mm)

1100

1100

軸間距離 (mm)

1315

1315

最低地上高 (mm)

135

135

シート高 (mm)

760

760

車両重量 (kg)

130

131

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

152

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

58

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

57.9

圧縮比(:1)

11

10.6

最高出力(kW)

8.6

10

最高出力(PS)

12

14

最高出力回転数(rpm)

8500

8500

最大トルク(N・m)

12

14

最大トルク(kgf・m)

1.2

1.4

最大トルク回転数(rpm)

5000

5000

燃料タンク容量 (L)

8

8

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

GTZ8V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

0.9

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

3.117

3.176

2次減速比

3.615

3.384

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

27°

27°

トレール量 (mm)

86

86

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53.7

52.9

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50.6

45.6

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

90/90-14

90/90-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

46

46

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-14

100/90-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

51

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

1.85

1.85

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーカー小売価格

329,400円

360,720円

 

PCX125(EBJ-JF56)とPCX150(JBK-KF18)の比較

 

PCX125(EBJ-JF56)とPCX150(JBK-KF18)の比較の口コミ

 

 

PCX150は、高速道路を走れるから専用装備としてETC車載器、アンテナの簡単な取り付けを考慮した専用設計になっている。

 

 

PCX125は、ファミリーバイク特約に入れるから人身傷害無しだと任意保険が1年で7000円くらいで済むのが大きいね。

 

軽自動車税は、PCX125なら1年で2400円。PCX150なら1年で3600円。
自賠責保険は、PCX125なら1年で7,280円。PCX150なら1年で9,510円。

 

 

PCX150で高速はしんどいと思うが。PCX150はちょっとした自動車専用道路を走る人のためにあるんだと思う。通勤などで使わないなら125の方が良いと思う。保険のこともあるし。

 

ホンダのサイトの国内の年間販売計画台数は、PCXが17,000台でPCX150が3,500台になってる。

 

150は、高速走れるけどパワーがなくてストレスが溜まる。高速を快適に走るなら最低でも400は、ほしい。

 

 

PCX150買うくらいなら250cc買うわ。PCXにこだわる必要あるの?

 

 

最高速は、125も150も一緒で108km/h。プーリーを変えたら130km/h位まで出るけど。

 

 

 

PCX125(JF56)とPCX150(KF18)で比べると80km/h以下の常用域では、PCX125(JF56)は、かなりパワーを絞り込まれている感じがする。PCX150(KF18)の方が常用域での加速が速い。

 

 

高速乗りたいと思ってるんならPCX150がいい。それと自動車道が行動範囲内に在って、主要道路になってるならPCX150がおすすめ。PCX150は125の完全上位互換だからね。保険は少し高くなるのだが。

 

 

PCX150は、高速乗れるが大きい。長距離移動することがあるので高速だと下道の半分の時間で済むし、下道の方が危ない。

 

 

PCX125が走ってる横をPCX150で高速入口に入って行く際は「おまえら悪いな」ッて感じで快感を通り越して申し訳ない気持ちになる。大型だとこんな気持ちは、味わえないw

 

 

ドカティで高速走ってるとPCX150が走ってた。 原付っぽいPCX150の横を抜いて行く時は「おまえら悪いな」って痛快どころかやるせない気持ちになった。風に煽られながら全開してる姿は哀れだったw

 

自分の行動範囲に125までしか置けない原付駐輪場がある人は、PCX125
よく使う駅の近くにデカイバイクでも停められる、あるいは、駅までバイクで行かない人は、PCX150 。
高速乗る人は、PCX150。
税金や保険が少しでも安い方がいい人は、PCX125。
維持費を気にしない人は、PCX150。

 

 

距離を稼ぎたい時は、PCX130 (改)で結構高速道走ってる。
400cc以上みたいにストレスなく走れないだけでなんにも問題無い。でも疲れは、大型と比較するとすごく疲れる。

 

 

125と150では、減速比が違う。150の方が2次減速比が小さいから、同じ回転数なら150の方が125より速度が高いということ。

 

 PCX125  

PCX150

1次       

3.117

3.117

2次       

3.615

3.384

 

 

トルクに余裕があるから二次減速比がPCX150の方が小さい。平地巡航でも登り坂でも回転数がPCX125より小さくて済むから排気量の差ほど燃費が悪くならない。

 

 

旧型の125から新型の150に乗り換えたけどスタートからして差が一目瞭然、上り坂だとトルクの差をすごく感じたし最高速度は大差無し。

 

 

新型どうしの加速力なら125に40kgくらいの人が乗るのと150に70kgくらいの人が乗るので同じくらいだよ。

 

 

俺の場合、125と150の任意保険料の差は、125でファミバイ特約使ったら年間3万円の差でファミバイ特約を使わず、どちらも普通の任意保険に加入したら年間1.5万円の差だった。これくらいなら高速乗れてパワーがあるPCX150でいいような気もする。

 

 

ハーレーから乗り換えだったから任意保険の等級を引き継ぐためにPCX150にした。PCXにしてファミバイ特約入るか迷ったけど、等級引き継ぎならファミバイ特約とたいして保険料が変わらなかった。

 

 

単純にPCXみたいに同じ車種で125ccと150ccがある場合は、軽自動車税や保険料の維持費だけの違いになるからその額が高いと思わなければ当然150ccを選べばいい。原2と軽2の維持費なんて大して変わらないぞ。

 

125のメリットは、税金が安いし、自動車を持ってたら任意保険もファミリーバイク特約というかなり安い保険が適用できること尽きる。自損タイプであれば年に僅か8000円くらいしかかからない。ファミリーバイク特約を使わず単体の任意保険に入る場合でもアクサや全労済のような安いところだったら1番安いプランで1万円くらいで加入できる。150にするとファミリーバイク特約が使えないから単体の任意保険に加入しなければいけないので2〜3万円ぐらいかかる。まあ、これくらいの金額差が気にならないなら150を選択した方が良い。150なら高速道路走れるし、自動車専用道路なんかでもいちいち迂回しなくて済む。

 

 

PCX150とPCXで迷ってたら近くに自動車専用道や無料高速があるかで決めたらいい。あとは、任意保険だね。今まで126cc以上のバイクに乗ってた人は、125cc以下のバイクに乗り換える時に等級を引き継げないからPCX150を選んで等級を引き継ぐって考え方もある。

 

 

見積もり出してもらったらPCX125が28.5万円。PCX150が32.5万円だった。PCX150が欲しいけど4万円の差は大きいな。

 

 

やっぱりPCX150のいざっていう時に高速を走れるのは、大きい。ロンツー行く時とか事前に125の通れない道を調べなきゃいけないから面倒くさい。性能差はほとんど無いと思う。両方試乗したけど俺には、違いが分からなかった。

 

 

大垂水と西湘バイパスは原付二種は、ダメ。Googleマップが勧めてきて間違えそうになった。

 

 

この前、うっかり125ccで自動車専用道を走っちゃった。結局最後まで10kmくらい走った。後で気づいて焦った。前のバイクや車でよく走ってた道だったから気づかなかった。

 

 

原付二種は、自動専用道路に迷い混まないようにしなきゃいけないからちゃんと調べてる人じゃないとツーリングは、怖いよ。

 

 

25ccの差なんか立ち上がりで若干違うかな?ってレベルで普通の人には、わからないレベルでしょ。

 

 

俺が125を選んだ理由は事故した時のための保険。 保険料も安いし、車との事故での過失割合は、軽二輪より原付の方が有利だから。あと重量税もかからないし、軽自動車税や自賠責保険も少し安い。

 

 

ホンダのサイトに「ETC車載器・アンテナの簡単な取り付けを考慮した専用設計(PCX150)」と書いてるけどアンテナ取付穴は、PCX125にもあるね。車体だけじゃなく燃費や走行性能もほとんど一緒だからPCX125とPCX150の違いは、結局エンブレムとナンバープレートだけだと思う。

 

 

PCX150は、下駄にもなるし高速道路も走れるという利便性が受けてるね。駐輪場以外は、原チャリ感覚で使えて高速道路も走れて、航続距離も十分で更に低燃費だからツーリングでも使える。駐輪場の問題も日本に住む8割以上の人にとっては問題ないだろうし。

 

 

PCX125からPCX150に乗り換えた。置くとこないのと普段使いと航続距離を考えてPCX150だけにした。当たり前だが前とほぼ同じ。燃費が若干悪くなった気がするけど、今、寒くなったからかもしれない。エンジン音は、変わった。ロングストロークからスクウェアになったからかもしれない。

 

 

PCXとPCX150の見分け方は、ナンバープレートや原二反射ステッカーと150のエンブレム

 

PCX125ccの方は、発進でアクセルを開けたら回転が上がるのを少し待ってから加速が始まるけどPCX150は、アクセルを開けてすぐ、回転が上がらなくてもしっかり加速する。緩やかな中間加速や定速走行でもPCX125の方が回転数が若干高めにキープされてるみたいで開けた時のCVTの滑り感も大きい。

 

 

通勤用にPCXの125ccを買ったけど急いでる時に高速を使えないから手放す人も結構いるらしい。

 

 

高速乗れるバイクか車があればPCX(125cc)。バイク1台だけ所有するなら任意保険や高速のことも含めてPCX150にした方が可能性が広がる

 

 

俺は、バイク1台だけだが会社の駐輪場が125cc以下って決まりだからPCX125にせざるをえなかった。でもそもそもバイク1台だけ買う場合で駐輪場が問題なければPCX150なんか買わないけど。

 

 

PCX125を買って1年経過したけどPCX150にしとけばよかったと後悔してる。名阪国道や姫路BPを走れないのは、結構つらい。咲州トンネルも通れないし、維持費も150とほとんど変わらないし。

 

 

関東圏は、PCX125で十分。神奈川方面を除く関東だと125で困ることはほとんどないし、駐輪場で125ccまでしか止められない所を結構見る。

 

 

PCXにピンクナンバーがつくと後ろから見た時ダサくなる。だから俺は、PCX150にした。

 

 

●150ccが向いてる人
1台持ち
バイク自体に長く乗るつもり
駐車場に問題ない
●125ccが向いてる人
複数台持ち
行動範囲に自動車専用道ない

 

 

神戸の自動車専用の浜手バイパスとかわかりにくいな。125ccは、走れないのに1台が間違えて入ると後ろにぞろぞろと着いてくる。関東はそういう場所が少ないから125cc乗ってる人には、優しい地域だな。

 

 

月刊モトチャンプ監修 最新スクーターのすべて2016-2017年

車種名

最高速(GPS実測)

0-400

PCX150

104km/h

20.1秒

PCX125

102km/h

21.3秒

 

 

実際、速さは125も150も大して変わらない。でも地方にツーリングに行ったら、思ってたより無料の自動車専用道路が多くて125ccだと困ることが多かった。俺は、ほとんど高速道路は使わないけどそれが理由でPCX150にした。

 

 

俺は、地方に住んでるからPCX150でバイパスの自動車専用道路区間を走れるのが便利だよ。125だと通れないし、かったるくなった時に高速使える方がいい。

 

 

行動範囲に125ccまでの原付駐輪場を使うことがあるならPCX125。150ccのバイクが駐車できる駐輪場があったり、そこまでバイクで行かないならPCX150。あとは、保険や税金が少しでも安い方がいいならPCX125。ちょっと高くなるぐらいの維持費なら気にならない人で高速も走れたほうがいいならPCX150。

 

 

PCX150の方が125よりちょっとだけ加速がいい。太ってる人は、なおさら150。

 

 

普段PCX150に乗ってて、この前ドリームに点検に出した時にPCX125を代車で借りた。PCX125乗る前は、ほとんど変わらないと思ってたけど、長い登り坂を通った時、いつもは、スーって加速していくのに、PCX125は、「あれっ?」って感じで違いがはっきりわかった。

 

 

PCX125と150の両方乗ってみたけど、125の駆動系を少し弄れば125の方が速くなる。本当にそれ位の差しかなかった。

 

 

確かに125と150の動力性能の差はほとんどない。でもPCX125の駆動系を弄るとノーマルのPCX150より燃費が悪くなるよ。

 

 

125のメリットは、原付二種扱い(ファミバイ、駐輪場)。
150のメリットは、中型扱い。(高速、自動車専用道路)
これだけ。動力性能なんか選ぶ理由になる程の差がない。
住んでる場所の道路事情や使い方次第だね。

 

 

新日本海フェリーの二輪車航送料金は、
125cc以下、750cc未満、750cc以上で区分されている
PCX150は、スカイウェイブ650と同じ料金。
同じ大きさのPCXを運ぶのに125ccと150ccで1800円も違う。
南海フェリー(和歌山〜徳島)も同じ。

 

 

太平洋フェリーや商船三井なら51cc〜400cc以下は同じ運賃だよ。

 

 

建物火災保険では、125なら動産として保険金が下りる。でも150は下りない。

 

 

バイク屋の12カ月点検は、125も150も大して変わらん。

 

 

俺は、PCX150にした。保険も人身障害付けるからファミバイ特約でも高くなるし、おじさんだから任意保険は、安い。150で駐輪に困る場所は、電車か自動車で行けばいい。

 

 

俺は、PCX125からPCX150に乗り換えた。PCX150は、高速乗れるのはいいけど、燃費は、PCX125の方が良かった。PCX125で50km/Lは切ったことなかったし、平均53km/Lぐらいだった。PCX150になって頑張って48km/Lぐらい。航続距離は、10%ぐらい違ってくる。それに上り坂になるとPCX150は、燃費低下が大きい感じがした。

 

 

PCX125とPCX150は、二次減速比が「3.615:3.384」で異なってる。。PCX150の方が余裕がある分、ハイギアードになってる。平地定速なら互角。排気量のハンデをエンジン回転数の低下で補ってる。だから同じ感覚でアクセルを開けたら燃費差が出る。

 

 

俺は、PCX150に乗ってるけど、遠出した時に帰りに体調が悪くなって高速使って帰った。その時に150にしといて良かったって思った。それに排気量25cc差は、20%も排気量が増えてるから加速力が違う。

 

 

125ccだと国道20号の規制は、和田峠に迂回しなきゃいけないのが面倒。PCX150はそういった規制を回避できる。

 

 

普段PCX150でたまPCX125にも乗るけど平地だと変わらない。でもちょっとした上り坂になるとアクセル全開にしてる。PCX150の時は、そんなことしないのに。

 

 

遠出するとうっかり無料の自動車専用バイパスへ入ってしまうことがある。ナビの検索条件で高速道路を含まないようにしても無料だから案内される。PCX150にしたのは、このようなリスクを回避できるから。

 

 

基本、看板の色が青か緑かで区別だけど俺は、一般道路でも125ccで走れない道路の標識が区別できなかったからPCX150買った。

 

 

PCX125とPCX150のどちらも乗ったことあるけど、車重や車格は、どちらもほぼ同じだから高速域での車体の安定感は、変わらない。でもPCX150の方が速度が出てる状態からの再加速は余裕がある。それにエンジンの回転数が低いから乗り心地は、PCX150の方が楽。でも街乗り程度ではあまり違いを体感できないから街乗りメインの人は、PCX125で十分。

 

 

PCX125に乗ってるけど、PCX150に乗ってる友達とツーリングに行った。坂道になると全開にしたけどPCX150について行けなかった。

 

 

PCX125と迷ってるならPCX150買ったほうがいいと思う。PCX150の方がスムーズに加速するよ。

 

 

PCX125
・自動車専用道路を走れない→朝の遅刻回避や遠出の時大変。
・ファミバイ特約で任意保険料を安くできる。
・原付二種まで駐輪場に停められる。
PCX150
・自動車専用道路を走れる→時間短縮・緊急時に助かる。
・125ccより任意保険料が高い。
・原付二種まで可の駐輪場に停めらない。

 

 

PCX150にすると購入時に重量税が追加されるし、自賠責保険も125cc未満より少し高くなる。燃費も若干悪くなる。

 

 

150ccの悪い点
・都会は125未満の駐輪場が多い。
・自賠責保険が少し高くなる
・任意保険が高くなる(125までのは条件次第でファミリーバイク特約が使える。)
・保険だけで維持費が年間2万円ぐらいが高くなる
・燃費が若干落ちる

 

150ccの良い点
・高速道路や自動車専用道路を乗れる
・125より若干速い
・125を見下して走れる

 

 

PCXとPCX150で信号ダッシュ勝負したら、PCX150のが明らかに速かった。40km/hからの伸びが特に違った。

 

 

PCXとPCX150の発進時は、明らかに違うよ。加速は同じでも150の方が余裕がある。あとPCXは、90km/h位でもたつくが、PCX150は100km/hまで一気に行く感じ。

 

 

俺の感覚では、PCX125と150の差は、平地では発進時に少し違うかなって程度の差。でも坂道では、PCX150のがグングン進む感じがした。

 

 

俺はPCX150乗ってるけど、PCXとPCX150で明らかな差がつくのは信号が少ない幹線道路ぐらいだよ。下道では1原付二種と大差ないから、そこは期待しないほうがいいよ。

 

 

PCX125(2BJ-JF81)とPCX150(2BK-KF30)の違いの比較

 

次に
2018年4月発売のホンダ PCX(2BJ-JF81)と
2018年4月発売のホンダ PCX150(2BK-KF30)
の違いを比較しました。

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

PCX

PCX150

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

フルモデルチェンジ

発売年月

2018年4月

2018年4月

型式

2BJ-JF81

2BK-KF30

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1925

1925

全幅 (mm)

745

745

全高 (mm)

1105

1105

軸間距離 (mm)

1315

1315

最低地上高 (mm)

137

137

シート高 (mm)

764

764

車両重量 (kg)

130

131

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

149

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

57.3

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

57.9

圧縮比(:1)

11

10.6

最高出力(kW)

9

11

最高出力(PS)

12

15

最高出力回転数(rpm)

8500

8500

最大トルク(N・m)

12

14

最大トルク(kgf・m)

1.2

1.4

最大トルク回転数(rpm)

5000

6500

燃料タンク容量 (L)

8

8

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

GTZ8V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

0.9

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

54.6

52.9

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50.7

46

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

100/80-14

100/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

48

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/70-14

120/70-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

55

55

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーカー小売価格

342,360円

373,680円 ※ABS有りは、 395,280円

 

PCX125(2BJ-JF81)とPCX150(2BK-KF30)の比較

 

PCX125(2BJ-JF81)とPCX150(2BK-KF30)の比較の口コミ

 

 

2018年8月時点でバイクセンターで聞いたら新型PCX125(JF81)の乗り出し価格が307000円、PCX150ABS(KF30)の乗り出し価格が35万円弱って言ってた。でも店に在庫が無いから納車待ちになるかもって。

 

 

神奈川在住だけどPCX150にして良かったって思うことはよくある。箱根新道と保土ヶ谷バイパスを通れるのはでかいし、神奈川は自動車専用道路が多い。首都高、西湘バイパス、横浜横須賀道路、第三京浜。

 

 

俺も最初は、料金が高い高速道路は使わないから原付二種のPCX125で充分と思ってたけど、実際、知らない道を走ってると国道を走ってたつもりが自動車専用道だった経験は、何回かある。交通量の少ない地方は、標識に気づかないことがある。

 

 

PCX125だとバイパスっぽい道に出たら違反してないか不安になるから、俺は、PCX150にした。

 

 

フェリー乗る時だけは、PCX150は、「PCXと同じ値段で乗せてくれ」って損した気持ちになる。どうしてバイクは排気量で分けるんだろう?

 

 

PCX(JF81)とPCX150(KF30)のABS無し同士のメーカー小売価格の差は、3万円ぐらい。PCX150のABSありと比べるとPCXより5万円ぐらい高い。2019年5月時点の実売価格(同じバイク屋で自賠責5年込)を比べるとPCXが全部で344,350円。PCX150が全部で405,980円。PCX150ABSが全部で424,980円。

 

 

車持ちならPCX125でいいけど、PCXオンリーで行くならPCX150の方がいいね。

 

 

PCX125(EBJ-JF56)とPCX150(JBK-KF18)の時は、2馬力差だったけど、
PCX125(2BJ-JF81)とPCX150(2BK-KF30)になって3馬力差になってるね。
リッタークラスならこれぐらいの差は、ほとんど変わらないけど、小排気量のこのクラスでは、3馬力差でも結構違う。

 

 

PCX(JF81)とPCX150(KF30)に試乗したけど、PCX150(KF30)の方がパワー感がある。特に坂道走ると下のトルク感が明らかに違った。PCX(JF81)の時は、同じ坂道走った時に少しアクセル開けないといけない頼りない感じがあったけど、PCX150(KF30)は、何も考えずにあっという間に登っていく感じだった。あとPCX150の方が音が少し太くなってる。エキゾーストノートが少し大きいバイクに乗ってる感じだった。

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト