スーパーカブ110とアドレスV125Sの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スーパーカブ110とアドレスV125Sの違いを比較

 

ホンダ スーパーカブ110の歴史

2009年6月19日に新登場。型式は、EBJ-JA07
車体色は、コスタブルーとアバグリーンの2色の設定。
2010年2月18日にカラーを追加。
車体色に新色のコルチナホワイトを追加。従来色とあわせて3色の設定。
2010年8月20日にカラーを追加
車体色にカラフルなツートーンシートを採用した新色2色(プコブルーR、バージンベージュR)を追加。従来色の3色とあわせて5色の設定。
2012年3月16日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JA10
ニューベーシックカブをコンセプトに従来モデルより実用性や経済性、快適性、デザイン、リーズナブルな価格を目指した。生産は、日本から中国に変更。車体色は、スマートブルーメタリック、パールシルキーホワイト、パールバリュアブルブルー、バージンベージュ、パールプロキオンブラックの5色の設定。
スーパーカブ110の「EBJ-JA07」と「EBJ-JA10」の違い
2017年11月10日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-JA44
排出ガス規制(平成28年)への対応。ボディーデザインは、オリジナルの“カブスタイル”への回帰といえそうな滑らかな曲面で構成されたボディーラインと丸目ヘッドライト。LED化もされた。生産は、再び日本国内(熊本製作所)となる。車体色は、グリントウェーブブルーメタリック、クラシカルホワイト、バージンベージュ、タスマニアグリーンメタリック、アーベインデニムブルーメタリックの5色の設定。
スーパーカブ110の「EBJ-JA10」と「2BJ-JA44」の違い
2018年11月22日に「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を受注期間限定で発売。
車体色に鮮やかなマグナレッド、バージンベージュのレッグシールドとサイドカバーを採用。より高級感のあるツートーンシートとブラック塗装を施したリアキャリア。メーターを縁取るリングとフロントカバーのエンブレムにクロームメッキ、サイドカバーとキーに60周年を記念した専用エンブレムを採用。
2019年3月15日に「スーパーカブ110・ストリート」を受注期間限定で発売。
車体色は、淡い色合いの2色(ボニーブルー、ハーベストベージュ)の設定。レッグシールドも車体色と同色とし、サイドカバー、クランクケースカバー、リアキャリア、前後輪のハブ、スイングアーム、チェーンケースにブラックの配色を取り入れた。また、フロントカバーのエンブレムやメーターを縁取るリングにクロームメッキを採用。白のパイピングを施したシートの後部側面やスペシャルキーに、歴代スーパーカブに採用されたさまざまなロゴやスーパーカブを模式化した図案などをあしらった。

 

 

スズキ アドレスV125Sの歴史

2010年8月6日に「アドレスV125S」が新登場。型式は、EBJ-CF4MA
新色のパールウィザードパープルのほか、グラススパークルブラック、ソニックシルバーメタリックNo.2、パールグラスホワイトNo.2の4色を設定。
2010年8月6日に「アドレスV125S Basic」が新登場。
盗難抑止アラームおよび一部装飾の省略に方向指示器の仕様を一般的なものとし価格を1万円ほど抑えた。車体色は、グラススパークルブラック、ソニックシルバーメタリックNo.2、パールグラスホワイトNo.2の3色を設定。
2011年1月に「アドレスV125S」の特別色を発売。
キャンディカプリブルーを特別色として設定。
2011年10月28日に「アドレスV125S Limited」が新登場。
アドレスV125Sをベースに、ナックルバイザー、グリップヒーター、シートヒーターを装着したモデル。車体色は3色設定とし、グラススパークルブラック・ソニックシルバーメタリックNo.2を2011年10月28日、ファントムブラックメタリックNo.2を2012年1月27日に発売。
2012年1月に特別色の「アドレスV125S」を発売。
キャンディソノマレッドNo.2を特別色として設定。
2012年1月に「アドレスV125S Limited」をカラーチェンジ。
車体色は3色設定とし、グラススパークルブラック・ソニックシルバーメタリックNo.2を2011年10月28日、ファントムブラックメタリックNo.2を2012年1月27日に発売。
2012年9月に「アドレスV125S」をカラーチェンジ。
新色のファントムブラックメタリックNo.2、既存色のパールグラスホワイトNo.2、グラススパークルブラックの3色の設定。特別色のキャンディカプリブルー、キャンディソノマレッドNo.2も継続。
2012年12月に「アドレスV125S Limited」をカラーチェンジ。
新色のグラスミッドナイトブラウンと、既存色のソニックシルバーメタリックNo.2、ファントムブラックメタリックNo.2の3色の設定。

2013年1月に特別色の「アドレスV125S」を発売。
グリームグレーメタリックを特別色として設定。
2013年9月「アドレスV125S」をカラーチェンジして発売。
新色のパールブレーシングホワイト、既存色のキャンディカプリブルー、グラススパークルブラック、ファントムブラックメタリックNo.2の全4色の設定。
2013年10月「アドレスV125S Limited」をカラーチェンジ。
車体色を新色のグリームグレーメタリック、パールグラスホワイトNo.2と、既存色のグラスミッドナイトブラウンの全3色の設定。
2013年12月に特別色の「アドレスV125S」を発売。
キャンディダーリングレッドを特別色として設定。
2017年9月にメーカーより日本向け車両のV125シリーズ全仕様の生産終了が発表された。

 

 

ここでは、
2012年3月発売のホンダ スーパーカブ110(EBJ-JA10)と
2013年9月発売のスズキ アドレスV125S(EBJ−CF4MA)
を比較しました。

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ スーパーカブ110

スズキ アドレスV125S

発売

2012年3月

2013年9月

型式

EBJ-JA10

EBJ−CF4MA

全長

1915mm

1780mm

全幅

700mm

635mm

全高

1050mm

1035mm

ホイールベース

1210mm

1235mm

シート高

735mm

745mm

最低地上高

135mm

120mm

総重量

98kg

101kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

26°

トレール(mm)

73

82

ブレーキ形式(前)

ドラム

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

70/90-17 M/C 38P

90/90-10 50J

タイヤサイズ(後)

80/90-17 M/C 44P

100/90-10 56J

エンジン種類

空冷4ストロークOHC2バルブ単気筒

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

109cc

124cc

圧縮比

9.0

9.6

ボア

50mm

54mm

最高出力(kW/rpm)

5.9(8PS)/7500

7.3(9.9PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

8.5(0.87)/5500

10(1kgf・m)/6000

始動方式

セル・キック

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

乾式自動遠心シュー

変速機形式

4段リターン

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送

燃料タンク容量

4.3L

6.3L

燃料消費率(km/L)

63.5(60km/h)

52(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥228,900 スマートブルーメタリック
¥228,900 パールプロキオンブラック
¥228,900 パールバリュアブルブルー
¥228,900 パールシルキーホワイト
¥228,900 バージンベージュ

¥261,450 パールブレーシングホワイト
¥261,450 キャンディカプリブルー
¥261,450 グラススパークルブラック
¥261,450 ファントムブラックメタリックNo.2

 

 

アドレスV125Sとスーパーカブ110の比較の口コミ

 

 

 

両方持ってるけどスーパーカブ110に比べてアドレスの良い所は、全幅が短いから細い所も入っていけてすり抜けが楽だし、速いし、小回りがきく。悪い所は、路面が荒れてるところは、最悪。

 

 

アドレスV125Sの新車を買って100km走った感想。前乗ってたスーパーカブ110との比較。発進の時、アクセルを開けてから動力が後輪に伝わるまでに結構タイムラグがある気がした。あと乗車姿勢が若干キツくて背中が痛くなった。でもカブと違って足で踏ん張って体をホールドできるからスピード出す時、安定する。

 

 

俺は、スーパーカブ110のエンジンの鼓動が好き。でもカブは、チューブタイヤだからパンク修理が面倒くさそう。

 

 

アドレス125からスーパーカブ110に乗り換えたけどタイヤが17インチだから体が楽だね。アドレス125の時は、遠出する気にならなかったがスーパーカブは、遠出したくなる。今後、小径タイヤのスクーターを選ぶことは、なさそう。

 

 

家には、スーパーカブ110とアドレス125があります。結構距離がある通勤で使ってますがスーパーカブ110の方が圧倒的に楽です。

 

 

発進加速だけでなく後半の伸びもアドレスV125の方が速いです。スーパーカブ110にBRDエアクリとマフラーを付けましたがノーマルのアドレスV125にもかないません。

 

メーター読みでの平地の最高速は、アドレスV125Sが、100km/h弱ぐらい。スーパーカブ110が90km/h弱ぐらい。燃費は、街乗りだとアドレスV125Sが42km/Lぐらい。スーパーカブ110が53km/Lぐらい。

 

 

ホンダドリームの人がスーパカブみたいな業務用バイクは、他のスクーターより盗難に遭う危険性が高いと言ってた。スーパーカブは、バイク回収業者を装った盗難グループに目をつけられるとあっさり盗まれる。

 

 

アドレスV125Sからカブ110へ乗り換えるのは、やめた方がいいよ。遅いし、
ギアチェンジがストレスになって、またスクーターに戻る人も多い。

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト