アドレスV125SとアドレスV125の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレスV125とアドレスV125Sの違いを比較

 

スズキ アドレスV125の歴史

2005年2月26日に新登場。型式は、BC-CF46A
アドレスV125シリーズは、アドレスV100のフルモデルチェンジにあたり、このモデルから4ストロークエンジンを導入し、フューエルインジェクションを採用し、アドレスV100を上回る動力性能と燃費の向上を図り、乾燥重量をアドレスV100と同じ85kgに抑えた。車体色は、黒、白、紺の全3色。
アドレスV100とアドレスV125の違いの比較は、こちら。
2006年3月からは生産が台湾の合弁会社である台鈴工業へ移管。
2007年2月28日にマイナーチェンジ。
メーターパネルにターンシグナルインジケーターを新しく採用し、文字盤のデザインを変更。シート下トランクに荷物の損傷を軽減するスポンジタイプのインナーマットを採用。車体色は、黒、白の全2色。
2010年1月15日にマイナーチェンジ。型式は、EBJ-CF4EA
2008年に一旦生産を終了となったアドレスV125がリアキャリア、インナーラックを装着するマイナーチェンジを施し復活。車体色は、3色(ソニックシルバーメタリックNo.2、グラススパークルブラック、ソリッドスペシャルホワイトNo.2)の設定。
アドレスV125の「BC-CF46A」と「EBJ-CF4EA」の違いを比較は、こちら。
2010年12月24日にカラー追加。
新色のファントムブラックメタリックNo.2を追加した。
2012年6月26日にカラーチェンジ。
新色のキャンディカプリブルーを追加。継続色3色(シルバー、ホワイト、ブラック)と合わせ全4色の設定。
2013年7月31日にカラーチェンジ。
新色のパールグラスホワイトNo.2を追加。継続色3色(シルバー、ブルー、ブラック)と合わせ全4色の設定。
2017年9月に日本向け車両のV125シリーズ全仕様の生産終了を発表。

アドレスV125 K5 K6 K7 K9 L0の違いの比較は、こちら。

 

 

スズキ アドレスV125Sの歴史

2010年8月6日に「アドレスV125S」と「アドレスV125Sベーシック」が新登場。型式は、EBJ-CF4MA
「アドレスV125S」は、車体を構成する要素の大部分とエンジン性能などは2009年モデルの「アドレスV125」を踏襲したが、発進加速と中間加速の鈍さが若干改善。車体のデザインがよりエッジとボリュームが強調されたものとなり、速度計の取り出しとオドメーターがケーブル式から電子式へ変更、メーターパネルの機能も液晶表示の多機能なものへと刷新。コンビニフックもかばんホルダーへと変更。トルクリミッター式燃料タンクキャップを採用、左右2箇所のヘルメットホルダーを採用、燃料タンクを0.3L増量などがされた。先代のGに標準装備されていたシガーソケットは省略された。車体色は、4色(パールウィザードパープル、グラススパークルブラック、ソニックシルバーメタリックNo.2、パールグラスホワイトNo.2)。「アドレスV125Sベーシック」は、「アドレスV125S」から盗難抑止アラームや一部装飾を省略し、方向指示器の仕様を一般的なものとし価格を1万円ほど抑えたモデル。車体色は、3色(グラススパークルブラック、ソニックシルバーメタリックNo.2、パールグラスホワイトNo.2)。
アドレスV125SとアドレスV125Sベーシックの違いの比較は、こちら。
2011年1月に「アドレスV125S」の特別色を発売。
キャンディカプリブルーを特別色として設定。
2011年10月28日に「アドレスV125S Limited」が新登場。
アドレスV125Sをベースに、ナックルバイザー、グリップヒーター、シートヒーターを装着したモデル。車体色は2色設定とし、グラススパークルブラックとソニックシルバーメタリックNo.2。
アドレスV125SとアドレスV125Sリミテッドの違いの比較は、こちら。
2012年1月に特別色の「アドレスV125S」を発売。
キャンディソノマレッドNo.2を特別色として設定。
2012年1月27日に「アドレスV125S Limited」をカラーチェンジ。
車体色は、ファントムブラックメタリックNo.2を追加。
2012年9月25日に「アドレスV125S」をカラーチェンジ。
新色のファントムブラックメタリックNo.2、既存色のパールグラスホワイトNo.2、グラススパークルブラックの3色の設定。特別色のキャンディカプリブルー、キャンディソノマレッドNo.2も継続。
2012年12月25日に「アドレスV125S Limited」をカラーチェンジ。
新色のグラスミッドナイトブラウンと、既存色のソニックシルバーメタリックNo.2、ファントムブラックメタリックNo.2の3色の設定。

2013年1月8日に特別色の「アドレスV125S」を発売。
グリームグレーメタリックを特別色として設定。
2013年9月18日「アドレスV125S」をカラーチェンジして発売。
新色のパールブレーシングホワイト、既存色のキャンディカプリブルー、グラススパークルブラック、ファントムブラックメタリックNo.2の全4色の設定。
2013年10月25日「アドレスV125S Limited」をカラーチェンジ。
車体色を新色のグリームグレーメタリック、パールグラスホワイトNo.2と、既存色のグラスミッドナイトブラウンの全3色の設定。
2013年12月27日に特別色の「アドレスV125S」を発売。
キャンディダーリングレッドを特別色として設定。
2017年9月にメーカーより日本向け車両のV125シリーズ全仕様の生産終了が発表された。
V125シリーズの生産終了を受け、2017年9月29日からアドレス125が発売された。
アドレスV125Sとアドレス125の違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
2010年1月15日発売のスズキ アドレスV125(EBJ-CF4EA)と
2010年8月6日発売のスズキ アドレスV125S(EBJ−CF4MA)
の違いを比較しました。

 

 

アドレスV125とアドレスV125Sのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

アドレスV125

アドレスV125S

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

EBJ-CF4EA

EBJ-CF4MA

発売日

2010年1月15日

2010年8月6日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1750

1780

全幅 (mm)

635

635

全高 (mm)

1030

1035

ホイールベース (mm)

1235

1235

最低地上高(mm)

120

120

シート高 (mm)

740

745

車両重量 (kg)

97

101

最小回転半径(m)

-

1.8

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

52

52

原動機型式

F468

F468

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

53.5

53.5

行程(ピストンストローク)(mm)

55.2

55.2

圧縮比(:1)

9.6

9.6

最高出力(kW)

7.3

7.3

最高出力(PS)

9.9

9.9

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

10

10

最大トルク(kgf・m)

1

1

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

-

33G2

燃料タンク容量 (L)

6

6.3

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

1

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

312

327.6

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

CR6HSA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7A-BS

YTX7A-BS

バッテリー容量

-

12V-6Ah(10HR)

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1.1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.95

0.95

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.05

1.05

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

1次減速比

1

1

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°

26°

トレール量 (mm)

82

82

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

90/90-10

90/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

50

50

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

100/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

56

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム幅(前)

2.15

2.15

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

40W

40W

ヘッドライトタイプ(Hi)

PH12

PH11

ヘッドライト定格(Lo)

40W

40W

テールライト定格(制動/尾灯)

18/5W

18/5W

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ヘルメット収納 有
キャリア 有

盗難防止装置 有
ヘルメット収納 有
キャリア 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

236,250円 ソニックシルバーメタリックNo.2、グラススパークルブラック、ソリッドスペシャルホワイトNo.2

261,450円 パールウィザードパープル、パールグラスホワイトNo.2、グラススパークルブラック、 ソニックシルバーメタリックNo.2

 

 

スペックの変更は、タンク容量が0.3L増え、全長が30mm、全高が5mm、シート高が5mm伸びて総重量が4kg重くなった。

 

アドレスV125SとアドレスV125の違い

 

アドレスV125SとアドレスV125の外装および装備の違い

 

車体を構成する要素の殆んどとエンジン性能等はアドレスV125の2009年モデルを引き継いでいますが外装や装備は、大幅に変更されています。

 

 

外観デザイン

外観は、よりスポーティにエッジを効かせた流線的なラインをレッグシールドからリヤフェンダーにかけて取り入れ、軽快さと上質感をあわせ持ったシャープなスタイリングに。ボディー形状と一体となったフロントウインカーやリヤコンビネーションランプを採用し、他にもマフラーの角度をボディーラインに合わせて車体との一体感を演出。前後のウインカーにはスタイリッシュなクリアレンズを採用し質感をアップ。フロント、テール共にボリュームが出しいくぶん大きな車格となった。

 

 

 

ひざ周りのスペースを拡大

フロントインナーラックの形状を薄くすることによってひざ周りのスペースを広げた。フロントインナーラックは、形状が変わったことにより500mペットボトルが収まりやすくなった。また、同じようにひざ周りのスペースを広げる目的でシートのサドルの造形を変更し、少しだけ足つき性も変化した。

 

 

メーターパネル

モデルチェンジの目玉。速度計の取り出しおよびオドメーターがケーブル式から電子式へと変わった。同時にメーターパネルの機能も視認性の高い発光指針式のアナログスピードメーターを中心として、デジタル燃料メーターやデジタル時計、ツイントリップ・オドメーター、オイル交換推奨時期を教えてくれるインジケーターを表示する液晶画面を組み合わせた多機能メーターを採用した。

 

 

サイドスタンド

アドレスV125Sからサイドスタンドが標準装備された。アドレスV125の時は、標準装備されていなくてオプション品でした。スタンドが出た状態では、エンジンはかかりません。

 

 

かばんホルダー

アドレスV125には、フロントインナーラックの中央に買い物袋をかけておくフックがついていません。アドレスV125Sには、最大積載容量は1.5kgの鞄ホルダーが標準装備されているのでシート下の収納に入らない荷物やコンビニなどでちょっとした買い物した時も便利です。

 

 

ヘルメットホルダー

車体の左右それぞれにヘルメットホルダーを採用し、使い勝手が向上。

 

 

燃料タンクキャップ

締めたことがわかりやすいトルクリミッター式燃料タンクキャップを採用。

 

 

燃料タンク容量

燃料タンク容量を6.0L→6.3Lに増量。

 

 

性能面

フューエルインジェクションとマフラーの形状変更と内部構造および触媒の変更によってアドレスV125SはアドレスV125より発進と中間の加速性能が向上しています。また排気音も抑制されています。

 

 

アドレスV125SとアドレスV125の違いの口コミ

 

 

車体デザインのシート下側の張り出しなんかは、無印のボリューム感が出てない方が好き。

 

 

V125Sと無印の比較(先に書いてる方がV125S)
ガソリンタンク: 6.3L、6.0L
メーター:時計ありとツイントリップ、時計無し
スピードギアから電気式、従来のギア式
かばんホルダー、コンビニフック
車重:101kg、98kg
全長:1780mm、1750mm
サイドスタンド:標準装備、オプション
ドレンボルト:横と下の2箇所、下のみ
その他にV125Sは、メットインの内部形状が改善されたリアキャリアのサイズもテール形状の変更から幅広に変わった。

 

 

無印は、時計もサイドスタンドも無い。その分安いけど。

 

 

俺は、アドレスV125Sの方がいいと思う。デジタルメーターがカッコイイし、ツイントリップも便利。メットホルダーが2個あって防犯アラームにサイドスタンドも標準装備。

 

 

アドレス125Gを若干大きくしたのがアドレスV125S。ほんの数センチの違いだけど、フロントとリアの横のボリューム感が結構違う。

 

 

足の防風効果がアドレスV125Sの方がいい。

 

 

モトチャンプでアドレスV125Sの情報が書いてた。デザイン変更がメインで細かい情報としては、シートが5mm低くなってメーターケーブルが無くなった。実物を比べたらフロントブレーキの反対側がスッキリしてる。

 

 

2010年9月時点でアドレスV125(無印)とV125Sで15000円ぐらいの差。アラームと多機能メーターとウインカーとエンブレムシールにその価値があるかだけど、俺は、アラーム取り付け費用を考えたらV125Sがいいと思う。

 

 

2010年9月にGoobikeで見た同じ店の新車だと無印とSで4万弱違う。

 

 

前カゴ付けて、沢山荷物積んだ時、アドレスV125Sのがウインカー周りから見えやすい。

 

 

無印と比べるとV125Sの優れてる面は、
・メーターに時計・トリップメーター・オイルチェンジ警告灯が付いている。
・カバンホルダーが付いている。
・メットホルダーが二つ付いている。
・盗難抑止アラームが付いている。
・燃料タンク容量が少し多い。
・燃料タンクキャップが無印より使いやすい。
・ウインカーの位置の関係で、前カゴを装着するならV125Sの方がいいと思う。

 

 

2012年8月時点の俺の比較
★デザイン(前側)
先代、現行V125 >> V125S
★デザイン(横、後ろ)
V125S >> 先代、現行V125
★パワー
K5〜K7 >> V125S > 現行V125 = K9
★軽さ
先代V125 >> 現行V125 > V125S
★機能(多機能メーター、かばんホルダー、燃料キャップ、タンク容量)
V125S >> 先代、現行V125
★価格(安さ)
先代V125 > 先代V125G > 現行V125 > V125S

 

 

メーター内デジタルは、嬉しい。旧型のアドレスV125に乗ってた時は、腕時計してたけど、夜間は、常時光ってるわけじゃないから見にくかった。

 

 

アドレスV125G乗ってる俺から見るとV125Sのメーターと手荷物用のフックは羨ましい。

 

 

アドレスV125Sのが使い勝手はいい。コンビニフックやメーターや燃料タンク容量も少し多い。後は、見た目と価格で決めればいい。

 

 

アドレスV125Sのデザイン、プラ色、フックの変更は良かった。でもアドレスV125が売れた最大の理由のパワーがな。。せめて10馬力を越えて欲しかった。

 

 

アドレスV125SよりV125の方が後ろがスマートだからおすすめ。箱付けないとV125Sの微妙なケツの膨らみが気になる。

 

 

2012年11月時点で無印とSで4万円ぐらいの価格が差ある。

 

 

アドレスV125とV125Sの違いで実用的な差は、V125にサイドスタンドを付けるぐらい。価格差も結構あるから差額でサイドスタンドやリアボックスも余裕でつけれる。

 

 

アドレスV125SとアドレスV125(K9)の差はたいして感じなかったけど、細かい振動が綺麗に抑えられてたし、切り返しがさらに軽快になった。

 

 

アドレスV125SになってエンジンブレーキがアドレスV125Gの時より効きは悪くなった気がする。

 

 

2011年5月に家の近くのバイク屋でアドレスV125Gの最終型(K9)とアドレスV125Sの価格差が3万円ぐらい。

 

 

アドレスV125G(K9)とアドレスV125Sの動力性能・運動性能・実用性では、ほとんど差が無い。でもメーターのトリップメーターとデジタル時計が便利だから自分は、アドレスV125Sを買った。トリップメーターは、燃費を計算する時にあると便利。

 

 

アドレスV125とアドレスV125Sの比較。
アドレスV125は、サイドスタンドが標準装備じゃ無い。鞄ホルダーでは、無くショボいコンビニフックがついてる。タンクキャップがトルクリミッター式じゃない。メーターがショボい。盗難防止アラームが付いてない。アドレスV125Sより4kg軽い。アドレスV125Sよりタンク容量が0.3L少ない。アドレスV125Sより25200円安い。

 

 

●価格/グレード
236,250円/アドレスV125(UZ125ZK9)
250,950円/アドレスV125Sベーシック
261,450円/アドレスV125S
282,450円/アドレスV125Sリミテッド

 

アドレスV125Sリミテッドから装備を抜き取って安くしたのがアドレスV125S。
アドレスV125Sからさらに装備を抜き取り安くしたのがアドレスV125Sベーシック。
アドレスV125Sベーシックから大幅に経費削減して装備を抜き取ったのがアドレスV125。

 

アドレスV125とアドレスV125Sの中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト